愉意 さん プロフィール

  •  
愉意さん: アニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意
ハンドル名愉意 さん
ブログタイトルアニマルコミュニケーター・ヒーラー愉意
ブログURLhttp://ameblo.jp/animalcommunication-yui/
サイト紹介文アニマルコミュニケーションカレッジ現役講師によるコミュニケーション、マッサージ教室もあります。
自由文アニマルコミュニケーションカレッジの講師をしています。アニマルカウンセリング、ボディリラクゼーション、ヒーリング、オーラリーディング、バッチフラワーレメディのご相談ご予約はこちらまで。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/07/19 21:03

愉意 さんのブログ記事

  • ラーマのナスカン
  • 先日、キーホルダーが破損し、自宅の玄関の鍵を落としてしまいました。 キーホルダーはおみやげに戴いたもので、よく目立つので気に入っていたのですがリングが折れてしまい、玄関の鍵だけを落としたんです。しかも、畑の畦の草むらに。落とし主は同じところばかり見るのか、三日間、動線を探りながら探しましたが見つかりませんでした。最近の鍵はピッキング防止のために複雑な形状でスペアはつくれないそうで、以前、夫が紛失し [続きを読む]
  • わんこも食べられるおやつ・ヤギミルク入り濃厚蒸しパン
  • 梅雨入りしてはじめてのまとまった雨にストレスを感じているシュナくんとラーマ。2匹のための花豆と黒ごまの蒸しパン。15分の蒸し時間。蒸しパン好きのわんこたちのために、今日は講師仲間からもらった粉のヤギミルクを入れてみました。リアンママありがとう。今度はリアンにも作っていくからね。かなり濃厚な蒸しパンが完成。柔らかいので姑さんでも、食べられるからおすそ分けしました。 最近は天気予報が確実だから昨日のうち [続きを読む]
  • 「…いいえ。いいえ、あれはヒトです。」
  • 気温が低く涼しいためか、猫ちゃんたちに二度目の春が来ています。連日、未明に「ぅわ〜ぉ、うぉ〜ん、あぉ〜ん」と鳴くので、シュナ君とラーマは「わん、わん、わん」「くぅ〜ん。」と反応し、ご近所さんに申し訳ないくらいの騒がしさ。「・・・あのね、猫ちゃんはいいから、他の動物が来たら教えてくれる?」「ほかの動物?」「鹿とか、サルとか、キツネとか、クマとか・・・」「クマ・・・?」「あれは、クマですか?」 [続きを読む]
  • 支えあう家族
  •  先日、他県からご夫婦とわんちゃん2頭で来てくださいました。先月、獣医さんで余命宣告をされたワンちゃんが居て、その子のリーディングをした際に何をつたえたいかについて、そして、数字に関して、何か思い当たることがないか、とお伝えしていました。二つの数字が意味するもの・・・。 飼い主さんも周波数の数字かもしれない、いや、仕事からの帰宅時間かもしれない、と色々考え、友人にも相談してみたり、したそうです [続きを読む]
  • アニマルコミュニケーションと脳内飼育状態
  •  起きなきゃいけないのにどーしても目が開かない。瞼がくっついたみたいに。諦めて寝てしまお、と思うと毎回、ミケの長毛の女の子が両手の肉球で覗きこんで私の顔をペタペタと触って起こしてくれる。 うちには猫ちゃん、いないのよ・・・? 時々、チクチクと爪が当たるし、一度めはその子を抱き寄せて二度寝するんだけど、そのうち、顔をガブリと噛まれて、痛いっ!と言いつつ、必死で目を開く。 ラーマさんとシ [続きを読む]
  • 病気を予防する。「与えられた食事で生きる。」
  •  入院したり、自宅で療養すると人間でも動物でも、家族だったり、入院先の食事だったりするんだけれど、食べることの大切さを日々感じます。 もちろん、病気の治療には西洋医学なら手術で切除して原因を取り除くことも大切だし、抗がん剤や放射線治療も、たとえ副作用があっても、消滅させるという点では第一に考えたいと私自身は思う。 東洋医学って古くから用いられているけれど、針も漢方もいまいち、効果を期待されて [続きを読む]
  • ラーマの実家のお父さんは獣医さん。
  • 昨日は大好きな動物病院でワクチンを受けた二匹。ラーマは実家のお父さんににじり寄り、すぐに甘える。ちょっと、遠慮がちに。でも、なでてほしいラーマさん。『ちょっと、オレを撫でさせてやろうか?』「あれぇ、今日はすぐに撫でさせてくれるのぉ?」 シュナくんはいつも通り、大興奮で暴れまくり、大はしゃぎしながらの狂犬病接種。 「この顔つきで、こんな感じで甘えられたら、初めての人は怖いだろうね」 甘 [続きを読む]
  • なんとかわいい我が息子たち。
  • 今月の初旬には雪が積もりましたが、さすがに暖かくなりました。 とはいえ、霜は降りるし、朝晩は肌寒く、暖房も必要だし、湯たんぽも入れています。 大雪の後、ラーマさんは「散髪」をいたしました。まだ、みぞれ交じりの寒い日だったけど、この日を逃すと、出張トリマーさんに次に会えるのはわかりません。 畑で遊ぶのにはボーダー特有の深くてモッサモサの毛並みは気の毒なほど暑苦しく、ちょっと湿った土の上 [続きを読む]
  • 虹の橋を渡る猫ちゃん①強い意志で生きること。
  •  一昨日、ヒーリングをしていた高齢猫ちゃんが亡くなりました。飼い主さんご夫婦が連れて来られた時には、手を添えなければ座ることすらできない状態でしたが、ヒーリングを終えて帰宅してからはソファとソファの間を飛び越えて飼い主さんを驚かせました。 お水も自分で飲み、夕飯の焼き魚の匂いにつられてリビングからのキッチンへやって来て、足もとで鳴いたり、トイレも自分で最期まで済ませたそうです。小さな体のハチ [続きを読む]
  • 猫ちゃんの体調不良、その後。「がんばってるよ」
  • 日曜日の朝、先日もブログに書いた猫さんの飼い主さんご夫婦と、かわいいにゃんこ2匹ちゃんが緊急でいらっしゃいました。 今年の初めにまず元旦の1匹めチャトラちゃん、日を置いてもう1匹めのハチワレちゃんが体調を崩し元旦の朝だったために、病院もお休みで、飼い主さんはいてもたってもいられず、連絡をくださったのでした。*投稿内容とは無関係のミィちゃん。(姑のかっていた猫です。) 今回はハチワレちゃんが、 [続きを読む]
  • ベビー・リーディング
  •  赤ちゃんのエネルギーって生命力や、両親の影響がすごく強い、と感じる。 生後、間もない赤ちゃんとママ。 生まれて直後よりも3か月くらい経った頃、おなかの中から見ていた世界と現実生活の世界の違いを感じながら、それぞれの環境と人間関係をよく観察しているように思う。 おなかの中にいたころのままの感情はわかるんだけど、生まれてからもままとつながっていて、ママが悲しい時やつらい時、寂しい時には [続きを読む]
  • 金沢動物園実習と、エネルギーの世界
  • 父の入院先から帰宅して、日曜日は金沢動物園実習でした。長野よりは暖かいだろうとジャケットの下は薄着をしたんですが、風が冷たく寒かった。*ベアードバクのアグアくん それでも、例年のように暴風雨や霙にはならなくて動物たちのコミュニケーションは予定通り終了しました。私の担当はレベルアップと上級コースの生徒さんたちでした。*ペリカンのわかめちゃん、モモちゃん カレッジの生徒さんの新鮮な感想も素晴 [続きを読む]
  • 高齢者の大腿部・腰椎骨折にもヒーリング
  • 夜中と明け方の電話ほど、悪い知らせはない。実家の兄からの電話で 「親父が施設で転倒して大腿骨を骨折したらしい。いま、救急搬送するところやけど、俺、今日から入院やねん。」 という連絡・・・。 このところ実家から父の問題で連絡がなかったので、そろそろ来る頃かなぁ、と、気にはなっていた。たいていは肺炎を起こして高熱を出し、入院したという電話だけれど、87歳になるので、胃がん手術以降、逆流性 [続きを読む]
  • にゃんこだらけの恋のシーズンと、健康維持のメニュー
  • まだまだ、氷点下になる長野でも、にゃんこの恋のシーズンはやってきています。 真ん中の黒い子は女の子。上と右下は男の子。見るからに男前の上の子。ペアリングはこの2匹です。 女の子が男前を受け入れました。 失恋男子が寂しそうにこっちを見ました。「フラれてん・・・。」 こっち見てないで、もうちょっとがんばれ!ペアリングがうまくいった男の子は人なら30代前半くらいで右の子は体が小さく、まだ、 [続きを読む]
  • 癒しフェア2017in大阪、たくさんの感動がありました!
  • 二日間の大阪癒しフェア。おかげさまで無事に終了しました。今回の癒しフェアでは高江洲先生の無料ヒーリング.(セバ=奉仕)では体やココロに不調のある方や辛い方に高江洲先生が直接、語りかけヒーリングを行うことで本来のその方自身の良さを取り戻し、たくさんの感動を体験されました。 ゆっくり歩くことが日常だった方が早足で颯爽と歩かれたり、痛みが改善されたりしたことで、涙を流して喜ばれる姿を見て、私も胸がい [続きを読む]
  • 癒しフェア2017in大阪行ってきます!
  •  毎年恒例の癒しフェアin大阪〜。 今年もアルケミストのスタッフとして参加します!講演は入場券があればご参加いただけますが、アニマルコミュニケーションワークショップとヒーリングワークショップへのご参加は癒しフェアのホームページからのお申込みとなりますのでお間違えのないようにお願いします。 詳細は下記でご覧ください。http://a-advice.com/osaka_2017/guest/takaesukaoru/ 本日の食事 クリシ [続きを読む]
  • 魂を感じるとき
  • 昨日は亡くなった動物さんのリーディングでした。乳腺腫を3年ほど前に発症し、リンパ節に転移、手術を2回頑張ったけど、2回目の手術の時にはあちこちに拡がっていて取り切れなかったそうです。つらい抗がん剤も一生懸命に飲んで、がんばって、がんばって、頑張りぬいて、亡くなる1週間前にはご飯も食べて、お水もよく飲み、元気な姿をママに見せてくれていました。ねこちゃんは、わんこのように寝たきりにならない [続きを読む]
  • 健康維持の療法食・・・食べてくれない子の場合
  • この数日、ラーマの病状について投稿しています。まだ、はがれた皮膚とイボの傷跡が治ったわけではなく、毛が生えそろうまでは数日から数週間かかるでしょうか。 私は獣医師ではないので、診断や病名、また、この薬がいいといった薬剤師さんのようなことは言えません。獣医師法や薬事法違反になりますから。 その都度、主治医に相談したり、確認したりしながら、たとえば、シュナ君には合っても、ラーマに合わな [続きを読む]
  • 傷跡が痛々しいけど・・・がん抑制療法食とヒーリング
  •  昨日、投稿した後、ご飯の時に撮影しました。なんとなく、こうすると、範囲が広いのがわかりますよね。突起していたイボと、シミのように薄茶色になっていた部分も薄皮のようにはがれました。ピンク色になっています。  高江洲先生は治療の中で犬の目の際のイボや手術をしないでヒーリングでイボがとれたことをこれまで何度も経験されていて、私もはなの時にできていればよかった、ってずっと思っていました。だからと言 [続きを読む]
  • 健康維持の療法食と、ヒーリング効果♪
  •  ブログを読む立場であれば、私も半信半疑になったり、疑うこともあります。なので、広告でもなく、自分の体験として書くこともどこまで書いたらいいか躊躇することもあるし、私が検証することができないので事実ではないと思う方も否定はしません。 え〜・・・。ラーマさん、いぼが取れました(祝!ご覧ください、今朝のラーマです。ほら、お鼻のところにあったイボ、なくなってるでしょう?もともとがこれ↑ですから、す [続きを読む]