尼崎のおおさか さん プロフィール

  •  
尼崎のおおさかさん: おおさか遊食探究〜これ食うために生きている〜
ハンドル名尼崎のおおさか さん
ブログタイトルおおさか遊食探究〜これ食うために生きている〜
ブログURLhttp://amaosaka.blog.fc2.com/
サイト紹介文全国の主にラーメン、時に和洋食スイーツも。「遊び食を探す、究める」をコンセプトに日々の発見を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/07/15 00:39

尼崎のおおさか さんのブログ記事

  • 宮古島への愛溢れる地産地消ハンバーガー!ダグズバーガー@宮古島市
  • ダグズバーガー@宮古島市ダグズ・チーズバーガーにLAVAチーズアップクレード!なんとSNS映えすることか笑宮古牛100%のパテは肉汁たっぷり、押しては返す弾力ながらふっくらとし激ウマ!天然酵母のバンズもふわりしつつ密度感じ、表面のサクッとした食感もいいね!贅沢だ〜?宮古島産ビンチョウマグロのツナがたっぷり、シークワーサーの酸味がスーッと爽やかなサラダをサイドメニューに従え、国内店舗ではなかなかお目にかかれな [続きを読む]
  • 進化が止まらない!自家製麺導入でさらなら高みへ!【麺一盃】
  • 自家製麺導入で更に進化を続ける「麺一盃」OPEN以来本当に美味しくて通っていたが、遂に自家製麺を導入!今や塚本エリアのキャリアでは中堅どころを担う実力店。海苔、ナルト、ビックリするほどの大判のチャーシューにざく切りのネギ。いつもと変わらぬ安心のビジュアルです^^スープは着丼すぐに薫る魚介のフレーバーが心地いい♪出汁感しっかり感じれる「和風魚介味」メニュー表記に偽りない本当に旨いスープで、味わい深い、まさ [続きを読む]
  • あの有名店出身で元イタリアンが手掛ける至極の鶏白湯!【飯田家】
  • 今回頂いたのはお店の看板メニューでもある「鶏白湯BASIC」口当たりは非常に濃厚に感じるところもあるが飲み口優しくまろやかで旨みたっぷりのスープ。鶏白湯スープに多くの香味野菜も加わり、嫌みない優しい甘さがふわりと香る。醤油ダレも塩分感じさせず、スープをサポートし非常に良いバランス^^麺は店主の出身である「島田製麺食堂」のもっちりハリのある平打ストレート麺を使用。平打ちで表面積広いので更にスープをよく拾い [続きを読む]
  • 激戦区へ移転OPEN!屋号も一新!【醤油と貝と麺そして人と夢】
  • 以前まで大阪は弁天町で「麺や西や」として営業していたが今年2016年の2月に塚本へ移転。また、屋号も一新、こちらのお店も非常に特徴的な名前^^今回オーダーしたのは「肉そば」非常にインパクトのあるチャーシューはイベリコ豚の薄切りで上質な脂身は甘みを伴いスープにさらなる旨みを与える。パッと見、真っ黒なスープはそれこそ高井田系。鶏ベースの醤油スープは甘みと酸味を併せ持ち、非常に中毒性が高い!また、タレよりも出 [続きを読む]
  • 旨みたっぷりの鶏白湯を塩味で!【ヨドガワベース】
  • ヨドガワベースとかなり特徴のある屋号のこちらは今年の6月OPEN。メニューは・中華そば(醤油)・鶏そば(塩)・つけそば・まぜそばと麺メニュー網羅。今回は気になった「鶏そば」をご紹介。白濁したスープには、炙られた鶏豚にタケノコ、きくらげ、味玉、と豪勢に盛られて700円となかなかCPもよい。関西では不動の人気を誇る鶏白湯スープだがこちらのスープも丁寧に処理され旨みたっぷりでしっかりながら粘度もさほど高くなく [続きを読む]
  • もう食したか!?つけ麺専門店の本気の「中華そば」【麺屋雀塚本店】
  • つけ麺雀、油そばきりん寺で10店舗以上有する雀グループ。2011年オープンの塚本店はグループでも最古参にあたる支店、2号店である。そんな、つけ麺推しのお店にありながら今回は中華そばをご紹介!中華そば 730円スープはあっさりとした見た目ながらしっかりコクのある豚骨清湯に魚介を加えた醤油味。油分は適度でやや塩分は強めの印象ながら、柚子の風味が良いアクセントとなっている。柔らかく小ぶりのチャーシュー2枚もほろほ [続きを読む]
  • 長期休養を経て激戦区に電撃☆復活!!【麺匠JAZZ】
  • 自らを見つめなおし味をしっかりと見極めたいそんな理由から長期休業していたJAZZが復活!看板メニューでもある写真の「醤油らーめん」は豚骨を主体としたテロっとしたスープに背油が浮かぶ。刻み玉ねぎも入っており、こってりの中にも清涼感。スープ自体、豚骨の臭みなどもなくこってりながら飲み口はスーッと入ってくる飲みやすいもの。中細麺もスープとうまく絡み一体感をなす。固めの食感で軽くウェーブもかかっておりコシもあ [続きを読む]
  • 泡系鶏白湯最高峰の仕上がり!Ramen辻@谷町四丁目
  • 6月オープンのこちら、Ramen辻。関西では昨年〜今年にかけて全盛を迎えた感もある『泡系』ハンドミキサーで泡立てられたスープはまるでカプチーノ。見た目もさることながら、非常に円やかで味わい深い一杯をご紹介。今回頂いたのは『醤油』ほかに「塩」や、限定メニューといったラインナップ。さて、「醤油」だが、鶏4と豚1の割合で炊かれた白湯スープに、たまり醤油も使ったタレ。口あたり円やかで飲み口優しいのに、パンチがある [続きを読む]
  • サラリとしたこっさり絶品鶏白湯!麺や一想@八尾市
  • 大阪は八尾市。5月に久宝寺口駅前にOPEN。店主は大阪の名店といっても過言ではない金久右衛門、麺屋彩々などを経て開業。独立を目指してから結構な年月が経ち、お店についた時に我ことではないが『念願の』という言葉が頭を過った。メニューは鶏白湯の醤油と塩。今回は醤油を注文。鶏白湯と聞き、それなりに粘度のあるこってりな、そんなイメージをしていたがレンゲをそっとスープに挿し入れるとサラッサラの触感!おお!?茶褐色 [続きを読む]
  • 一気にスターダムへ!激戦福島ですでに大行列!!燃えよ麺助@福島区
  • 今年4月にOPENし、すでに大行列をなし大阪のラーメンシーンに躍り出た麺助。場所は環状線福島駅から徒歩すぐ路地をスッと入ったところ。まさに路地に入れば行列がって感じ。スタイリッシュな店内は清潔感があり、働くスタッフもみな白のコックコートで統一感もあり、演出的にもいい感じである。基本メニューは2種。これに肉増しや卵など。・紀州鴨そば(阿波尾鶏+紀州鴨)・金色貝そば(阿波尾鶏+貝)今回は、メインである紀州鴨そ [続きを読む]
  • こだわり抜いたキラッキラの黄金スープ!らーめん一宇@石橋
  • 阪大生が多く行き交う街、石橋。そのお膝元に6月にオープンしたのが、こちら一宇(いちう)そうだ。また、屋号の由来聞き忘れた笑料理の道で生きてきて、寿司屋で10年など、和の道を長らく歩んできた店主。どうでもいいが偶然にも同じ歳だった(^-^)さて、看板メニューである『塩らーめん』黄金色でキラッキラの油分も含み、そこに少しの大葉も散らす。高槻出身の店主が、自身が開業するときには地元の鶏屋さんをどうしても使いたい、 [続きを読む]
  • また一人、名店から巣立ち系譜を継ぐ!ラーメン哲史@豊中市
  • 言わずもがな関西のラーメン店では指折りのお店「麺野郎(麺哲)」出身のこちら。鶏、昆布を軸にスッキリした見た目もクリアなスープ。一口すすれば出汁感しっかりなスープが鼻腔をすっと抜ける心地よさ。醤油ダレの香りもえーバランスでスープと融合し味をまとめる。 出身でもある麺野郎で打った麺は、ツルツルもちもち平打ち縮れ麺。しっかりとしたコシもあり喉ごし良い、さすが!と思わせる麺。老若男女問わず受け入れられると [続きを読む]
  • 駅遠、郊外から鴨の刺客!関西メディアもノーマークの実力店!麺麓@枚方市
  • 場所は枚方、最寄り駅も徒歩20分は掛かるほどで立地は決して良くない。そんな場所に人知れずオープンした麺麓(めんろく)人知れずと書いたのは、なぜだか関西のテレビや雑誌など完全ノーマークだったからだがかなりのポテンシャルを秘めるダークホース的な新店! 今回注文したのは「鴨出汁そば」鴨ねぎそばよろしくなビジュアルで初めてのご対麺。フレッシュな鴨出汁がしっかりと彩られた味わいのスープに醤油ダレが加わる。非常に [続きを読む]
  • 【新店】ラーメンStand R&R@尼崎市
  • SNS見てたら何人かの地元民が行ってるし市民として義務感に近いモノもあるし、気になるし、新店突撃!笑ラーメンStand R&R国道2号線沿い、大阪方面向きの左手。北側にも大きなPもあり便利。根強い人気の鶏白湯。鶏100%か魚介も含むかって感じの構成。個人的には爆弾おにぎりってのが気になるけど、今夜は自重。手元ブレブレや笑見にくくてすいません。。純・鶏白湯R低粘度のサラッとした鶏白湯醤油スープ。見た目とレンゲ突っ込ん [続きを読む]