雷音ぴのこ さん プロフィール

  •  
雷音ぴのこさん: LIONPINOKOの日記
ハンドル名雷音ぴのこ さん
ブログタイトルLIONPINOKOの日記
ブログURLhttp://shine422.blog.fc2.com/
サイト紹介文本、海外ドラマ、映画のことなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/07/23 18:14

雷音ぴのこ さんのブログ記事

  • アビエイター
  • 実在した実業家で映画製作や飛行機事業に情熱を注いだハワード・ヒューズをモデルにした映画。ハワード・ヒューズが本当にこの映画で描かれているような変人だったのだとすれば、彼の人生はそんなに楽ではなかっただろうなあと思います。桁外れの大きさの野望をどこまでも情熱的に追いかける人は、あまりにも変わり者すぎて普通の人には理解してもらえないのかもしれません。多くの人に賞賛された彼は、さらなる夢を追いかけるあま [続きを読む]
  • 恋する惑星
  • 2つのラブストーリーを香港の街を背景に描いた、独特の魅力がある映画です。今では大人の男性代表の金城武もこの映画ではまだ20才くらいなので少年っぽさが残っています。この金城武演じる警察官が、失恋してしょんぼりしているときに謎の金髪美女に出会うというストーリーです。もう一つのストーリーは、爽やかなフェイ・ウォンと憂い顔のトニー・レオンが主人公です。フェイ・ウォンは極端に短いショートカットがとても似合って [続きを読む]
  • なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?
  • 今読んでいてとてもおもしろい本。「なぜ、あれだけ大きな金融危機を引き起こしておきながら、誰も責任を取らないのか?」と多くの人たちは疑問に思っています。そこで、ジャーナリストである著者は初心者の立場から、金融業界で働く人たちにインタビューを行い、業界内部を知ろうと試みます。見えてきた事実は、映画で描かれるような「悪の権化」のような人は金融街に存在していないこと。また、金融業界と一言でいっても、保険、 [続きを読む]
  • プリティ・リトル・ライアーズ
  • 人が誰かと話をするとき、何割か以上は嘘をついているのだそうです。ほとんどの場合、その嘘は小さなもので、嘘をつく理由は相手との関係をよくするためです。ところが、あまりにも大きな秘密を抱え、嘘を重ねると、人生はどんどん予期せぬほうに進んでしまうのかもしれません。このドラマでは、郊外のまちに住む女の子たちが謎の存在Aに翻弄され、周囲の人に嘘を重ねていきます。嘘は時に魅惑的で、美しい女の子の嘘は特に甘い香 [続きを読む]
  • スノーデン
  • 「2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する」の目次を眺めていたところ、「プライバシーは富裕層だけの贅沢品に」という言葉があってドキッとしました。アメリカのドラマを観ていると、「政府の陰謀説を信じてそれらから身を守ろうとする変人」がたまに登場します。私はそこまで極端な考えはもたないものの、どこかで監視されていることに危機感を抱く気持ちは少しわかります。そんなわけで映画「スノーデン」を観てみたくな [続きを読む]
  • 世界の法律事務所で「弁護士ロボット」が活躍中
  • ホワイトカラーの仕事もどんどんAIに代替されて、人は失業の危機に陥るといわれています。人手不足とされている介護職などは、人の役に立つすばらしい職業なのに賃金が安く、正当な報酬が得られていません。「隷属なき道」にあるとおり、GoogleやFacebookで仕事できるのは少数の優秀な人だけです。残りの人たちは「Forbes Japan」の未来小説で描かれていたようにマイクロペイメントのために必死で特権階級に奉仕しなければならない [続きを読む]
  • 世界でもっとも緑が多い都市ベスト12
  • 先日、地下鉄の長い歩道を歩いていると、急に息苦しく感じたのでこれからは地上に上がってみようと思い立ちました。地上では日の光がまぶしく、歩道には緑の新芽をつけた木々が並んでいて、地下を歩くよりだいぶ気分がいい気がします。都市にも今よりもっと緑が増えてほしいなあと思います。Business Insider「世界でもっとも緑が多い都市ベスト12」 [続きを読む]
  • HANNIBAL/ハンニバル
  • 手に汗にぎるほどこわいけれど、続きを見ずにはいられないサイコ・サスペンスドラマ「HANNIBAL/ハンニバル」。知的で洗練された優雅な物腰、誰もが心を許さずにはいられない大人の包容力を持つレクター博士。しかし、その裏にはふつうの人の想像を超えた悪魔的な顔を隠しもっています。ドラマの中だから視聴者は距離を置いて見ていられるものの、現実の世界では出会いたくない人物No.1ともいえるかもしれません。1991年の映画「羊 [続きを読む]
  • エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン1
  • NY版シャーロック・ホームズでしかもワトソン役が女性ってどうなんだって思っていたところ、意外に面白かったです。NYのホームズはカジュアルなTシャツの腕からタトゥーが見えていて、変人で空気が読めないけれど、誰よりも洞察力に優れ、演繹法ですべてを推理できる名探偵です。自分は最高に頭が良いと考える、鼻持ちならない性格でありながら、子どものように事件に夢中になるところがあり、人を惹きつける魅力があります。ワト [続きを読む]
  • シェアリングエコノミー
  • シェアリングエコノミーに関する本。何回も読んでいるけれど、「信用や身の安全の問題をどうするか」について、今の段階では解決策が不十分だという気がしています。特に、直接会うサービスについては、今のままではリスクが高すぎるし、「Airbnb」ですらよりよい解決策を見つけ出せていないように思います。「Airbnb Story 大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法」はどちらかといえばエアビーアンド [続きを読む]
  • Game of Thrones - Season 6
  • このドラマの面白いところは、七王国の王や王妃たちが直面する、想像を絶する過酷な運命にあるのかもしれません。よくあるドラマであれば、みんながシンパシーを感じるような善き王や王女が勝つところなのですが、このドラマではそういった予定調和がありません。善き人たちが、とんでもない卑怯な方法で追いつめられてしまったり、自分勝手で性格が悪くて嫌な奴が、時に別人のように誰かを助けようと行動したりします。こういうこ [続きを読む]
  • AIが同僚
  • AIやロボットで代替されにくい仕事として、医師、看護師、教員、デザイナー、記者、編集者、システムコンサルタント、警察官などが挙げられています。代替されやすい仕事には、税理士、公認会計士、弁理士、司法書士、自動車運転従事者など.....。非定型的で人と直接コミュニケーションをとる仕事やマネジメントや創造性が求められる仕事は代替されにくいと予想されています。反対に、専門職であっても定型的な業務が多いものは代 [続きを読む]