k-rv さん プロフィール

  •  
k-rvさん: 軽RV紀行 - 軽キャンで車中泊とキャンプ旅
ハンドル名k-rv さん
ブログタイトル軽RV紀行 - 軽キャンで車中泊とキャンプ旅
ブログURLhttp://k-rv.asablo.jp/blog/
サイト紹介文軽キャン、ハイエースキャンピングカー、フリードスパイクで巡る車中泊の旅とアウトドア・キャンプ
自由文旅先でのご当地グルメや温泉・道の駅の情報等を中心に、車中泊グッズやアウトドグッズ、DIYに関するレポート等も綴っています。

旅の記録 [全リスト] 2009年 - 現在まで
http://k-rv.asablo.jp/blog/2013/06/28/6880416

厳選!DIYとアイデア集 [軽キャン快適化]
http://k-rv.asablo.jp/blog/2013/06/27/6878623
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/07/20 22:03

k-rv さんのブログ記事

  • RVパーク併設【真道山森林公園キャンプ場】
  • 今回、車中泊キャンプをした「真道山森林公園キャンプ場」。キャンプ場にはチェックイン可能となる、15時ちょっと前に到着しました。入場受付時間は9時から16時までで、宿泊利用は15時からと、チェックイン手続きができる時間は実施1時間しかありませけど。15時にならなくても、少しくらいは早めにチェックインできるようです。(事前に電話確認済み)但し、管理人さんは常駐では無くて16時に帰られますので、遅くても16時までには [続きを読む]
  • 海辺の新鮮市場の刺身定食。コスパ最高です
  • キャンプ場を、江田島の「真道山森林公園キャンプ場」に選んだ理由。それには、キャンプ場自体の利用料金が安いのと(オート一泊:1,540円)、前回の記事でご紹介しました通り、殻付き牡蠣を現地で割安に調達できる!というのがありました。まあ、これだけでも十分過ぎるくらいの選択理由になるのですけどね。実はもう一つ、大きな選択理由があったのです。それは、江田島にある「海辺の新鮮市場」というお店で、魚料理がリーズナ [続きを読む]
  • 殻付き牡蠣やむき身がお得な切串港+α情報
  • 約12分間の海上クルーズ。(さくら海運フェリー)天応(呉ポートピアパーク)から江田島(切串港)に到着しました。今回のキャンプを計画した時から、そして上陸前から楽しみにしていたのは、「切串港」※1で販売されている江田島産の牡蠣。※1(「上村汽船」の「切串港」とは異なります。「吹越棧橋船客待合所」で検索するとわかり易いです)この時期になると待合所の前に並び、割安に購入する事ができるのです。広島の牡蠣をスー [続きを読む]
  • お得にフェリー!【せとうちCamperクルーズ】
  • この日、キャンプをする為に向かった先は、江田島にある「真道山森林公園キャンプ場」。江田島は瀬戸内海に浮かぶ島で、音戸大橋や早瀬大橋を使い、広島県の本土からは陸路で渡る事ができます。しかし、広島市内から行く場合はぐるーっと遠回りになり、意外と移動時間がかかってしまうんですよね。呉道路を使うと、有料道路代もバカにならない。そこで私はよく、第二の交通手段としてフェリーを利用しているのですが、このフェリー [続きを読む]
  • 牡蠣買って車中泊キャンプin江田島 出発編
  • 12月最初の天気の良い週末、「そうだ!キャンプに行こう!」という事で、一泊分のキャンプ道具を準備、朝の早いうちから出掛けました。今回のキャンプ車は、久々に軽キャンのKONG。キャンプ場に行くまでにフェリーを利用するのと(軽自動車はフェリー代が安い)、サイト自体がコンパクトな事から、軽キャンという選択になりました。久しぶりの出番なので、忘れ物が無いか入念にチェックして。ペグやハンマー、シェラカップやチェア [続きを読む]
  • 初鉄道旅!別府で美味いもの&温泉 帰路編
  • 昼食をとった後、予約していた特急の乗車時間までにはまだ余裕がありましたので、「もう一風呂入るか!」という事で、駅に向かう途中、「不老泉」に立ち寄りました。主要な荷物は全て駅のコインロッカー預けていて、タオルは手元に無かったので、近くにあったスーパーで安いやつを買って(笑)手ぶらで訪れ、「不老泉」でもタオルは220円で購入可能ですが、少しでも安くしたい場合には私達のように、スーパーや百均で購入しておく [続きを読む]
  • 豪華な海鮮丼定食が980円!【海鮮いづつ】
  • ダメ元で向かった先は、いつも行列が出来ている「海鮮いづつ」。安くて新鮮な魚が食えるからと人気で、旅行雑誌でもよく取り上げられている有名なお店です。私達も別府を訪れる度、何度か入店しようとチェレンジした事がありまして。その度に大行列。撃沈して諦めるというのがこれまでの繰り返しでした。それ程までに人気があるお店。11:30過ぎという、一番多そうな時間帯に行ってすんなり入れる訳がありません。ところが! 意外 [続きを読む]
  • [るるぶ]や[まっぷる]で定番のコースもイイね
  • チェックアウトが11:00までと余裕があったので、朝食をとって一旦ホテルの部屋に戻った後、お風呂セットを手に再び外出する事にしました。向かった先は、別府市営温泉の「竹瓦温泉」。以前、くるま旅で訪れた時にも利用した事がある、趣のある温泉です。他の多くの市営温泉と同様に、入浴料金が100円というのが嬉しいところ。ただし、アメニティー類は一切置いてありません。多くの方は持参されていますが、シャワーは無くて湯船の [続きを読む]
  • 24h居酒屋を朝食で利用する際の注意点とは?
  • 別府のホテルに宿泊した翌朝。今回は食事無しの素泊まりプランでしたので、朝食は近くにある24時間営業の居酒屋で済ませようという事にしていました。その居酒屋とは、「目利きの銀次」。こちらの居酒屋は全国チェーンで朝食メニューもある事から、広島市内で宿泊した時にも以前、朝食で利用した事があります。別府ではモーニングを頂けるお店が少ないと、事前のネット検索ではありましたけどね。意外や意外、24時間営業の居酒屋で [続きを読む]
  • 別府飲みの〆は壱丁目ラーメンで久留米昔味
  • 居酒屋でホロ酔いになった後は、ホテルまで徒歩で帰る事に。せっかくなので、飲み屋が連なる歓楽街の下見でもしながら帰る事にしました。コンパクトに収まった歓楽街だけど、魅力的なお店がギュッと詰まったイメージ。歩いていて何か楽しいです。今度はこのお店に行ってみたいな〜等など。と、歩いていると魅力的なお店が目の前に!「壱丁目ラーメン別府北浜本店」です。実は、先程まで飲んでいた居酒屋に行く前にも、この通りを歩 [続きを読む]
  • 美味い!の宝庫大分!ろばた仁で食べ尽くす
  • 「おんせん県おおいた」、別府への鉄道旅。目的の1つは当然のことながら温泉を楽しむことでしたが、それ以上に楽しみにしていたのが、別府の美味しいものをその地で頂くこと。しかも、居酒屋で。くるま旅ではスーパー等で調達し、車中泊地のキャンプ場で頂く事は今までに何度かあったのですけどね。やはり居酒屋で頂く方が種類が多く、充実しているだろうと考えた訳です。刺し身なんかは、スーパーで購入するより料理人が捌いたも [続きを読む]
  • 市営温泉 えき市場など魅力いっぱいの別府!
  • 今回の記事は、別府に到着してからホテルにチェックインするまでの内容となります。いわば、個人的な備忘録。市営温泉に入ったり、名物のガード下を散策したりしましたが、別府に興味の無い方にとってこれといった有益な情報はありませんので、予めご了承下さい。さて、別府に到着したら先ず、別府北浜のバス停のすぐ近くにある「トキハ別府店」という百貨店でお買い物。無料のコインロッカーに荷物を預け、散策を楽しみました。公 [続きを読む]
  • 運転見合わせ&再開未定。その時の判断は?
  • 夫婦揃っての初鉄道旅で、目指すは大分県の別府。別府まで新幹線は通っていないので、途中、北九州の小倉駅から特急に乗り換えて別府駅まで行くようにJRの切符を入手していました。(パック旅行なので、手配は旅行会社にて)その小倉駅までは新幹線で順調に移動。予定通り、乗り換え地点まで到着しました。新幹線は、車で移動するより遥かに早い! やったね!(^^)と、喜んでいたのも束の間。駅の様子が何か、変では無いですか [続きを読む]
  • 初鉄道旅!別府で美味いもの&温泉 出発編
  • 仕事の出張ではたまに利用している新幹線。しかし、プライベートでは(特にレジャーでは)全くと言っていいほど、新幹線を利用した事が無かったのですね。別に新幹線が嫌いという事ではなくて、単に利用する機会が無かったというか、積極的に利用しようと思っていなかっただけ。そんな折、「九州ふっこう割」にてJR(新幹線)と宿がセットになったプランがお得になる事を知ったのです。(現在は終了しています)そのお得額はナント [続きを読む]
  • 車中泊なら雨キャンプも快適!貸し切りです
  • 既にFacebookページでは報告済みですが、今年最初の車中泊くるま旅で某キャンプ場に来ています。比較的低料金でAC電源付き。ですが、二日間とも雨の為か、利用しているキャンパーは私達のみで貸し切りです(^^)(到着時はちょうど、雨は止んでいました)こういった時、キャンピングカーや車中泊は有利ですね。テント等を張るわけではないので、雨が降っていようが関係ありません。雨が降っている時こそ、利用する価値が高いと言える [続きを読む]
  • 外泊日数:48泊/出撃回数:34回-2016年の総括
  • 他人の集計や総括なんてどうでも良いかもしれませんけど(笑)毎年恒例、大晦日の日にやっていたその年の旅の集計と総括を、今回の記事で遅ればせながらやっておきたいと思います。まだ全てを書き終えていませんが、2016年に綴ってきたシリーズ記事は全部で40シリーズ。うち、6シリーズは自宅での車中泊なので、宿泊を伴う出撃回数は34回という事になります。以下、その内訳です。・出撃回数:34回・外泊日数:48泊(自宅での車中 [続きを読む]
  • 全メニュー牛乳付き?ドライブインミッキー
  • たった3日の出来事を、13個の記事に分割して綴ってきた「2連泊イルミネーションキャンプ2016」。13個目の今回で最終回、帰路編です。タープ類は全て乾燥撤収し、午前中までにはキャンプ場をチェックアウト。「食彩館しょうばら ゆめさくら」という産直市で買い物をしてから、昼食を頂く為に、「ドライブイン ミッキー」という御食事処に立ち寄る事にしました。こちらは以前から気になっていたのですが、今回が初訪問。楽しみ [続きを読む]
  • 土鍋で混ぜご飯。焼き物はマルチプレートで
  • キャンカーで車中泊をした、キャンプ3日目の朝。朝食はキャンカーの横に建てた、シェルターの中で頂く事にしました。前日の朝食が簡単に、残り物メインで車内で頂きましたからね。少し気分を変えてみようというのもあったと思います。朝起きたら真っ先に土鍋に無洗米をセットして。(1合ずつ真空パックされているタイプなのでキャンプで便利)先ずは30分程度、水に浸しておきました。その間に車内の寝袋等を片付けて、再びシェ [続きを読む]
  • キャンプ目的なら炭火!愛用のユニセラTGで
  • 日が暮れ始めた頃から、ユニセラTGで炭火焼きBBQを開始。場所は、サイドシートを張ってシェルター化した、テントタープ内です。「えっ? テントタープ内で炭火焼きはマズイでしょ?」と思われた貴方。安心してください。開いていますよ。(今頃になって、懐かしいネタでスミマセン(笑))さすがに締め切った中でやると、一酸化炭素中毒で逝ってしまいますからね。例え室内使用OKの高級炭でも、炭火から放出される一酸化炭素をナ [続きを読む]
  • 午後のひとときをキャンピングカーで過ごす
  • 温泉に入って、三次唐麺焼を食べて。お気に入りのスーパー(フードオアシス三次)で買い物を済ませたら、夕方前にはキャンプ場(備北オートビレッジ)に戻りました。翌日が平日だった事もあり、この日連泊だったのは私達だけ。前日いらしたキャンパーの方は、皆撤収を終えた後でした。その変わりと言った表現は適切ではありませんが、新たにチェックインされたキャンパー(キャンピングカー)の方も。意外と、平日に泊まりで利用さ [続きを読む]
  • 汗が滝のように(笑)ご当地お好み三次唐麺焼
  • 午前中にお風呂を済ませたら、早くも昼食の時間に。「君田温泉森の泉(道の駅 ふぉレスト君田)」には御食事処もあるのですが、せっかくなのでご当地グルメを頂く為に、「きみたの旬菜」という御食事処に立ち寄ってみる事にしました。こちらではご当地お好み焼きの、「三次唐麺焼」を頂けるとの事。楽しみです。「三次唐麺焼」とは、江草商店の唐辛子入り唐麺を使ったお好み焼きの事で、ソースはカープソースの辛口ソース。辛いも [続きを読む]
  • 道の駅併設の温泉は入浴付き朝定食が1000円
  • 朝風呂というか、午前中のお風呂は昨年と同じく「君田温泉森の泉(道の駅 ふぉレスト君田)」へ。キャンプ場(備北オートビレッジ)の近くに温泉はありますが、遅い時間にならないと営業を開始しない事から、少々離れてはいますが、こちらの温泉を利用するようにしています。因みに、キャンプ場の管理棟にあるお風呂は、GW等の繁盛期を除いて土曜日の16時〜20時限定。なので、朝風呂に入る事はできません。シャワー棟は7時〜11時、 [続きを読む]
  • 焼魚にマルチプレート。朝食はキャンカーで
  • 夜のうちに雨が結構降ったようですが、キャンピングカーは勿論のこと、シェルターに仕立てたテントタープ内に影響は無し。サイドのジッパーから雨漏りするとは言え、サイドシートが濡れるくらいで問題はありませんでした。うん、強風だとか余程の横雨でない限り、このシェルターでも大丈夫そうですね。もちろん、付属のペグではショボいので、ソリステ等でペグダウンする必要はありますけど。あと、付属のロープは自在が付いていま [続きを読む]
  • 車中泊にモンベルのダウンファミリーバッグ
  • 夕食後はキャンピングカーの車内で少し寛いだ後、早めに就寝(車中泊)しました。今年の8月に納車されたキャンピングカーのWalk2で使っている寝袋は、納車後に新たに2セット購入したもの(私とカミさん用)軽キャンのKONGで長年使っているダウンの寝袋を使い回すという手もあったけど、軽キャンは軽キャンでいつでも車中泊の旅に出掛けられるようにしておきたい。という事で、Walk2には専用で常備させておく寝袋を購入した次第です [続きを読む]