権利関係 さん プロフィール

  •  
権利関係さん: 宅建過去問  権利関係ナビ
ハンドル名権利関係 さん
ブログタイトル宅建過去問  権利関係ナビ
ブログURLhttp://takkennavi.blog.fc2.com/
サイト紹介文2012年度向け過去問を毎日5問配信しています。
自由文宅建試験の権利関係だけを毎日配信しています。解説付きで、携帯、スマホ、パソコンに対応しているので、いろんな場面で学習が可能です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/07/24 11:40

権利関係 さんのブログ記事

  • 2015年度 宅建士試験 解答速報
  • 【解答速報】みなさま 2015年度宅建士試験 お疲れ様でした、各機関が発表した解答速報はこちらです。●LEChttp://www.lec-jp.com/takken/juken/pdf/TV1510025.pdf●TAChttp://www.tac-school.co.jp/file/tac/sokuhou/takken/pdf/takken_15.pdf●ユーキャンhttp://sokuhou.u-can.jp/html/pc/OJA151001_1.html●資格の大原http://www.o-hara.ac.jp/best/takken/sokuhou/2015takken_kaito.pdf●大栄教育システムhttp://www.daiei-koum [続きを読む]
  • 平成14年 問2 代理
  • ≪14年1 《平成14年一覧》 14年3≫ 宅建過去問 平成14年(2002年) 問2権利関係 「代理」 AがBの代理人としてCとの間で、B所有の土地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 ◆1Bは、Aに対してCとの間の売買契約を委任したが、Aが、DをCと勘違いした要素の錯誤によってDとの間で契約した場合、Aに重過失がなければ、この契約は無効である。◆2Bが、AにB [続きを読む]
  • 平成17年 問3 代理
  • ≪17年2 《平成17年一覧》 17年4≫ 宅建過去問 平成17年(2005年) 問3権利関係 「代理」 買主Aは、Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。 ◆アCがBの代理人であることをAに告げていなくても、Aがその旨を知っていれば、当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。 ◆イBが従前Cに与えていた代理権が消滅した後 [続きを読む]
  • 平成8年 問12 借地借家法:解約
  • ≪8年11 《平成8年一覧》 8年13≫ 宅建過去問 平成8年(1996年) 問12権利関係 「借地借家法:解約」 AがBに対してA所有の建物を期間を定めないで賃貸した場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。◆1Aは、Bに対して、解約の申入れの日から6月を経過しないと建物の明渡しを請求することができない。◆2AがBに対し解約の申入れをしても、6月経過後のBの建物使用に [続きを読む]
  • 平成14年 問8 契約の解除
  • ≪14年7 《平成14年一覧》 14年9≫ 宅建過去問 平成14年(2002年) 問8権利関係 「契約の解除」 Aは、A所有の土地を、Bに対し、1億円で売却する契約を締結し、手付金として1,000万円を受領した。Aは、決済日において、登記及び引渡し等の自己の債務の履行を提供したが、Bが、土地の値下がりを理由に残代金を支払わなかったので、登記及び引渡しはしなかった。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っ [続きを読む]
  • 平成22年 問2 代理
  • ≪22年1 《平成22年一覧》 22年3≫ 宅建過去問 平成22年(2010年) 問2権利関係 「代理」 AがA所有の甲土地の売却に関する代理権をBに与えた場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。◆1Aが死亡した後であっても、BがAの死亡を知らず、かつ、知らないことにつき過失がない場合には、BはAの代理人として有効に甲土地を売却することができる。◆2 [続きを読む]
  • 平成19年 問5 不法行為
  • ≪19年4 《平成19年一覧》 19年6≫ 宅建過去問 平成19年(2007年) 問5権利関係 「不法行為」 不法行為による損害賠償に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 ◆1不法行為による損害賠償の支払債務は、催告を待たず、損害発生と同時に遅滞に陥るので、その時以降完済に至るまでの遅延損害金を支払わなければならない。◆2不法行為によって名誉を毀損された者の慰謝料請求権は、被害 [続きを読む]
  • 平成15年 問13 借地借家法
  • ≪15年12 《平成15年一覧》 15年14≫ 宅建過去問 平成15年(2003年) 問13権利関係 「借地借家法」 Aが、Bに、A所有の甲地を建物の所有を目的として賃貸し、Bがその土地上に乙建物を新築し、所有している場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。◆1Bが、乙建物につき自己名義の所有権の保存登記をしている場合は、甲地につき賃借権の登記をしていないときでも、甲地をAから譲 [続きを読む]
  • 平成20年 問16 不動産登記法
  • ≪20年15 《平成20年一覧》 20年17≫ 宅建過去問 平成20年(2008年) 問16権利関係 「不動産登記法」 不動産の登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。◆1所有権に関する仮登記に基づく本登記は、登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、当該第三者の承諾があるときに限り、申請することができる。◆2仮登記の登記義務者の承諾がある場合であっても、仮登記権利者は単独で当該仮登記の申請をす [続きを読む]
  • 平成18年 問5 担保物権:抵当権
  • ≪18年4 《平成18年一覧》 18年6≫ 宅建過去問 平成18年(2006年) 問5権利関係 「 担保物権:抵当権」 Aは、Bから借り入れた2,400万円の担保として第一順位の抵当権が設定されている甲土地を所有している。Aは、さらにCから1,600万円の金銭を借り入れ、その借入金全額の担保として甲土地に第二順位の抵当権を設定した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 ◆1抵 [続きを読む]
  • 平成8年 問6 不法行為
  • ≪8年5  《平成8年一覧》  8年7≫ 宅建過去問 平成8年(1996年) 問6権利関係 「不法行為」 AがBとの請負契約によりBに建物を建築させてその所有者となり、その後Cに売却した。Cはこの建物をDに賃貸し、Dが建物を占有していたところ、この建物の建築の際におけるBの過失により生じた瑕疵により、その外壁の一部が剥離して落下し、通行人Eが重傷を負った。 この場合の不法行為責任に関する次の記述のうち、民法の規定 [続きを読む]
  • 平成21年 問9 贈与
  • ≪21年8  《平成21年一覧》  21年10≫ 宅建過去問 平成21年(2009年) 問9権利関係 「贈与」 Aは、生活の面倒をみてくれている甥(おい)のBに、自分が居住している甲建物を贈与しようと考えている。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。◆1AからBに対する無償かつ負担なしの甲建物の贈与契約が、書面によってなされた場合、Aはその履行前であれば贈与を撤回することができる。◆ [続きを読む]
  • 平成17年 問15 賃貸借
  • ≪17年14 《平成17年一覧》 17年16≫ 宅建過去問 平成17年(2005年) 問15権利関係 「賃貸借」 動産の賃貸借契約と建物の賃貸借契約(借地借家法第38条に規定する定期建物賃貸借、同法第39条に規定する取壊し予定の建物の賃貸借及び同法40条に規定する一時使用目的の建物の賃貸借を除く)に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。 ◆1動産の賃貸借契約は、当事者の合意があれば [続きを読む]
  • 平成15年 問11 貸借:敷金
  • ≪15年10 《平成15年一覧》 15年12≫ 宅建過去問 平成15年(2003年) 問11権利関係 「貸借:敷金」 借主Aは、B所有の建物について貸主Bとの間で賃貸借契約を締結し、敷金として賃料2ヵ月分に相当する金額をBに対して支払ったが、当該敷金についてBによる賃料債権への充当はされていない。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。 ◆1賃貸借契約が終了した場合、建物明渡しと敷金返還 [続きを読む]
  • 平成13年 問14 区分所有法:建物の登記
  • ≪13年13 《平成13年一覧》 13年15≫ 宅建過去問 平成13年(2001年) 問14権利関係 「区分所有法:建物の登記」 1棟の建物を区分した建物(以下この問において「区分建物」という)についての登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 ◆1表題登記がされていない区分建物を建築者から取得した者は、当該区分建物の表題登記を申請する義務はない。◆2区分建物の床面積は、壁その他の内側線で囲まれた部分の水平 [続きを読む]
  • 平成14年 問7 損害賠償額の予定
  • ≪14年6  《平成14年一覧》  14年8≫ 宅建過去問 平成14年(2002年) 問7権利関係 「損害賠償額の予定」 AB間の土地売買契約中の履行遅滞の賠償額の予定の条項によって、AがBに対して、損害賠償請求をする場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているのはどれか。 ◆1賠償請求を受けたBは、自己の履行遅滞について、帰責事由のないことを主張・立証すれば、免責される。◆2Bが、Aの過失を立 [続きを読む]
  • 平成21年 問8 契約の解除
  • ≪21年7 《平成21年一覧》 21年9≫ 宅建過去問 平成21年(2009年) 問8権利関係 「契約の解除」 売主Aは、買主Bとの間で甲土地の売買契約を締結し、代金の3分の2の支払と引換えに所有権移転登記手続と引渡しを行った。その後、Bが残代金を支払わないので、Aは適法に甲土地の売買契約を解除した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。◆1Aの解除前に、BがCに甲土地を売 [続きを読む]
  • 平成12年 問9 弁済:代物弁済
  • ≪12年8 《平成12年一覧》 12年10≫ 宅建過去問 平成12年(2000年) 問9権利関係 「弁済:代物弁済」 Aが、Bに対する金銭債務について、代物弁済をする場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。◆1Aが、不動産の所有権をもって代物弁済の目的とする場合、Bへの所有権移転登記その他第三者に対する対抗要件を具備するため必要な行為を完了しなければ、弁済としての効力は生じない。 [続きを読む]
  • 平成13年 問11 相続
  • ≪13年10 《平成13年一覧》 13年12≫ 宅建過去問 平成13年(2001年) 問11権利関係 「相続」 被相続人Aの相続人の法定相続分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。 ◆1AとBが婚姻中に生まれたAの子Cは、AとBの離婚の際、親権者をBと定められたが、Aがその後再婚して、再婚にかかる配偶者がいる状態で死亡したときは、Cは法定相続分はない。◆2Aに実子がなく、3人の養子がいる場合、 [続きを読む]
  • 平成13年 問13 借地借家法
  • ≪13年12 《平成13年一覧》 13年14≫ 宅建過去問 平成13年(2001年) 問13権利関係 「借地借家法」 賃貸人A(個人)と賃借人B(個人)との間の居住用建物の賃貸借契約に関する次の記述のうち、借地借家法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 ◆1Bが家賃減額の請求をしたが、家賃の減額幅についてAB間に協議が調わず裁判になったときは、Aは、その裁判が確定するまでの期間は、Aが相当と認める金額の家賃 [続きを読む]
  • 平成16年 問9 契約の解除
  • ≪16年8 《平成16年一覧》 16年10≫ 宅建過去問 平成16年(2004年) 問9権利関係 「契約の解除」 AはBに甲建物を売却し、AからBに対する所有権移転登記がなされた。AB間の売買契約の解除と第三者との関係に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。 ◆1BがBの債権者Cとの間で甲建物につき抵当権設定契約を締結し、その設定登記をした後、AがAB間の売買契約を適法に解除した場合、 [続きを読む]
  • 平成11年 問2 相隣関係
  • ≪11年1 《平成11年一覧》 11年3≫ 宅建過去問 平成11年(1999年) 問2権利関係 「相隣関係」 土地の相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、民法の規定と異なる慣習については考慮しないものとする。◆1土地の所有者は、隣地との境界近くで建物を築造し、又は修繕する場合でも、隣人自身の承諾を得たときを除き、隣地に立ち入ることはできない。◆2土地の所有者は隣地の所有者と [続きを読む]
  • 平成15年 問10 担保責任
  • ≪15年9 《平成15年一覧》 15年11≫ 宅建過去問 平成15年(2003年) 問10権利関係 「担保責任」 Aが、BからB所有の土地付中古建物を買い受けて引渡しを受けたが、建物の主要な構造部分に欠陥があった。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。なお、瑕疵担保責任(以下この問において「担保責任」という)については、特約はない。 ◆1Aが、この欠陥の存在を知って契約を締結した場合 [続きを読む]
  • 平成19年 問4 共有
  • ≪19年3 《平成19年一覧》 19年5≫ 宅建過去問 平成19年(2007年) 問4権利関係 「共有」 A、B及びCが、持分を各3分の1とする甲土地を共有している場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 ◆1共有者の協議に基づかないでAから甲土地の占有使用を承認されたDは、Aの持分に基づくものと認められる限度で甲土地を占有使用することができる。◆2A、B及びCが甲土地につい [続きを読む]
  • 平成17年 問13 借地借家法
  • ≪17年12 《平成17年一覧》 17年14≫ 宅建過去問 平成17年(2005年) 問13権利関係 「借地借家法」 借地人Aが、平成15年9月1日に甲地所有者Bと締結した建物所有を目的とする甲地賃貸借契約に基づいてAが甲地上に所有している建物と甲地の借地権とを第三者Cに譲渡した場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。 ◆1甲地上のA所有の建物が登記されている場合には、AがCと [続きを読む]