此葉菜咲夜withチームあねらぶる さん プロフィール

  •  
此葉菜咲夜withチームあねらぶるさん: 姉らぶるっ!! 此葉菜咲夜withチームあねらぶる
ハンドル名此葉菜咲夜withチームあねらぶる さん
ブログタイトル姉らぶるっ!! 此葉菜咲夜withチームあねらぶる
ブログURLhttp://aneloveru.blog.fc2.com/
サイト紹介文ラブコメ「姉らぶるっ!!」をはじめ、創作活動を行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2120回 / 365日(平均40.7回/週) - 参加 2012/07/13 18:33

此葉菜咲夜withチームあねらぶる さんのブログ記事

  • 0.パンツカイデー作戦で股間突入ですっ!
  • マン臭事変発生、退避せよ!! これはもう手遅れだ。死地へ赴こうとする戦士を俺には止めることができない。いや、むしろサクッと死ね。「おい、里志。ヤバくなったら即退避しろよ!」 俺と里志は部屋を出て、紗月姉の部屋の前にスタンバイした。今日は花穂姉ちゃんが家の中にいない。加奈子さんや他の友人と出掛けている。「蒼太! ドアちょっと開いてるぞ!」続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*´ [続きを読む]
  • 0.姉たちが牡牛で作戦名が決定しますっ!
  • シークレット・ミッションはコンプリートっ!! 六月中旬。土曜日の午後。クリスティーナは、定期的に養父結城海斗と連絡を取る。ゴロリとベッドに横になり、父の声に耳を傾けている。「お父さん、元気? 日本の夏は、すごく蒸し暑いわ」『僕も今、ニューヨークだけど、こっちも気温が高くてね……』「蒼太君はもう大丈夫よ。青山家の姉たちも少し大人しくなったみたい」『ご苦労だった、クリスティーナ』続きは、アルファポリス [続きを読む]
  • 0.姉たちが揃うと必ずこうなりますねっ!
  • 差し伸べられたその手を離さないっ!! ズイズイと四人が迫って来る。隣りに座る来栖が、いきなり腕を組んで密着。俺はため息を落として、曇天を見上げる。空に視線を移す一瞬、なにかが見えた。 姫咲公園の入り口、数本植えられた街路樹から手だけが見える。こっちへ来いと、誰かが手招きする。まるで、リレーのバトンを待つ選手のように手を構えて、俺が来るのを待っている。(――今だっ!) 息の荒い四人の隙をついて、公園 [続きを読む]
  • 6.姉の本音は恋と愛を心に刻みましたっ!
  • それは、ピンポン玉ほどの淡い恋!! 午後七時半過ぎ、キッチンからいい匂いが漂う。デミグラソースの匂いだろうか。大好物が登場する予感。程なくして加奈子さんがステーキ皿を運んで来る。「……弟君、花穂さんは?」「さっきメールしたから、もうすぐ着くよ。夕飯は家で食べたらしい」 花穂姉ちゃんには、ここで知った事実をありのまま伝えなかった。続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*゚▽゚*)? [続きを読む]
  • 5.姉の母から秘密を全部聞かされますっ!
  • 青山蒼太一五歳、そのルーツ……「加奈――」 質問を投げかけようとしたそのとき、玄関のチャイムが鳴った。時計の針は午後六時を指している。加奈子さんが小走りで玄関へ向かう。花穂姉ちゃんは俺の連絡待ちで、この時間に来ることがない。 気になってリビングから玄関ホールへ顔を出すと、買い物袋を引っさげた結城藍子さんが立っている。どうやら、夕食の食材を加奈子さんに届けに来たらしい。「弟君。夕飯食べませんか?」「 [続きを読む]
  • 4.姉との会話が噛み合っていませんねっ!
  • 超天然系美少女お嬢様っ!!「あの、加奈子さんも裸だけど? 全部見えてるよ?」「……ぁっ!!」 小さな悲鳴をあげて、加奈子さんはその場にうずくまった。自分が全裸であることを忘れる天然系お嬢様、それが結城加奈子さんなのだ。俺はそっと、加奈子さんの肩にバスタオルを掛けた。「俺、リビングで着替えるよ」「はい……」続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*゚▽゚*)? [続きを読む]
  • 3.姉が大胆なのか天然かわかりませんっ!
  • まさかまさかの混浴ですねっ!! 姉二人が、俺の入浴中に侵入する事案は頻繁に発生してきたが……なぜ、加奈子さんが入って来る。そして、なぜ驚く。驚いているのは俺の方だ。「えっと、あの、加奈子さん?」「ごめんなさい……弟君が入っているのを忘れていました……」 シャワーの音は、洗濯機のモーター音にかき消されて聞こえない。パンツ以外の衣類は、すべて洗濯機の中だ。脱衣場に用意されているのは、加奈子さんが用意し [続きを読む]
  • 2.姉ってやっぱり風呂に来るんですかっ!
  • 女の子の家でシャワーを浴びる俺!!「加奈子さん、着替える前にシャワー借りていい? ベタベタして気持ち悪くて」「あ、はい……今、タオルを用意しますね」 ガムシロップを入れていたからだろう。ローズヒップティーが付着した部分がべとついて変な感じだ。 一旦、自宅に戻った花穂姉ちゃんが来るのは、俺の合図待ちだ。加奈子邸でシャワーを借りるなんて言えば、強制的に俺を連れて帰るだろう。侵入魔の姉二人がいない空間で [続きを読む]
  • 1.姉と一緒に姉の部屋へ行ってきますっ!
  • 姉のお泊りについて行きます!! 自転車で青山家から結城家のマンションへ向かう。花穂姉ちゃんとこうして自転車で移動するのは久しぶりだ。住宅街の狭い道を抜けて、国道へ出る。「姉ちゃん、どんな理由で一旦家に戻る?」「そうね……あっ!!」「どうしたんだ?」「別の鞄に入れた着替え全部忘れた!」続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*´∀`*)。?。 [続きを読む]
  • 5.姉の手料理で手打ちとなりましたねっ!
  • コロッケはマヨ入りが最高ですよ!!(実はこの鑑定書、間違いだったりしてな) 来栖有紀は、なんの根拠があって、俺と結城海斗のDNA鑑定をしたのか。肝心なことを聞く前に感情的になり、リビングを出てしまった。「蒼太君。入っていいかしら?」 コンコンと部屋のドアをノックする音がする。ドアの向こうに来栖がいる。あいつが俺の部屋に来るのは初めてだ。続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*゚▽ [続きを読む]
  • 4.姉と変態天才が組むのはありですかっ!
  • 本能寺の変態っ!!「おかしいじゃないかっ!! 花穂姉ちゃんも相当なブラコン行動してたぞ!」 怒り任せにテーブルを拳で叩いてしまった。空のグラスがゴトリと倒れ、氷がテーブルに転がる。「うん。ごめんね。蒼太の気を加奈ちゃんから逸らしたかった」「たったそれだけの理由で、風呂に入ったりベッドに忍び込んだりしたのか!?」続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*´∀`*)。?。 [続きを読む]
  • 3.姉の目的を知って驚くばかりですよっ!
  • 裏の顔って誰でもあるんですかっ!!? 花穂姉ちゃんは軽快に階段を降りていく。俺の足取りは重い。知らない方が幸せなことって、本当にあるのかもしれない。「はい。アイスコーヒーねっ」「あのさ、さっきの話の続きだけど――」「サブリミナルとか暗示って言うらしいよ。人間の聴覚って、眠っているときも働いてるの。だから、蒼太は寝ていても、脳は加奈ちゃんの声を拾ってる。さっき見せた動画のようにね」 キッチンテーブル [続きを読む]
  • 2.姉があの雨の日の真実を明かしますっ!
  • あの日の記憶を呼び戻す!! スマホの画面は常夜灯の光以外なにも見えない。ただ、人影に少しだけ動きがあるのがわかる。『か、加奈子さん……今……』『あの……花穂さんには……』 加奈子さんが、俺の額にキスをした。口元で人差し指を立てて、内緒のジェスチャーを作る。ペコリと軽く会釈をして、お粥の乗ったトレーを持って部屋を出て行った。続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*´∀`*)。?。 [続きを読む]
  • 1.姉の一言に悪い予感しかしませんねっ!
  • どっかであった展開ですね!!? そして、今日もいつも通りに自室のドアを開く。お決まりのパターンで、先に帰った花穂姉ちゃんがそこにいる。可愛らしい薄ピンクの花柄ランジェリーの上下だ。「おかえりっ! 蒼太! ねえ、久々にするっ!?」「花穂姉ちゃん! 勝手に俺の部屋開けるんじゃない!」「いいじゃん! 久々に蒼太とゲームしようと思って待ってたんだよ!?」続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料 [続きを読む]
  • 0.最終章の途中に解説入れてみますねっ!
  • 複雑なので解説入れますね!!<序幕〜本幕開始までのあらすじと解説> 主人公は青山蒼太。一五歳の高校一年。両親は海外支社へ赴任中で次女の花穂と二人暮らし。長女の紗月は隣県で寮に住み、大学に通っています。(隣県といっても近い) さて、この物語の大きなテーマは、過度にブラコン行為を繰り返す姉二人と弟の成長が軸です。伏線っぽいものはいくつかあって、後に回収されていたりします。続きは、アルファポリス版click→ [続きを読む]
  • 5.姉の口づけは飴玉と共に突入しますっ!
  • ストロベリー味の苦い思い出!!「蒼ちゃん、今飴玉のこと思い出してない?」「勝手に人の頭の中読むんじゃない……」「じゃあ、姉ちゃんが飴玉をあげるって言ったらどうする?」 姉はベッドに腰掛けたまま、左手に握っていた駄菓子の大玉飴を開封して口に含んだ。こちらに顔を向けて唇にゆっくりと近づいて来る。「姉ちゃん! そういうのは、もうしないって約束しただろ……」続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で [続きを読む]
  • 4.姉と姉の秘密について談義しますよっ!
  • 姉たちの思惑が交錯する!!「蒼ちゃん、来栖さんとエッチしたの?」「いいや、してない。というか、ただの友人だ。ミコリュウって知ってるだろ? 御子柴先輩と来栖は仲がいいんだ。俺は四条先輩の紹介で、御子柴先輩に勉強教わってた。来栖の家で勉強する日もあった」 こうして口から出まかせが速射砲のように出ると、自分が詐欺師になったような気がする。実際は来栖有紀と二人きりで、いやらしくテスト勉強を行っていたのだ。 [続きを読む]
  • 3.姉の心と股間に顔を突入させますねっ!
  • ついに姉に逆襲する弟!!「姉ちゃん、首筋汗かいてる。エアコン入れようか?」「お風呂上がりだか……ひゃっ!」 ここで攻め手を緩めてはいけない。キラリと汗が光る首筋を耳の裏までジュルリと舐め上げた。口の中にやや酸っぱい味が残る。姉は驚きの声を上げ、耳まで赤く染まってきた。「紗月姉……」「ちょっと待って!」「待てない。次は姉ちゃんのアソコをパンツの上からでも舐める」続きは、アルファポリス版click→姉らぶ [続きを読む]
  • 2.姉への願望をむき出し丸出しですよっ!
  • プレゼントはセクシーランジェリー!! 姉はサイドがほぼ紐の、面積がとても小さいパンツに触れながら言った。塁姉が買っていたプレゼントが、このパンツだったということだ。「どうしたの? 蒼ちゃんが買ってくれたんだよね?」「う、いや……俺だけで女性の下着買うわけないだろ。塁姉だよ。塁姉といっしょに選んだんだ」「あ、なるほどね! 塁姉はあたしの好み知ってるからね。元々、塁姉が好きなブランドだったし」続きは、 [続きを読む]
  • 1.姉の巨乳に欲棒の操舵が不可能ですっ!
  • 姉ちゃんの巨乳にビンビンですよっ!! どうも張りつめた空気が居心地悪い。姉のテンションが低過ぎる。体調が悪いわけではなさそうだが……「気に入らなかった?」「ううん、ありがと。蒼ちゃん、この前約束した見返りだけどね……」 紗月姉との約束は、四条春香を慰めることと、進路を考えなおさせること。俺はそのミッションを十二分にクリアしたと言える。続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配信中(*゚▽゚* [続きを読む]
  • 0.妹に幻想を抱くのは間違いなんですよ!
  • 変態姉二人VS双子の変態妹!! 俺の朝は、ほぼ毎日こんな感じでバッドスタートする。双子の妹のどちらかが、必ず起こしに来てくれるのだ。「あらま、にいさん……今朝も海綿体がパンパンですねぇ」「おまっ! どこ触ってんだ! 早くどけっての!」 夘月が布団の中で、ボクサーブリーフの膨らみに触れてくる。体の上に肉布団、もとい妹が覆いかぶさって俺の股間を弄る。続きは、アルファポリス版click→姉らぶる!!←で無料配 [続きを読む]
  • 5.姉の誕生日の贈り物ってなんですかっ!
  • 姉の誕生日を忘れる命知らずっ!!「蒼ちゃん……姉ちゃん金曜の晩に帰るって言ったのに! 昨晩いないし!」「悪い、紗月姉。塁姉が手伝ってほしいことがあるって言うから」 なにかおかしい気がする。微妙に空気が違う。距離感も違う。姉の表情がいつもと違って見えるのは気のせいだろうか。「そっか……」「紗月姉?」そっけない返事で居間へ入る紗月姉。このピリピリ感はあれだ。滅多に機嫌が悪くならないノー天気娘の紗月姉が [続きを読む]
  • 4.子どもが寝たらオトナの時間ですよっ!
  • 夢か現実か初突入っ!!「どうだ、蒼太?」「はあ!? なにしてんだ塁姉!?」 塁姉は衣服を脱ぎ捨てて全裸でベッドに腰掛け、片足を立てて手を組んだ状態だ。近づいて見ると、小柄で細身の肢体がすべて露わに……「大事なこと教えるって言っただろ? 早く脱いでこっちへ来い」「おかしい……なんでだ?」 塁姉がこんな行動に出るのもおかしいが、俺の股間が隆々と反応している。塁姉には、なんの欲望も感じなかったはずだ。続 [続きを読む]
  • 3.隠された過去の事件を知らされますっ!
  • お互いの家に隠された秘密が明らかに!! この話しぶりでは、加奈子さんの父結城陸人が俺を養子に出したのか、実父の結城海斗が養子に出したのかはっきりしない。確かなのは、加奈子さんと同じ母から産まれたことだ。ここでおかしな点が一つ出てくる。加奈子さんの母親である結城藍子さんは、結城陸人の妻である。しかし、DNA鑑定の結果、俺は兄結城海斗の子だと診断された。(DNA鑑定は塁姉にも内緒だったな……) 青山透 [続きを読む]
  • 2.アルバムの秘密を明かしてくださいっ!
  • 謎の写真と謎の人物!!?「蒼太、晩御飯作るから美果の相手してくれる?」「お安い御用だ。任せてくれ」 塁姉はリビングに入り、エプロンを装着して調理モードに突入。俺は保育士モードに突入か。子供の相手は嫌いではない。「ソータ!」「ん? 美果ちゃんこれは……」 美果ちゃんは出しっぱなしのアルバムの中から一枚の写真を持って来た。その写真は十数年前の正月に撮ったものだろうか。親戚一同が玄関前で写っている。続き [続きを読む]