山内俊哉 さん プロフィール

  •  
山内俊哉さん: つれづれなるままに!上田ハ-ロ-FX
ハンドル名山内俊哉 さん
ブログタイトルつれづれなるままに!上田ハ-ロ-FX
ブログURLhttp://blog.uedaharlowfx.jp/yamauchi/
サイト紹介文上田ハーローアナリスト山内俊哉が為替の情報をお届けします。
自由文ファンダメンタルズ、テクニカル分析などを交えた為替相場の見方やアウトルックを提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/07/06 20:33

山内俊哉 さんのブログ記事

  • 7/23 今週の見通し−米FOMCでドルはもう一段下を試すのか−
  • 『小次郎講師の実践トレード指南!!』〜UHチャートのMACDを使ったトレード戦略〜 8月1日(木)18:00 手塚宏二(てづか・こうじ)氏/小次郎講師 https://a.uedaharlowfx.jp/webapp/form/10220_cdp_510/index.doおはようございます。本日は降ったり止んだり安定しない天気です。今週は実質の月末週でもあり、米FOMCと併せて、波乱も予想されます。為替も気になりますが、8月相場に向けての株価の下落リスクも気になるところ [続きを読む]
  • 7/22 IMM(7/18現在):円ショートは12万枚超まで増加
  • おはようございます。関東地方は梅雨明けで夏本番で、今日も厚くなりそうです。為替市場はユーロとNZドルがホットゾーンのようです。ジョギングコースの公園ではジニアが咲いています。調べてみると持ち帰り自由とのことです。 21日に発表された18日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジションでは、ドルが78億ドルの売持に増加、円は1兆5,865億円の売持(ドルでは142億ドルの買持)に大幅増、ユーロは114億ユーロの買持(ドルでは132億 [続きを読む]
  • 7/20 前日のサマリー:米ドル軟調、豪ドルが2日連騰
  • おはようございます。本日は日銀金融政策決定会合です。木内審議委員と佐藤審議委員は最後の参加となります(任期7/23)。退任する2人に変わって就任するのが片岡剛士氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング経済政策部上席主任研究員)と鈴木人司氏(菱東京UFJ銀行取締役常勤監査等委員)です。次回からは全員一致で政策が継続されると思います。本日の注目は物価目標達成時期の判断となりますが、強い円売り材料にはならないと思わ [続きを読む]
  • 7/19 前日のサマリー:ドル円は一時112円割れへ
  • おはようございます。今週のメリマンレポート(FXアストロロジー)では、7月21日(金)が重要変化日とのことで、今週にも反転が起こるかもしれないとのことです。ストラテジーはお客様限定のレポートを参照してください。ドル/円は米10年債利回りの低下やNYダウの下落などにより一時112円を割り込みました。本日から日銀の金融政策決定会合です。物価目標達成は程遠く政策は現状維持が予想されますが、市場が出口の説明を求めている [続きを読む]
  • 7/18 前日のサマリー:各通貨共に材料待ちで小幅な動き
  • おはようございます。昨日は本邦が海の日で休場となり、海外勢の参加も鈍く、主要通貨の値動きは小幅となっています。オセアニア通貨が堅調地合いですが、バスカンドNZ準備銀行(RBNZ)副総裁がNZドルの水準を牽制するような発言を行っていますので、そろそろ豪も牽制してくるかもしれません。中国の強い経済指標結果への反応が僅かだったことも意外感がありました。本日は、豪準備銀行(RBA)議事録がありますが、中立的なスタンスが [続きを読む]
  • 7/17 前日のサマリー:米小売悪化受けてドル下落
  • 『小次郎講師の実践トレード指南!!』〜UHチャートのMACDを使ったトレード戦略〜 8月1日(木)18:00 手塚宏二(てづか・こうじ)氏/小次郎講師 https://a.uedaharlowfx.jp/webapp/form/10220_cdp_510/index.doおはようございます。本日は海の日です。連日の猛暑で海に行きたくなりますね。熱中症には引き続き注意のようです。市場はしばらくはドルの軟調推移が続くのではないでしょうか。■三極通貨(ドル、ユーロ、円) 東 [続きを読む]
  • 7/16 今週の見通し−日銀、ECBの金融政策はトレンド継続につながるか−
  • 『小次郎講師の実践トレード指南!!』〜UHチャートのMACDを使ったトレード戦略〜 8月1日(木)18:00 手塚宏二(てづか・こうじ)氏/小次郎講師 https://a.uedaharlowfx.jp/webapp/form/10220_cdp_510/index.doおはようございます。関東地方は連日猛暑です。適度なクーラーなどの使用で熱中症を防ぎましょう。クーラーが苦手なので扇風機で耐えています。今週は日欧の金融政策会合がありますので、相場もホットになってほし [続きを読む]
  • 7/15 IMM(7/11現在):円ショートは10万枚超え
  • おはようございます。朝から暑いですね。昨日発表された米国の小売売上高は前月比-0.2%と市場の同+0.1%増加の予想に反して弱い結果となり、ドルは主要通貨に対して下落しました。ただ、完全雇用に近く、株価の上昇の続いていることで市場は雇用の低下は一時的と楽観的にみているようです。今後もハードデータの回復には注目でしょうか。14日に発表された11日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジションでは、ドルが50億ドルの売持に [続きを読む]
  • 7/14 前日のサマリー:商品価格上昇で豪ドル高い
  • おはようございます。日銀は物価目標達成目処を先送りするとの見方が強まり、円売りが継続しています。安倍政権は支持率低下の回復を目して閉会中の予算委員会開催に応じる姿勢を示しました。ただ、内閣改造が信用回復につながるのかということもあり、これまで静かだった自民党内部も少し動きが出ているようですので、政権基盤が揺るげば、緩和政策の変更の可能性も出てくるのではないかと思います。日本は金融政策というよりはむ [続きを読む]
  • 7/13 前日のサマリー:ハト派的なイエレン議長発言で金利低下、ドル安
  • おはようございます。注目のイエレン米FRB議長は議会で、インフレに対する慎重な見方が示されたことをハト派的と受け止め、米金利の低下、ドルの下落となりました。ただ、バランスシートの正常化に対しては前向きな姿勢を示していること、てインフレに対する長期の懸念を示したことに過ぎず、タカ派的な発言を期待していた市場がやや過剰に反応したのではないかと思います。株価の上昇が下支えとなると思われ、113円割れではひとま [続きを読む]
  • 7/12 前日のサマリー:ロシアゲート関連でドルが売られる
  • おはようございます。昨日はドナルド・トランプ・ジュニア氏の電子メール公開をきっかけに、米株価が下落、ドル売りとなりましたが、ドル/円は113円台後半で下げ止まりました。NZドルがクレジットカードの種出が低下していたことから、個人消費への懸念で下落、南アランドも下落継続となっています。カナダドルは住宅着工が強かったことで、本日の0.25%の利上げはほぼ間違えがないと思われます。ポロズカナダ中銀(BoC)総裁の会見内 [続きを読む]
  • 7/11 前日のサマリー:材料少なく、市場のやる気見えず
  • おはようございます。今週のメリマンレポート(FXアストロロジー)では、ドル円の基調は"上昇トレンド"が維持されています。ストラテジーはお客様限定のレポートを参照してください。昨日は、南アランド(下落)などの一部の通貨を除くと、手掛かりが少なく小動きとなりました。過去7日で最も変動の小さいNR7となった通貨は多数、12日のイエレン米FRB議長の議会証言を待つ向きが多いようです。基調は円売りが維持されましたが、値幅 [続きを読む]
  • 7/10 前日のサマリー:日銀の4月以来のオペで円売り進む
  • おはようございます。九州の大雨で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。東日本では猛暑、G20サミットでは「パリ協定」がアメリカ抜きとなりましたが、地球温暖化対策は必要だと感じています。さて、今週はイエレン米FRB議長の議会証言がありますので、円金利も含めて、世界的な金利上昇には警戒となりそうです。足許では円売り継続と思われます。■三極通貨(ドル、ユーロ、円) 東京時間はドル/円が113.18円、ユーロ/円 [続きを読む]
  • 7/10 今週の見通し−イエレン米FRB議長議会焦点と株価の動向がカギ−
  • こんにちは。体が慣れていないこともありますが猛暑日には閉口です。昨日は蓮を掲載しましたが、もう向日葵の季節です。 G20は米国の強硬的な姿勢に変化は見られず、貿易に対しては米国に少し配慮、パリ協定に対しては米国抜きでの合意という形となりました。G20サミットの意義が改めて問われることとなりそうですが、為替市場への影響はほとんどないと思われます。■今週の予想レンジCcyLow(下) 〜 High(上)ドル/円111.5 〜 115.8 [続きを読む]
  • 7/8 IMM(7/3現在):ドルは売り超へ
  • おはようございます。蓮の花がきれいな季節となりました。 昨日は日銀が買いオペと指値オペを実施、緩和政策を続ける意思を示したことで円売りとなりました。米雇用統計は非農業部門雇用者数が22.2万人増、平均時給は前月比+0.2%となったことで、米9月のバランスシート縮小開始を市場はほぼ織り込んだものと思います。次週以降も円安傾向は続きそうです。7日に発表された3日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジションでは、ドルが [続きを読む]
  • 7/7 前日のサマリー:ECB議事要旨受けユーロ上昇、ドル円膠着
  • おはようございます。昨日はタカ派的だったユーロがECB理事会議事要旨、バイトマン・ドイツ連銀総裁のタカ派的発言を受けて主要通貨の中で上昇しました。日本を除き、金融政策の正常化に向けて他の国の中銀は動いているようで、円が売られやすい地合い(心理)はしばらく継続しそうです。本日は米雇用統計ですので、FOMC議事録で織り込まれている12月利上げの前倒しに繋がるような強い内容になるかが注目されます。特にインフレ関 [続きを読む]
  • 7/6 前日のサマリー:米長期金利の上下が為替の変動要因
  • おはようございます。本日は嘉悦大学教授の高橋洋一氏のセミナーです。日本の金融政策があまり材料視されなくなりましたが、自民党が東京都議選で大敗したことから、経済対策へ力を入れるという期待が出てきています。アドバイザーの一人でもある同教授の見方や考え方を知っておくのは安倍政権の方向性を見る(知る)上では有効と思われます。昨日は新興国(南ア、メキシコ)の下落が大きく、主要通貨は小動きとなっています。また [続きを読む]
  • 7/4 前日のサマリー:強いISM製造業を受け、ドル高へ
  • おはようございます。今週のメリマンレポート(FXアストロロジー)では、トレンドインディケーターが"ニュートラル"から"上昇トレンド"に格上げされました。ストラテジーはお客様限定のレポートを参照してください。昨日は米中の製造業の景況感で強い内容が示されたことから、NYダウなど欧米の株価が上昇、円が独歩安となりました。円安継続ですが、多くの通貨で21日移動平均線からの乖離が+3%を超えてきています。そろそろ逆張りを [続きを読む]
  • 7/3 前日のサマリー:良好な米指標と米株価上昇で円売り継続
  • おはようございます。東京都議選は自民党が半減以下の惨敗となりました。国政に直接影響する可能性もありますが、今のところは経済対再作への期待感が先行していると思われます。しかし、選挙のたびに投票率の低さが懸念されます。為替市場は朝方に112円割れを試しましたが、現時点では下落分を回復、株価次第で証が円売りの流れに変化はなさそうです。まずは押し目を拾う流れを続けるというこでしょう。アカデミックセミナー『日 [続きを読む]
  • 7/2 今週の見通し−株価の動向注意も円安トレンド継続か−
  • アカデミックセミナー『日本経済悲観論を完全に論破する』 2017年7月6日(木) 高橋 洋一 氏 (嘉悦大学 ビジネス創造学部教授) https://a.uedaharlowfx.jp/webapp/form/10220_cdp_506/index.doこんにちは。外は蒸し暑いです。梅雨明け以降も厚くなりそうです。米経済データ良ければ7月FOMCでテーパリング開始の可能性もありそうです。都議選で波乱がなければ円安継続を予想しています。■今週の予想レンジCcyLow(下) 〜 High [続きを読む]
  • 7/1 IMM(6/27現在):ドル指数(DXY)はほぼフラットへ
  • おはようございます。今年も半年が過ぎ、フランス大統領・議会選挙、英総選挙の政治イベントは終わりました。米や欧州は金融正常化にかじを切る方向を示し、カナダと英国は利上げを示唆しだすなど、緩和の終焉を示唆しています。一方で、メキシコや南アは利上げサイクルの終了を示唆するなど、中央銀行が方向性を示しだしています。下半期はどんな動きになるのでしょうね。1日に発表された27日現在のシカゴIMMの非商業(投機)ポジシ [続きを読む]
  • 6/30 前日のサマリー:株価下落でも欧州通貨買い
  • おはようございます。トレンドが出始めてから間がないせいか、欧米の株価が値幅を伴って下落したものの、欧州通貨は堅調推移となっています。本日は月末なので、債権や株価のポートフォリオのリバランスやロンドンフィキシングなどの実需の動きに注意です。株価が続落するようだと、円キャリーの巻き戻しになる可能性が高くなります。週末でもあり、タイミング的には調整が出やすいと思いますので、ストップロスを入れてのショート [続きを読む]
  • 6/29 前日のサマリー:カーニー発言でポンド高
  • おはようございます。昨日もカーニー英中銀(BoE)総裁の発言で、ポンドがもう一段高となりました。カナダドルもポロズ・カナダ中銀(BoC)総裁もタカ派的な発言でカナダドルが上昇しました。ユーロを含めてキャリートレードの流れがしばらく続きそうです。アカデミックセミナー『日本経済悲観論を完全に論破する』 2017年7月6日(木) 高橋 洋一 氏 (嘉悦大学 ビジネス創造学部教授) https://a.uedaharlowfx.jp/webapp/form/102 [続きを読む]