ナレイ さん プロフィール

  •  
ナレイさん: ネガティブのままでいい
ハンドル名ナレイ さん
ブログタイトルネガティブのままでいい
ブログURLhttp://slowly48.blog55.fc2.com/
サイト紹介文ほぼ廃人と化した女が吐く、ネガティブ詩や散文
自由文ころりと横になる
今日が終わっている

尾崎放哉(おざきほうさい)


(無断転載禁止!
Reproduction Prohibited
without permission.)。

猫の画像以外は、
私が撮影したものではありません。
著作権フリーの画像をお借りしています。
ナイスセンスなカメラマンの方たちが
撮影したものであることをご承知おき下さい。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/07/15 07:16

ナレイ さんのブログ記事

  • 死にたい理由
  • このまま ずっとひとり かと思ったら怖くて買ったばかりのお気に入りの キャミソールが汗まみれになったことが悲しくて死にたくなった死にたい理由なんていつだって そんなものぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 苦しむために生まれて
  • 彼女の背中にきらきらと輝く未来が 見える彼の背中に温かで穏やかな日常が見える私の背中には苦しみという大きな重たい 荷物が見えるそしてその荷物を一緒に 背負ってくれる人さえない苦しむために 生まれて来た苦しむために 生まれて来た季節のうつろいも朝と夜との違いも花の色香もわからぬほどに疲れ果てそれでも生きている限りたった ひとりで苦しみつづける私も 見てみたかった戯れる子らを満開の桜を穏やかな時の流れ [続きを読む]
  • 苦しみを隠すため
  • フレアが広がる鮮やかな青い ワンピースを着るのは苦しむ自分を 隠すためローズピンクの口紅を 引くのは悲しむ自分を 隠すため全ての感情を 封印して今日もまたこの心を しばし止め通勤ラッシュの 人に揉まれるぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 熱い血
  • 熱く熱く体中を たぎる血が正確に 脈打つ心臓の 拍動が邪魔で邪魔で仕方ないぽちで救われる私がいます ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 金!金!すべて金!
  • 私がもし、平均寿命まで生きてしまったらあとどれだけのお金がかかるのか、ちょっとざっと、計算してみた。ら、ななせんまん以上!とてもとても、私はそんなに稼げない。病気持ちだから、週5で働くことは無理だし。私は、松居一代じゃないし。しかし今の世の中、お金が全て。いやあ・・・これはもう精神科的に「生きるのが辛いから」とかそういう問題じゃなくて、絹を見送ったら、さっさと死なないと、と思う。・・・・・そんな風 [続きを読む]
  • 胸の中の蝉
  • 胸の中で真夏の 蝉が騒がしく 鳴くうるさくてうるさくて眠れなくてだから 私も悲しくて悲しくて大声で 鳴く大声で 泣くぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 腐った性根のままで
  • 腐った性根のままで真面目に 生きる捻じ曲がった根性のままでしっかりと 自分の生き方を貫き通すそれはきっと茨の道だけれど歩くしかないのだからぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 化粧が落とせなくて
  • 化粧を 落とせぬ女のように幻想に塗り固められた 自分を持て余す幻想という 化粧は顔を洗ったくらいでは落とせない実に分厚い化粧だからぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 弱い心・強い心
  • 正義という名の刃に 傷つき何気ない人の言葉に 傷つき余りに 無力な自分に 傷つくどうしたの?私は強いはずじゃなかったの?ああ そうだっけみんなに「あなたは強いね」と言われる度に 傷ついたっけ強くなんかないほんとは弱いよわっちい私の心ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 哀しい日課
  • 公園信号木々の緑行き交う人々小鳥たち梅雨明けの街はこんなにも穏やかなのに今日もはだかの心をぎゅっと握ってこの世に とどまることに堪えるそれが私の 哀しい日課ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雨粒の行方
  • 雨粒がひと粒 ふた粒肩に 腕に落ちたそれだけで自暴自棄になるのはなぜ?それだけでこんなにも 悲しくなるのはなぜ?雨粒は どこへ落ちるの?渇ききったわたしの心などまるで 無視してぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夢は散る
  • 死にたくなるほど綺麗な 夏空砕けて散るのはわたしの 夢幾つも 幾つも砕けて散った夢が 刺さって痛いからいつしか わたしは夢など 捨てたぽちで救われる私がいます ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ひとりのこだま
  • 流れゆく時の 速さは誰の手でも 止められないひとり という名の熱い 涙が 溢れても頬の上でたちまち 冷たくなって濡れた服を 着ているみたいにやがてこの胸に 染み渡るだれか 止めて風のように吹き抜けてゆくこの 時の速さを一人で できることなど限られているのに時が流れれば 流れるほどますますひとりになってゆくだれも たすけてくれないだれも たすけてくれないこの言葉だけが白んだ空にいつまでも いつまでも [続きを読む]
  • 末路
  • 午後になると情容赦もなく部屋に差し込んで来る西日に自分の末路を見るようで目が 痛いぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 片目の天使・その28
  • 絹片目の天使最近ようやくお前の症状が 落ち着いてくれるようになったねげんきに 家中を走るお前の姿ほど愛しくて 嬉しいものはない今日は お休みだよ二人で のんびり過ごそうね私にとって お前は大切な 娘げんきでただ 元気でいて欲しい母親の願いは きっとそれだけだと思う絹片目の天使所詮は イヌネコたかが イヌネコひとは そう思うのだろうだけど私は生い立ちすらわからずシェルターしか知らなかったお前の いの [続きを読む]
  • 感情の引き出し
  • 怒りやら悲しみやら虚しさやら不安やら感情の引き出しにありとあらゆる感情たちが整理されずにぎゅうぎゅう詰めになっているので急に 悲しみに襲われたり誰にともなく怒りを覚えたり意味もなく涙したり自分でも収集のつかない感情たちがいつでも突如顔を出す整理しなくちゃと 思っても余りに沢山の感情たちは心の引き出しになかなか 入りきらなくてぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 孤独とふたり
  • 辺りが眠りに 就く頃に孤独が 私を揺り起こす夜の孤独は優しいけれど朝の孤独はこの目に刺さる孤独と私とふたりきりぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • だいすき
  • 「愛してる」という言葉はちょっと 苦手わたしは 誰かにそう言えるほど 自信がなくてあまり 使えない言葉だけどだいすき という言葉はだいすき・・・・!!ああ・・・・・また、きったねえ背景が・・・・丸見えに・・・・・・ぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ちいさな灯り
  • 近所から聞こえて来た若さに弾け太陽を 一人占めしたような声が私のマッチの灯りほどにささやかな 安息を容赦なく 踏み潰す懸命に マッチをすってはちいさな ちいさな灯りを 守るみたいな私と白猫との 安息の日々をどうか吹き消さないで悲しみの経験がない人はひとの悲しみに 気づかないあなたはきっと日なたのお部屋を沢山持っているでしょう?だからお願いこのささやかな ちいさな灯りをどうか吹き消さないで太陽の下で [続きを読む]
  • どんな言葉を紡いだら
  • どんな ことばを 紡いだらあなたを刺さずに 済むのだろうこれだけ豊かな にほんごという ことばの糸から幾重にも 幾重にも ことばの糸を紡いでは懸命にこの思いを 伝えようとするどんな ことばであってもあなたを刺すことは あるだろうそう思うから不器用な手だけれど何度も何度もことばの糸を紡いでは ほどき紡いでは ほどくどんな ことばを紡いだらあなたを刺さずに済むのだろういつもそう思いながら今日もまたこと [続きを読む]
  • どこでもない場所に
  • どこでもない 場所に 行きたいいつでもない 時にいたい楽しげな人の姿を見なくて済むように嬉しそうな人の声を聞かなくて済むようにどこでもない場所ならいつでもない時なら台詞のない台本のようにどこをめくっても白いだけのページにこの身を潜めていられるからこんなにも ひとりひと言の台詞もなくひとりぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • いとしくてかなしくて
  • 絹は いつでも気分よく すごすお鼻がつまっていてもおめめがいたくても絹は いつでも気分よく すごすのどを ならしてぐるぐるぐるぐるのどを ならして絹は じぶんを ふこうだとはおもわないしあわせの いみもしらないだけどあたえられた環境をいつもそのままに うけいれているから絹は いつでも気分よく すごすお前にもっともっと見せてやりたい春の花たちをツバメのおしゃべりをもっともっとかんじさせてやりたい風の [続きを読む]
  • 苦しみの数
  • ひとつふたつみっつよっついつつむっつ・・・・・苦しみの 石つぶてなら抱えきれぬほど持っているのにひとつ・・・・ふた つ・・・・・?咲き乱れる 春の花はいくら 記憶の糸をたぐってもただの一厘も見当たらなくてぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • わからないことだらけで
  • 愛とか夢とか光とかそういうのが私にはどうしてもわからなくてだって わたしが知っているのは闇に沈む 声だったり壁のような 嘘だったりもう何年も前に 途切れたままのあなたの手のぬくもりだったりするからぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 古傷
  • むかしむかしの胸の奥の古傷が 痛むばんそうこうを 買いに行かなくちゃそう思うだけでいつも放置したまま痛いままぽちで救われる私がいます↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]