ふるるん さん プロフィール

  •  
ふるるんさん: ♪ふるるん♪のクレッシェーレな日々
ハンドル名ふるるん さん
ブログタイトル♪ふるるん♪のクレッシェーレな日々
ブログURLhttp://happyfururu.blog100.fc2.com/
サイト紹介文入間市のピアノ教室クレッシェーレです。レッスンのことを中心に楽しい日々の出来事も書いています。
自由文ピアノ教室選びは先生との相性などいろんな心配事があると思います。ブログをお読みいただけると、教室の様子や講師の考え方などをおわかりいただけるので、ぜひ読んでいただきたいです♪
また、ピアノの先生同士の交流も持てたら嬉しいです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/07/07 03:07

ふるるん さんのブログ記事

  • 発表会ファミリー連弾の盛り上がり
  • これは発表会のお知らせに載せているファミリー連弾参加者募集のお知らせです。   今年もやります!ファミリー連弾参加者募集! お母さん!ピアノの練習ってこんな風にするんだ!と知るとお子さんの練習への声かけが変わるかも!?そして、子供ってすごいなぁ!と感心することまちがいなし!お父さん!子供が「パパ大好き」と言ってくれる今のうちに!!子供と共通の話題を作ってみませんか?子供と一緒にひとつの目標にむかっ [続きを読む]
  • 発表会で生徒たちが学べること・気づいてほしいこと
  • 発表会で育まれる力はたくさんあると思います。演奏面での向上はもちろん自分が好きな曲を選んで伝える力期日までに決まったことをできるようにする計画性難しいことでもあきらめずに取り組む気持ち係の仕事を全うする責任感演奏会鑑賞のマナー      などなど他にも発表会に向けての日々のレッスンでそれぞれにたくさんの学びがあります。演奏面での向上のためには練習しかありません。レッスンでアドバイスを受けて1週間家 [続きを読む]
  • 発表会当日は朝から生徒が輝きます
  • 発表会は午後からですが午前9時の会場入りからすでに準備が始まっています。係の活動をお願いしていた4年生以上の生徒たちは9:15に集合して会場のイス並べをお手伝いしてもらうことになっていましたが…みなさん、早めにお越しくださって生徒たちと保護者の皆さまがどんどんお手伝いしてくださって…「ピアニストのみんなはイス運び気をつけてね〜!!」と叫ぶ私をよそに、どんどんきれいにイスが並んでいきます。生徒たちが [続きを読む]
  • 派手な発表会ではありませんが…大切にしていること
  • ちょっと前になりますが…3月20日。暖かい晴れの日に教室の発表会が終わりました。いつもの会場でいつものように。毎年お手伝いをしてくださる方々に今年もまたたくさん助けていただきながら。毎年あたたかく見守り、助けてくださる保護者の皆さまに今年もまたあたたかく見守っていただきながら。いつもと同じ花屋さんに今年も素敵なお花をお願いして。いつもと同じあたたかい雰囲気の中で大きい生徒たちは各自に割り当てられた [続きを読む]
  • 発表会に向けて
  • すっかりごぶさたしております。少し時間がある時には書きたいことがありすぎてまとまらず、時間がない時には…まぁもちろん書けないわけで…あっという間に1カ月経ってしまいますね。いま教室は発表会に向けて様々なことが進行しています。プログラムに載せるコメントを書いていただいたり、個人写真を撮ったり…もちろん皆さん練習もがんばっていますよ!ほとんどの生徒さんが暗譜まで完成し、より深い表現をしていこうと取り組 [続きを読む]
  • 新年のスタート、生徒たちの様子は?
  • 2017年の幕開け、お正月は穏やかでしたね。近隣では今日が3学期の始業式…一足先に動いていた社会全体に続いて学校関係もいよいよ動き出しますね。教室でも新年のレッスンが始まっています。お正月は少しだけのんびりしていいからね♪と言っておいたので、どうかな…?少しどころかた〜っぷりのんびりしちゃった生徒もいるかな??な〜んて思いながら迎えたレッスンでしたが…お正月1日も休まずに練習してあったりお休みと練 [続きを読む]
  • 練習だけでは育たない力
  • 素晴らしい晴れのクリスマスイブ!我が家から美しい富士山が見えています。今日、明日はコンクールのステージサポートのお仕事に行ってきます。みなさん、力を発揮できますように!さて、きのうは娘の剣道大会に車出し係で遠く、茨城の竜ケ崎まで行ってきました。稽古、筋トレ…そして合宿など…毎日ヘトヘトになって、先生に怒られながらも必死にくらいついて頑張っている部員の様子を見聞きしてきました。さらに(私は剣道のこと [続きを読む]
  • レッスンノートの書き込みあれこれ
  • オリジナルのレッスンノートを使うようになってだいぶ経ちます。毎日の練習を記録することで、生徒は自分がどのように練習できているのかを振り返ることができます。練習の習慣付けにもとても役立っていて、練習をしないで困る…ということはあまりありません。私も、家での練習の状況が把握できることが、指導方針を決める上でとても参考になっています。レッスンノートの中には、『おうちの練習でがんばったこと』『レッスンでが [続きを読む]
  • 子供が「ピアノをやめたい」と言い出したら
  • 「ピアノは長く続けてくださいね」私は入会の時にこのようにお願いしています。ピアノはちょっと練習したからすぐに上手になるというものではありません。コツコツと練習を続けて、長い時間をかけて少しずつ上手になっていきます。幼児さんでスタートして、最初は童謡や学習に最適な小品などを弾きながらいずれモーツァルトやベートーヴェン、ショパンなどの名曲を弾くための技術と心を作り上げていくのです。お子さんにとっても、 [続きを読む]
  • リハーサル会での学び
  • きのう、18日(日)は詩音の会のリハーサル会でした。会場の都合で、夜6時過ぎからの開催となってしまいましたが16人もの生徒さんたちが集ってくれました。コンクールや各種本番に臨む生徒さんたちに人前で演奏できるリハーサルの場を…と始めたリハーサル会。今回が12回目でした。最初の頃から参加してくれている生徒さんは少しずつ確実に成長している姿を見せてくれ私たち指導者の励みになっています。演奏を聴いて毎回生徒 [続きを読む]
  • 発表会までのスケジュール管理
  • 12月も半ば。年末・・・師走・・・という言葉に押しつぶされそうになりながら日々すべきことを精いっぱいこなす毎日です。今日からの1週間が、年内最後のレッスンとなります。いま生徒たちは発表会の曲の譜読みを進めています。順調な人、ちょっと頑張らないといけない人、いろいろですが今年は多くの生徒から 発表会の練習、のんびりしてられないよね!という様子が感じられます。それはなぜか…今年はご家庭向けに発表会まで [続きを読む]
  • イメージ作りにリコーダーも登場!!
  • 先日のレッスンにて。目標よりも早く、発表会曲の譜読みを終えた生徒。最後まで弾けたんだよ!!と、とても嬉しそう。プレゼントをもらったり美味しいものを食べたりした時にも喜びを感じますが自分で頑張ったことに対して感じた喜びというのはそれとはまた違う、自分の中に積み重なる宝物ですね彼女はいま『おまつり』という曲を弾いています。最初のメロディーがどうしてもゴツゴツとした感じに… 右手のメロディーはおまつりの [続きを読む]
  • 頑張ったことは頑張った!って言っていいんだよ!
  • 先日のレッスンにて。レッスンノートに、『まだ出来ないこと』を書いてきた生徒。 そっか、まだ出来なかったのね うん。片手ずつはできるけど、両手だとつなげられない そっか〜……ん?ちょっと待って?? 今週の宿題は、片手ずつ弾いてくるってことよね? うん。でも両手まで練習したんだけどまだちょっと止まっちゃうの発表会曲の譜読みをしている今は他の課題はゆっくり目に出しているのです。片手できちんと弾いてくれば [続きを読む]
  • 年中さん、朝練がんばっています!
  • 私の教室では朝にピアノの練習をする生徒がとても多いです。以前から積極的に朝練をおすすめしていましたら保護者の皆さまが少しずつ協力してくださるようになりだんだんそれが定着してきましたこれは年中さんのレッスンノート。『おうちのれんしゅうでがんばったこと』欄に堂々と あ さ れ んと書いてありますかわいらしくて写真を撮らせていただきました。しっかり練習してあって、たくさんの課題がぜ〜んぶ合格になりました [続きを読む]
  • 目的がはっきりしていると本番は怖くない
  • 入間市は夕方から冷たい雨が降り出しました。ここのところ乾燥していたのでありがたいと思う反面、冬の雨というのはどことなく暗くて寂しくて、誰かと一緒にいたくなりますね。幸い私のところには次から次にかわいい生徒さんたちが来てくれるのでたくさんの元気をもらっていますさて、すっきりきれいに晴れていた日曜日、師匠門下のクラスコンサートで弾きましたステップで一度弾きローゼンバウム先生のレッスンを受け思うように弾 [続きを読む]
  • 探偵のように〜ウララ・ササキ先生
  • 先日、詩音の会で指導について学ぶ新しい企画を始めました。  (詩音の会についてはコチラ → ☆)日々指導をしたり、生徒をコンクールやステップにチャレンジさせたり、各々の教室の発表会へ向かっていたりする中で、「もっともっと生徒たちに上手になってもらいたい!」「そのためにも、もっと自分たちの指導の引き出しを増やしたい!」という気持ちが増してきている私たち。個々に学んではいるのですがもっとお互いに高めあ [続きを読む]
  • 教師になっても学び続けること
  • しばらくブログをお休みしている間にもいろいろなことがありました。コーラス伴奏の本番2回生徒たちが伴奏する中学の合唱祭生徒のステップ・コンクール参加自分自身のステップ参加教室のハロウィン(ああ!これも記事にしたい!)発表会の選曲など準備(主婦で母なので)家のこと、子供のことそして、自分のレッスン正直、仕事や家のことが忙しくなると真っ先に削ることになってしまうのが、自分の練習(と、ブログ)。自分が弾き [続きを読む]
  • 教本も生徒も知ることが大切です
  • すっかりご無沙汰しております。12月2日(金)はカワイ横浜 イベントサロン「プラージュ」にて『第2回ピアノ教本使いこなそう』シンポジウムでした。第1回目に続いて今回もパネリストとしてお話させていただきました。ナビゲーターは音楽ライターの山本美芽先生。パネリストとしてご一緒したのはピアニストで指導者の三輪昌代先生。前回の【どのように教本を選んでいくか】という考え方のお話からさらに具体的にということで実 [続きを読む]
  • キックボードを遠くに進めるように弾いてみよう
  • ピアノを教える教師にとってどのように言えばより伝わるかということはとても大切なことです。いくら自分自身がすばらしいテクニックと感性の持ち主でもそれを相手に伝わるように言葉にできなければレッスンはうまく機能しません。教える相手が子供の場合にはよりその【言葉のテクニック】を求められるだろうと思います。・・・・・・なんて言うとちょっと大げさですが要するに、子供にわかりやすい例えで伝えられるかどうか、そこ [続きを読む]
  • ステップで弾きました〜日記風味
  • 10月2日、日曜日…ステップの朝。前日はまだ 「明日弾くのか…」と、じと〜っ と重い気持ちを持っていました。ところが、朝起きてみたらいいお天気!「ちょっと今日、いい感じじゃな〜い??」な〜んてテンション上がってしまい、朝のウォーキングまでしちゃいました!なんてわかりやすい性格なんでしょう(笑) 午前中は家事などをして過ごし、午後になって少しだけ練習。もっと練習したい気持ちもあったけれど、当日弾けば弾 [続きを読む]
  • ステップで弾きました〜演奏編
  • 10月2日(日)、南新宿ステップでシューマンの『カーニバル』を演奏してきました。なかなかうまく弾けなくて苦しんでいたころから少〜しだけ光が見えてきたころを経て、いざ本番。正直なところ、過去の本番で直前にこれだけ不安なことはありませんでした。10月末を見据えての今なんだから今できることを精いっぱいやってこよう…そう考えるようにしてみてもやっぱり封印できない不安と緊張。でも、どんなに不安でもその時はやって [続きを読む]
  • じゃんけん弱いんです…発表会日程決定
  • 今日は第11回発表会の会場取りの日でした。いつものところ!申込みのシステムがちょっと珍しくて希望の日がバッティングした日にちだけを抽選する、というもの。ですからこれまで10回は抽選が始まる前に、他の方々とお互いに譲り合ったり調整したりしてうまい具合に抽選を避けてきました。ところが…今回はホールの自主事業が多くて使える日が少なかった上に申し込み希望者が例年よりも多かったため11回目の申し込みにして、 [続きを読む]
  • 楽譜通り弾かなきゃだめなの?
  • ときどきピアノ学習者、あるいはそのご家族から出る疑問。それは 「好きなように弾いていいじゃん」 「楽譜通り弾かないとダメなの?」 「だってプロの演奏聴いてもみんないろいろじゃん」私の答えは 「好き勝手に弾いてはいけません」 「楽譜通り弾いてください」 「プロも好き勝手しているわけではなく、  あくまでも楽譜の中での自由な表現です」です(笑)以上・・・・・・いや、それではブログを書いている意味がない [続きを読む]
  • 福笑いみたいな演奏…
  • 日曜日のステップでの演奏を前に今日は師匠のレッスンに行ってきましたこちらの記事で書いた曲です。前回レッスンから2週間。練習時間は豊富にあったわけではありませんが山盛りの課題にていねいに向き合って練習できたと思います。でもまだ必死練習開始が遅かったので弾きこみが足りなくてまだうまく繋がらないんですね。う〜ん…なんというのかな、福笑い のような演奏?福笑いって目や鼻のパーツひとつひとつはとても美しいで [続きを読む]
  • 中学生のレッスンと練習
  • 4月からの新年度から数えると今はほぼ1年の半分。生徒たちは今の学年に慣れ、そろそろ次の学年を見据えての思考・行動を求められる時期に入っていきます。教室の中学生は現在6名。中学生は学校に部活に塾に…と大忙しですね。そんな中でもピアノレッスンを続けてくれること、指導者としてはとても嬉しく思っています。1年生の場合、1学期はとにかく中学生活に慣れることが大切。就寝時刻がぐっと遅くなり、やることに追われる [続きを読む]