泣き寝入りしない男 さん プロフィール

  •  
泣き寝入りしない男さん: ヤマダ・エスバイエルホーム代理店青木興業の欠陥住宅
ハンドル名泣き寝入りしない男 さん
ブログタイトルヤマダ・エスバイエルホーム代理店青木興業の欠陥住宅
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/goinkyo_suzuki
サイト紹介文たった20年で壁が崩壊していた!実際の写真を証拠として施工会社とハウスメーカーの責任を問う!
自由文エス・バイ・エル(SxL)が設計監理し、代理店青木興業が施工した我が家の惨状です。家を建てた人、家を建てる人は必見!この2社は欠陥住宅を建てただけではなく、被害者を恫喝して責任を取ろうとしません。呆れた施工会社とハウスメーカーの実態をご覧ください。第三者の専門家(1級建築士・住宅性能評価員・住宅適合証明技術者)によって建築時の瑕­疵­が原因だと判定されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2012/07/21 12:37

泣き寝入りしない男 さんのブログ記事

  • 名誉毀損訴訟:第二回和解期日のご報告-3
  • 今回の協議で、私は選択しやすい和解案を提示したつもりですが、予想通り和解は成立しませんでした。これだけ攻撃された私の被害感情は強くて当然で、代理人のように他人事でもないので、正直言って話が全く噛み合いませんでした。特に、ヤマダ・エスバイエルホームとの和解が成立したとしても、青木興業から再び提訴される可能性が残るので、ヤマダSxLが瑕疵と不法行為を認めない限り和解は有り得ないと伝えました。すると、河合 [続きを読む]
  • 名誉毀損訴訟:第二回和解期日のご報告-2
  • 今回も私とヤマダ・エスバイエルホーム代理人の酒井康生弁護士が交互に入れ替わって、河合芳光裁判長と協議を重ねました。素人が相手だったにもかかわらず、上司から役不足と判断されたのかどうかはわかりませんが、冨本晃司弁護士は前回から来ていません。一方で、河合裁判長は粘り強く両者を説得しようと試みていました。実のところ民事事件の裁判官に必要な能力は忍耐力かもしれません。さらには、法律や判例という専門能力だけ [続きを読む]
  • 名誉毀損訴訟:第二回和解期日のご報告-1
  • 2月中旬に行なわれた第二回和解期日についてご報告いたします。3月10日に「名誉毀損訴訟:和解不成立」と題して和解が成立する見込みがなくなったとお伝えしましたが、本人訴訟などで闘っている方々のために順を追って説明します。和解協議の実態について公開されている情報は少なく、裁判官の訴訟指揮がどのように行なわれるのか掴み難いからです。今回は事前に私が条件を提示する約束です。私は真っ当な社会人ですので、期限に遅 [続きを読む]
  • 旭化成建材社員がインサイダー取引
  • 土建屋の倫理観が低いと改めて証明されました。証券取引等監視委員会は、旭化成株式でインサイダー取引をした旭化成建材社員に課徴金63万円の納付を命じるよう金融庁に勧告しました。男性は15年10月に発覚した旭化成建材のくい打ちデータ改ざん問題について公表前に情報を知り、保有していた旭化成株を不正に売り抜けたそうです。「監視委、旭化成建材社員をインサイダー取引で課徴金勧告」(日本経済新聞)http://www.nikkei.com/ [続きを読む]
  • 秀光ビルドの欠陥住宅が大量発覚か?
  • 大規模な欠陥住宅の発覚かもしれません。ローコスト住宅のハウスメーカー「秀光ビルド」の物件に、建築基準法違反などの欠陥住宅が続出していると週刊文春の取材で分かったそうです。写真を見る限りかなり酷そうですね。明日発売の週刊文春で詳細が伝えられます。「格安一戸建て大手『秀光ビルド』の物件に“欠陥住宅”が続出」(文春オンライン)http://bunshun.jp/articles/-/1761「秀光ビルドは一棟1000万円を切るようなローコ [続きを読む]
  • 経営トップが認知症となった“悲劇”
  • 認知症の老人が数多くの重大な交通事故を起こしていますが、認知症の高齢経営者が会社を運転していると同様の危険が伴います。当たり前のことですが、認知症が進行すると判断能力に支障をきたし、会社が傾くことにもなりかねないそうです。東京女子医科大学の岩田誠名誉教授と和光病院院長の今井幸充医師が実体験に基づいてアドバイスしています。「経営トップが認知症となった“悲劇”」(日経ビジネスONLINE)http://business.ni [続きを読む]
  • 名誉毀損訴訟:和解不成立
  • 相変わらず約束を守らず、舐めた文書を送ってくるとは、本当に救いようのない弁護士です。人を怒らせてどうやって事態を解決するつもりでしょうか。取りあえず、和解が成立する見込みがなくなったとご報告します。詳細は後日公開します。加害者が被害者を攻撃したらどうなるか、徹底的に教えてやるよ! [続きを読む]
  • 法的不安定をもたらした除斥期間-3
  • 除斥期間を伝家の宝刀だと勘違いした匠総合法律事務所の弁護士によって、我が家の欠陥は「争い」にされました。ヤマダ・エスバイエルホームが私に解決金の提示を要求しておきながら、掌を返したように青木興業の代理人と称する弁護士が私を脅迫した事実はその証拠です。いつもヤマダSxl代理人を務めている弁護士が、我が家の引き渡しから20年6カ月ほど過ぎていると気付いて青木興業の代理人になったのでしょう。青木興業の建築部長 [続きを読む]
  • 法的不安定をもたらした除斥期間-2
  • 除斥期間と消滅時効の違いは、欠陥住宅被害者にとって極めて大きなものです。なぜならば、除斥期間の経過は裁判所が勝手に認定できますが、消滅時効は当事者が主張しない限り認定されません。消滅時効を援用するのは加害者である相手方なので、相手方に立証責任が生じるはずです。我が家を例とすれば、建物引き渡しから半年以内に、密閉された壁体内部の瑕疵や不法行為に私が気付き、権利を行使できたはずだと青木興業やヤマダ・エ [続きを読む]
  • 法的不安定をもたらした除斥期間-1
  • 当ブログによって「いつまでも責任を負わなければならないならば、法的に不安定な状況になる」という除斥期間の理念は間違っていると証明されました。不法行為があれば、被害者がその不法行為を追求するのは当然です。20年経とうと30年経とうと、被害者が加害者の不法行為を暴くのは当然です。裁判所が不法行為を免罪したからといって、被害者が泣き寝入りしないのは当然です。民法の条文に存在しない「除斥期間」などという間違っ [続きを読む]
  • 共犯者の関与口止め容疑で逮捕された北久浩弁護士
  • 今度は弁護士の脅迫です。私も脅迫されましたが、こちらは刑事事件です。偽造カードによる詐欺事件で逮捕された男に対し、共犯者とされる女の関与を供述しないよう脅したとして、警視庁は証人等威迫と脅迫の容疑で、東京弁護士会所属の弁護士北久浩容疑者ら3人を逮捕しました。「接見の弁護士ら逮捕=共犯者の関与口止め容疑−警視庁」(JIJI.COM)http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021501192&g=soc実は、北久浩弁護士は過去 [続きを読む]
  • 司法エリートの没落
  • 週刊ダイヤモンドで「特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落」という記事が組まれています。文系最難関の司法試験に合格したエリートである法曹関係者113人に総力取材して、重厚な法曹界の扉を開け放ったそうです。「没落の憂き目に遭う三者の姿」とはどういったものでしょうか。「大手法律事務所の実像『不祥事企業を狙うハゲタカ』の声も」(DIAMOND online)http://diamond.jp/articles/-/118449この記事には、企業 [続きを読む]
  • 素人に敗訴した大阪弁護士会の金井塚康弘弁護士
  • 弁護士に「弁護過誤」を理由とする損害賠償を求めた本人訴訟の控訴審で、素人が勝訴した事例があります。編集プロダクション社長の闘いです。どうやら、金井塚康弘弁護士に依頼した訴訟で業務の怠慢があったようです。着手金だけ受け取って何もしない弁護士の問題が数多くありますが、そうした非行を弁護士会が放置したために、依頼者は泣き寝入りせずに法廷で勝負しました。素晴らしいですね。「『人権派』金井塚康弘弁護士を相手 [続きを読む]
  • 名誉毀損訴訟:第一回和解期日のご報告-3
  • 和解協議は、原告と被告が交互に裁判官と話し合います。法廷では提出した準備書面を陳述するだけで、意見を述べるような場はほとんど与えられません。そのため、和解協議ではやや感情的になりやすい面もあります。弁護士ならば訴訟に対する感情を持ちようがないので淡々としていられるのでしょうが、当事者としては裁判官の理解度に不満を感じるかもしれません。でも、和解に応じさせるために、裁判官は意図的に理解を示さない場合 [続きを読む]
  • 名誉毀損訴訟:第一回和解期日のご報告-2
  • 私は、4年半にも渡って毎月裁判所に通っていますが、今回の和解期日である事実に気付きました。それは、年度末になると和解期日が設けられやすいのではないか、ということです。和解協議は少人数の会議室で行なわれますが、その部屋は書記官のオフィスにあります。いつもは閑散としている書記官のフロアですが、年が明けてから多くの弁護士で賑わっています。中には、私と同じような当事者と見受けられる方々がいて、和解協議の内 [続きを読む]
  • 名誉毀損訴訟:第一回和解期日のご報告-1
  • 結局、1月中旬の和解期日では事前の書面はなく、当日その場で受け取ることになりました。私は、「ヤマダ・エスバイエルホーム代表取締役社長に宮原年明氏が就任」と題して、和解が成立する可能性が極めて低くなったとお伝えしましたが、ヤマダSxL代理人が提示した内容には驚きました。なんと、私が敗訴するのと変わりない条件で、ごく僅かな金額の提示しかありませんでした。ずいぶんと舐められたものです。やはり、代表取締役社長 [続きを読む]
  • ヤマダ・エスバイエルホームで家を建てた人の感想
  • ヤマダ・エスバイエルホームで家を建てた人の感想が綴られていました。「俺は失敗しました(泣)」という言葉が示すように、毎日辛い思いをされているようです。こうなる前に私の事例をお伝えできなかったのが残念です。「ヤマダ エス・バイ・エルで家を建てた人のブログ」(hannaki)http://ameblo.jp/hannaki/最初は「ちゃんと!ちゃんと!してくれたら何も問題ないのですがね」と記述されているものの、その後「感想は最悪です [続きを読む]
  • TDK加湿器のリコールに関する重要なお知らせ
  • 企業の社会的な責任を果たすためにTDKは現在でも頑張っています。以下の画像は、新聞で折り込みチラシとして配布されたものですが、火災を発生させないように大金を投じて自社製品の回収にあたっています。製造番号は、KS-500H/KS-300W/KS-31W/KS-32Gです。私は「TDKに見る企業の社会的責任」と題してこの件を取り上げていましたが、真っ当な企業はこうして消費者の信頼を獲得します。TDKは、オーディオテープやビデオテープで [続きを読む]
  • ついに白状したヤマダ・エスバイエルホーム元社員
  • 当ブログにストーカーのようにコメントしていたと思われる人物が、ヤマダ・エスバイエルホーム元社員だと白状しました。この人物は、瑕疵の証拠や酷い対応を否定して、無関係な自動車の整備不良や食品の賞味期限切れを引き合いに出し、我が家や私の損害を一切認めようとしませんでした。また、築20年以上になるハウス55のオーナーで、自分はとても満足していると書き込んでいました。それはそれで構いませんが、ヤマダ・エスバイエ [続きを読む]
  • NHKスペシャルの小保方晴子氏に対する名誉毀損をBPOが認定
  • NHKスペシャルが、また失態です。また人権を侵害しました。放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は、理化学研究所の小保方晴子元研究員らのSTAP(スタップ)細胞の論文不正問題を特集した「NHKスペシャル」について、名誉毀損の人権侵害が認められるとして、再発防止をNHKに勧告しました。人権侵害による勧告は委員会の判断としては最も重いそうです。「『NHKスペシャル」に勧告 BPO「人権侵害あった』小 [続きを読む]
  • 下半身を露出した司法修習生を罷免した最高裁
  • 最高裁は、下半身を露出した男性修習生を罷免しました。罷免とは免職です。せっかく司法試験に受かったのに、弁護士にも検事にも判事にもなれません。司法修習生が同期の女性の前で下半身を露出したとは呆れます。最高裁に記録が残る限りで、品位を辱めたとして罷免されたのは4例目にもなるそうです。「下半身を露出、司法修習生を罷免 最高裁『品位辱める行為』4例目」(産経ニュース)http://www.sankei.com/affairs/news/1701 [続きを読む]
  • 忘れられる権利よりも知る権利を重視した最高裁
  • グーグルの検索結果に対する最高裁の判断が出ました。犯罪歴削除の仮処分申し立てで、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は検索結果の削除を認めないと決定しました。その一方で、「公表されない利益が優越することが明らかな場合に限って削除できる」という判断も示しています。「最高裁、『グーグル』結果削除は公共性を重視」(日本経済新聞)http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H1Z_R00C17A2000000/勘違いしてはいけ [続きを読む]
  • 最高裁で敗訴が確定した橋下徹弁護士の名誉毀損訴訟
  • 最高裁で橋下徹・前大阪市長の敗訴が確定しました。弁護士でもある橋下氏は、月刊誌「新潮45」の記事で名誉を傷つけられたとして、新潮社と筆者の精神科医・野田正彰氏に1100万円の賠償を求めて提訴していました。公職にあった上に、テレビで好き放題に発言している人物にもかかわらず、自分の気に入らない言論に対して過剰に反応する必要があったのでしょうか。「橋下氏の上告を棄却…月刊誌の名誉毀損訴訟」(YOMIURI ONLINE) [続きを読む]
  • 犯罪弁護士は社会問題
  • 真っ当な弁護士はどこにいるのでしょうか。知れば知るほど、弁護士が反社会勢力ではないかと思えてきます。以下は弁護士の素行を厳しく糾弾しているブログですが、総論としてまとめられている記事を紹介します。「国民のためにも犯罪弁護士たちの追放できる制度の制定を」(鎌倉九郎)https://kamakurasite.com/2016/12/28/国民のためにも犯罪弁護士たちの追放できる制度/私は、訴訟とは無関係な生活を送っていた頃には、弁護士の [続きを読む]