ユタカ さん プロフィール

  •  
ユタカさん: 男性のための離婚・夫婦問題相談
ハンドル名ユタカ さん
ブログタイトル男性のための離婚・夫婦問題相談
ブログURLhttp://www.nakamori-houmu.jp/blog/2016/07/08/post-5872/
サイト紹介文行政書士 なかもり法務相談事務所です!  広島で行政書士として夫婦問題を扱っています。
自由文広島で行政書士 兼 夫婦問題専門のカウンセラーとして対応しています。お気軽にお問い合せください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2012/07/06 14:31

ユタカ さんのブログ記事

  • 「男おひとりさま」で生きてく10か条
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 男のシングルライフ、注意しておきたい10項目をまとめてみました。①衣食住の自立は基本のキとりわけ「食べる」ことは生きることの基本。これまでこの基本を妻や母親まかせにしてきたのなら、今からでも自分で行動してみましょう。 ②体調管理は自分の責任男性の場合、高齢になると生活習慣病の方が多くなります。良い体調管理はクオリティ オブ ライフ [続きを読む]
  • 中国地方で広がる「面会交流」支援について
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 4/23に兵庫県で父親(40歳)と娘(4歳)が亡くなりました。父親は妻と離婚後、この日は娘と初めての面会交流だったそうです。警察は無理心中として調べています。ヤフーニュース⇒■ 数年前も離婚調停中の父親が離れて暮らす子どもと心中するといった事件がありました。こういった事件は定期的に起きていますが、「離婚後の父親と子ども」のフォロー [続きを読む]
  • 離婚原因「性格の不一致」は相手に感じる不快感!?
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 離婚原因で最も多い「性格の不一致」。女性の半数以上、男性の6割以上がこれを理由に挙げています。相手の浮気・不倫・暴力などといった原因があるならまだしも、これといった理由もなく離婚を決断する背景には「過去の積み重ね」がそうさせていると考えられます。いうなれば日々、相手に感じる不快感が性格の不一致を招いていると言えるのではないでしょうか?&n [続きを読む]
  • 不倫に走った妻たちの動機からみる夫の問題点
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 なぜ、妻は不倫してしまったのか?背景には夫の下記↓のような態度や思いがそうさせている場合があります。 ◆不倫に走った妻たちの動機・寂しかった。・夫婦間に倦怠感があった。・妻に依存したまま。自分で何ひとつできない。・夫の性格にイヤ気がさしていた。思いやりがない。・夫はまじめだが面白味のない人間。 無趣味、社交ベタ、話題がない。・セックスの不 [続きを読む]
  • アダルトチルドレンという症状
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 「アダルト チルドレン」(AC)という言葉は、もともとはアルコール依存症者の配偶者に対して、それに「共依存」している片方の配偶者、そして、そんな両親をもち大人になった子どもたちのことを表現する言葉として使われていました。 現在では、アルコール依存の他に、薬物依存やギャンブル依存、暴力、等々においても同じような家族内での症状が見られる [続きを読む]
  • 親の離婚という「災難」に遭遇してしまった子どものきもち
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 両親が別居してから10カ月が過ぎていました。お姉ちゃんと妹は、それぞれの家を行ったり来たりしながら暮らしています。お姉ちゃんはママのことがとても気がかりでした。というのはママが泣いてばかりいて、「我が家に起きている最悪なこと」を電話で延々としゃべり続けていたからです。パパとママは財産や家のローンの問題で争い、今度は子どもの親権でもめていました [続きを読む]
  • 幼い子どもが親の離婚に関し、尋ねるかもしれない20の質問
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。両親の離婚は、子どもたちにとって大変、不安な事態です。その不安を軽くするためにも、可能な限り、子どもたちの質問に対して、その準備をしておくことは大事なことです。 ◆幼い子どもたちが尋ねるかもしれない質問 ①誰が、私の面倒をみてくれますか?②私は、ひとりでほって置かれるのですか?③どこで私は生活するのですか?④私は、両親の双方と、一緒に [続きを読む]
  • アンパンマンと妻のイライラ
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。子どもが生まれ思ったこと。それは、子どもたちにとってアンパンマンが絶対的な存在であること。それは、ご年配の方が水戸黄門を好むように、子どもたちはこの勧善懲悪アニメをこよなく愛しています。 子どもがアンパンマンを好きな年齢はだいたい1〜3歳くらい、その人気は圧倒的です。ぐずったら、まずアンパンマンのDVDを見せて子どものご機嫌をとっていたのを思い [続きを読む]
  • 夫の「で、結論はなに?」という一言
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 「夫に言われて傷ついた一言は?」という妻へのアンケートで、第9位に「で、結論はなに?」という一言がランクインしていました。その記事によると、「男性は報告や結論を求めて話すが、女性は過程に重点を置くので結論はなくてもよいことが多い」ことが原因とあります。 また、ある例えとして妻が子育てをめぐって夫の母親から、「もっと勉強させなさい」とか「あ [続きを読む]
  • 夫婦の同居義務とは?
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 民法752条) 夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。 夫婦は互いに同居する義務があります。例えば、愛人の所に行ったきり家には戻ってこないとか、同居している相手の親族(舅・姑・小姑など)との折り合いが悪く実家に帰ったきり・・・という場合には同居義務違反となり、離婚原因となる可能性もあります。 ただし、仕事で出張する [続きを読む]
  • 児童扶養手当の所得制限とは?
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 「児童扶養手当」は国の制度です。これは・・・父または母がいないか、また、実質的に、父または母が不在の状態となっている満18才までの家庭の児童について、・その児童を監護する母・児童を監護しかつ生計を同じくする父・母または父に代わって児童を養育している人上記の方に対して手当を支給しています。(国籍は問いません) ◆全額支給と一部支給支給額は全額 [続きを読む]
  • お金の使い方を管理してみる
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 離婚する・しないに関わらず、「お金を貯める」ことは重要です。しかし、これがなかなか難しい。。。 お金を貯める基本は、収入額>支出額です。1年の支出額がその年の収入額よりすくなければ問題なし。その差が大きいほどたくさん貯めることができます。 ただ、このシンプルな公式を実践するのがどうして難しいかというと…①いろいろな会社の広告・CM・マー [続きを読む]
  • 親権問題 子どもの引渡しの判断基準は?
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 家庭裁判所において、子どもの引渡しを認めるかどうかの判断基準は、子どもの福祉を最優先として、将来に向けて当事者のいずれに子を監護させるのが子どもの福祉に適するか?という観点から判断されます。 ◆判断基準の要素は?・父母側の事情監護能力(年齢や健康状態、異常な性格でないこと)、子どもに対する愛情監護意欲、方針、精神的・経済的家庭環境( [続きを読む]
  • 子どもの親権 親権者と監護者の違いは?
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 離婚の際、未成年の子どもがいる場合には、親権者を決めなければいけません。親権には、「身上監護権」・・・子どもの衣食住の世話をし、教育やしつけをする権利と義務「財産管理権」・・・財産を管理する能力のない未成年にかわって法的に管理し、契約など           の代理人になる権利と義務以上の2つがあります。また、親権には、次の内容も含まれ [続きを読む]
  • 養育費の減額・増額が認められる場合
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 ◆事情変更の原則一度、養育費の金額を決めたとしても、子どもが成人するまで養育費の金額は同じということはありません。子どもも成長に応じて学費など必要な金額が増えることもありますし、親側も、年齢とともに収入が上昇することもあれば、失業などで収入が減ることもあります。 したがって、当事者間の協議や審判などによって、養育費の支払いが定められ [続きを読む]
  • 離婚と親権について
  • 行政書士 兼 離婚コーディネーターの中森です。 親権者が決まらなければ、離婚届は受理されません。話し合いでも決まらなければ、家庭裁判所に夫婦関係調停の申し立てをすることになります。そして親権を自分がとるためには、子の利益、子の福祉のために自分が相手より、親権者として適格である必要があります。 ◆親権者としての判断基準①乳幼児における母性の優先②継続性の原則③子の意思④養育環境の比較⑤兄弟( [続きを読む]
  • 相手から離婚調停を起こされてもあわてるな!
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 離婚調停では申し出た側の「相手方」になると、どうしても準備不足は否めません。とくに、夫婦関係がギクシャクし離婚話が出ていても、「まさか離婚調停をおこされるとは・・・」と思うのが普通です。当然、調停に向けての準備など、ほとんどの人はしていないでしょう。 ◆家庭裁判所から呼出状・・・でも慌てるな!離婚調停の相手方には、呼出状と一緒に申立 [続きを読む]
  • 離婚調停 調停委員を味方につけるとは?
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 ◆ポイントは「誠実」「冷静」「協調」「調停委員を味方につける」とは、自分に対する調停委員の心証を良くするということです。当然、調停委員は好印象を受けたからといって、当事者の一方に肩入れしたり、有利な条件を相手方に強要するようなことはありません。ただ、好印象を与えたほうが、より丁寧な対応をしてもらえることはあるでしょう。 ◆注意したいポイン [続きを読む]
  • 離婚調停 相手方の言い分が間違っているときはあいまいにしない
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 離婚調停では、夫と妻の言い分が食い違うのが普通です。また、調停委員は、明らかなウソや大げさの言い分をのぞけば、夫婦と交互に面接しながら、どちらの言い分が正しいか判断したり、妥協点を探ります。もちろん、その心証の良いほうが、調停は有利に進むでしょう。感情的な態度や一方的な主張は調停委員の心証を悪くします。 ◆反論することは、誹謗中傷したこ [続きを読む]
  • 話し合いがダメなら離婚調停という方法もあります
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 『離婚自体はお互い納得しているが、子どもの親権、慰謝料・財産分与などが解決できないため、離婚届にハンを押せない。。。』または、『離婚したいが、離婚話を持ち出すと暴力を振るうのが怖くて話し合いができない、あるいは、愛人のもとへ行ってしまい、または実家に帰ってしまい十分な話し合いの機会が持てない。。。』 上記のように、話し合いができないために [続きを読む]
  • 【40代男性 結婚6年目】
  • (画像 すると拡大します) (ご感想)とても話しやすく、親切丁寧にいろいろ教えて頂きました。助かりました。 (アンケート結果)・相談することにより安心できましたか?⇒満足・信頼感はありましたか?       ⇒やや満足・話し方、スピード、わかりやすさは? ⇒満足・電話対応、接客対応にご満足いただけましたか?⇒やや満足・今日の相談に満足いただけましたか? ⇒満足 [続きを読む]
  • 子どもと離れて暮らす父親と片親疎外症候群
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 片親疎外とは…(特に離婚に関して)子どもが同居している親に仕向けられて、正当な理由がないのに、離れて暮らす親を継続的にバカにしたり、嫌悪したりするようになることです。そんな環境の中で育った子どもは、いわゆる「アダルトチルドレン」(機能不全の家庭で成長して大人になった人)と言われ、『片親疎外症候群のアダルト・チルドレン』と呼ばれることがあ [続きを読む]
  • ハーグ条約と子どもの連れ去り
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 日本は2014年4月1日にハーグ条約に正式加盟しました。 ◆ハーグ条約とは・・・?ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)は、国際結婚が破たんした夫婦の子どもについて、原則として元の国に戻すよう定めた国際ルールです。国際結婚が破綻した日本人が国外から子どもを(元)配偶者に無断で日本に連れ帰る事例に対し、日本政府は外国政府からそ [続きを読む]
  • 協議離婚の方法と手続き
  • 行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。 協議離婚はお互いが合意して離婚届を出せばよいので、形式上の手続きは難しくありません。ただし、未成年の子がいる場合には、親権者をどちらにするかを決めなければ、離婚届は受理されません。また、離婚届を出したのはいいけれど、後で財産分与や慰謝料、養育費などの問題で紛争となることもあるので、できれば離婚届を出す前に話し合って決めるべきことは決めておくこ [続きを読む]