Saint Vox ☆ さん プロフィール

  •  
Saint Vox ☆さん: THEOCRACY
ハンドル名Saint Vox ☆ さん
ブログタイトルTHEOCRACY
ブログURLhttps://ameblo.jp/saintvox3/
サイト紹介文自由なんていらないの! 完全独裁制こそが一番優れた政治体制なの。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/07/17 21:28

Saint Vox ☆ さんのブログ記事

  • 過剰なサービスは迷惑行為
  • とあるブログの影響を受けて、私も記事を長文化してみたのであるが・・・。はたして、需要があるのだろうか。実際、長文ブログを毎日書くと、文章が下手になるし・・・。その証拠に、毎日、長文記事を更新している冒頭のブロガーさんは、はっきし言って文章がヘタクソだ。いや、あれは内容が陳腐なだけか、、、いずれにせよ、あれを他山の石とし、私もそのブログの主みたく、「サービス過剰」にならないよう気をつけていく所存であ [続きを読む]
  • この美しさこそが正義の証なのである
  • 自分を表現するとは、自分の力を示すことである。演者さんならば、そのビジュアル力、及び歌唱力で。若くてナイス・ボディな女性ならばフルチンになることで。表現の仕方はそれぞれ異なるわけであるが、いずれにせよ、それらの人たちは自分の力を示している点で共通しているわけである。また、圧倒的な力を示すための努力を普段から行っている点でも然りなわけである。他方、私はこのブログを更新することで、自分を表現している [続きを読む]
  • あなたの為に書きました
  • 以下は、とあるブログの今日の記事の要約である。「私は当ブログを読んで気に入っていただいた方のために、毎日ブログを更新している。ただ、そういった方はごく少数かもしれず、もしかしたら一人しかいないのかもしれない。だが仮にそうだったとしても、私はその一人の方のために毎日、ブログを書き続けるつもりでいる。」そのブログ記事のタイトルは「あなたの為に書きました」であった。 ただ正直な気持ち、私としては「あな [続きを読む]
  • 地獄で暮らしている女性たち
  • youtube動画を観ることの出来ない読者さんはスルーの方向で・・・。 前記事に貼ってある動画を観て初めて知ったのであるが、地獄に住んでいる女性には乳首が無いらしい。 北朝鮮にある「地獄」、すなわち政治犯収容所にも乳首の無い女性が確かにいる。 だが、それは拷問によって切り取られたためであり、元々そうだったわけではないので、悪しからず。 [続きを読む]
  • 私は「考える人」
  • 一説によると、ロダンの「考える人」は地獄を眺めているのだとか。彼は地獄で苦しんでいる人々を眺めながら、いろいろ考えているわけであるが・・・。他方、私は家で考え事をする際には、地獄ではなく、「完全統制区域」を眺めることにしている。御存知の方もいらっしゃるかと思うが、「完全統制区域」は私が水槽につけた名前である。北朝鮮の政治犯収容所の「完全統制区域」の事ではないので、念のため。確かに、北朝鮮の「完全統制区域」 [続きを読む]
  • 哀れな平壌市民
  • 今朝、とある「脱北者」のブログにアクセスしたら、新しい記事が更新されていた。そのブログの管理人は若い頃に北海道を脱出し、現在は千葉県に住んでいる女性だ。 彼女は毎日、長文記事を書いているのであるが、はっきし言って文章を書くのが下手クソである。例えば「今、私は金魚がいる水槽を上から眺めている。」といった内容を書きたい場合、私はいきなりオチを書かないことにしている。すなわち「今、私は『平壌』上空から [続きを読む]
  • 新しいことにチャレンジする姿勢
  • 今日は何回、ウ○チしたであろうか。昨日、カラオケ喫茶に行き、そこで酒を飲み過ぎてしまった私。おかげで今日は今朝から下痢が酷くて、、、ちなみに昨日、飲んだ日本酒や焼酎といったビール以外の酒は全てオゴリであった。 なので幸い、金銭的には瓶ビール一本分のダメージで済んだ。ただ昨日はアルコールのせいだけでなく、「ヘドバンギャー!」と思いっ切りシャウトしたりしたせいもあって、、、 喉にダメージを [続きを読む]
  • 水の色がなんか嫌だ
  • 今、寝っ転がって「完全統制区域」を眺めているのであるが、水の色が緑なのが気になっている今日この頃である。「完全統制区域」は私が水槽につけた名前で、中には熱帯魚が八匹ほど保護されている。ちなみに「完全統制区域」という名前は、北朝鮮の政治犯収容所にインスパイアされたものである。北朝鮮の政治犯収容所は「革命化区域」と「完全統制区域」に分けられており、前者と違い、後者の政治犯が出してもらえることはまず無いのだとか [続きを読む]
  • 私はブログ界の救世主
  • お気づきの方もおられると思うが、最近、このブログは長文化している。そして自分で言うのも何だが、長文化する以前に比べ、より感銘的になってきてもいる。感銘的、すなわち読んでて面白く、そして心に残るブログ。その意味で、ウチより優れているブログが現存するブログの中に、はたして存在するのだろうか。もしあるのなら、是非とも紹介していただきたいものである。 さて「大本営発表」はこのくらいにして、そろそろ本 [続きを読む]
  • おっちゃん革命
  • 「乙女存在」は私の推しさんの一人で、発音は「おとめありー」。尚、「乙女存在」は私が考えて勝手につけた漢字表記であり、彼女の真の芸名は「♪mary」だ。かつて私は「乙女存在」の唯一の固定客であった。だが、しばらく彼女のライヴに足を運ばなくなったら、いつの間にか固定客が増えていた。そしてその構成員は全員、「おっちゃん」であった。つまり「乙女存在」とは名ばかりであり、客の中に乙女が存在していないのである。「乙女存在? 客 [続きを読む]
  • 現在飼育している金魚・熱帯魚
  • @平壌(120cm×90cm×45cm水槽) キャリコ琉金(キャリー) 一匹 オランダ獅子頭(やくも) 一匹 アルビノ出目金(レジキス) 三匹 メダカ(派遣社員) 十匹 メダカは金魚に喰われた個体もいるので、実際には十匹より少ない。 @完全統制区域(90cm×45cm×45cm水槽) オスカー(おっちゃん) 一匹 ハイランド・ブラックシャーク(アイヒマン) 一匹 ピメロドゥス・アルボファシアー [続きを読む]
  • 北朝鮮って本当に社会主義国なの?
  • おそらく割とよく知られている話だと思うのだが、北朝鮮の社会主義経済はタテマエである。 実際、国営企業に出社せず、闇市などの自営業で生計を立ている人が北朝鮮では多いのだとか。 北朝鮮は腐った警察国家であるから、会社をサボっても、賄賂を渡せば教化所送りを免れることが出来る。 また、国営企業に出社したところで仕事があるわけではない。 なので政府も、欠勤者が続出している事 [続きを読む]
  • 社会主義
  • マルクス・レーニン主義では、全ての企業を国有化することが推奨されている。 しかし、もしそうすると、経済官僚の増員が不可避になってくる。 そして、さらに不幸なことに、革命政権の経済官僚は同じイデオロギーを共有しているため、より強硬な案が通り易い。 毛沢東時代の中国、ポル・ポト政権下のカンボジアがそのいい例だ。 他方、スターリンはこの二人と違い、あまり国の経済に干渉し [続きを読む]
  • 民主主義なんていらないの!
  • 今、私は寝っ転がりながら魚たちを眺めている。私が今寝ている布団の隣には「平壌」と「完全統制区域」がある。尚、「平壌」と「完全統制区域」は私が水槽に付けた名前であるので、念のため。あと他に、「革命化区域」という水槽もあるのだが、現在、そこには魚がいない。「革命化区域」にいた魚たちを今朝、全員、「完全統制区域」に強制移住させたからだ。つまり、全滅したわけではないので皆様、御安心を(笑)また強制移住と言っても、クメー [続きを読む]
  • 『ヒトラーの国民国家』
  • 「ふっふっふっふ、圧倒的じゃないか、我が軍は」これはギレン総帥が自軍を自画自賛して述べた台詞である。もっともガンダムにおける一連のギレン総帥の台詞は、戦前の大本営発表にインスパイアされたものらしく、、、彼の状況判断はたいがい、事実とは異なっている。 で、私も「お兄さま」みたく、「ふっふっふっふ、感銘的じゃないか、我がブログは」のようなことを書いてみたい今日この頃なのだが・・・(笑)それは読者が判断 [続きを読む]
  • 新入社員
  • 先程、金魚を三匹ほど購入し、「平壌」と名づけた水槽に放った。購入した金魚は三匹共、アルビノ出目金という種類で、いずれも小さき個体である。「平壌」には現在、金魚とメダカがおり、仲良く泳いでいる。一週間後、つまり来週の日曜日に「革命化区域」の水を大量に入れる予定なのであるが、、、危険だし、やっぱ「平壌」に入れるのは少量にして、残りの水は普通に便所に流そかしら・・・。余談だが、「平壌」は120cm水槽であり、去年は大 [続きを読む]
  • 人事移動
  • 今さっき、HBSを「完全統制区域」に派遣した。ちなみに、HBSはバングラデシュに住む鯉で、ハイランド・ブラックシャークの略である。この鯉は水槽に付着した苔を取ってくれるので、私のお気に入りだ。現在、「完全統制区域」は貯水池であり、青水製造工場として機能している。つまり、金魚の水換え用の水槽というわけだ。余談だが、アウシュビッツ収容所は元々、化学工場だったそうである。ただ戦争が続き、人件費が払えなくなったた [続きを読む]
  • 恒久平和の実現に向けて
  • きのう、「完全統制区域」にいた魚を全員、「革命化区域」に移送した。「革命化区域」ではそれまで内戦が続いていたのであるが、現在は平和な状態を保っている。やはりオスカーという、圧倒的な魚が入ってきたせいだろうか。 「武装勢力」たちは、すっかり沈黙してしまった。現在、私が「革命化区域」と名づけた水槽には魚が八匹いる。もっとメンバーを増やすつもりでいるのだが、、、 入れるとしたら、あまり値段の高くない [続きを読む]
  • 自由なんていらない
  • 北朝鮮の政治犯収容所には「革命化区域」と「完全統制区域」がある。で、「革命化区域」には、いつか釈放してもらえる政治犯たちが収容されているらしい。他方、「完全統制区域」の政治犯は、死ぬまで出してもらえないのだとか。同様に、家にも「革命化区域」と「完全統制区域」があるわけだが、北朝鮮とは異なり、そこに住んでいる魚たちは皆、安らかに暮らしている。これはおそらく、北朝鮮が警察国家だからであり、独裁体制だけれども「神権 [続きを読む]
  • いい意味での「内戦状態」
  • きのう、オルフォイデスという種類のバルブを購入し、「革命化区域」と命名した水槽に入れてやった。「革命化区域」には現在、熱帯魚が五匹いて、いい意味で「内戦状態」が続いている。おそらく、例えばナショナリズムみたいな、国民を統合するイデオロギーでもあれば、仲良くしてくれるのであろうが・・・。でも私は、飼い主として、「内戦状態」が続くことを望んでいるし、、、なので、「革命化区域」にイデオロギーを浸透させる気は無い [続きを読む]
  • 乙女存在
  • ♪maryは私の「推しさん」の一人である。 ♪maryは大阪を中心に活動している演者さんで、私の中では位置的に、「女神」と「嫁」の中間である「乙姫」に相当する女性である。 ちなみに♪maryは、「おとめありー」と発音する。 余談だが、大阪民国では「おっちゃん」は親しい高齢男子を呼ぶときに使われ、「おっさん」は嫌いなオジサンに対して使われるらしい。 ただ、私的には「小汚いオッチャン」を想 [続きを読む]
  • 自分を表現するとは、力を表すこと
  • いつだったか、ドアを開けたら家に猫が入ってきたことがあった。本来ならば捕まえて、添い寝してもらうところである。なぜなら、猫の喉から聴こえるゴロゴロ音には、骨を強くする効果があるからである。万一、自転車で転んで骨折した時などに、猫は非常に役立つわけであるし・・・。いっそのこと、我が家の「正社員」にしようと思った私。しかし残念なことに、その猫は「養殖」であった。つまり何が言いたいのかというと、ドアの向こ [続きを読む]
  • やっぱり私は「天然」の方が好み♪
  • 今日の昼、HBSとGEOをオスカーのいる水槽に移動させた。HBSはハイランド・ブラック・シャークという種類の鯉で、今年購入したバングラデシュ産の天然個体である。そしてGEOはレッド・ゲオファーガスという種類のシクリッドで、養殖個体だ。関係ないけど、私はブルマーは養殖よりも天然の方がいいと思っている。同様に熱帯魚も、私は天然の方が好きなのであるが、ブルマーと一緒で大事なのはモデルさんだと考えている。つまり私の [続きを読む]
  • 『超訳 ニーチェの言葉』
  • 歌で一番大事なことはフルチンになることである。 これは人によるのかもしれないが、ホンマに裸になった方がもしかすると、歌よりも自分をより表現することが出来るのかもしれない。 私の住んでいるマンションの下の階に住んでいる女性は若い時、ライヴハウスで全裸になったりしていたらしい。 ただ演者さんとしてではなく、客としてステージに乱入して行っていたパフォーマンスだった関係で、「銀杏ボーイ [続きを読む]
  • 「拉致被害者」救出事業
  • 先日、ピメロドゥス・アルボファシアータスという種類のナマズを購入した。ヒゲの長い、「走る」ナマズで、今も水槽内で無意味に動き回っている。最終的に全長30cmくらいになるらしいが、そうなるまでにはまだまだ時間がかかるであろうと、私は予想している。尚、家にいるピメロは「拉致被害者」であり、南米で泳いでいる時に拉致されたらしい。で、奴は私が「平壌」と名付けた水槽でバルブたちと一緒に、元気に泳いでいるわけであるが [続きを読む]