別館 さん プロフィール

  •  
別館さん: 創価の森の小さな家<別館>
ハンドル名別館 さん
ブログタイトル創価の森の小さな家<別館>
ブログURLhttp://sokamori2.exblog.jp/
サイト紹介文「創価の森の小さな家」のサポートブログです。
自由文創価の森ブログ本館で語らない詳細な情報を発信いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2012/07/08 15:05

別館 さんのブログ記事

  • 青春時代にタイムスリップ
  • ☆人革、1979年10月に迫る.新人間革命第30巻が昭和54年9月に到達しました。なんだかドキドキするのです。胸がキュンとなる。先生とお会いした同年の10月が目と鼻の先に迫っているから。sokafree.exblog.jp/26764621(上URLは当時の回想)当時のことを思い出してみましょう。古い8?フィルム映写機のように当時が映し出されます・... [続きを読む]
  • ブラック社員とダイヤモンド社員
  • ☆新種の4月病の発生.4月まだ10日も残っている。新入社員は会社に慣れないだろう。と、思っていると、新入社員がすでに沢山退社しているらしい。退職理由が「残業のある会社はブラックだ」とのレッテル貼りという。そんなTVを私の奥さんが見たという。「コメンテーターが呆れて“ふざけんな!”と言っていた」「電通の自殺問題で、そういう印象をもっているらしい」と奥さん。... [続きを読む]
  • 米副大統領が南北国境線を視察
  • ☆米国はどうするのか.読売新聞(4月17日)の記事写真を添付します。本日午後、アメリカ副大統領が朝鮮半島の国境線を視察した。新聞には国境線を厳しい表情で見つめる副大統領の写真が掲載されていた。副大統領のペンス氏は、トランプ政権の№2である。トランプ大統領に変わり、視察したのであろう。国境線には、河川や森林地帯が広がる。私も過去、この国境線を見ている。sok... [続きを読む]
  • 核実験はないと思うが
  • ☆日米共同訓練を伝えるニュースyoutubeを添付します過去最大の艦隊がアジア西部の海に展開しています。米軍のイージス艦は16隻。尋常な数ではありません。まさか、これで北は核実験はしないと思いますが・・でもやるかも。やったら、本当にマズイ。やらないことを祈るのみ。この記事は後日消去します。<別館>ブログトップへ [続きを読む]
  • ゴンゴンさんへ
  • ☆千早さんのご回答です. harutonaru.at.webry.info/201704  音声ソフトの使い方について千早さんがご回答くださいました。上記URLを してご覧ください。まずは取り急ぎのご案内です。<別館>ブログトップへ [続きを読む]
  • 北朝鮮VS米国の戦争はあるか
  •   ☆https://www.youtube.com/watch?v=2Re1zhBYYdg  今、極東アジアの情勢は極めて危険である。もし、核実験を北がおこなったら戦争になる、らしい。ここまでニュースがあれば、北は実験は「やらない」だろう。けれど、もし、実験をやったらどうなるのか。「何もない」ということはあり得ない。「アメリカを狙えるミサイル」を目の前で作っ... [続きを読む]
  • 高齢の桜の花
  • ☆老木の桜花を観る.学校の校庭にほんの少し咲く桜の写真です。今年は桜が咲かない。東京はまだ満開になっていない。茨城は咲き始めたばかり。この桜は、学校の校庭の老木で、年老いても尚、咲かんとする姿が感慨深かった。若木から花をつけ、青春を経て今に至る。勇者の桜である。この校庭で、幾千の子供たちを励まし続けてきたことであろう。春に咲いては人々を歓喜させ、夏... [続きを読む]
  • 巌窟王の決意に立つ
  • ☆師弟不二の巌窟王が戦う.小説・新人間革命第二章「雌伏」。その冒頭、戸田先生の小説・人間革命のことが語られている。その著作の読書感想文のURLを以下に示します。sokanomori.exblog.jp/14475026池田先生は、当時の戸田先生について次のように記されました。(以下の文章は要約していますので原文と異なります)「小説の前半、「巌(げん)さ... [続きを読む]
  • 朴槿恵氏の拘置所生活
  • ☆大統領から罪人へ.2017年3月31日、朴槿恵(パク・クネ)氏が逮捕された。彼女の拘置所生活とはいかなるものであろう。以下のような生活とのことである。収監される独房は6.56平方メートル(1.9坪)の空間。これは全国刑務所独房面積の2倍にあたる面積である。(1.9坪は、畳4畳分の空間に相当)独房にはトイレやロッカーや机、テレビなどの家具類が備わっている。... [続きを読む]
  • 雌伏(しふく)の章
  • ☆ライオンキングに似る.新人間革命第30巻は第二章「雌伏」の章に入った。雌伏とは「活躍の機会をじっと待つ」ことの意。「宗門と極悪ペテン師らの企てに伏して時を待つ」を意味するのか。天魔の正体を未来永劫、創価後継に教えるのか。いよいよ悪魔の陰謀が描かれるのか。スクラックブックの雌伏の章写真を添付します。太陽が地平線に沈み、変わって現れたのは宗門支配の闇であった... [続きを読む]
  • なぜ雌伏に至ったか
  • ☆会長辞任議決の経緯.新人間革命30巻で「大山」に続き「雌伏」の章がスタートした。前回の「大山の章」感想文URLを以下に示す。http://sokamori2.exblog.jp/26739261/これから語られるであろうこと。それは阿部信雄・日顕(あべしんのう・にっけん)の実像である。幾多の書籍、新聞で日顕の姿は語り尽くされてきた。しかし、池田第三代会長... [続きを読む]
  • たった一人になっても
  • ☆創価学会仏は戦う.1979年(昭和54年)、私は19歳でした。この年、私は創価大学のキャンパスで池田先生にお会いしました。先生は一緒に写真を撮ってくださった。なぜ私は池田先生にお会いしたのであろうか・・この新人間革命30巻執筆で、まさか、小説人間革命の終わりが1979年であろうとは夢にも思いませんでした。本日、大山の章(たいざんのしょう)が終わりました。... [続きを読む]
  • 学会支配を狙う宗門
  • ☆妬みと欲望の虜の命.小説・新人間革命「大山の章」は客観的に語る。事実を言葉少なに、しかし端的に。このほど池田先生の会長職辞任と新会長の就任を告げる船出の5・3本部総会のシーンが語られた。場所は八王子・創価大学の体育館。そこに法主・日達と多数の宗門僧らが列席した。聖教新聞連載記事の挿絵を以下に添付します。写真解説「新会長就任の5・3本部総会で、壇上の半分を... [続きを読む]
  • 続・何のために生まれてきたの?
  • ☆バカ騒ぎの政治屋たち.一昨日「何のために生まれてきたの?」を書きました。sokamori2.exblog.jp/26723964様々な答えがあることでしょう。ある人は「楽しむため」、ある人は「幸せになるため」またある人は「苦しむため」と表現するかも知れない。私は「仕事をするため」と申し上げました。でも、政治家の中にオカシナ人たちがいるのです。「ただ倒... [続きを読む]
  • 何のために生まれてきたの?
  • ☆使命を果たすため.私は何のために生まれてきたのか。それは仕事をするために生まれてきたのです。仕事とは「世のため、人のために尽くす」こと。それが私の本当の仕事です。青春時代、私の心に常に問う言葉が心から湧いていました。「何か良いことをしなければならない」幾度も、幾度も、その言葉が浮かんでくるのです。「いったい、僕は何をすればいいのだろう」と考えた。... [続きを読む]
  • 祝・ひらがな御書3周年
  • ☆219編収録を果たす.梅林の風景「贈る言葉」YouTubeを以下に添付します  ひらがな御書ホームページが3周年を迎えました。嬉しいです。ありがたいです。幸せです。その気持ちを創価の森通信に書きました。sokafree.exblog.jp/26721494<別館>ブログトップへ [続きを読む]
  • あなたは創価学会仏
  • ☆運命に負けない人生.あなたと同じ境遇だったときの心境を語った詩があります。sokanomori.exblog.jp/12989042心の雨と題したこの詩は、きっと今のあなたの心境でしょう。私はあなたの分身です。あなたと私は兄弟姉妹です。私はあなたの悲しみと辛さが全部分かります。あなたは必死にお題目をあげている。そう、お題目を唱えなければ生きていられないから。... [続きを読む]
  • 捨てる神あれば拾う神あり
  • ☆「森」荒廃の危機.日本経済新聞に興味深い記事を見ました。日本の森が危機にひんしているという。全国の森林組合で93%も人手が不足しているという。「戦後に植えたスギやヒノキが十分な大きさに育っているが、丸太価格の安さもあって多くが放置されている。荒廃を防ぐため、林業の担い手確保が大きな課題となっている。1980年に14万人を超えていた林業従事者は2015年で5万... [続きを読む]
  • 師弟分離作戦
  • ☆魔は破和合を企てる.新人間革命 大山(たいざん)の章。会長勇退に続き法華講総講頭の辞任がすでに語られた。宗門と陰で操る山崎正友らは、次の作戦を遂行する。それは「聖教新聞の報道規制」「会合の出席阻止」であった。以下に、新人間革命30巻から抜粋する。>「すでにこの時、学会の支配を企む弁護士・山崎正友と宗門僧らの陰謀によって、伸一は自由に会合に出られない状況が... [続きを読む]
  • 法華講総講頭の辞任
  • ☆見えない日達の真実.以下の内容はあくまで私の個人的な感想・推理です。新人間革命「大山」で、ついに法華講総講頭の辞任が語られました。総講頭の辞任は以下の文章のみで終わりました。>26日、伸一は静岡県・富士宮の宗門の総本山に、法主・日達を訪ね、法華講総講頭の辞表を提出した。その折、日達からは、長年にわたり宗門の隆盛に尽くしてきた伸一の功労をねぎらう言葉があり、法華講... [続きを読む]
  • 花から始まる花はない
  • ☆苦難の大地から咲く花.少し元気をなくしている人のための名言集 YouTubeです YouTubeのコメントと、それ以外のものも含めて記します。水木しげる云く.その悲しみは宝物だ。ええ思い出をもらったな。星野富弘云く.私は傷を持っている。でもその傷のところからあなたのやさしさがしみてくる。ゲーテ云く.涙とともにパンを食べたもので... [続きを読む]
  • 嫉妬の克服
  • ☆最後は御本尊様です.「美人は必ずねたまれる」との御書があります。どの御書にあったか分からなかったのですが、ありがたいことに非公開の方が教えてくださいました。非公開さん、ありがとうございました!石は玉をふくむ故にくだかれ 鹿は皮肉の故に殺され魚はあぢはひある故にとらる すい(翠)は羽ある故にやぶらる女人はみめかたちよければ必ずねたまる 此の意(こころ)なるべき... [続きを読む]
  • 仏は敵をも味方にする
  • ☆伴侶と戦えば不幸になる.シングルマザーさんの今までの生き方は、わざわざ不幸になる生き方を選択しているように思えるのです。知らず知らずにとんがって生きていたのではないかと思うのです。思ったこと、感じたことをそのまま言っていませんか?人生、正しいから、優秀だから、幸せになれるというのは幻想です。相手に勝ったから幸せになるというものでもありません。人間の世界は化学... [続きを読む]
  • なぜ能ある鷹は爪を隠すのか
  • ☆上司とは戦わない.http://sokamori2.exblog.jp/26683998/よりA.(シングルマザーさん)>仕事を頑張れば頑張るほど目立つので、周りからは「がんばるから言われるのに…」と聞こえてくることもあります。私に酷いことをしている人たちの「負けたくない」と言う思いを常にすごく感じます…ですが、契約社員という立場上仕事で成果をあげようとすることしか... [続きを読む]