OGARU さん プロフィール

  •  
OGARUさん: 明日天気になあれ
ハンドル名OGARU さん
ブログタイトル明日天気になあれ
ブログURLhttp://maboi.blog.fc2.com/
サイト紹介文オールドローズの魅力に惹かれ、毛ばりでヤマメと遊ぶ。子供の頃嫌いな農業は今は汗をかき幸せを感じる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/07/21 11:51

OGARU さんのブログ記事

  • ひっそり静かにカタクリの花
  • この数年タイミングが合わず見ることが出来なかったカタクリの花でしたが、人知れずひっそり静かに咲いていました。クマ除けの鈴を鳴らしブナの森に分け入り、可憐な花にしばし時間を忘れました。 蔵王山麓の水芭蕉の森は水芭蕉が咲き始めましたが、カタクリの花は咲いていませんでした。 この週末はもしかすると見ることができると思います。撮影:4/16 [続きを読む]
  • 一目千本桜 フィナーレ
  • 一目千本桜シリーズ、フィナーレです。休日は残念ながら強風が水を差し、遠方からお越し下さったのに残念でした。名残惜しいですが、美しいものは短命なのでしょうか。サラリーマンの身分、花吹雪にはお付き合いできませんが、あと数日はなんとか楽しめればと思います。次回はいつものスローペースのアップに戻りますので、”シューイチ”でお付き合いできればうれしいです。風が強く枝が動いていますが。日没なのにWBいじってみ [続きを読む]
  • 一目千本桜 今日も強風が吹き
  • 満開の桜の下で花見を楽しでいただけたでしょうか?静かな町は一年で一番の賑わいでした。ただ残念ながら強風が吹き荒れてしまいました。これもこの地の特徴なんですが・・・4/15早朝撮影したものですが、1枚目は準備中のものです。雲に隠れた太陽はなかなか顔を出てくれません・・・その後、風が吹き出し終了となってしまいました。 [続きを読む]
  • 一目千本桜 朝から風が吹き
  • 今朝は良い天気でした。でも、この時期特有の西風が吹いていたため、水面に映る桜を見ることはできませんでした。明日は天気も良く楽しい花見が出来ると思いますが、風が強そうなのが気になります。今朝5時半頃、超定番の場所から記録写真という事で。桜は順光が似合います。 [続きを読む]
  • 一目千本桜 満開♪
  • 本日うれしい発表がありました。「仙台管区気象台は13日、仙台で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。平年より3日早く、昨年より7日遅い。」もちろん当地も、満開宣言(非公認Ark特派員談話)早速現場に急行しました。サラリーマンの身分なので、夜桜ですが・・・西に沈み行くオリオン座。今年の新企画でしょうか、ライトアップで川面に写るソメイヨシノです。 [続きを読む]
  • 明りのある暮らし
  • 仙台市内、中心市街地には高層ビルが建ち並んでいます。暗くなれば照明に光が灯り、何一つ不自由を感じることなく生活します。震災で電気のない生活を強いられ、1か月後の4月7日の大きな余震で再び暗闇を経験しました。せっかくライフラインが元に戻ろうとしていただけに、この時の落胆は大きかったことを思い出します。明りのある暮らし、当たり前のお話でした。  (左)東北で一番高いビルは仙台トラストタワー 地上37階 高さ1 [続きを読む]
  • モグラもくもくハートランド
  • 唐突なタイトル、御免。拙者、太陽が苦手なモグラでござる。この日は餌を探しにトンネル掘りながら下界の、いや地上の春を覗いたのじゃ。天気は悪かったが、春の草木の匂いは良いなぁ〜わらべのはしゃぐ声で賑わう蔵王山ろくハートランドは間もなく春を迎えるなぁ〜 [続きを読む]
  • 麦ふみ
  • 近所の麦畑に今年も白鳥が立ち寄ってくれました。腹が減っては故郷に戻れないって言っているような、そうでないような。餌をついばんで良いから、しっかり麦ふみ頼むよ。白鳥たちに交じってマガンも一緒の行動をとっていますが、自分は白鳥だと思い込んでいるのでしょうか。不思議ですね。  今回は記録という事で掲載しました。  初めから3枚目までは3/26撮影、最後の蔵王連峰は3/20のものでした。 [続きを読む]
  • 野辺地防雪原林
  • 日本鉄道株式会社により植林されたわが国最初の鉄道防雪林です。冬季の強風多雪の地域は地吹雪や吹き溜まりが多く、列車の運行の妨げになっていました。防雪対策として、日本の「公園の父」と言われる本多静六林学博士の提案により、杉の木が植林されました。青い森鉄道、野辺地駅吹雪防止林として線路を守っただけでなく、成長した杉の木は製材され駅舎建築材として利用したり販売し利益を上げることもありました。平成16年度選奨 [続きを読む]
  • 最上川橋梁は遠く愛知県からやって来た
  • この双子の橋は明治20年に旧国鉄東海道本線の揖斐川・長良川・木曽川の大河川用に設計・製作された橋で、初代の木曽川橋梁に使用されていたものといわれています。当時最長の径間200フィートの構桁を持つ錬鉄製ダブルワーレントラス橋ですが、やがて東海道線での役割を終えた後、2橋に改造され最上川橋梁として現在に至ります。JR左沢線羽前長崎最上川鉄橋 大正10年転用(4連目〜8連目)  1連目〜3連目(羽前長崎駅側) プラ [続きを読む]
  • 最上川橋梁
  • 山形県の大河川である最上川を渡河する橋の話です。最上川橋梁と言う同名の橋梁が2橋あります。通常あり得ないことなのですが、なぜ同名なのでしょうか?今回は国内最古の現役鉄橋を紹介します。フラワー長井線荒砥駅から徒歩10分にある最上川橋梁は通称”荒砥鉄道橋”として親しまれています。大正12年、径間150フィートに改造・転用された、歴史的に貴重な土木遺産です。次回はもう一橋を紹介しますが、改造・転用?について紹介 [続きを読む]
  • 東日本大震災6年 守る
  • 防潮堤から眺める景色が好きです。太平洋が広がり、潮風と共に春を感じました。岩手宮城福島3県に建設予定の延長は約405Km。そのうち完成したのは22%、約88Kmだそうです。進まない要因の一つ、目の前に大きな”壁”が建設されることで慣れ親しんだ景観が損なわれてしまう・・・住民との合意形成に時間がかかるようです。 [続きを読む]
  • 東日本大震災6年 公園ができた
  • 津波による浸水地域は、ご覧の通り、公園に整備されました。それまで暮らしてこられた方たちは安全な地へ移転を余儀なくされましたが、シンプルな公園と徐々に出来つつある田んぼや畑。そして遠くに見えるイチゴ農園の真新しい温室。目を疑い想像だにできなかった光景から6年が経ち、生まれ変わった故郷を見て、少しでも心落ち着くことを祈りたい。ヒバリのさえずりが心地良い。白く見えるイチゴ農園。太平洋側。わずかに残った黒 [続きを読む]
  • 東日本大震災6年
  • 昨年12月10日、東日本大震災で被災したJR常磐線が再開して春を迎えました。 宮城県山元町は山側に町を移転し常磐線もルートを変更しました。 山下駅周辺は真新しい住宅や保育所が立ち公園も整備されました。 いちごの生産も震災前までに回復したのでしょうか、周辺にはいちご農園の温室が軒を並べています。上り 原ノ町行き  さて、どっちに曲がったでしょうか?下り 仙台行き  [続きを読む]
  • カシオペア2度目のお別れ
  • 昨年?、カシオペアのラストランという事で何度か見に行きました。その後、特別企画で運行していましたが、どうやら今回が最後のようです。今後は本州だけの営業のようですが、北海道乗り入れしないカシオペアなんて・・・この写真はカシオペアではありません。雲が出てきたためオリオン座とのコラボを断念しました。通勤でお世話になっている電車です〜 [続きを読む]
  • もぬけの殻
  • とうとうこんな日がやって来ました。今朝、いつもの遊び場である白石川。やかましく、いや、にぎやかに群れていた白鳥はどこにもいません。昼の時間が長くなり、寒暖の差はあるもののどこか暖かな日差しを感じたのか、北へ向かったのでしょうね。近所の田んぼで仲間に合流する景色も見納めです。 [続きを読む]
  • 白鳥VS金太郎
  • JR東北本線と平行して流れる白石川には白鳥やオナガガモが渡って来ます。撮ってみたかった写真ですが偶然が味方してくれたものの、急だったためとっさの対応ができずじまいでした。1/15秒での切り取りです。 [続きを読む]
  • 静寂
  • バレンタインデーには無関係な・・・そんなことを言いたいのではなく、もう2月も折り返しました。白鳥たちは間もなく旅に出るだろう。しばしの休息。音を立てずに、そっとしておこう。 [続きを読む]
  • 着陸態勢
  • 白鳥観察の中で着陸態勢はあまりお目にかかれません。翼を目いっぱい広げ、足ひれもこれでもかって広げるんです。体全体でブレーキかけるんでしょうね。 [続きを読む]