Saint Vox ☆ さん プロフィール

  •  
Saint Vox ☆さん: theocracy(神権政治)
ハンドル名Saint Vox ☆ さん
ブログタイトルtheocracy(神権政治)
ブログURLhttp://ameblo.jp/saintvox3/
サイト紹介文マルクス・レーニン主義、及び音楽について語っているブログです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2012/07/17 21:28

Saint Vox ☆ さんのブログ記事

  • THEOCRACYの新作
  • 今日、タワーレコードでTHEOCRACYの最新作『Gost ship』を買った。THEOCRACYはアメリカのクリスチャン・パワーメタル・バンドで、今のところフォロワーがいないため世間にはあまり知られていない様子である。 私もこの人らに便乗して、共産趣味パワーメタル・バンドをやってみたいなと思ってはいるのであるが・・・。同時に日本のバンドも、「キリスト教」でも「共産趣味」でも何でもいい [続きを読む]
  • 金魚救い
  • 今日、とあるホームセンターにあるペットショップで金魚を一匹ほど購入した。種類は桜東錦で、ちなみに値段は六千円であった。そこのペットショップは金魚の管理状態が悪く、なので劣化する前にと思い・・・。今回、勇気を出して購入する決断をしてしまった私。きのう一万円した熱帯魚を買って、後悔したばかりだというのに・・・。全くもって、貧乏な癖に金使いの荒い自分に腹を立てている今日この頃である。 & [続きを読む]
  • メンバー紹介2
  • 昨日、HR/HMのCDを大粛清してきた。で、以下は我が家族の現メンバー、、、[ANKOR / My own angel] (2011)スペインのバンドでVoは女。 [DARK MOOR / Tarot] (2007)スペインの割と名の知られているバンド。ケースが割れているため、我が家の古参メンバーとして定着している。[DESTRUCTION / Spiritual genocide] (2012)ドイツの割と名の知られているバンド。これもケースが割れてい [続きを読む]
  • 新入社員
  • きのう熱帯魚屋でコンギクスという古代魚を購入した。コンギクスの正式名称はポリプテルス・エンドリケリー・コンギクスで、私が買ったのはアフリカのコンゴ領内で拉致された個体である。全長が50cmくらいある割と大きな個体であり、調べたところによると、最終的に1m以上にまでなるのだとか。 ちなみに値段は一万円であった。 BGM : [続きを読む]
  • メンバー紹介
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っている。で、名前は生体にではなく、水槽につけている。<平壌>120cm水槽で、現在、ハイランド・ブラックシャークとレッド・ゲオファーガスがそれぞれ一匹ずつ安らかに暮らしている。<革命化区域>90cm水槽で、現在、金魚が六匹ほど安らかに暮らしている。水は青水で、かなり汚い。ただ苔はそれほど付着しておらず、金魚も元気に泳いでいる様子だ。<完全統制区域>90cm水槽で、現在、オスカーが一 [続きを読む]
  • ナチスの社会主義
  • コーポレート・ソーシャル・レスポンスビリティ(CSR)という考え方がある。すなわち、1. 企業は安定雇用の義務を果たすべし2. 企業は環境美化に積極的に取り組むべしという考え方があるのであるが、ヒトラー政権のドイツでは宣伝省を通じ、この考え方を徹底的に浸透させた。ヒトラー政権のドイツは独裁国であり、彼の率いるナチス党は(個人主義の反対語である)社会主義を前面に掲げる政党であった。したがって、企業に上記の義 [続きを読む]
  • ナチスドイツ時代の医者たち
  • 一九三九年の秋、ポーランド戦線で成功を収めたヒトラーはある命令書にサインをした。その命令の内容は「ある特定の医者に患者を安楽死させる許可を与える」というものであった。その「特定の医者」たちは元々、安楽死をやりたがっていた人々であり、殺人を犯すよう強要されたわけではなかった。まず犠牲になったのは、精神病患者と重病を患っている子供の患者であった。どうせ治らないのであるから、楽に死なせてあげることで苦し [続きを読む]
  • 障害者「安楽死」計画
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っているのであるが、「光明星三号」と名付けた金魚が調子を崩してしまった。だが、水を取り換えたら元気を取り戻してくれた。どうも金魚といのは濃い青水が苦手らしく、たまに水換えする等して青水の濃度を調整しなければならないことを今日、私は学んだ次第である。ただ今日の場合、たまたま寝かせておいた水があったからそれが可能だったわけであり、もし水が用意できなければ大変なことになるところ [続きを読む]
  • 革命に熱狂する市民たち
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っているのだが、どちらかというと、熱帯魚よりも金魚の方が熱狂的である。私は魚を飼育する際、社会主義体制でもって統治することにしているのだが、食料配給制を復活させたことがその大きな要因であると私は推測している次第である。餌は「テトラシクリッド」という浮き餌と「オトヒメ」という沈下性の餌をあげているのであるが、残念ながらまだ生き餌を与えるまでには至っていない。ただ金魚を生き餌に [続きを読む]
  • ハイランド・ブラックシャーク
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っている。 で、その中にハイランド・ブラックシャークという種類の鯉がいるのであるが、調べたところによると、かなり珍しい魚らしい。 私が飼っているのは現地(バングラディッシュのどこか)で拉致られた個体で、現在はウチで保護されているわけであるが、そろそろ名前をつけてあげよかなと思っている。 & [続きを読む]
  • カール・コッホ
  • 当時、ブーヘンヴァルト収容所の所長であったカール・コッホ氏は次のように語った。「うちの収容所には病人は一人もいない。健康な人間と死人だけだ。」ヒトラー政権下のドイツでは、医者が不治の患者を安楽死させても罪には問われなかった。つまりコッホ氏はこの「不治の病」を拡大解釈し、体調を崩した囚人たちを容赦なく殺害していたわけである。参考文献 :『ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』 (現代書舘) &nbs [続きを読む]
  • アオコが嫌われる理由
  • 一般に植物性プランクトンが増えすぎると「アオコ化した」とみなされるのであるが、こうした富栄養化が環境問題を発生させている理由は以下の通りだ。 植物性プランクトンが夜になると酸素を吸収   ↓ 魚が酸欠になり大量死する  ↓ 水がめちゃくちゃ汚れる 家で金魚を飼っていると水がアオコ状態になることがしばしばあるのであ [続きを読む]
  • 「見える化」促進事業
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っているのであるが、名前は生体にではなく水槽につけることにしている。 <革命化区域>90cm水槽で、現在、金魚が六匹とプレコが一匹いる。水は青水で、色は緑。今日、水を取り換えたのであるが、そのせいか、苔みたいなものが少し壁にこびりついてる。調べたところ、その苔みたいなものは青水の成分である植物性プランクトンとは違うものらしい。あれはpH [続きを読む]
  • 前進する社会主義
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っているのであるが、名前は魚にではなく水槽につけることにしている。水槽は『平壌』、『革命化区域』、『白頭山』、『テホンダン』の五種類で・・・。そのうち魚がいるのは『革命化区域』と『完全統制区域』の二つである。これら五つを総称したものを我々は『大東亞社会主義連邦』と呼んでいるわけであるが、体制は今年も社会主義で行こうと思っている。 &nb [続きを読む]
  • 絶滅戦争
  • ソ連において、ナチス・ドイツは一九四一年から四二年にかけ、百万人以上のユダヤ人を殺害した。また三百万人のソ連兵捕虜を飢餓、病気、虐待で死に至らしめた。ヒトラーはソ連軍のみならず、ソ連の共産主義体制そのものを葬り去るつもりであった。「ソ連との戦争に騎士道精神はいらない。異なるイデオロギー、異なる人種との闘争なのだ。無類の冷酷さをもって、非常に撤し遂行すべきである。」ヒトラーは配下の将軍らの前で、一九 [続きを読む]
  • ヒトラーによる強制退去命令
  • 一九四五年の三月十八日、ヒトラーはドイツ西部の住人を強制退去させる命令を下した。この頃、ソ連軍はオーデル河畔に押し寄せ、アメリカ軍はライン河を渡っていた。両軍がドイツ中央で合流するのは、もはや時間の問題であった。ドイツ東部の住人はソ連軍を嫌い、さっさと自主的に疎開していた。 他方、西部の人間はアメリカ軍を解放軍とみなし、土地を離れようとはしな [続きを読む]
  • 『平壌』市民を集団退去
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っているのであるが、名前は魚にではなく水槽につけることにしている。先ほど『革命化区域』にいたハイランド・ブラックシャーク、及び『平壌』にいたオスカー、レッド・ゲオファーガスの計三匹を『完全統制区域』に移送してやった。現在、ハイランド・ブラックシャークがレッド・ゲオファーガスにイジメを行っているのだが・・・。それを見た私、飼い主としてハイランド・ブラックシャークが元気にな [続きを読む]
  • 強制退去
  • 今朝、数日前に購入したハイランド・ブラックシャークがぐったりしていたので、別の水槽に移動させた。その水槽に入っているのは青水であり、栄養分が豊富だ。で、プレコを除いた前の住人、すなわち金魚たちを追い出してからハイランド・ブラックシャークをその水槽に入れたわけであるが・・・。あとは奴が元気になるのを祈るしかない。尚、追い出した金魚たちは別の水槽におり、今のところ、元気に泳いでくれている。昨年と違い [続きを読む]
  • ハイランド・ブラックシャーク
  • おとつい熱帯魚屋で、ハイランド・ブラックシャークという魚を購入した。ハイランド・ブラックシャークは現在、『平壌』と名づけた広い水槽で暮らしている。ハイランド・ブラックシャークはバングラデシュに住む鯉で、ちなみに私が買ったのはワイルドである。現地で普通に泳いでいたところを工作員に拉致され、それから『平壌』に移送・・・。なんか、どこかで聞いたような話なのであるが、でも私の場合、ちゃんと金出して買った [続きを読む]
  • そして計画は実行された
  • 今朝、私は『トルクメニスタン』を閉鎖した。 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っているのであるが、名前は魚にではなく水槽につけることにしている。『トルクメニスタン』にいた魚たちは全員『革命化区域』に移送されたのであるが、これは別にトルクメスタンに対する私からのメッセージを意味しているわけではない。 正直、私はトルクメニスタンについてよく知らない。 ましてやトルクメニス [続きを読む]
  • ユダヤ人問題の最終解決
  • 一九四二年の一月二十日、ドイツのヒトラー政権はヴァンゼー会議で「ユダヤ人問題の最終解決」を実行する決定を下した。それまでヒトラーはイギリスに気を使い、占領地であるポーランド、及びソ連以外ではユダヤ人虐殺を控えていた。しかしモスクワ攻防戦で敗北して以降、ヒトラーは戦争に勝つことを諦め、「ユダヤ人問題の最終解決」事業に専念することにしたのだった。そしてヒトラー政権のこうした残虐行為は西側連合国に非難され [続きを読む]
  • 『トルクメニスタン』は住み良いところ
  • 私は趣味で金魚を飼っているのであるが、名前は個体にではなく水槽につけることにしている。そして社会主義体制でもって金魚を飼育することにしている。確かに私は、全ての企業を国有化することに反対する立場の人間である。しかし「人民の国有化」という点で社会主義国そのままであり・・・。 しかも大量処刑、及び暗殺が時折、行われているわけである。 このことか [続きを読む]
  • In Satan We Trust
  • 知っている方もいらっしゃるかと思うが、私は元クリスチャンである。そんな私は昔、I.S.W.Tという宗教団体を設立しようかと考えていた。しかし時が経つにつれてキリスト教を憎悪する気持ちも薄れていき・・・。 そして熱帯魚飼育を通じて「大東亞社会主義」に目覚め、今に至っているわけである。 ただ大東亞社会主義はマルクス・レーニン主義と違い、全て [続きを読む]
  • 実を言うと、全員処刑するつもりだった
  • 私は趣味で金魚と熱帯魚を飼っているのであるが、名前は魚にではなく水槽につけることにしている。で、『完全統制区域』にアルビノ・セルフィンプレコという種類の魚がいるのであるが、この子、ナメナメしてガラスを磨いてくれるんですね。おかげで『完全統制区域』がすっかり綺麗になり・・・。水槽の名前を『トルクメニスタン』に変えようかしら(笑)ちなみにトルクメニスタンはカスピ海に位置する、「中央アジアの北朝鮮」とあ [続きを読む]
  • JASAD
  • JASADはインドネシアのバンドだったと思う、確か。 私は昔、このバンドのCDを買ったことがあるのであるが、音質が最悪だったため売却してしまった。 ちなみにJASADはインドネシア語で「腐乱死体」という意味らしい。 日本にもこういった極端な音楽を追求しているバンドがいないかなと思って、現在 [続きを読む]