ナレイ さん プロフィール

  •  
ナレイさん: ネガティブのままでいい
ハンドル名ナレイ さん
ブログタイトルネガティブのままでいい
ブログURLhttp://slowly48.blog55.fc2.com/
サイト紹介文ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
自由文ころりと横になる
今日が終わっている

尾崎放哉(おざきほうさい)


(無断転載禁止!
Reproduction Prohibited
without permission.)。

猫の画像以外は、
私が撮影したものではありません。
著作権フリーの画像をお借りしています。
ナイスセンスなカメラマンの方たちが
撮影したものであることをご承知おき下さい。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/07/15 07:16

ナレイ さんのブログ記事

  • 邪魔な理性
  • 邪魔な理性私の 理性は苦しいときに よく働くだから誰にも 救われないこの理性さえなければ救われたのにまだ 夢も見られたのにぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 苦しみの長さ
  • 人生の長さと苦しみの長さは比例するだから私は短い人生を 求める苦しみが短く済むように夏の陽が 恋しいぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 闇の贅沢
  • 闇の中「静寂」という名曲を聞きながら 横たわる闇は 優しい現実を 束の間見えなくしてくれるから贅沢な ひとときぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • きぬのうた
  • きぬや きぬおまえのその目は見えないの?       いえいえ       ちゃんと 見えてます      ヒトの こころはとくによく      ヒトの目よりも      きっとよくきぬや きぬおまえは病んでばかりいるさぞや さぞかしつらかろに いたかろに     いえいえ     つらくはありません     わたしは いきる     それだけです             あいされる って なんの [続きを読む]
  • 万物は繰り返す
  • 空は 生きている海は 生きている風は 生きている水は 生きている草は 生きている死者たちを万物は 優しく 包みやがては自然の一端となってひとも また生まれ直す日が昇り日が沈むように四季の色が街を 彩るように全ては繰り返し繰り返し飽くこともなく万物は死んでは また生まれ直す繰り返し繰り返し人生も この自然も死んでは また生まれ直す飽くこともなく繰り返し死んでは また生まれ直す死んでは また生まれ直す [続きを読む]
  • 緞帳(どんちょう)を降ろしましょう
  • 色とりどりの景色にグレーのフィルターがかかるから物語が 作れません隣りに誰もいないから物語が 作れません物語が 作れませんこの 余りに無常で悲しいばかりの 一日一日でも重ね 重ねてささやかな物語を 作れたなら私はそれで 満足ですもう緞帳を 降ろしましょう無名な私にカーテンコールは ありませんそれでも ちっとも構いません当たらないスポットライトも もう消して緞帳を 降ろしましょう緞帳を降ろしましょう [続きを読む]
  • ポジティブな体
  • 洗ったばかりなのに髪は すぐにべたつく切っても 切っても爪は 伸びる朝 起きて夜 眠るネガティブな 私の心と正反対に体だけは いつもポジティブぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • お迎え火
  • お迎え火代わりのアロマキャンドルに火をともしたら小鳥が ベランダに止まって知らせてくれた遠くで犬がしきりに鳴いて知らせてくれたみんなが帰って来たよと知らせてくれたきっと 私が動物好きだから 小鳥や犬が使者になってくれたんだね小さな炎が優しく 揺れるその度にみんなが帰って来た気がしてあなたたちが生きていた その証は決して 色褪せることなく私の中にしっかりと刻まれているよよく一緒に 遊んだねひと晩中  [続きを読む]
  • 白い骨を拾いながら
  • 熱波のようなあの罐の前で私は 幾度白い骨を拾っただろう「ここからは もう自由です罪からも 罰からも解放されますだから あなたもそれまでこの世界を 呼吸しつづけなさい」焼かれて整然と 並べられた白い骨はいつも私に そう語りかけるわかったよ最期の ひと呼吸までしつづけるよそして曇天の雲を 身にまとって沈んでゆくあの夕陽のように私も 黙って沈んでゆくよきっと もうすぐみんなに 会えるね大好きだった みん [続きを読む]
  • 闇夜のカラス
  • 夜中だというのにカラスがあー あー と鳴きつづけていたカラスも 迷子になるのだろうか明日の行き先が わからなくてわー わー と鳴いている今の私のようにぽちで救われる私がいます ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • だいじなげんき
  • 絹の げんきずっと げんきだいじな げんきかわりやすいなつぞらにげんきというはれのひがつづいてくれますようにと いのるはじけるあさのひざしみたいに絹がぴょん!ととんでくるのどを ぐるぐるならしつづける私にキスを してくれるきぶんがよいのきぶんがよいのよかったねよかったねうれしいねうれしいねこの げんきを私は めでるこの げんきをだいじに だいじに私は まもる絹の げんきずっと げんきだいじな げん [続きを読む]
  • うつむいた乳房で
  • うつむいた 乳房で見る街はよく見えなくなった目を凝らして 見る空は鳥の骨みたいに細いだけの足で見る人はいつの日も昨日の景色死者たちの魅惑的な 誘い冬模様ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕陽色の視線
  • 「わたし」が ここにいられるのは「あなた」が ここにいてくれるからもしも「あなた」がいなくなったら「わたし」は 「わたし」でいられずに消えて なくなってしまうそんな 一人立ちできない私をあなたは いつも見守ってくれる暖かな 風がこの髪を 揺らすように朝 一枚一枚静かに 開く花の 花びらのようにあなたは 私を見守ってくれる広い広い視野から些末な 私を 決してとりこぼさずにいてくれるそんな あなたの視 [続きを読む]
  • 野放図な孤独
  • 夢を 失くした明日を 失くした花を 失くした春を 失くした残された野放図に広がる孤独と白一色の冬の 死に化粧だけであと 何十年堪えるのかその答えは誰も 知らないぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • しあわせをください
  • しあわせ って何ですか?それはもらえるのですか?お金を出して 買うのですか?しあわせを 持っていればこの苦しみが 消えるのですか?だったらわたしにもしあわせを くださいただ のんびり過ごせるということただ ぐっすり眠れるということそれくらいなら きっと安いでしょう?安物の しあわせでいいんですしあわせを ひとつ包んでくださいぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去たちとの夏
  • 過ぎ去った遠い日々が深い新緑と共に戻って来る失った大切な者たちが蝉の鳴き声と共に戻って来るこの世とあの世の狭間に落ちて彼らと 戯れ忘れかけてた春を 舞うル ララ ララ春を 舞うおかえり おいで待っていた待っていたよ今年もみんなを 待っていたよぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 真夏の空に見えるのは
  • 真夏の空に 見えるのは 立ちはだかる 嘘を殴りつづけて血の滲んだあの拳重ね合わせた互いの体に戦慄が 走った その瞬間そしてくさびが 打ち込まれる胸を抑えるように 堪えた愛する いのちが這って 這って 向こう岸へ 逝くまでの短くて長い 時間ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 煙草の数と苦しみと
  • 悩みが 増えると煙草の本数が増える苦しいと無意識のうちに煙草に火を 点けてしまうどうしてもどうしてもぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • むかし歌った歌
  • 今 流行りの歌に自分の気持ちを乗せられないのはもう若くはないからかしらそれよりも昔々の歌に自分の気持ちはすぐに乗る曲と歌詞と 私の歴史とが重なる 重なるああ昔々の あの歌の 何十年でも鼓膜に 染み入るような残響よこんな昔の歌を少女の私が しきりに呼んでリピートリピートリピートパパの願いも走る坊やもなぜか 私には悲しくてこの胸の ずーっと奥をきゅっと微かに しめつける「小さな木の実」♪ちいさなてのひ [続きを読む]
  • 暗雲の日常
  • 真夏の夜に夢も 見れないただ暗雲の日常という 汗がこの体に まとわりつくだけぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • どうかその目を閉じないで
  • 私の手から 虚構の砂や幻想の水が溢れるだけどどうか その目を閉じないで目を開けて真っ直ぐに 世界を見てそしたら虚構も 幻想も乗り越えて夜露に濡れた葉が限りなくつづく大地がきらめく 海の青が本物の世界が私にもきっと見られるはずだからどうかその目を 閉じないで目を開けて真っ直ぐに 世界を見てぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 不安の芽
  • 不安の芽を 摘む不安の芽を 摘む不安の芽を 摘むことが可能性の芽まで摘んでしまうなんて気づかなかったのひとは そもそも不安になるものだなんて気づかなかったの私だけが不安になるものそう 思い込んでいたの不安と一緒に 摘まれた可能性の芽はもう 二度と戻って来ないぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ひとりぼっちの二人
  • ひとりぼっちの 白猫とひとりぼっちの わたしとひとりぼっちの ふたりが互いに そっと寄り添えば束の間 さびしい気持ちが癒えるひとりぼっちの ふたりをやわらかな風がふっと 包んでくれるひとりぼっちの 白猫とひとりぼっちの わたしとひとりぼっちの ふたりは互いに失った何かを埋め合わせるように 暮らすひとりぼっちの 白猫と ひとりぼっちの わたしとひとりぼっちの ふたりは互いの体温で 暖まるひとりぼっち [続きを読む]