takoing さん プロフィール

  •  
takoingさん: My spare time
ハンドル名takoing さん
ブログタイトルMy spare time
ブログURLhttp://tako529.cocolog-nifty.com/sparetime/
サイト紹介文ハワイ・映画・読書など日々の出来事で感じたコトや好きなコトの徒然日記
自由文物を書く事、写真を撮る事、映画を観る事、その原作の小説を読む事、海外ドラマを観る事、など
色々な自分の好きな事を紹介できたらな、と思いこちらを書いています。
興味のあることは
ハワイ・映画鑑賞・ビデオ鑑賞・読書・お酒・語学(英語勉強中)・ハワイアンリボンレイ・ゴルフ・スノーボード・マリンスポーツ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/07/11 01:26

takoing さんのブログ記事

  • コンビニたそがれ堂6 祝福の庭 村山早紀
  • オレンジ色の光、稲穂の絵、長い銀色の髪に金の瞳のお兄さん・・・。店の名前は たそがれ堂不思議な 魔法の コンビニです。コンビニたそがれ堂 祝福の庭 村山早紀読了です。かつて諦めてしまった夢の続き、老いた人気漫画家と少女の交流、サンタクロースに手紙を書いた少年たち・・・ちょっと疲れた時、心細くなった時、切羽詰まった時・・・心が迷った時に、このお店で一息ついてみませんか?ガラスの靴 洋品店アザレア/良い [続きを読む]
  • 探偵・日暮旅人の残り物 山口幸三郎
  • 探しものはなんですか?見つけにくいものですか?探偵・日暮旅人の残り物 山口幸三郎読了です。『愛』を探す探偵・日暮旅人の活躍を描いた人気シリーズの番外編第2弾。1.雪消の隘路(あいろ) 雪路・義理母・思い出2.花の夕影  夫婦・ファンレター・デート3.ひだまりの恋 お悩み相談所・昼寝・在る4.祭りのあと(前・中・後) 花の祭典・パンケーキ・スイ部*********************************************TVドラマも [続きを読む]
  • もののけ本所深川事件帖 オサキと江戸のおまんじゅう 高橋 由太
  • 妖狐オサキと古道具屋の手代・周吉が活躍するシリーズ第7弾 もののけ本所深川事件帖 オサキと江戸のおまんじゅう高橋 由太読了です。十郎まんじゅうが名物の本所深川の菓子屋「ゆきや」は、主の十郎が亡くなったことで娘の雪へと代替わりしたが、「味が変わった」と贔屓の客離れがおきて雪は悩んでいた。そんななか忠義者の番頭、源七が好敵手の大福屋「鶉屋」に引き抜かれ、“元祖十郎まんじゅう"なるものを売り出した。さらに十 [続きを読む]
  • GOSICK GREEN 桜庭一樹
  • 3連休、いかがお過ごしでしたか??春休みって事でお出かけになられた方もいるのかな?We are here. NY BROOKLYN Cranberry Street 14Avenue Lady VGOSICK GREEN 桜庭一樹読了です。新大陸に到着した早々、難事件を次々解決したヴィクトリカと一弥。開業したグレイウルフ探偵社には早速、依頼人が殺到。脱獄した伝説の銀行強盗・KIDと、マンハッタンの中心にある広大な公園・セントラルパーク。この二つに関する厄介な依頼にヴィク [続きを読む]
  • 『ラ・ラ・ランド』
  • La-La-Land ・・・①ハリウッド、ロサンジェルス ②おとぎの国, 夢の国, 桃源郷. 『ラ・ラ・ランド』何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバ [続きを読む]
  • 『マリアンヌ』
  • 『マリアンヌ』1942年、極秘諜報員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、次第に惹かれ合った二人は愛を育んでいくが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない秘密を持っており……。********************************** [続きを読む]
  • 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
  • いっやぁ〜ワケわからなくなっちゃった。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN 監督ティム・バートン少年ジェイクは、現実と幻想が交錯する中で、奇妙な子供たちが暮らす“ミス・ペレグリンの家”を見つけ出す。子供たちが不思議な能力を持ち、ひたすら同じ一日を繰り返す理由を知る一方で、彼らに忍び寄ろうとしている危険に気付くジェイク。さらに、ミス・ペレグリンの家へと導か [続きを読む]
  • 『この世界の片隅に』
  • 『この世界の片隅に』監督 片渕須直出演 のん第13回文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがり、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉の周作の元へとお嫁にやって来る。戦争で身近なものが失われていく中でも工夫を凝らしながら日々を生きていくが、1945(昭和20)年3月、呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続 [続きを読む]
  • 『相棒−劇場版Ⅳ−』
  • さて、先週はお休みを頂きました。その後、あのひどいめまい、は起きてないので、今週から再開です。と言ってもためてた記事をUPするだけだけど(;^^)。又宜しくお願い致します。劇場公開版4作目、です。『相棒−劇場版Ⅳ−』監督 橋本一 出演 水谷豊 他7年前、駐英日本領事館関係者の集団毒殺事件で生き残った少女が国際犯罪組織に誘拐されていた。そして現在。特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、国際犯罪 [続きを読む]
  • めまい
  • ここ数年、毎年この時期になると何やかや起きるけど、今回もビビったわ〜。まさか、のめまい発症。しかも「回転性めまい」(;^^)。何それ?って感じでしょ?いわゆる「めまい」には大きく分けて3種類あるらしい。◇回転性めまい(ぐるぐる)◇動揺性めまい(ふらつき)◇眼前暗黒感(立ちくらみ)「ふらつき」や「立ちくらみ」は良くあるのよね。でも「ぐるぐる」は初、だったかも。ティーカップで思いっきりグルグルまわった [続きを読む]
  • マカロンはマカロン 近藤史恵
  • ビストロ「パ・マル」。「パ・マル(悪くない)」なんて名前をつけるなんてマカロンはマカロン 近藤史恵読了です。下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルは、スタッフ四人、カウンター七席、テーブル五つ。フランスの田舎を転々として、料理修業をしてきた変人シェフ三舟さんの気取らない料理と、身も心も温めてくれるヴァン・ショーは大人気。そして、実はこのシェフ、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く [続きを読む]
  • いまさら翼といわれても 米澤穂信
  • ああ 願わくは 我もまた自由の空に 生きんとて籠の鳥をば 解き放ついまさら翼といわれても 米澤穂信読了です。◇箱の中の欠落 焼きそば・ラーメン・投票箱◇鏡には映らない 卒業制作・鏡・ヒーロー◇連峰は晴れているか ヘリ・古い新聞記事・無神経◇わたしたちの伝説の一冊 漫研・同人誌・投稿◇長い休日  調子が良い・モットー・掃除◇いまさら翼といわれても 合唱・未来・進路案内*****************************「 [続きを読む]
  • 自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太
  • 体も心も酷使する現代社会。体の疲れはわかりやすくても、心の疲れは自覚しにくい。そしてある日突然折れてしまう・・・。自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術 下園壮太読了です。ムリを重ねてある日突然うつになる。 イライラや不安などの感情のムダ遣いで疲労する。 やる気が長続きせず、仕事のパフォーマンスにムラがある……。このムリ・ムダ・ムラの三つに共通するのは「心のエネルギー」の使い方が下手なこと。そ [続きを読む]
  • 戦場のコックたち 深緑野分
  • もし俺を心配してくれるなら、外の世界でがんばってくれ。もうこんなことが起きないように。俺達が戦場へ行かなくて済むように・・・戦場のコックたち 深緑野分読了です。1944年6月、ノルマンディー上陸作戦が僕らの初陣だった。特技兵(コック)でも銃は持つが、主な武器はナイフとフライパンだ。新兵ティムは、冷静沈着なリーダーのエド、お調子者のディエゴ、調達の名人ライナスらとともに、度々戦場や基地で奇妙な事件に遭遇 [続きを読む]
  • あの家に暮らす四人の女 三浦しをん
  • でも、夢見たっていいじゃない。年取って死ぬまで、気の合う友達と楽しく暮らしました。そんなおとぎ話があったっていいはずだ。あの家に暮らす四人の女 三浦しをん 読了です。謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品。ざんねんな女たちの、現代版『細雪』。************************** [続きを読む]
  • 下北沢ヌックラ堂 枕木みる太
  • 古着には、持ち主の想いがつまっている。僕とワケあり古着たちの、いくつかの物語。下北沢ヌックラ堂 ~ワケあり古着に囲まれて~  枕木みる太 読了です。古着屋の聖地、東京は下北沢。上京したての僕がべっこう飴の匂いに誘われて迷い込んだのは、路地の奥に佇む古着屋、ヌックラ堂。その店のドアには【ワケあり古着、買い取ります。】と綴られた小さな黒板が吊るされていた。古着を愛する、猫背&マッシュボブの女店主、かの子さ [続きを読む]
  • 扇動者 ジェフリー・ディーヴァー
  • せんどう【扇動・煽動】《名・ス他》人の気持をあおり(=煽)立てて、ある行動を起こすようにしむけること。「―者」扇動者 ジェフリー・ディーヴァー読了です。“人間嘘発見器”キャサリン・ダンス捜査官が「無実だ」と太鼓判を押した男が、実は麻薬組織の殺し屋だとする情報が入った。殺し屋を取り逃がしたとして、ダンスは麻薬組織合同捜査班から外され、民間のトラブルを担当する民事部に異動させられた。そこは拳銃の携帯も [続きを読む]
  • 校閲ガール 宮木あや子
  • ファッション誌の編集者になるはずだったのに、どうして私が校閲に!?校閲ガール 宮木あや子 読了です。ファッション誌編集を目指す河野悦子(こうのえつこ)が配属されたのは校閲部。担当する原稿や周囲ではたびたび、ちょっとした事件が巻き起こり…。*******************************TVドラマでやっていて、結構面白かったんですよね。で、たまたま図書館に置いてあったので、借りてみました。続刊も出ているんですよね、 [続きを読む]
  • 遊園地に行こう! 真保裕一
  • 遊園地、行ってますか??遊園地に行こう! 真保裕一読了です。遊園地ファンタシア・パーク。夢の国を支えるスタッフのひとり、北浦亮輔は頬の傷がコンプレックス。顔を隠せる“着ぐるみ”を希望して面接を受けたが、インフォメーションカウンターに配属されてしまう。差配したのは、50歳を過ぎてパークに入り、出世を遂げ“魔女”と呼ばれる及川真千子。彼女の導きで、亮輔は働く喜びを得ていく。この魔女がスタッフの心に火を付 [続きを読む]
  • とにかくうちに帰ります 津村記久子
  • 屋根の下に行きたい。うちに帰りたい。給料も今のままでいいし、恋人もできなくていいから、部屋でくつろぎたいんです!部屋でくつろぐためなら、大抵のことはやります。とにかくうちに帰ります 津村記久子読了です。うちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように、うちに帰りたい―。職場のおじさんに文房具を返してもらえない時。微妙な成績のフィギュアスケート選手を応援する時。そして、豪雨で交通手段を失った日、長い長 [続きを読む]
  • 珈琲店タレーランの事件簿5 岡崎琢磨
  • いまはただ、ともに生きていこう。何も恐れずに。何も憂えずに。生きよう。珈琲店タレーランの事件簿5 岡崎琢磨読了です。「珈琲店タレーランの事件簿」の最新作が登場! アオヤマが理想のコーヒーを探し求めるきっかけとなった女性・眞子。11年ぶりに再会した彼女は、どこか悩みを抱えているようだった。後ろめたさを覚えながらも、アオヤマは眞子とともに珈琲店《タレーラン》を訪れ、女性バリスタ・切間美星に引き合わせるが [続きを読む]
  • 二歩前を歩く 石持浅海
  • 理系だからこそ、現代科学ではわかっていないことは山ほどあることを知っている。理屈をつけて説明できなければ処理できない事務屋さんと違い、「この現象はまだ説明できない」と書いてしまえば済んでしまう。二歩前を歩く 石持浅海とある企業の研究者「小泉」が同僚たちから相談を持ちかけられ、不可思議な出来事の謎に挑む。超常現象の法則が判明したとき、その奥にある「なぜ?」が解き明かされる!チャレンジ精神溢れる六編のミ [続きを読む]
  • パレードの明暗 座間味くんの推理 石持浅海
  • 物事の見方。他人を思いやる力。そして隠された真相を見抜く眼力。いつか全て手に入れたい。パレードの明暗 座間味くんの推理 石持浅海読了です。警視庁の女性特別機動隊に所属し、羽田空港の保安検査場に勤務する南谷結月は、日々の仕事に不満を感じていた。身体を張って国民を護るのが、警察官として最も崇高な使命だ。なのに―。そんな不満と視野の狭さに気付いた上官から、結月はある飲み会に同席するように言われる。行って [続きを読む]
  • ゲストハウス八百万にようこそ 仲野ワタリ
  • ゲストハウスとは宿泊施設のこと。ホテルとは違い、部屋によってはトイレ、バスルームがない場合もあり、共用のものを利用する。月単位の料金設定をしているところもあり、そこではアパートのように長期滞在も可能である。ゲストハウス八百万にようこそ 仲野ワタリ読了です。祖父から譲り受けた古民家を改造し、外国人旅行者向けのゲストハウス「八百万(やおよろず)」を開業した元バックパッカーの安堂美香。オープンから九カ月。 [続きを読む]
  • 『マグニフィセント・セブン』
  • 「七人の侍」「荒野の七人」その魂を受け継ぐ・・・『マグニフィセント・セブン』 THE MAGNIFICENT SEVEN 監督 アントワン・フークア出演 デンゼル・ワシントン 他上映時間 133分製作国 アメリカ公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)初公開年月 2017/01/27開拓時代の小さな田舎町。そこでは冷酷な悪徳実業家バーソロミュー・ボーグが町の資源を独占しようと荒くれ者たちを従え、傍若無人の限りを尽く [続きを読む]