ミミ さん プロフィール

  •  
ミミさん: フランス人の彼との結婚までの道のりとその後のふたり
ハンドル名ミミ さん
ブログタイトルフランス人の彼との結婚までの道のりとその後のふたり
ブログURLhttp://ameblo.jp/je-aime-beaucoup-france/
サイト紹介文ペンパルだった8歳年下の彼と1年間の遠距離恋愛の末、婚約、半年後に結婚。現在フランス在住数年目です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/07/25 16:37

ミミ さんのブログ記事

  • アボカドとめんつゆと冷凍庫
  • 今まで、うちには冷凍庫がなく、冷凍食品を買ってもプチ冷蔵庫の上段の製氷室では凍ったまま保存することができませんでした。。 アイスクリームは買っても帰宅してすぐに食べる以外方法がなく、その他食品も、気づいたら溶けすぎて駄目になっていた、というケースが多かったです。。 それで、今年の夏も暑くなりそうというときに、ようやくプチ冷凍庫を買いました! 置き場所がないので、とりあえず本棚とテーブル [続きを読む]
  • ユニクロの新店舗について
  • フランス在住のブロガーさん達が、首都のパリだけでなく、リールにもできました!ボルドーにもできました!とブログで発表するにつけ、ああ〜羨ましい、、と思っていました。。 そしてスペインのモニカさんもがバルセロナにもできますと先日書かれていて、、ああ〜いつになったらバルセロナに行けるだろう、、とすごく羨ましかったのですが、なんと、ようやくメスにも出店するそうで、最近のわたしは舞い上がっております!! [続きを読む]
  • 魚売り場の未確認生物(緑色)の正体とは
  • 昨日のブログに、海藻の一種かなあというコメントをいただきましたが、実はこれは海藻ではなさそうです!^^ 日本では、その発見場所(北海道)の地名にちなんで、アッケシソウ(厚岸草)という名称で、一年生植物だそうです。 アッケシソウ(厚岸草、学名Salicornia europaea)はアカザ科に属する一年性草本で、世界的にはヨーロッパ、アジア、北アメリカなどの寒帯地域に広範囲に分布する。潮汐の干満に [続きを読む]
  • フランスの魚売り場の未確認生物(緑色)
  • あいかわずフランス語を話すのが苦手なわたしは、スーパーでは、お店がすいているときに加工肉コーナーでは量り売りで買えるようになりましたが、鮮魚コーナーでは調理法もわからないし(魚のニオイは家ではタブーですし^^)、まだ購入したことがありませんでした。。 いつも買い物に行くのは小さなスーパーですが、氷の上に魚などを並べた量り売りの鮮魚コーナーがあるのです。 先日、ふと、魚たちと一緒に綺麗な緑色 [続きを読む]
  • 暑い日の冷たいルイボスティー
  • 母からのメールで日本は夏日だと知りましたが、こちらは暑い日もあれば肌寒い日もあり、なかなか気温が安定しません。。 先週くらいは暑い日が多くて、このまま夏になるかと覚悟していたのですが、この頃は羽織るものがないと寒いくらいです、、 その暑かった日々に、水をかなり飲んだので買い置きのペットボトルの水がなくなってしまい、どうしようかと困りました。。水道の水は飲めないことはないのですが、ちょ [続きを読む]
  • フランスで簡単な焼きそばとアルファルファ
  • 1年ほど前に日本から妹夫婦に持参してもらった粉末焼きそばソース(100人分)ですが、その後冷蔵庫に眠ったままになっており、、そろそろ賞味期限かなと最近なって駆け足で消費しております。。 味は想像通りで悪くなかったのですが、中華麺風にするために、塩の変わりに重曹を使ってパスタをゆでると、なんだか麺が重曹苦いのでうどんのように水ですすいだり、あとは麺の表面がぼわっとなるからかフライパンに大 [続きを読む]
  • フランスでお手軽な焼鮭
  • 焼き魚のニオイが駄目という人は世界には結構多いみたいですが、アロマ男子のスーさんも同じくNGで、魚の調理を激しく拒否します。。 それで魚の切り身なども買うことはほとんどなく、すでに調理済みの冷凍食品を好んで買っています。^^ あとは、わたしはよく鯖缶を食べるのですが、kanayuさんやぴょんママさんもお好きだという船のマークのPetit Navireというメーカーからは、紙製のパッケージに入った魚の切り身シリ [続きを読む]
  • 家ではじめての簡易ラクレット
  • ずいぶん前ですが、今年の冬のバーゲン(Soldes)のときにギャラリーラファイエットという百貨店の家庭用品階で卓上のラクレット用の器具をみつけたのですが、値段が表示されていなかったのでそのときは買わず、気になりつつもそのままになっていました。。 チーズフォンデュは、寒い時期には、電気コンロのところに椅子を持ってきて温めながら食べるということをよくやるのですが、ラクレットチーズも買ってみたいとい [続きを読む]
  • 映画 Noma au Japon
  • スーさんがいつものように映画の予告編をチェックしていると、日本関連で興味深いものがありました! Noma au Japon : (Ré)inventer le meilleur restaurant du monde こちらは、英語音声、フランス語字幕の予告編です。 この映画の邦題は、「ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た」で、すでに日本では上映されているようですね!フランスではまだこれからで、4月26日公開のようで [続きを読む]
  • フランスのレシピ⑲ 七面鳥の漬け込み(レモン&タイム味)
  • 先日、レモン濃縮果汁のPulcoのことを書いたのですが、わたしはポッカ100レモンはなんとなく味が苦手だったのですが、このPulcoはレモネード飲料にしても料理に加えてもおいしくて気に入りました。 開栓後は冷蔵庫で3ヶ月持つとのことですが、もうすでに残り少なくなり消費が激しいです。^^ お料理にも使えるとパッケージに書いてあったので、レモンの代わりに使ってみました! 参考にしたフランスの [続きを読む]
  • お気に入りのシロップとレモネード
  • 以前、スーパーで買ってみたカシス味のシロップが思いのほかおいしかったということをブログに書いたことがあります。 その後、ブログのコメント欄でグレープフルーツ味もおいしいと教えていただいたので、ピンクグレープフルーツ味を買ってみたのですが、その清涼感をふたりともかなり気に入って、それからは冬の間も家の冷蔵庫にピンクグレープフルーツ味のシロップを常備するほどになりました。^^ ピンクグレ [続きを読む]
  • What The Fuck France !
  • うちにはテレビがなくて、iPad miniの小さな画面でインターネットのOrange経由でテレビ番組を見ることもできるのですが、スーさんは主にパソコンでユーチューバーの動画やゲーム動画などを見たりして楽しんでいます。 先日、彼はこれまでに見たことのない初めての動画を見ていたのですが、すごく面白くて、わたしもその世界に引き込まれてしまったので、ご紹介します。^^ この「What Th [続きを読む]
  • Poitrine de porc と豚玉お好み焼き
  • 先日、お宝便で日本から送ってもらったお好み焼き粉セットを使って、念願のお好み焼きを作ってみました!^^ これまでたこ焼きは作ったことがありましたが、お好み焼きは豚バラ肉の薄切りが気軽に買えないという問題があったために作っていなかったのでした。。 家には冷凍庫がないため、固まり肉を買って冷凍して、半解凍してから自分で薄切りするという裏技も使えませんし、肉屋さんで少量頼むのもなんだか敷居が高い [続きを読む]
  • ソース・エスカベーシュとは
  • スーさんがいないときのひとり飯に最適で気に入っている食べ物は、サバ缶です。^^ 最初は、ナチュラル味やグリルされたナチュラル味のサバ缶をわさび醤油で食べていて、にわかなお刺身として重宝していましたが、この頃はいろいろな味を楽しみつつ、一番はまっているのはソース・エスカベーシュ味です。 169g入りで2ユーロ前後です。 この缶詰は、開けてそのまま食べることができ、味もかなり好みで [続きを読む]
  • マヨネーズの種類
  • この頃マヨネーズに興味が湧いてきたところですが、先日お買い得品で購入した市販のマヨネーズのパッケージをふと見ていると、Fouettée と書いてありました。 これは、fouet は泡だて器のことであると最近覚えたばかりですので、ぱっと目に入ったのでした。買うときには全く気にしていなかったのですが、意味がわかって嬉しかったです。^^ 作るのに失敗したマヨネーズは、全卵を使っていたのですが、そのために [続きを読む]
  • ハンドミキサーとハンドブレンダーの違い
  • 先日、ボッシュのハンドミキサーでブレンダーのアタッチメントがついているものを購入したのですが、第1作のマヨネーズは、残念ながら失敗に終わりました。。 それは購入したレシピ本の影響もあって、ハンドブレンダーのアタッチメントで作りはじめたのですが、途中でハンドミキサーのアタッチメントに替えたりして、一貫性がなかったのも関係するかも知れません。。 購入したこちらの機種は、とりあえずメ [続きを読む]
  • 映画 Lion
  • インドとオーストラリアを舞台とした実話に基づいた映画「Lion」を見たのですが、ラジオでも盛んにコマーシャルを流しているので、まだ余韻に浸っています。。 以前suzysyzyさんが、わたしのブログを読んで映画を観るきっかけになったと嬉しいコメントをくださったのですが、今回のLionもとてもおすすめの映画ですので、ご紹介します!^^ Une incroyable histoire vraie : à 5 ans, Saroo se [続きを読む]
  • フランスで楽しいアジア食材
  • 以前、フランスのメーカーから出ているソースを使ってグリーンカレーを作ったときに、同じ企業グループで、楽と書いてTanoshiという名前のメーカーのことも少し調べたことがあります。 この楽Tanoshiは、フランスの普通のスーパーのオリエンタル食材コーナーに並んでいるのですが、この頃は和食ブームを反映してか、ますます種類が豊富になってきています。 この会社のことを調べるまでは、スーパーで楽Tanoshiの [続きを読む]
  • 映画 Alliés
  • 先日、久しぶりに映画を見たのですが、それは日本語では「マリアンヌ」というタイトルで放映されているようです。 英語のタイトルはAlliedで、フランス語ではAlliésです。同盟を結んでいるというような意味でしょうか。 日本のタイトルのマリアンヌは、主人公のパートナーの名前(Marianne Beauséjour)から来ているのですね! Marianne Beauséjourと言う名前はフランスでよくある名前なの [続きを読む]
  • ハンドブレンダーで自家製マヨネーズ
  • 先日、ブレンダーのオプションのついたハンドミキサーを購入したのですが、ようやくマヨネーズ作りに挑戦してみました! 製品についていたボッシュの多言語の質素な使用説明書ではあまり使い方のイメージがわかなかったので、電子書籍のお料理本もついでに買ってみました。^^ 毎日使える! ハンドブレンダー (講談社のお料理BOOK)こちらの本は、チョッパーのオプションつきのハンドブレンダー向けの本で、 [続きを読む]
  • 初めてのハンドミキサー
  • 先日クレープを作ったときに、家にある貧弱な泡だて器で地道に生地を混ぜるのはしんどいな〜と実感したのですが、以前にも何かを作ったときに同様に感じたことがあったので、これからは電動のハンドミキサーがないと駄目かなあと思っていました。 本当は、もっぱら欲しいと思っていたのは小さいサイズのフードプロセッサーで、これがあれば餃子用のミンチ肉が家で作れるのかもしれないと考えていたのでした。 餃子を作 [続きを読む]
  • フランスのレシピ⑱ ほのかな甘さのクレープ
  • ホットケーキは自分で作れるようになったわたしですが、クレープはまだひとりで作ったことがないような気がします。。 スーさんがクレープを焼いてくれたので、そのレシピをご紹介します。^^ 彼が参考にしていたフランスのレシピは、「Recette de la pâte à crêpe」です。 材料(8〜10人分) ●小麦粉…250g●卵…4個●牛乳…500ml●塩…ひとつまみ●バター…50g●バニラシュガー…1袋(7.5g)●ラ [続きを読む]