元北 さん プロフィール

  •  
元北さん: たまには跳ばずに観るFOOTBALL
ハンドル名元北 さん
ブログタイトルたまには跳ばずに観るFOOTBALL
ブログURLhttp://ameblo.jp/makenaiyo/
サイト紹介文浦和レッズ、ブラウブリッツ秋田など、Jリーグから都道府県リーグまでの国内サッカー関連の記事が多め。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/07/30 12:07

元北 さんのブログ記事

  • 必然の大楽勝
  • 土日働いたので、今日は代休。グループリーグ突破を賭けたWSW戦。川崎などにいた楠神しか知らん。高さはあるがそこはあまり使わず丁寧に繋いでくるため、ウチ的にはありがたかった。力差が歴然な上、ユルユル守備にも助けられ、大楽勝。 正直、仙台戦以上に楽な試合だった。やっぱ上海って強かったんだなぁ…そんな相手にいくつか決定機を作られたのは反省材料。決勝トーナメントのレベルでは、たぶん決められてしまうでしょう。 [続きを読む]
  • 連勝!
  • 昨晩より4泊5日兵庫の旅に来ており、サポーロ戦は欠席。昇格組とはいえ、きちんと戦えている相手に、苦戦は必至と思ってました。ホームで2失点は褒められたものではないが、勝ちきる力は信じてよさげ。失速というか、長いシーズンに不調期はそのうち必ず来るので、勝ち点は稼げるうちに稼いでおきましょう。 #秋田、天皇杯敗退。 #ノースアジア大ではなく、東京都代表だからなぁ。 [続きを読む]
  • 秋田自衛隊FC、いざ出陣。
  •  ※写真は2012年決勝、FC3DEP対厚木マーカスGWが近づくと思い出すのが、「全自」こと全国自衛隊サッカー選手権。最近はあまり行けてないですが、何年か前は西が丘までよく決勝を観戦に行っていました。技術よりフィジカル、そして根性。とりわけ空中戦はド迫力。審判への異議はほぼなしというのも気に入っています。さて、今年の大会には秋田自衛隊FCが初出場。予選リーグA組で24日に海自下総、25日に防衛大学校との [続きを読む]
  • ガンジュ、トーレゾールと統合
  •  ※写真は2014年地域決勝・ガンジュ岩手vs十勝フェアスカイ一時は相当JFLに近づいたものの、夢破れその後とんと情報が入らなくなっていた鷲。元BB川田も一瞬所属していたチーム。県4部で天皇杯本選出場を果たすなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだったこともあったのだが・・・岩手日報に八幡平トーレゾールとの合併→再出発の記事が掲載されました。トーレゾールは今回の天皇杯予選を謎の「棄権」負けしており、何かあるとは思っていた [続きを読む]
  • 瓦斯戦
  • 2ステージ制抗議や出張等の事情により、久々の味スタ。上海戦で気力体力ともかなり出し切った感が強く、難しいゲームとなった。特に疲労が顕著になった後半は殴られっぱなしで、全くいいところなし。観ていて非常に疲れる試合だったものの、ワンチャンをモノにしてなんとか勝利したという感じ。昨年の対戦を見る限りでは力差があったと思うが、今日に限ってはその差は皆無。内容的には負けても不思議ではなかったが、相手の枠内 [続きを読む]
  • 浦和レッズユース対FC東京U-18@駒場
  • 出張なく土日を過ごせる最近です。春の陽気に誘われ、今日は駒場スタジアムへお出かけ。久しぶりに浦和ユースがトップリーグに帰ってきた!本日の対戦相手はFC東京U-18。今日明日と瓦斯とは連戦となるため、ここで弾みをつけたいところ。J3の試合と被ったため、久保らはメンバー外。が、浦和にはキャプテンマークを巻いた#4橋岡大樹がいる。強風が吹き荒れる中、風下の浦和が優勢に試合を進めたのは、面子の問題もあったか。一度 [続きを読む]
  • 雪辱@上海上港戦
  • 今季ここまでで一番のビッグゲーム。酷寒の中、まさに薄氷を踏む勝利。上海、ホントにホントに強かった。ホームで西川がヒーローインタビューを受けるレベルには攻められたということ。ドローどころか、負けても全然不思議ではなかった。しかもフッキ抜きだ。 7番が怖い動きをしていたが、助っ人以外もそれなりのレベルにあるようで。 ともかく、グループリーグ突破が近づく大きな大きな勝利。まだ何も手にしてないが、今日くらい [続きを読む]
  • 全出場チーム決定@天皇杯
  • ※写真は昨年の秋田vs川崎早いもので、もう天皇杯出場の全チームが決定しました。ブラウブリッツ秋田もノースアジア大学に9‐0で圧勝し、無事出場権をゲット。http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/schedule_result/index.htmlJFAのサイトも早速情報を更新。こういう仕事の速さは嬉しいというか、都道府県協会も見習って欲しいもんですわ。秋田の相手は国士舘大学。TDK時代も含め、1度も勝ったことのない武蔵野をサラッと準 [続きを読む]
  • 桜を愛でる@柳瀬川
  • 先週は奥只見まで遠出したので、今週はのんびりします。ただ、家から歩いて行ける公園だと変化がないので、(飲みたいし)電車に乗り少しだけお出かけ。柳瀬川駅から徒歩2分で行ける桜スポットで、花を愛でてまいりました。雨は大丈夫だったが、それにしても天気がイマイチ。ヌケが青空だともっと美しく映えるのですが、仕方ないっすね。鉄ヲタなら東上線が目の前を通る写真も桜とともに撮れそうです。ただの土手にも関わらず、 [続きを読む]
  • 大爆勝@蟹戦
  • 計画年休とやらを取らされ、代休救出に失敗。それでも、異動がなければ今日も来られなかったはずで、やっぱ少し楽になりました。蟹−上海−瓦斯の3連戦。今季の何試合か見る限りでは間違いなく一番楽な相手で、完封で勝たないといかん相手だった。で、ミシャがACLに向けどんな面子で来ると思えば、スタメンは奇策なし。菊池なんかはスタメンでも良かったと思うし、矢島を使うこともありだと思ったのだが。休んでない選手が結構い [続きを読む]
  • 滑り納め@奥只見丸山
  • せっかくスタッドレスを買い換えたのに、いまだ2月の1回しか雪山に行っておらぬ。悔しいので春スキーのメッカ・奥只見丸山へお出かけしてきました。前回訪れたのは2010年の6月、新緑の時期。春スキーは天神平専門だったので、実はこのスキー場で滑るのは初めてです。雪が多すぎて、ハイシーズンには一度クローズすることで知られるスキー場。下はさすがに春の雪だったが、山頂付近は(パウダーとはいかぬが)充分な雪質。山頂は [続きを読む]
  • 鬼門(?)突破
  • 土曜は出かけていたのでDAZNにて観戦。宿の通信環境のせいか、頻繁に止まりストレスなので、本日帰宅後に追っかけました。個人的にはお客さんと思っていた牛さん。確かに最近勝ててなかったな、とは鬼門鬼門言われて思い出したわ。とにかく守備が堅い印象のあった今季の牛。が、ウチはアウェイでもガンガン押し込み、牛の相手が相手だっただけかもと思ったり。脚戦のように、好機を逃しまくったのはたぶんウチの問題でしょう。ま [続きを読む]
  • 黒川博行『喧嘩 すてごろ』
  • 喧嘩/KADOKAWA¥価格不明Amazon.co.jpこれも編集部に来た書評依頼本の中からいただいてきた一冊。どうやらシリーズものらしいのだけど、この著者自体が初読です。建設コンサルタント・二宮と893を破門になった桑原のコンビが、選挙戦の闇に立ち回る。終始二宮視点で物語は進むが、主人公は間違いなく桑原。彼は「すてごろ」がハンパなく強いと言う設定です。大阪らしいテンポの会話、2人のカネへの嗅覚、政治屋のクズ具合などが [続きを読む]
  • 桐野夏生『玉蘭』
  • 玉蘭 (文春文庫)/桐野 夏生¥価格不明Amazon.co.jp突然思い立って不夜城三部作を読んでたりして、再読本以外は久しぶりとなります。出張中、読む本がなくなってしまい、ブックオフで108円でゲット。エリートたちとの競争社会に疲れ、上海に留学中の有子。ある日、有子の前に大伯父の霊が現れる。彼の残した日記を手に取り、現在と過去が交錯していく・・・というお話。恐らくは恋愛小説、なのでしょう。「霊」というのはちょっと [続きを読む]
  • 秋田ノーザンハピネッツ対アルバルク東京
  • なんでか知らんけど、J1はお休み中。というわけで、若者の巣鴨から歩いて代々木第2体育館へ。今季初のハピネッツ応援です。クレイジーピンクは今日も大勢参戦。が、相手は旧JBL屈指の強豪チーム・アルバルク東京。さすがにホームジャックはできず。ハピネッツを引っ張るのはご存知田口。今日が誕生日だったらしく、A東京のマスコット・ルークから東京のTシャツを貰っていた。でも、今のチームの中心は3番の安藤かもしれないな、 [続きを読む]
  • 「埼玉のアメリカ」を歩く
  • 3連休をしっかりと休むのは本当に久しぶり。天気も良いので、前から一度行きたかった場所へお出かけしました。やって来たのは、埼玉のアメリカ・ジョンソンタウン(入間市)。米軍住居地域をうまく残し、アメリカ郊外の街並みのような光景となっている。マラソンで横田基地や相模補給廠に入ることはあるが、あれはある意味アメリカ。ここはれっきとした埼玉県である。アメリカンな街とはいえ、食事処や雑貨屋も全てアメリカ式と [続きを読む]
  • 最低限の勝ち点1
  • 秋田も浦和も大阪での試合。普通なら行くだろというところだが、残念ながら関西はお腹いっぱいで近づくのも拒否感が。そんなわけでPCでの連続観戦。杉山ブラウはアウェイで相手を圧倒しての完勝。失点だけは余計だったが、前2部チームにアウェイで互角だったのは実力通りだったか。今年は期待できそうだ。そして浦和は昨年悔しい思いをした吹田での一戦。近年相性があまり良くなさそうな地での戦いだったものの、蓋を開けてみれ [続きを読む]
  • 武蔵野VS流経大ドラゴンズ龍ケ崎@KSスタ
  • 無事3連休をゲット。ちょいと生観戦に飢えており、お出かけしました。超久々に訪れたケーズスタ。・・・とはいえ、水戸ちゃんの試合ではなく、武蔵野の応援です。流ドラのホームゲーム。本日のスタメンはこんな感じ。飯塚、寺島は後輩たちとの対決に。流ドラの浦和Y出身勢は小川が先発、川上(開)はメンバー外でした。正直、前半は双方不出来でゴールの香りがせず、ちょっと眠たくなる展開。後半はスペースができてきて、それな [続きを読む]
  • 初黒星
  • 出張中につき、京都は綾部の宿でネット頼み。自滅の失点、観てないのにほぼ脳内で映像が浮かんだり。それでも、絶望的な状況からよく追い上げたと思う。アウェイの地であることを考えれば、十分に実りはあった試合ではないか。ただ、興梠のキムチは要らんなぁ。 層が厚いポジションとはいえ、簡単には替えのきく選手じゃないんだから。猛省いただきたい。ま、やられっぱは悔しいので、ホームできっちりお礼いたしましょう。 [続きを読む]
  • 第35回和光市民ロードレースフェスティバル
  • DAZNで秋田対北九州を観戦。超絶アウェイの中、十分な勝ち点1をゲット。録画保存できないというのはどうしようもないデメリットだが、J3に関しては彼ら樣々です。杉山ブラウの標榜するサッカーはまだどんなものか、1試合だけでは正直分かりません。遊馬の覚醒に去年から期待しているんだがなぁ。さて、昨日夕方に出張より帰還。1日くらい家でゆったり休めばいいのだけど、残念ながらインドア派ではないのだ。ということで、3 [続きを読む]
  • 彦根城を巡る
  • 今日は昼まで彦根でお仕事。米原から帰る旅程、せっかくなので国宝・彦根城に寄り道してみた。どことなく、琵琶湖をイメージさせる形。大河の影響もあるのか、かなり混雑しておりました。彦根といえばこいつ。いつでも居るわけではないようで、俺が見られたのは僥倖と言って良いレベル。ホントたまたまです。天守に登るにはかなりの行列がありました。登ったからなんだと言われても、特筆すべきものはありませんでしたが。正直、 [続きを読む]
  • ホーム連勝!
  • 彦根のホテルにてDAZN観戦。序盤の入りはともかく、完全に甲府の術中に嵌まった前半。松橋の一撃が決まっていれば全く分からなかった。ただ、今日は関根が大爆発。1点差に詰め寄られイヤな空気になっても、彼のキレは変わらず。クリーンシートが欲しかった、決定機逸多すぎなど、課題はある。…が、難しい相手、難しい試合に想定以上の点差で勝てたのは素直に喜びましょう。それにしても、ラファの落ち着きは恐ろしい限り。そりゃ [続きを読む]
  • 『フットボールネーション』第10巻
  • フットボールネーション 10 (ビッグコミックス)/小学館¥価格不明Amazon.co.jpいま唯一買っている漫画です。東京都3部クラブが天皇杯を勝ち進み、ついに準決勝まで来ました。今回の主役はGK。東クルは正守護神イワンが前の試合で赤紙を食らい、控えGK宇田川が先発。そして相手の北海道には代表GK石堂が所属している。・・・さすがに現実感には乏しくなってきたが、読ませます。果たして決勝をどう畳むのか、作者の腕も問われそう [続きを読む]
  • 家島旅行(?)記
  • 先週日曜日、午前中にホテルでひと仕事してから、ちょいと思い立ってバスに乗り姫路港へ。兵庫は鳥取のすぐ隣から淡路島までほぼ全域を行き尽くしているのだが、唯一未訪問の地が。それが家島諸島である。観光地化している島ではないので、島内は「昭和」が満載。このひなびた感じ、個人的には大好物。とはいえ、一応見所もチラホラとあります。人っ子一人いなかったが、家島神社は由緒ある神社らしく、なかなかに荘厳な雰囲気。 [続きを読む]
  • ホーム開幕。
  • 2月に散々試合をしている浦和ですが、出張続きの自分にとっては今季初観戦。ようやく、シーズンが始まりました。鳥栖戦、磐田戦と決して近年印象の良くないホーム開幕。今日は相手の不出来もあって、早々に試合を決めることができた。クリーンシートが理想であったが、流れでなくCKの失点はやむなしか。ただ、槙野が付いていたようには見えたので、そこで決められたのは反省点。他にも、もし桜以外が相手なら、という場面も散見 [続きを読む]