小関優後援会 さん プロフィール

  •  
小関優後援会さん: 小関優情熱珍道中 青森県鶴田町
ハンドル名小関優後援会 さん
ブログタイトル小関優情熱珍道中 青森県鶴田町
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kosekiyu_kouenkai
サイト紹介文何もない。髪もない。情熱だけで挑戦するピカピカ日記です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/07/08 13:36

小関優後援会 さんのブログ記事

  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問⑤【再回答】
  • 5.歴史文化伝承館(旧水元小学校)の活用について【再回答】回答者:教育次長外部の方々のご意見、町外の方とかいろんな方々のご意見を取り入れながらやってはどうかというご質問でございましたので、これまでもいろんな企画をしてまいりましたが、来訪される方とか、いろんな方の意見も取り入れる形で企画していきたいと思います。今年も伝承アートフェスティバルという形で、5年連続になりますが、いろんな形の運用をしており [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問⑤【再質問】
  • 5.歴史文化伝承館(旧水元小学校)の活用について【再質問】歴史文化伝承館の活用について検討をしてみるということでした。もし検討委員会を作るのであれば、行政だけではなく、民間の方、さらに様々な外部の方、例えば鶴田町外の方などの意見も入れながら、鶴の舞橋を訪れた方々が立ち寄って行きたくなるような、いい施設にリニューアルしていただければなあと、いうふうに考えております。 ※わかりやすいように原文を一 [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問⑤【回答】
  • 5.歴史文化伝承館(旧水元小学校)の活用について【回答】回答者:教育長歴史文化伝承館の活用についてですが、武雄市立図書館は、民間企業と連携することにより、「進展する高齢化社会の中で、豊かな生活を実現するための中核的施設」として、武雄市図書館・歴史資料館をより市民価値の高い施設として運営するために、民間企業が運営するノウハウを導入しており、電子端末を活用した検索サービスやカフェ・ダイニングの導入、36 [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問⑤
  • 5.歴史文化伝承館(旧水元小学校)の活用について議員研修先の佐賀県武雄市では、武雄市図書館を「もっと多くの方に利用していただきたい。」と考え、市民価値の高い施設として運営することを目標に民間企業と提携し、カフェの併設やCDレンタルなどが出来るようリニューアルしました。その結果、来館者数が255,828人(H23)から728,242人(H27)となり、約3倍に増えました。また、図書の貸出比率でみると、市内居住者55%、 [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問④【再回答】
  • 4.子どもが行きたくなる学校について【再回答】回答者:教育長子どもたちが喜んで学校に行きたがる学校にしてはどうかということですけども、確かにひと学級の人数が増えていきます。30人は超えていくと思います。これに対しては、先ほど蒔苗議員の方から質問ありましたように、ICTについて先ほど町長の方から答弁ありましたように、教育委員会といろいろ検討しながらしていくということですので、こちらもタブレット関係等に [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問④【再質問】
  • 4.子どもが行きたくなる学校について【再質問】これから6つの小学校が統合されますと、ひと学級のクラスの人数が多くなり、教師ひとりではなかなか目が届きにくい環境が考えられます。佐賀県武雄市の元市長の樋渡さんが話されておりました。「0.8かける0.8だと、いつまでたっても1に届かないため、どんどん落ちこぼれていく。学習面で落ちこぼれていきそうなときには、個別にでも支援し、落ちこぼれのないような体制を取っていく [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問④【回答】
  • 4.子どもが行きたくなる学校について【回答】回答者:教育長子どもが行きたくなる学校についてですが、子どもが笑顔で学校に行きたくなるような学校施設を整備し、魅力ある学校運営を推進していくためにも、管内各小学校の先生方及び保護者の方々、そして、地域の方々のご意見を真摯に受け止め、子どもたちが元気いっぱいで、安心して登校できる学校になるよう努めてまいります。 ※わかりやすいように原文を一部修正し、掲 [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問④
  • 4.子どもが行きたくなる学校について佐賀県武雄市で研修した際、タブレット端末をなぜ導入したのかお話を伺うと、「管理しやすい学校ではなく、子どものことを考え、子どもが行きたくなる学校にすることを目標に導入した。」と話されていました。我が町は今後6つの小学校が統合されます。我が町も子どもが行きたくなるような学校建設。そして、子どもが行きたくなるような学校運営を更に進めてはいかがでしょうか。 ※わか [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問③【再回答②】
  • 3.統合小学校建設スケジュールと予定地について【再回答②】回答者:教育長統合小学校の建設に関わっての騒音の問題ですけども、今町長が答弁しましたように、工事関係者と十分な打合せをしながら、ゼロということはあり得ませんので、とにかくその影響を最小限にくい止めるように、これから努力していきたいと思っております。 ※わかりやすいように原文を一部修正し、掲載させていただいている場合もございます。  議会 [続きを読む]
  • H28第3回鶴田町議会定例会 一般質問③【再回答①】
  • 3.統合小学校建設スケジュールと予定地について【再回答①】回答者:町長学校の建設に対する心配、これ花田議員も冒頭質問されましたけども、その際にも述べました。学校の授業や部活動に影響の出ないように、この近くでは五所川原中央小学校も同じ敷地内に建て替えもしてございますので、いろんなそういう学校のことも勉強しながら、子どもたちに影響を与えないように努めてまいりたいと、こう思っております。 ※わかりや [続きを読む]
  • 3月議会の一般質問
  • お世話になってます。小関です! 平成29年第1回鶴田町議会定例会において、次のことを質問させていただきます。3月8日9:00から一般質問ですので、ぜひお越しください。①鶴田町出身者のUターン対策について就職や進学により、町外へ転出した方々に、再び鶴田町に戻ってきて住んでいただくための対策として、どのようなことを行っているのかお知らせください。②町の活性化について新しい発想や若い力などを取り入れ、町を活 [続きを読む]
  • 3月議会の一般質問
  • お世話になってます。小関です! 平成29年第1回鶴田町議会定例会において、次のことを質問させていただきます。3月8日9:00から一般質問ですので、ぜひお越しください。①鶴田町出身者のUターン対策について就職や進学により、町外へ転出した方々に、再び鶴田町に戻ってきて住んでいただくための対策として、どのようなことを行っているのかお知らせください。②町の活性化について新しい発想や若い力などを取り入れ、町を活 [続きを読む]
  • 新年会を行います!
  • こんにちは!スタッフ一号です(^^)/1月20日(金)18時半より「小関優後援会新年会」を行います。後援会会員のみなさま、楽しい時間を過ごしましょう!また、会員以外の方で、新年会に参加したい方は、1月19日までに、こちら(kosekiyuu_kouenkai@yahoo.co.jp)へご連絡くだされば、詳しいご案内をさせていただきます。 ご連絡お待ちしております♪ [続きを読む]
  • 新年会を行います!
  • こんにちは!スタッフ一号です(^^)/1月20日(金)18時半より「小関優後援会新年会」を行います。後援会会員のみなさま、楽しい時間を過ごしましょう!また、会員以外の方で、新年会に参加したい方は、1月19日までに、こちら(kosekiyuu_kouenkai@yahoo.co.jp)へご連絡くだされば、詳しいご案内をさせていただきます。 ご連絡お待ちしております♪ [続きを読む]
  • 12月議会の一般質問
  • お世話になってます。小関です! 平成28年第4回鶴田町議会定例会において、次のことを質問させていただきました。①未来への挑戦!20年以内に現在行われている仕事の47%が、機械によって代行されると言われています。今ある仕事を今まで通りなんとなく継続しているだけでは、時代の流れに取り残され、気が付いた時にはすでに手遅れになっている恐れがあります。今ある仕事を発展・進化させるため、そして、新しい仕事を創出 [続きを読む]
  • 12月議会の一般質問
  • お世話になってます。小関です! 平成28年第4回鶴田町議会定例会において、次のことを質問させていただきました。①未来への挑戦!20年以内に現在行われている仕事の47%が、機械によって代行されると言われています。今ある仕事を今まで通りなんとなく継続しているだけでは、時代の流れに取り残され、気が付いた時にはすでに手遅れになっている恐れがあります。今ある仕事を発展・進化させるため、そして、新しい仕事を創出 [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再々回答】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再々回答】回答者:教育長奨学金の増額について前の議会の時にもご質問いただきました。確かに奨学金上げてあげたいのは山々なんですけども、前に小関議員は子どもたちにあまり借金させたくないという、そういうお考えもお持ちでございました。結局、奨学金を上げていくとやっぱりそれも借金になっていくんじゃないのかなと、こう思います。今県の方とか国の方ではそういう奨学金に対し [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再々回答】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再々回答】回答者:教育長奨学金の増額について前の議会の時にもご質問いただきました。確かに奨学金上げてあげたいのは山々なんですけども、前に小関議員は子どもたちにあまり借金させたくないという、そういうお考えもお持ちでございました。結局、奨学金を上げていくとやっぱりそれも借金になっていくんじゃないのかなと、こう思います。今県の方とか国の方ではそういう奨学金に対し [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再々質問】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再々質問】所得格差による教育格差の解消についてなんですが、私前回も前々回も質問させていただきました。例えば奨学金、子どもたちの奨学金の問題はどうするのでしょうか。それから、フッドリバーの中学生親善大使の問題、それらを取り上げて質問させていただいております。就学援助費をもらっているご家庭の方も勿論そうなんですけども、もらわないで頑張っているご家庭も中にはある [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再々質問】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再々質問】所得格差による教育格差の解消についてなんですが、私前回も前々回も質問させていただきました。例えば奨学金、子どもたちの奨学金の問題はどうするのでしょうか。それから、フッドリバーの中学生親善大使の問題、それらを取り上げて質問させていただいております。就学援助費をもらっているご家庭の方も勿論そうなんですけども、もらわないで頑張っているご家庭も中にはある [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再回答】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再回答】回答者:教育次長就学援助費の拡大の関係でございますが、小学校と中学校の扶助費としましてPTA会費の方を調整させていただきたいということで、PTA会費小学校が約80世帯、中学校が70世帯の対象がございまして、小学校につきましては3,300円ほど、中学校については4,100円ほどPTA会費を入れさせていただきたいと考えております。 ※わかりやすいよ [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再回答】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再回答】回答者:教育次長就学援助費の拡大の関係でございますが、小学校と中学校の扶助費としましてPTA会費の方を調整させていただきたいということで、PTA会費小学校が約80世帯、中学校が70世帯の対象がございまして、小学校につきましては3,300円ほど、中学校については4,100円ほどPTA会費を入れさせていただきたいと考えております。 ※わかりやすいよ [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再質問】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再質問】所得格差による教育格差の解消については、就学援助費の方を増額して対応するということで話されていたと思いますが、内容としてはどのようなものになるのかお知らせください。 ※わかりやすいように原文を一部修正し、掲載させていただいている場合もございます。  議会事務局にて、原文をご覧になれますのでご活用ください。 [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【再質問】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【再質問】所得格差による教育格差の解消については、就学援助費の方を増額して対応するということで話されていたと思いますが、内容としてはどのようなものになるのかお知らせください。 ※わかりやすいように原文を一部修正し、掲載させていただいている場合もございます。  議会事務局にて、原文をご覧になれますのでご活用ください。 [続きを読む]
  • H28第1回鶴田町議会定例会 一般質問④【回答】
  • 4.所得格差による教育格差の解消について【回答】回答者:教育長所得格差による教育格差があると前回の定例会で答弁しましたのは、所得に格差があることによって、塾に行けないとか、家庭教師を頼めないなど、家庭によって学力格差が生じるということから、そのように答弁させていただきました。鶴田町では、学校教育法の規定に基づき、経済的理由によって、就学が困難と認められる児童および生徒の保護者に対して、必要な援助を [続きを読む]