ynwaken94 さん プロフィール

  •  
ynwaken94さん: 進行性精巣腫瘍闘病記〜You'll never walk alone〜
ハンドル名ynwaken94 さん
ブログタイトル進行性精巣腫瘍闘病記〜You'll never walk alone〜
ブログURLhttp://ynwaken.exblog.jp/
サイト紹介文精巣腫瘍(後腹膜リンパ,肺,脳,仙骨,甲状腺,縦隔リンパ転移)闘病記と退院後の経過観察日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/09 11:51

ynwaken94 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 精巣腫瘍と脳壊死の検査前
  • 明日は検査である。検査そのものへの恐怖感というか、緊張感は以前よりなくなってきている。人間やはり少しは慣れる動物のようで。凄いですね。その代わりっちゃあなんですけど、わざわざ仕事休んでまで、人に旅行?いいな、とか言われながら、時間かけて検査に行くこの人生ってなんなんだろう?と思うこともある。同年代の人間が3連休わーい!と言っているのを見ると若干イラつくこの感情は正常なのだろうか?彼彼... [続きを読む]
  • 自分でやる
  • 自分自身がどういう目的でどういう事をやりたいのか、それを自分自身でやりとげるために自分はどうしたいのか。倫理的に問題ない目的でという前提つきだけれども。これが全てな気がする。自分が目的をもってやる中で、相手とのやり取りが発生して参考になると思えば参考にすれば良いし、参考にならないと感じるのであればなぜ参考にならないと感じたのか、それからどうしたいのか自分の言葉で表現すれば良い。相手に... [続きを読む]
  • 感情の言語化プラス意志
  • 自分中心とは、相手の行動とか感情とかに意識を向けるのではなく、自分がどうしたいか、どう感じているかに焦点を当てる。〇〇が〇〇しているからムカつく。イライラする。という状況では、相手に対して何かしてやりたくて、でもできなくて我慢している。かといって相手に何かしてやったところで一瞬スッキリはするだろうけど、蟠りは感じたままになる。相手に対して自分の行動を働きかけるのではなく、あくまで自分... [続きを読む]
  • 最終目的地
  • 自分中心、とはどうするべきことか。これは本の根幹になるのでまだ書かれていない。次回です。今回はどういうところを失っているのか、自分中心となって得るべきことは何か、自分が望んでいることは何か。それは、どんな自分であっても認める。理想は私を大好きになること。自分のどんな感情、どんな気持ちも受け入れて味わい、実感すること。誰よりも自分の意思を尊重し、それを実感すること。自分のために、... [続きを読む]
  • 自分中心
  • 感情を偽って表現しても、結局はその裏にあるものを人は感じとる。表現と感情に違和感を感じる。これは誰もが経験あるのではないか。そういったやり取りによって鬱屈とした感情が蓄積されていく。あの時ああ風に言えれば… 次こういう風になったら相手にこう言ってやろう… こうして何度も何度もその出来事について考える。過去に今と未来が支配されているといっても良い。過去の出来事を思い出すたび、身体は今まさに... [続きを読む]
  • 感情表現の矛盾
  • 辛いのにずっと忘れられない、何度も思い返す=怒りの反芻がなぜ起きてしまっているのか。これは建前で喋る感情と本音が矛盾し、脳が混乱してしまっているから、らしい。本当は気になることなのに建前で喋ってしまい、その後に後悔して思い返してしまう。そういう一つ一つ小さな小さな事が積み重なっていくと、なおさら状況は悪化する。人との会話を例にすると、書籍曰く、他者中心=相手に嫌われたくない、人に好か... [続きを読む]
  • 怒りの反芻
  • 骨頭壊死は、精神的にはだいぶ落ち着いてきました。少し日常を取り戻してきています。仕事も組織改編があり、異動となり変化はありましたが、基本的にやることは同じでより現場に違い組織に所属することになったので以前よりやりやすい環境になっています。時差出勤も認めてもらっているので、仕事に不満はなくなりました。そうすると、日常をうまく過ごせそうなもんなのですが、うまくいかないのが人生。題名にある... [続きを読む]
  • 骨頭壊死その後
  • やるべき検査を全て終えました。結果、左側の骨頭は3分の2以上が壊死しており、更に空洞化も起きている。骨頭の周囲には炎症があり、水が溜まっているよう。骨頭回転骨切は適応にならず、手術するならば人工股関節になる。対して右側の骨頭壊死はそれほど酷くなく、潰れてしまうか、固まるか、両方の可能性がある。右は骨切適応となる。という感じでしたが、今は痛みどめなしでも生活できるので、経過観察にし... [続きを読む]
  • 新たな刺客
  • 精巣腫瘍の寛解から無事5年経過したのですが、先日「特発性両側性大腿骨頭壊死」という特定疾患(厚労省指定の難病)になっていることが分かりました。難しくて説明がうまくできないのですが、股関節の一部である大腿骨頭という部分に栄養がいかなくなり、その部分が壊死してしまう病気です。その壊死した部分が潰れてきており、歩くと痛かったり、ひどい時はなにもしていなくても膝や足首に痛みがでます。精巣腫瘍... [続きを読む]
  • 今年を振り返ります
  • 今年も残り少なくなりました。あまり年末感がないのですが、振り返りを少し。1〜3月まだ大学生でしたね。果たして働けるのか?不安を感じながら、卒論を書いていました。幸いにも卒論は大学のミニ学会みたいなところで佳作をいただけました。この病気になって気づいたことを題材に佳作をいただき、3万円ゲットしたので体で稼いだなと思いました。笑そのあとは引っ越したり遊んだり。... [続きを読む]
  • 社会人1年目
  • 卒業前にブログを書いてからこのブログを開いてもいませんでしたが、ちょっとしたきっかけからブログの存在を思い出したので近況報告をしておきます。4月に入社して3か月間は研修、7月配属で営業(!)になって今5か月たったという感じです。入社当初は17時あがりでもしんどすぎて家に帰って寝ていましたが、現在は少し残業しても家で本読んだりストレッチしたりとちょっと前に進んでいるような気がします。た... [続きを読む]
  • 社会人1か月目
  • 社会人になって1か月。始めは緊張していた(今も若干緊張は残る)が、少しずつ慣れてきたように思う。GW中だが風邪をひいて時間があるので振り返ってみよう。まず、会社自体は優しく仕事を教えてくれる方が多く、雰囲気は悪くない場所だ。上司の方は器量の大きい余裕が感じられる人が多い印象で、話題も豊富である。呑み会なんかでも気さくにいろいろな人と盛り上がっている印象だ。色々学ぶところが多くアドバイ... [続きを読む]
  • ご無沙汰です
  • Blogの方はだいぶご無沙汰になりました。この間の脳の変化についてですが、再発ではなく放射線壊死という判断でよいだろうということになりました。さらに、先日の検査で壊死の部分が縮小していたので、今後悪さをすることはほとんどないとのことで、本当に良い結果に落ち着きました。このまま1〜2年変化がなければほぼ放置という形で問題ないそうです。とんだお騒がせという感じで終わって良かったです。... [続きを読む]
  • ふと。
  • メリクリですね。悲しきことですが特に予定はございませんので、年内に卒論を完成させるべく頑張っております。さて、今現在卒論を書いていて思ったことを書いておくと、サバイバーが患者会とかに参加してFace to Face で交流して何かを得ることに加えて、自分で何かしら気づきを得られるように促すとかそういうことができるコンテンツとかがあればいいなと思いまして。例えば、いくつか論... [続きを読む]
  • 死と生
  • こんにちは。突然ですが、「死」について考えてみることをゆるーく始めて見ました。(卒論からの逃避)理由は、闘病経験をすると嫌でも「死」を意識するし、最近終活とかいって死を昔ほどタブー視することがなくなっているような気もするし、がんが治ったからと言って避けられるものではないから。単純に興味もある。幸いにも哲学の生命論(この認識で正しいかはわからない)とか死生学とかっていう学問があって... [続きを読む]
  • ボランティア的な
  • 昨日、国立がんセンターであるボランティア的なものの会議に参加した。詳細は詳しく書いちゃマズイようなので重要な気づきを。一言で表すと、僕は恵まれている、ということ。なにをいってるのかとお感じになる方もいらっしゃるでしょう。でも、僕は恵まれている。かなり進行していた状況で、いろいろありながらも今までの治療がうまくいき、いま元気にしていられることに関して、僕は恵まれているな、とは感じて... [続きを読む]
  • なんとなく見える
  • 最近は体力もついてきて、さすがに以前と比べると落ちるは落ちるけど、大学の生活に困ることは全くなくなった。今は次のステップへ向かうためにさらに頑張ろうとしているところだ。体力の回復とともに、心も回復してきているように感じる。以前のような感覚を覚えることが増えてきた。病後は日常生活のありがたみを感じて、そういうことに対する感謝だとか普通に生きていることが素晴らしいと感じる感覚が増えた。これ... [続きを読む]
  • ピアサポート
  • 先日、つくばで行われた精巣腫瘍のピアサポートに参加した。同じ部位のがんということで、他の患者会とは違い、同じ経験をしているから通じるところが大きい印象を受けた。治療中の話や入院していた病院の話など、病気の経験を共有することはもちろん、恋愛や仕事など、個人的に気になっていることについても話を聞くことができ、良い経験になったと思う。そもそも精巣腫瘍に罹患する人はそれほど多くないのもあ... [続きを読む]
  • あと半年
  • 大学生活最後の夏休みも終了し、あと半年で大学生も終わり。いろいろあって2年人より多く大学に通うことになったけど、無事に卒業できそうな感じで嬉しくもあり、普通に生活しているであろう同級生に少しでも追いつきたいという焦燥感もあり、かと思えばぐーたらできる時間もあと少しかと残念な気もするし、いろいろな感情が混ざっているような感じ。とりあえず今はこの間あった定期検査も無事にこなし、平... [続きを読む]
  • 整理
  • 闘病中やその後の経過をどこに何をどのように書き込んでいるか一応整理しとこうと思って、いくつかの媒体を振り返ったのだけど、書き込む頻度は高いし内容はなかなかエグいし、しかも基本暗いし、こいつ大丈夫かって自分で思う。当時は大変だったし、もし今後何かあるとどうなるかわからないけど。基本飾ることなくそのままの自分で書き込みをしてる。そのスタンスを変えるつもりはないけど、もう少し根が明るくなった方... [続きを読む]
  • 元気です
  • 久しぶりの投稿。先日、脳の検査がありましたが変化なし。とりあえずは良い傾向。とりあえず今は再発はほぼないと考えてよいだろうという感じ。よかった。今回の検査で良かったことがあと2つ。1つは、検査でせっかく移動するので友人に会おうと思って何人かに会えたこと。誰かに会うとかサッカー見るとか観光地巡ってから行くとかイベントを絡めれば楽しみもあって良いことに気付いた。相... [続きを読む]
  • 過去の記事 …