かときびと さん プロフィール

  •  
かときびとさん: 一晩だけの不倫・51歳同士の二人
ハンドル名かときびと さん
ブログタイトル一晩だけの不倫・51歳同士の二人
ブログURLhttp://katokibito.blog.jp/
サイト紹介文「かときびと文庫」 ネットで、小説を書いていきます
自由文不倫話を小説風に書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 49日(平均7.0回/週) - 参加 2012/07/07 21:49

かときびと さんのブログ記事

  • 一晩だけの不倫 49
  • 外に出ると既に、日が沈み涼しいというより、寒い浴衣姿の佳美は「やっぱり寒いね」俺は、着ていた上着を佳美が着ると今度は、俺が寒くなってきた「やっばりもどろう」二人で、笑いながら浴衣の散歩デートはほんの30秒で終わったまだ、たっぷり時間はある夜の散歩をしよう... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 48
  • 軽くキスをすると顔を紅くする佳美いい年したおっさんとおばさん・・今思うと何やっているんだ・・と思うがこの時は、本当に心だけ、15歳・・・部屋に戻り夕食を済ませる佳美が「浴衣持ってきたの」と自宅から持ってきた可愛い紫陽花の柄の浴衣を見せてくれたここで、その... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 47
  • 道端に、1輪の花なんの花か解らないが綺麗な花が目に映った摘んで、佳美の髪に刺すと佳美は、微笑みながら「わぁ、可愛い」と呟くああ・・よく映画や、ドラマで見たこんな光景があったからおれも、してみたくなったカッコつけ・・かもしれないが今まで、こんなことをしたこ... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 46
  • このまま、オヤジとして生きていくことでしか思いつかなかったがこうして、佳美という女からまだ、俺は「男だ」と気づいた俺は男だ全ては満たされた心が無の状態が続き少しゆっくりする食事は、7時と言っておいたからまだ、2時間ほどある日が沈むまで近くで森林浴でもしよ... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 45
  • 下半身が段々と熱くなると、同時に佳美の体を触り始めるもう、限界佳美を求めたいが、ここは浴槽その上、段々と温泉で体が熱くなってきたとりあえず、洗い場にあがろうと、同時に覆いかぶさるように佳美を求めたが少しするとまだ、体に水滴がたっぷりついている「寒い・・・」露天風呂だから、風が吹き抜ける寒い・・・・無理がある・・・タオルで、体の水滴を拭くとそのまま、部屋に戻り椅子に佳美を座らせてそのまま俺は男として [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 44
  • 佳美に「風呂入ろうかなあ。一緒に入る?」と聞くと佳美は「じゃあ、入ろうか」最後に花を咲かせようとする、女は大胆だちょっとは、恥ずかしそうにすればいいのに大胆に服を脱ぎ始めたちょっと、こっちが恥かしいさっさと、風呂に浸かる準備をしている俺に 「入らないの?」と、掛け声をするが今度は、こっちが躊躇してしまう服を脱ぎ、下着姿になった佳美そして、下着を脱ぎ捨てて素っ裸になった佳美はそのまま、ガラスの引き戸 [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 43
  • とりあえず、座りこむやっと、二人だけの密室になるお茶でも飲みながら佳美の話に耳を傾ける全てを語り始めた佳美俺と、交換日記をしようと誘ったのは彼女今までいくつかの不倫をしていたが最後の恋をしたいそして、その相手は本当は、初恋の人をダブらせて俺にしたと言っていたそうか・・だから、同い年の俺か・・・そして、今日、明日を過ごしたあとはおばあちゃんになると決めていたようだもう、男は終わりこれを機会に、女とし [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 42
  • 佳美は、ためらいもせずに「ああ、ここにかけばいいのね??」とすらすら書き始める佳美は夫婦のように苗字は、同じ書き始めた鍵を受け取り部屋に向かう部屋に入り、中から鍵を掛けたのを確認すると同時に先ほど、河原でできなかったキスというものをすぐにする佳美の唇を奪うと、舌を絡めてきた初恋のキスは甘いというがこの年では、それは感じなかった部屋に上がらず靴を履いたまま入口の所で深いキスをする長いキスの後とりあえ [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 41
  • そっと、佳美の手を握るとフワッと暖かい佳美は、俺の顔をジッと見て力強く、握り返す佳美の顔を見ると佳美は、目を閉じるああ・・・もしかして、キスしないとダメか?佳美は、キスをねだっているのか??いや、しかしここでは、誰かが見ている誰かに、見られるよ誰も見ていなければここで、佳美の体を力強く抱いてキスをしたいが、それは躊躇うここでは、無理だ時計を見ると午後2時半「そろそろ行こう」と告げ駅前のコインロッカ [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 40
  • おばあちゃんになる前に、1度でいいから初恋を思い出してみたいそのパートナーに、俺が選ばれたようだそうだよね普通の不倫浮気だったらこんなにトントン拍子に「はい、水上に行きますそして、一晩だけだけれど夜を共にしよう」なんて、話が進むわけがないよね佳美が今回だけと言っていた理由がうっすら解ってきた「おばあちゃんか・・・」と俺が言うと佳美は「まだだよ」と笑いとばす佳美は、淡々と話し始めた解った最後に女の花 [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 39
  • 「うん、うん」と頷き時には、微笑んでいる表情を浮かべるその、笑顔に遠い昔の自分の初めてデートした彼女の印象とダブるものがあったなあ・・川の水の音そして、木陰に佇み爽やかな風そして、風が吹くと佳美の髪が揺れる魅力的だこうやって、会う前から一晩は一緒だという前提で、こうやって水上に出向いている当然俺も、佳美も深い関係になることは解りきって来ている当然大人の関係になるのは当たり前なことは解っている少しの [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 38
  • 俺も初恋そして、初めてのデートの話を恥ずかしいけれど少しづつ話せるようになった途切れ途切れに話し始めると「うんうん。その後は?その後は??」と、ワクワクした感じで俺の顔を覗き込み、聞き寄る佳美その後いろいろと、俺の昔話について聞いてくる昔話を少しづつ思い出し、照れながら話したよ「へえーっ。そうなんだ」と頷きながら聞く佳美一通り話を終えると、今度は俺が「じゃあ、初めての男性は?」と聞くと「ははは・・ [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 37
  • その後、初めて男の人とデートしたのは高校の時の同級生と映画を見に行ったと話し始める話が止まり今度は、俺の話をしてほしいと振る俺は「恥ずかしいから」と言うと「いいから話してくださいよ。聞きたいんです」と、言うがとてもじゃないが敬語口調で話す佳美に初恋そして、初めての彼女の思い出話なんてできるほど俺は、女に慣れていないそれでも、聞きたがる佳美「わかりました。こうしよう。これから俺たちはもう敬語口調で話 [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 36
  • ああ・・初恋か・・・そうだなあそういえば初恋なんて事を思い出すことなんて初恋の事を誰かに話すことなんてあったかもしれないがあったとしたら遠い過去だろうなここ何十年も誰かに「初恋」の話なんてしたこともないし聞かれもしなかった初恋か・・・照れくさいよいまさら、この歳で初恋のことを異性の女性に言うなんて恥ずかしすぎるそれに今日が初対面の女性言えない照れていると佳美は、自分の初恋の話を少しづつ話し始めた佳 [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 35
  • どうしても引っかかるのは「今回だけしか会うことができないのか??」という事だけは、気になる利根川の河川にちょうど木陰がある木陰に立ち止まり川を眺めながると落ち着く今ここで佳美に「何故? 今回しか会うつもりはないのか?」と、聞こうと思うが聞くべきか?佳美か... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 34
  • 俺は 「それこっち」と言うと「とろろ蕎麦は、奥さんでいいんですね?」と、店員は確認した「奥さん・・・・??」佳美は 「はい、私です」と言うとお互い、顔を見合わせてクスクスと笑ってしまった店員さんは、俺と佳美が夫婦と勘違いしたようだ周りからしたら、夫婦と勘... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 33
  • なにか???心がフワッとしているなんなんだろう・・こんな気持ちなんていつ??いつから忘れていたんだ??心の中に、なにやら温かい空気が流れ込む窓を開けた時に温かい風が入ってく来るものではなく小さな穴から、温かい空気が少しづつ、俺の心の中に流れこむそんな感じ... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 32
  • 「佳美??さん・・・」と、声をかけると「はい」と、軽く微笑んだ初めて、現実で見る佳美ネットから始まった俺たちが初めてこうしてリアルという現実の空間で逢えた初めて佳美を見たとき今まで、文字だけで思っていたの佳美の印象とこの場所で初めて現実の生の佳美という、... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 31
  • 待ち合わせは、駅の改札ということだったが1秒でも早く、佳美の姿をみたいと改札で待つより早く、見たいとホームで待つ駅のホームで佳美が来る列車を待つやがて、新潟方面からの列車が見えてきたあの電車に佳美が乗っている佳美の乗っている電車が、駅に近づくほど俺の心臓... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 30
  • 水上に出発する当日の5月5日天気はどうなんだろう天気予報では晴れだと言っていたが窓を開けると、晴天気持ちがスッとしたこれから、まだ見ぬ佳美に会うんだ待ち合わせは午後1時に水上ということだ佳美は、12時半過ぎの列車で到着するとのことだ俺も、12時半過ぎには... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 29
  • 会いたいと思っていた時はワクワクした気持ちだったが俺たちは、写真の交換と電話だけしか繋がりはないもしもだ・・会って、なんか・・・違う・・という気持ちになったら・・という不安も出てくるだろう俺が佳美を気に入っても佳美が俺のことを違う・・・と、思ったらどうし... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 28
  • 51歳・・もう、10年以上女性との関わりがない妻と、夜の関係が無くなってから既に、10年という時間が過ぎている女に興味が薄れたと言えば、簡単だが興味がなくなったというより女性に接するのが、めんどくさくなったという方が早いのだろうしかし、佳美とネットで知り... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 27
  • それと、今から泊まる宿なんて見つかるか?ゴールデンウイークのシーズンに泊まる宿なんて、いまさら見つかる??泊まる宿は佳美が探すということになったが予算とかも聞いていないしどんな宿を予約するんだろう??約束では5月の5日、6日宿は、5日にという予定になった... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 26
  • それでもいいこうやってもう3ヶ月以上、日記で繋がりどんな人か??実際会って、確かめたいそんな気持ちがある昨日の電話では何も話すことができなかったが今回は、水上で会うという約束まで出来たしかし、僕の予定では日帰り温泉でも入り話だけで終わるという考えが当初に... [続きを読む]
  • 一晩だけの不倫 25
  • そして、翌日再度電話する「昨日の電話、水上に行きたいと言ったけれど大丈夫なの・・??」話はスムーズに進む佳美のペースで水上に行く約束をした俺のペースで話していたら「今度行こう」というニュアンスだけで終わってしまっただろういつか・・いつかという言葉は出ても... [続きを読む]