法令制限 さん プロフィール

  •  
法令制限さん: 宅建過去問 法令上の制限・その他ナビ
ハンドル名法令制限 さん
ブログタイトル宅建過去問 法令上の制限・その他ナビ
ブログURLhttp://takken-kakomon.seesaa.net/
サイト紹介文宅建の法令上の制限・税・その他の分野の過去問を毎日配信しています。
自由文過去問を15年分用意しています。解説ありで、携帯やスマホにも対応しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/07/24 12:24

法令制限 さんのブログ記事

  • 平成11年 問50 建物
  • ≪11年49 《平成11年一覧》      宅建過去問 平成11年(1999年) 問505問免除 「建物」 建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 ◆1鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。◆2枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。◆3自然換気設備を設ける場合においては、給気口をできるだけ低くし、排気 [続きを読む]
  • 平成19年 問28 不動産取得税
  • ≪19年27  《平成19年一覧》  19年29≫ 宅建過去問 平成19年(2007年) 問28税 「不動産取得税」  不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。◆1平成21年4月に土地を取得した場合に、不動産取得税の課税標準となるべき額が30万円に満たないときには不動産取得税は課税されない。◆2平成10年4月に建築された床面積200平方メートルの中古住宅を法人が取得した場合の当該取得に係る不動産取得税の課税標 [続きを読む]
  • 平成16年 問22 土地区画整理法
  • ≪16年21 《平成16年一覧》 16年23≫ 宅建過去問 平成16年(2004年) 問22法令上の制限 「土地区画整理法」 土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 ◆1土地区画整理事業の施行地区内においては、土地区画整理法第76条の規定により、一定の建築行為等について、国土交通大臣又は都道府県知事の許可を必要とする規制がなされるが、仮換地における当該建築行為等については、仮換地の換地予定地的な性格 [続きを読む]
  • 平成10年 問22 建築基準法:建ぺい率・容積率
  • ≪10年21 《平成10年一覧》 10年23≫ 宅建過去問 平成10年(1998年) 問22法令上の制限 「建築基準法:建ぺい率・容積率」 下図のような敷地A(第一種住居地域内)及び敷地B(準工業地域内)に住居の用に供する建築物を建築する場合における当該建築物の容積率(延べ面積の敷地面積に対する割合)及び建ぺい率(建築面積の敷地面積に対する割合)に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。た [続きを読む]
  • 平成19年 問19 都市計画法:開発許可
  • ≪19年18  《平成19年一覧》  19年20≫ 宅建過去問 平成19年(2007年) 問19法令上の制限 「都市計画法:開発許可」 都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。◆1開発許可を受けた開発区域内において、当該開発区域内の土地について用途地域等が定められていないとき、都道府県知事に [続きを読む]
  • 平成10年 問27 所得税
  • ≪10年26 《平成10年一覧》 10年28≫ 宅建過去問 平成10年(1998年) 問27税 「所得税」 個人が平成19年中に平成19年1月1日において所有期間が11年である土地を譲渡した場合の譲渡所得の課税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 ◆1土地が収用事業のために買い取られた場合において、収用交換等の場合の5,000万円特別控除の適用を受けるときは、特別控除後の譲渡益について優良住宅地の造成等のために土地 [続きを読む]
  • 平成22年 問24 不動産取得税
  • ≪22年23  《平成22年一覧》  22年25≫ 宅建過去問 平成22年(2010年) 問24税 「不動産取得税」 不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 ◆1生計を一にする親族から不動産を取得した場合、不動産取得税は課されない。 ◆2交換により不動産を取得した場合、不動産取得税は課されない。 ◆3法人が合併により不動産を取得した場合、不動産取得税は課されない。 ◆4販売用に中古住宅を取得した場合、不動 [続きを読む]
  • 平成15年 問20 建築基準法:防火/準防火地域
  • ≪15年19 《平成15年一覧》 15年21≫ 宅建過去問 平成15年(2003年) 問20法令上の制限 「建築基準法:防火/準防火地域」 防火地域内において、地階を除く階数が5(高さ25メートル) 、延べ面積が800平方メートルで共同住宅の用途に供する鉄筋コンクリート造の建築物で、その外壁が耐火構造であるものを建築しようとする場合に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。 ◆1当該建築物は、 [続きを読む]
  • 平成24年 問16 都市計画法
  • ≪24年15 《平成24年一覧》 24年17≫ 宅建過去問 平成24年(2012年) 問16法令上の制限 「都市計画法」 都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。◆1市街地開発事業等予定区域に関する都市計画において定められた区域内において、非常災害のため必要な応急措置として行う建築物の建築であれば、都道府県知事(市の区域内にあっては、当該市の長)の許可を受ける必要はない。◆2都市計画の決定又は変更の提案 [続きを読む]
  • 平成17年 問17 国土利用計画法
  • ≪17年16 《平成17年一覧》 17年18≫ 宅建過去問 平成17年(2005年) 問17法令上の制限 「国土利用計画法」 国士利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 ◆1Aが、市街化区域において、Bの所有する面積3,000平方メートルの土地を一定の計画に基づき1,500平方メートルずつ順次購入した場合、Aは事後届出を行う必要はない。◆2Cは、市街化 [続きを読む]
  • 平成22年 問47 不当景品類及び不当表示防止法
  • ≪22年46 《平成22年一覧》 22年48≫ 宅建過去問 平成22年(2010年) 問475問免除 「不当景品類及び不当表示防止法」 宅地建物取引業者が行う広告等に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む)の規定によれば、正しいものはどれか。◆1路地状部分のみで道路に接する土地を取引する場合は、その路地状部分の面積が当該土地面積の50%以上を占めていなければ、路地状 [続きを読む]
  • 平成11年 問29 鑑定評価
  • ≪11年28  《平成11年一覧》  11年30≫ 宅建過去問 平成11年(1999年) 問29価格評定 「鑑定評価」 不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 ◆1不動産の価格を求める鑑定評価の手法は、不動産の再調達原価に着目する原価法、不動産の取引事例に着目する取引事例比較法及び不動産から生み出される収益に着目する収益還元法に大別される。◆2原価法における再調達原価とは、対象不動産を価格時点に [続きを読む]
  • 平成17年 問49 建物
  • ≪17年48  《平成17年一覧》  17年50≫ 宅建過去問 平成17年(2005年) 問495問免除 「建物」 建物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 ◆1耐力壁と周囲の柱及びはり接合部は、その部分の存在応力を伝えることができるものとしなければならない。◆2コンクリートは、打上がりが均質で密実になり、かつ、必要な強度が得られるようにその調合を定めなければならない。◆3構造耐力上必要な部分である柱、 [続きを読む]
  • 平成10年 問28 不動産取得税
  • ≪10年27 《平成10年一覧》 10年29≫ 宅建過去問 平成10年(1998年) 問28税 「不動産取得税」 不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。◆1不動産取得税は、不動産の取得に対し、当該不動産の所在する市町村において、当該不動産の取得者に課せられる。◆2宅地の取得に係る不動産取得税の課税標準は、当該取得が平成18年1月1日から平成24年3月31日までに行われた場合には、当該宅地の価格の2/3 [続きを読む]
  • 平成16年 問16 国土利用計画法
  • ≪16年15 《平成16年一覧》 16年17≫ 宅建過去問 平成16年(2004年) 問16法令上の制限 「国土利用計画法」 国士利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という)及び同法第27条の7の届出(以下この問において「事前届出」という)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 ◆1監視区域内の市街化調整区域に所在する面積6,000平方メートルの一団の土地について、所有者Aが当該土地を分割し、 [続きを読む]
  • 平成20年 問22 宅地造成等規制法
  • ≪20年21  《平成20年一覧》  20年23≫ 宅建過去問 平成20年(2008年) 問22法令上の制限 「宅地造成等規制法」 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいうものとする。◆1宅地造成工事規制区域内において、森林を宅地にするために行う切土であって、高さ3mのがけを生ずることとなるもの [続きを読む]
  • 平成8年 問22 建物
  • ≪8年21  《平成8年一覧》  8年23≫ 宅建過去問 平成8年(1996年) 問225問免除 「建物」 木造建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。◆1木材の繊維方向に直交する方向の圧縮の材料強度は、繊維方向の圧縮の材料強度よりも大きい。◆2木造建築物の構造設計用の荷重として、地震力より風圧力の方が大きく設定される場合がある。◆3木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、 [続きを読む]
  • 平成9年 問16 国土利用計画法
  • ≪9年15 《平成9年一覧》 9年17≫ 宅建過去問 平成9年(1997年) 問16法令上の制限 「国土利用計画法」 国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という)及び同法第27条の4の届出(以下この問において「事前届出」という)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。◆1金銭消費貸借契約の締結に伴い、債務者の所有する土地に債権者のために抵当権を設定した場合、事後届出が必要である。◆2信 [続きを読む]
  • 平成9年 問23 建築基準法:防火・準防火地域
  • ≪9年22  《平成9年一覧》  9年24≫ 宅建過去問 平成9年(1997年) 問23法令上の制限 「建築基準法:防火・準防火地域」 防火地域又は準防火地域に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。 ◆1防火地域内にある延べ面積が150平方メートルの事務所の用に供する建築物は、準耐火建築物としなければならない。◆2防火地域又は準防火地域内においては、建築物の屋根はすべて耐火構造又は準耐火 [続きを読む]
  • 平成9年 問19 都市計画法:開発許可
  • ≪9年18  《平成9年一覧》  9年20≫ 宅建過去問 平成9年(1997年) 問19法令上の制限 「都市計画法:開発許可」 市街化調整区域における開発行為に関する次の記述のうち、都市計画法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、地方自治法に基づく指定都市、中核市、又は特例市の特例については、考慮しないものとする。 ◆1都道府県知事は、開発区域の周辺における市街化を促進するおそれがなく、かつ、市街化区域内に [続きを読む]
  • 平成22年 問25 鑑定評価
  • ≪22年24 《平成22年一覧》 22年26≫ 宅建過去問 平成22年(2010年) 問25価格評定 「鑑定評価」 不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、誤っているものはどれか。◆1原価法は、求めた再調達原価について減価修正を行って対象物件の価格を求める手法であるが、建設費の把握が可能な建物のみに適用でき、土地には適用できない。◆2不動産の効用及び相対的稀少性並びに不動産に対する有効需要 [続きを読む]
  • 平成22年 問22 農地法
  • ≪22年21 《平成22年一覧》 22年23≫ 宅建過去問 平成22年(2010年) 問22法令上の制限 「農地法」 農地法(以下この問において「法」という)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。◆1農地を相続した場合、その相続人は、法第3条第1項の許可を受ける必要はないが、遅滞なく、農業委員会にその旨を届け出なければならない。◆2宅地に転用する目的で市街化区域外の農地を購入する場合は、農地の権利移動に係る [続きを読む]
  • 平成14年 問28 固定資産税
  • ≪14年27 《平成14年一覧》 14年29≫ 宅建過去問 平成14年(2002年) 問28税 「固定資産税」 固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 ◆1固定資産の評価の基準並びに評価の実施の方法及び手続(固定資産評価基準)は、総務大臣が定めることとされている。◆2200平方メートル以下の住宅用地に対して課する固定資産税の課税標準は、価格の1/2の額とする特例措置が講じられている。◆3固定資産税の納税者 [続きを読む]
  • 平成10年 問29 鑑定評価
  • ≪10年28 《平成10年一覧》 10年30≫ 宅建過去問 平成10年(1998年) 問29価格評定 「鑑定評価」 不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 ◆1取引事例比較法における取引事例としては、特殊事情のある事例でもその具体的な状況が判明しており、補正できるものであれば採用することができるが、投機的取引であると認められる事例は採用できない。◆2土地についての原価法の適用において、宅地造成 [続きを読む]