片山祐姫 さん プロフィール

  •  
片山祐姫さん: 中小企業診断士 OFFICE AIR 片山祐姫 のブログ
ハンドル名片山祐姫 さん
ブログタイトル中小企業診断士 OFFICE AIR 片山祐姫 のブログ
ブログURLhttp://officeair.blog.fc2.com/
サイト紹介文女性の中小企業診断士/ITストラテジストによる経営、マーケティング、情報戦略についてのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/07/11 08:21

片山祐姫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「未来」と「将来」はどのように違うのか?
  • 企業の経営ビジョンや戦略を語る際に、「未来」という言葉を使うことに違和感があるという意見をお聞きしました。「将来」という言葉を使うべきだというご意見です。私がもっているマイナー(?)な資格に、日本語教師(日本語教育能力検定)という資格があります。ここで私が学んだ、いくつかのことの一つに、言葉について何か考えるときは、「用例で判断する」ということがあります。考えてみたら、これは、他の分野では、当たり [続きを読む]
  • パソコンの貸し借りしません
  • たま〜にですが、「パソコンを貸して」という話になることがあります。勉強会で発表者がUSBにデータだけ入れて来られ、発表用のパソコンがない場合などです。私はいつもパソコンを持ち歩いているので、「貸してあげて」となることがありますが、すみません。お断りしています。理由は、データ管理に責任が持てなくなるためです。大企業の場合、データは共有サーバ内に保管されていて、パソコンは単なる端末に過ぎないかもしれま [続きを読む]
  • 「経営力向上計画」のメリットが拡充されます
  • 「経営力向上計画」とは、自社の経営力を向上するための計画です。平成28年7月から開始された制度で、一定の要件を満たすことで、国の認定を受けることができます。これまで、「経営力向上計画」の認定を受けることの第一のメリットは、ものづくり補助金の審査において、加点ポイントが得られることでした。第二のメリットは、固定資産税の軽減措置が受けられることです。「経営力向上計画」の認定によって、「経営力向上計画」の [続きを読む]
  • 税務調査で「お土産」は必要?
  • 少し前にお会いしたある経営者さん。創業の経緯や仕事に対する考え方などを伺いましたが、真面目で誠実な人柄が感じられる方でした。利益もきっちり出されており、貸借対照表からも効率的な経営ぶりが感じられたので、そのようにお伝えしたら、「税理士さんが厳しくてきっちりしているから、助かっています」とのこと。税務調査でも何の問題もなく、二日間の予定だったところ、一日で「申告是認」で終了だったそうです。この話を思 [続きを読む]
  • 「USJ」本の著者が説く「リアプライ」と「ラン活」
  • 久しぶりに「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」(森岡毅著)を読み直しました。読み直した理由は、実は小学生の子供に読み聞かせる適当な本がその時、手元に他になかったから。他の子供向けの本は読みつくし、子供が読んでいないのは後はビジネス書だけ。どの本が面白いだろう?この本なら、ストーリー性があって少しは面白いかな?と最初の方を読み聞かせると、非常に興味を示し、「もっと続きを読んで!」と [続きを読む]
  • 大阪産業創造館あきない・えーど「よくある経営・法律相談」
  • 大阪産業創造館あきない・えーど「よくある経営・法律相談」のコーナーのいくつかのFAQの記事を書かせていただいています。最近追加したFAQは「事業性評価融資」とは何ですか?https://www.sansokan.jp/akinai/faq/detail.san?H_FAQ_CL=0&H_FAQ_NO=1222「統合報告書」とは何ですか?どのように活用するものですか?https://www.sansokan.jp/akinai/faq/detail.san?H_FAQ_CL=0&H_FAQ_NO=1223新規ビジネスの事業化における留意点は何 [続きを読む]
  • 経営力向上計画は国の施策のパスポート?
  • 経営力向上計画作成をお勧めした会社から、以下のお問い合わせをいただきました。「機械設備の件、簡単に計算したところ、固定資産税は×万円程度なので、半額になったとしても、×万円程度の削減にしかならないと思うのですが、ほかにもメリットがあるとお考えでしょうか?」確かに固定資産税の減免程度であれば、金額的にはそんなにメリットがあるとは感じにくいかもしれません。上記のお問い合わせに関して、以下のようにお返事 [続きを読む]
  • 「捨てられる銀行」の時代は本当に実現するのか
  • 知り合いの金融機関の方に勧められて、「捨てられる銀行」(橋本卓典著)を読みました。新書なんだけど、帯が大きい。帯に大きく「型破りのエース 森金融庁長官が進める大改革は何を目指すのか?」とあります。↓森金融庁長官が就任したのは、2015年7月7日。今から一年前です。その森長官が目指すものは何か。2015年9月18日に公表された「金融行政指針」には、具体的施策として、「企業の価値向上、経済の持続的成長と地方創生に [続きを読む]
  • Windows10 にアップグレードしてみたよ
  • パソコンを立ち上げるたびに、Windows10 に「今すぐアップグレード」か「今夜アップグレード」かの選択を迫られる画面が現れ、煩わしい思いをされている方も多いことと思います。新しいOSへのアップグレードは、プリンタ等の周辺機器との接続や、業務上必須のアプリケーションの動作に不安がつきまとい、別に今すぐするべきことじゃないなあ…という気になりがちです。かと言って、ずっとこのままアップグレードしなくてもいいか [続きを読む]
  • 最近よく目にするキーワード - IoT/ロカベンと事業性評価 -
  • 人は、視界に入っていても、意識しているものしか見えないといいます。このところ個人的に気になるキーワードが、・IoT・ロカベン(ローカルベンチマーク)・事業性評価・事業性評価融資という3つのキーワードです。IoTは、Internet of Things の頭文字をつなげた略語。モノとモノをネットワーク化して、データ収集、監視、制御などを行うこと。ネットワークに接続されるモノとしては、機械設備や自動車、家電、ロボット、施設な [続きを読む]
  • 商品・サービス開発をめざす課題発掘ワークショップ
  • この2月から3月にかけて、三回にわたって、「高齢者施設の課題を掘り下げ商品・サービス開発をめざす」という「課題発掘ワークショップ」でファシリテータを務めさせていただきました。各回の内容は、以下の通りで、最終日の第3回で各参加企業にプレゼンをしていただきました。第1回 高齢者施設の方へのインタビュー第2回 インタビューをもとにした商品・サービスコンセプト開発第3回 開発したコンセプトのプレゼンとフィード [続きを読む]
  • 黒字企業を消えさせないために
  • NHK「クローズアップ現代」の「黒字企業が消えていく 〜休廃業3万社の衝撃〜」という特集の中で、知的資産経営が事業承継に有効なツールとして取り上げられました。(2016年2月17日放映)知的資産とは、その企業ならではの独自の強みです。企業の強みを棚卸しし、その強みを基軸に経営戦略を立案することで、成長の道筋を明らかにすることが可能になります。放送では、知的資産経営の取り組みを契機として、従業員への事業承 [続きを読む]
  • 感謝されたいという気持ち
  • 先日のこと。打ち合わせをしていた時に、「感謝されたいから」という言葉をお聞きしました。仕事をする原動力として、「感謝されたい」という気持ちがあるというお話で、人間として素直な気持ちだと思いながら、聞いていました。人間は誰しも自己重要感、自己有能感、自己好感という3つの欲求を持っています。自分は価値ある人間で、能力があり、好かれていると思いたいという素直な気持ちです。セミナーや支援の場で、良好な人間 [続きを読む]
  • そのアンケート、誰かにチェックしてもらった?
  • アンケートは、何かわからないこと、知りたいことがある時に調査するための一つの手法です。ということは、通常は、アンケートには特定の目的があります。その目的が何であるかを事前に明確化しておくことが望ましいです。なぜかというと、たくさんの質問項目を盛り込むと回答率が低下したり、煩雑さから、回答者が面倒になって、回答の正確性が下がることがあるためです。短い時間で回答できるアンケートの方が回答してもらいや [続きを読む]
  • ティオティワカン遺跡で目標達成のコツを考えた
  • 昔、メキシコのティオティワカン遺跡に行ったことがあります。テオティワカンは、紀元前に繁栄したテオティワカン文明の中心都市だった所です。旅行に行く前は、ガイドブックを見ながら、ティオティワカン遺跡の中を楽しく散策するイメージを膨らませ、ロマンに浸っていたのですが、実際に行ってみると、イメージとはずいぶん違う。何が違うって、まず暑い。そして、遺跡と次の遺跡の間隔が遠い。…冷静に考えてみると、そこは昔 [続きを読む]
  • 1万円の料理は高い?
  • 「かあさーん、クリスマスケーキ買って〜!」と子供がポストに入れられた、クリスマスケーキのカタログを持ってきた。「どれ?」と聞くと「これ!」と指差したのは、1万2,000円のイチゴのクリスマスケーキ。某有名ホテルのケーキらしい。内心、「高っ!」と思ってると、「あー、やっぱりコレ!」と妖怪ウォッチの3,800円のキャラデコケーキに変更。「このウサピョン、目が変わるんだって!」やはり子供、そういうことが嬉しいらし [続きを読む]
  • 賢すぎると話が聞けない。
  • 仕事柄、ヒアリングをする機会が多くあります。少し前に、ある勉強会の場で、「ヒアリングとインタビューは違う」という意見を耳にしました。それまで、ヒアリングとインタビューを比較して、違いを考えるということを特に意識していなかったのですが、その言葉をきっかけに両者の違いを整理してみた結果、ヒアリングとインタビューは以下のように違うのではないかと考えています。(自分としての定義です)○ ヒアリングは、質問 [続きを読む]
  • 過去の記事 …