tanoya さん プロフィール

  •  
tanoyaさん: 岩手の旅人
ハンドル名tanoya さん
ブログタイトル岩手の旅人
ブログURLhttp://tanoya.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文守ろうニッポン!守ろう東北!がんばれ一関!岩手の南の玄関口、一関から発信しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/07/12 15:27

tanoya さんのブログ記事

  • 今季二度目のバッキャ味噌
  • 昨日に引き続き今日も晴天、ですが、まだそれほど猊鼻渓の観光客は増えておりません、我が家の庭のフキノトウも花が咲き始めたので帰宅後摘み取って、またバッキャ味噌を作ってみました、前回より優しい味付けになったような・・醤油を入れないせいか、味噌を変えたせいか自己採点は60点と言うところでしょうか・・ [続きを読む]
  • 震災七年目の南三陸を走る
  • 昨日のテレビは各局とも東日本大震災後の特集番組が組まれていました、昨年は大船渡へ行きましたので今回は南三陸〜気仙沼を走ってみました、半年に一度くらいしか三陸海岸方面へは行きませんが、震災前の面影のない大きな変わりように複雑な思いで車を走らせました三嶋神社近くの商店街に寄ったら行列が出来ていたのでなんだろうと覘いてみたら、わかめの詰め放題のようです新わかめはしゃぶしゃぶが美味しいそうです、私は詰めて [続きを読む]
  • じゃが味噌作ってみました
  • お客様から小芋と男爵二種類のジャガイモを頂いたので店で小芋の味噌和えを作ってみました、ジャガイモは皮をむいてレンジで八分チン、その後油をひきフライパンで隠し味にニンニク少々炒め味噌、みりん、砂糖、醤油鍋肌に少々で味付けしてみました、出来栄えは自己採点80点・・食べ過ぎてしまいました・・写真ピンボケでした\(;゚∇゚)/ [続きを読む]
  • 3.11岩手復興ドラマを視聴
  • 日本一小さな本屋と冬のホタルの二本立てで、それぞれ30分ほどの短編で震災から六年がたつ中、苦しみながらも前を向いて歩こうとしている被災者の心の復興をテーマにしたドラマでした、明後日からは震災後七年目に入る東日本大震災ですが、第二第三の原発事故防止には程遠く、再稼働ありきで国民の安全より利権を優先する原子力発電の国の対応に疑問を感じております、特に有事の際狙われることなど無いのでしょうか・・日本国民 [続きを読む]
  • 塩釜市場でマグロの心臓購入
  • 昨日、名取に居る孫に会いに行くのに、久しぶりに朝食は塩釜市場で食べる事にし7時ごろ出発!登米東和から無料区間のみ三陸自動車道を利用し松島経由にて塩釜に到着、さあー何を食べようかなぁ〜妻とウロウロ、これで行こうと手にしたのが甘エビ、天然ホタテ、まぐろの三種類でした、美味しかったので甘エビとまぐろをさらに買い孫家族のお土産としました帰り際に気になるものが、聞いたらマグロの心臓なそうでニンニク醤油で食べ [続きを読む]
  • 新・柵の瀬橋は・・
  • 今日は朝から小春日和、となればドライブ日和でもあります、東山の店に行くコースを今年初めて舞川線を利用することにしました、柵の瀬橋の建設進行状況や菜の花道路の様子を見ながらの出勤としました、が・・あれぇ〜、昨年見たときとあまり変わっていないような気がいたしました、完成予定はいつなんでしょうねぇ、ちと寂しさを感じたりしながらもマンネリ出勤道路とは違う清々しさも感じさせられた出勤となりました、菜の花は来 [続きを読む]
  • 「せんまやひなまつり」に行って来ました
  • 千厩に着いたら小雨が降ってきました、千厩図書館に車を置いて小走りで会場となっている酒の蔵交流施設へ・・200円を支払い中へ入ったらおばちゃんに今日はあまり混んでいないからいっぱい写真撮っていってねと声をかけられました、心の中でハーイ・・聞くところによると一番古いのは江戸時代の雛人形だとか、こんなに沢山展示するの大変だったことでしょう、記念に玉の春ミニパックを購入してありがとうございました・・帰り道 [続きを読む]
  • 慌ててジムニーのオイル交換終了
  • 昨日何気なく前回のオイル交換の距離を確認したら、既になんと6000kmオーバーしておりました、暖かいのですが今日の天気予報は昼ごろから雨の予報で、明日からはまた寒くなるというので、店は今月初めての休みとしホームセンターに行きオイルとエレメントを購入して来て交換を済ませました、せっかくなのでエンジンの調子の確認をしながらこれから「せんまやひなまつり」を見に行って来ようと思います、エンジンさん喜んでく [続きを読む]
  • 大東運輸・右ならえー右
  • 一関から東山町の猊鼻渓に行く途中に大東運輸の会社がありますが、いつも通る度に駐車場に整然と並べられている車両を見て感心させられております、どんなに天気が悪い日の後でも綺麗に洗車されて整列し翌日の出番を待っております、会社の方針なのか社員の愛社心から行われているのかは分かりませんが、こんな会社はお客様にも誠実な対応をしているのだろうと思わせられます、私がたまにドライブに出かけると県外でも良くすれ違う [続きを読む]
  • 復興ドラマエントリーしてみました
  • 一関から東山町の猊鼻渓に行く途中に大東運輸の会社がありますが、いつも通る度に駐車場に整然と並べられている車両を見て感心させられております、どんなに天気が悪い日の後でも綺麗に洗車されて整列し翌日の出番を待っております、会社の方針なのか社員の愛社心から行われているのかは分かりませんが、こんな会社はお客様にも誠実な対応をしているのだろうと思わせられます、私がたまにドライブに出かけると県外でも良くすれ違う [続きを読む]
  • 夕暮れ時の北上大橋
  • 仕事を終え友人宅へ向かうため川崎へ出たら夕日がとても綺麗なので慌ててバックからカメラを出していたら北上大橋にさしかかりました、夕日に魅せられた一枚です、が!・・花泉の大堤の前を通るとハクチョウとカモが仲良く氷の上で羽を休めていました・・何を語り合っているのかな〜今年になって実家の近所で二人、妻のおじさん、今日と四人目の訃報の知らせです、少々多いようにも思いますが、それだけ私も年をとったという事なの [続きを読む]
  • 友人のお母さんの訃報入る
  • 今月の八日に新年会と称してお邪魔し親しく話しながらご馳走になって来たばかりなのに、訃報が届きただただ驚くばかりの朝を迎えております、昨夜急に容態が悪くなり病院に運ばれ亡くなったとの事でした、二年ほど前に亡くなったお父さんには「のりおくん飲めよ」と可愛がられ、昨夜亡くなったおばあちゃんには「いしかわくんよく来たな」と可愛がられて過ごしてきました、あの八日の会話が最後になるとはゆめゆめ思いもせず悲しん [続きを読む]
  • 冬の厳美渓
  • 二時からの保健所講習まで少し時間があったので厳美渓の様子を窺いに行ってみました、が、残念ながら観光客は見当たりませんでした、冬の観光業の厳しさを改めて知らされたような気がしました [続きを読む]
  • 今日の心境
  • 今日は交通指導員の会議と保健所講習が重なり今年二度目の休業としました、鳥取などと比べれば無いにも等しい一関市街ですが、真湯温泉のあたりはどれくらい雪が積もっているのでしょう、妙に気になる朝を迎えています [続きを読む]
  • さすがプロの仕事
  • 昨年の暮れから自宅近くの河川工事が行われています、河川に溜まった土砂の撤去の工事をしているのは(株)甲南様ですが、工事が進むにつれすっかりきれいになった川を見てプロの仕事に感心させられております、厳しい寒さの中大変とは思いますが、まだ半分ほど残っています、風邪などひかぬよう注意されよろしくお願いいたします、時たま遊びに来るカモも喜ぶことでしょう [続きを読む]
  • 今朝の一関
  • どのくらい雪が降ったのだろうと起きてすぐ外を見たら、私の住んでいる一の関市街は覚悟したほどの降雪量ではありませんでした、早速雪かきをしましたが雪は軽く30分ほどで完了、しかしながら小雪ではありますが降り続いておりますので安心はできません [続きを読む]
  • 一関も大雪となるのだろうか
  • とにかく寒い、ストーブ全開でも店内の温度は16度止まりでした、今のところ小粒の雪ですが天気予報は最大50cmの雪が降るとか、隣の横手の方は本降りの様子なので真湯温泉のあたりも本降りとなっていることでしょう、今年はまだ雪かきをしないで済んでいますので、そろそろ本格的な雪が降るのかもしれません・・ね・・ [続きを読む]
  • 街並みに普段の光景が戻る
  • あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします!ほとんどの企業が仕事を始めたようで、道路工事や建設工事の車が道路をふさいでおりました、私の自宅の近くでも河川工事が始まりました、私は2日から仕事始めとしましたが今年の三が日は雪も降らなく過ごしやすい正月休みでした、果たして今年はどんな年となるのでしょうね、この頃チョコチョコ地震が多いのが多少気になります・・ [続きを読む]
  • 初詣
  • 初詣に厳美渓経由で毛越寺に向かいましたが、近付くにつれて渋滞が始まり進まなくなりそのまま行こうかとも考えましたが、同じ時間をかけるのであれば孫の居る名取に行き昨年同様岩沼の竹駒神社へ行くことにしUターン高速道路で一時間半で到着、孫たちに新年の挨拶を済ませ竹駒神社へ、今年は午後のせいだろうか、昨年と比べれば三分の二ほどのお参り客の行列でそれほど時間がかからずお参りで来ました、穏やかな年となりますよう [続きを読む]