ちゃびん さん プロフィール

  •  
ちゃびんさん: アスペガサス
ハンドル名ちゃびん さん
ブログタイトルアスペガサス
ブログURLhttp://wildflowergallery.blog106.fc2.com/
サイト紹介文2008年10月にアスペルガーと診断され納得の人生が始まった・・・。お困りの日常をアップ。
自由文困っていること:落とす、壊す、こぼす、汚す、忘れる、メールが冷たい、音を全部拾うのでうるさいところにいられない、光がまぶしいところが嫌い、一方的に話す、話が長い、話題が突然変わってまわりがついていけない、などなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/07/09 09:29

ちゃびん さんのブログ記事

  • ソーセージ
  • 夕飯を食べおわった夫が「何かない?もうちょっと食べたい」と言うので「ソーセージがあるけど。指くらいの太さの。何本?」「……5本くらい」何か元気なくて変。そっか、指って言ったら食べられなくなるよね。ウ○コくらいの太さのも時々買うから間違って言わないように気を付けなくちゃね [続きを読む]
  • オキュパイテッド・ジャパン
  • おもちゃ博物館にて。これは煙草の箱を一回りくらい大きくした箱に入った人形たち。おじいさんが自分が子ども時代に買ってもらったものから大人になって収集したもの。私たちが日本人だと知ると、1台のミニカーをショーケースから出して裏を見せてくれて「非常に珍しいものだ」と指指す先に「メイド・イン・オキュパイテッド・ジャパン」と。第2次大戦後のある時期にしかない、本当に珍しいバスだった [続きを読む]
  • バレッタからビットリオーザの夜景
  • 自由時間に天井画で有名なコルティナというレストランに恐る恐る入るが、10ユーロ代で食べられるメニューばかりでひと安心。夫は兎のグリル、私は山羊のチーズコロッケを頼む。おいしかった。その後夜景スポットで夕焼けを見て、夜景を見て(ビットリオーザは半島が要塞)、タクシー乗り場まで歩き、ホテルに帰った [続きを読む]
  • 娘の誕生日
  • 買ってきた花に我が家のベランダのコデマリ、白のもっこう薔薇、白いマーガレット、紫のビオラを加えてお墓に飾った。夫が「線香を最後まで真っ白に燃やし尽くしたい、次に来た時に写真をとっておいて」と言うが、そのタスクを覚えておくのに膨大なエネルギーを使いそうなので断って「今見届けて帰ろうよ」と提案し、見届けた結果が2枚目の写真。お見事!さすがは焚き火職人だゎ [続きを読む]
  • 時計のベルト
  • 右が若草色だったお気に入りのベルト。使い込んだらこんな色に。東京駅を歩いていて、ベルトをとある店で見つけたので、同じ色にしようか迷った挙げ句、気分を変えたくて藤色にしてみたら…あららお気に入りのリバティの花柄の紫と全く同じ色でびっくり。時々、別々に買ったのに同じ色とか、お揃いになるとか、あるあるだなぁ [続きを読む]
  • いつの間にかボロくなったね
  • これは、夫のジーンズ。急にボロくなったね、と言ってよく見たら、ちゃんとフセがしてある。それもチェックの布で。さては彼女でもできたか?と訊いたら「UNIQLOで買ったんだよ、こういうの前から欲しかったけど、高かったから。ホラ、この帽子も破れてるのこう言うのなんて言うんだっけ?」「ゆーすど?」そこに次男が呆れて入って「ダメージだよ」と教えてくれた。そう言えば私もダメージになってきたからちょうどいいね、と言っ [続きを読む]
  • 野菜は美しい
  • 覚醒していると、野菜は美しい。覚醒剤を打ってる(変換したら先に売ってるが出てきて笑った)ともっと美しく見えるのかしら。だからと言って好奇心から打たないけど [続きを読む]
  • 茶羊羮よ再び
  • 1月に「茶羊羮を買ったら小豆色だったんですが」と電話で尋ねたら代替品を送ってくれた茶羊羮を実験教室のメンバーの前で切ってみた。パッケージと同じ深緑の羊羮にやっと巡り会える…はずだったが、やっぱり小豆色。これもまた充填ミスか?と落胆していたら、一人の鼻がいいと自称するおじ様から「いや、抹茶の香りがするよ」と言われて「色が小豆色でも?」他の二人ののおじ様方は首を傾げていたが。3人とも科学者。もう一度、 [続きを読む]
  • ビフォーアフター、今日は5時間
  • 最後の数日ドアが開かず、物をポイポイ投げ込み、取りに入る時は無理無理ドアを押して、物を踏んで探しに入る状況だったが、昨日自治会の監査が終わって、やれやれ、片付けた〜。ごみ袋45l一つ。廃棄資料ひと束。廃棄紙類約10センチ。スッキリした。埋もれていたお気に入りの桜の壺も出てきて(写真2枚目)写真を撮った後、玄関に飾った [続きを読む]
  • うちのベランダが1年で一番美しい季節
  • 久々ゆっくりわが家でランチをして、ドイツ土産としていただいたワッフル(薄焼きのワッフルの間にシナモン味のキャラメルがはさんである。濡れ煎餅のようにふにゃふにゃしていて、マグカップに載せて温めて食べるのが通)をお気に入りのウィリアム・モリスのマグカッブに載せている、あぁ。好物on好物って幸せ。あ、服がスポーツウェアだった。お気に入りに着替えればよかったな。今からうちのベランダは、ブルー&ホワイト、そこに [続きを読む]