Soleilis さん プロフィール

  •  
Soleilisさん: 年収3000万円以上の子供を育てる方法
ハンドル名Soleilis さん
ブログタイトル年収3000万円以上の子供を育てる方法
ブログURLhttp://ameblo.jp/soleilis/
サイト紹介文日本にいながら英語力と論理的思考を身につけたい方たちのためのバイリンガル育児を紹介するブログ
自由文0歳からの英語育児を応援するソレイユインターナショナルスクール代表山田日弓のブログ。

東大法学部卒。米国デューク大学卒。米国コロンビア大学留学。外資系企業などを経て独立。自身の経験や、バイリンガル研究の成果を元にノウハウをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/07/30 18:41

Soleilis さんのブログ記事

  • 人生初めてのスポーツ生活日記報告
  • 先日コラムで、なぜ、スポーツブライトインターナショナルスポーツアカデミーを作ったかというお話をしましたが、http://ameblo.jp/soleilis/entry-12242833041.html その中で、いかに私が運動と程遠い生活を送ってきたかも恥ずかしながら告白しましたが、 スポーツスクールの経営者として、やっぱりスポーツと縁遠いわけにはいかない! と思いまして、実は一念発起して、スポーツジムに入ったのでした。 何なら続 [続きを読む]
  • 待ちに待った妊娠5カ月
  • 妊娠5カ月になるのを楽しみに待っていました。性別がわかるのもこの頃ですね。なぜ楽しみにしていたかと言えば、この頃に聴覚が出来上がると言われているからです。つまり、音が聞こえるようになる! 英語を聞かせることができるのです。 その前の段階でも、念は通じると思っていたので、心と心でいろいろ語り掛けてきましたが、音が聞こえるようになったということは、この時期が英語胎教の開始時期です。できるだけたくさ [続きを読む]
  • 妊娠中の胎教日記をつけよう!
  • 胎教をやると決めたら、ぜひ、日記をつけることをお勧めします。よい記録になるし、あとからどんなことを教えたか見返すことができるからです。 私はこれを使いました。 はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる! Amazon ちょうどいい量で、たまにある赤ちゃんの成長の様子やアドバイスを励みに、毎日日記をつけていました。 ベビー英語・胎教英語レッスン Soleili [続きを読む]
  • フルタイムマザー
  • フルタイムマザーという言葉は、聞きなれないかもしれませんが、ママたちがもっと誇りをもってそんな風に自分のことを呼んでくれたらいいな、と思います。 だって、ママ業は、ほんとに残業ありまくりの、フルタイム以上の仕事ですもの。 必要なスキルだって、マネージメントレベルだし、情報収集もコミュニケーション力も求められます。 そこに、子供の教育も加わるとなると、ほんとに大変だと思います。 職業 [続きを読む]
  • 英検1級の単語
  • 先日、仕事で英検1級の資料を見ていて、たまたま近くにいた9歳の息子に、この単語知ってる〜、と聞いてみたところ、意外に知ってるのでびっくりしました。 こんな単語知らないだろう、と思うものも知ってたので、何で知ってるの? と聞いたところ、こんな風に使われてるのを聞いたことあるから、こういう意味でしょ? って。 これが子供のすごいところですよね。大人は、分からないものは覚えられないのですが、子供は [続きを読む]
  • 映画 Amazing Spider-Man
  • 最近、子供達と私自身の英語環境のため、週に一本以上英語の映画を観ることにしています。 今週は、子供のリクエストでこちら。 アメイジング・スパイダーマン (字幕版) Amazon 結構面白くて、私も楽しめました。 Amazon プライムで観てるので、字幕は出ちゃうのですが、音に集中。前もお話したかもしれませんが、字幕に頼っちゃうと、聞こえなくなるので。 英語学習中で、何言ってるかわからないよ [続きを読む]
  • 妊娠5カ月で辞職
  • こうして、教材もそろえて、胎教から幼児教育にがっぷり取り組む気満々になった私は、大好きだった会社をあっさりと辞職してしまったのです。仕事が好きで、いいポジションにもいたし、やりがいのある仕事だったけれど、私はお腹の子供のために、幼児英語教育をやらなければならない、と思い込んでしまったのですね。なんでそう思ったのかわかりません。でも、それが運命だったのでしょうね。 あるいは・・・・、今にしてたま [続きを読む]
  • 幼児教育の教材に100万円使っちゃった
  • かくして、DWEと家庭保育園を注文するに至ったのですが、 知ってる方なら知ってると思いますが、両方合わせると100万円くらいします。 でも、それがすごく大事に思えて、貯金からぽいっと払ってしまったのでした。 届いたときは、ほんとにびっくりしましたね。ほぼ同時に届いたので、8畳くらいある部屋が、段ボールの山で埋まりました。これ、どこにしまうんだろう・・・・、と呆然とした記憶があります。 そ [続きを読む]
  • 家庭保育園
  • DWEワールドファミリーと並び、当時気になったのが、家庭保育園。 これは、英語は関係ないのですが、(というか、英語教材もありますが、英語に関しては、そのメソッドには賛同していなかったので)、英語以外の部分の教材には興味ありました。 胎教からしっかりやろうと決めていたので、そのための教材を自分で全部集めるのも大変そうだから、セットで買っちゃった方がいいかと。そこで目を付けたのが、家庭保育園でし [続きを読む]
  • DWE ワールドファミリー
  • いろいろ幼児教育やバイリンガル育児を調べていくと、当然DWEに出会うことになるわけで 当時私もいろいろ調べたのですが、自宅でバイリンガルに育てるメソッドというのはあまりなく、 やっぱりDWEが王道なのかな、と資料を取り寄せたのでした。 結論から言っちゃうと、Play Along! は結構やりました。本編の方は、歌は全曲、何度も何度も聞いて、ほぼ覚えちゃいました。でも、本編ビデオは・・・、2〜3歳くらいに [続きを読む]
  • 胎教すると英語好きになる?!
  • ここは英語ブログですし、私の胎教の目的も、賢くなってもらいたいというのもあるけれど、英語バイリンガルになって欲しいというのもあったので、英語学習に関する知識も集めました。 その結果、どうやら胎児の段階でたくさん触れた言語に親しみを覚える、ということにたどり着きました。 例えば、妊娠中、外資で昼間は英語を使っていた、という環境にいた赤ちゃんが、生まれた後は英語を聞いてないにもかかわらず、英語 [続きを読む]
  • 胎教のメリット
  • 胎教・赤ちゃんは天才です Amazon こんな本も読みました。 胎教が、どれだけ効果があるのか、科学的なことは知りません。 でも、私の実際にやった経験から、 1.赤ちゃんは、かなり早い段階から、小さいだけでやっぱり人間で、耳も聞こえるし、思考力もあって、それだったら働きかけをした方がいいのではないかということ 2.そして、何より、胎教をすることによって、日々お腹の中の赤ちゃ [続きを読む]
  • セントパトリックデー 緑のクローバー
  • 昨日は、セントパトリックデーでしたね。日本ではまだあまり馴染みのないお祭りかもしれませんが、緑のものを身につけてお祝いします。この日は先生たちも皆グリーンのTシャツを着て、生徒さんたちも something green を身につけて着てくれました。アクティビティでは、ケーキを焼いてパッケージングしました。広尾で英語を学びませんか?ソレイユインターナショナルスクールSoleilis.com [続きを読む]
  • 胎教に関する書籍
  • 昨日、ジツコさんの本を紹介するために、Amazonのサイトで、「胎児 天才」と検索したら、いろんな本が出てきましたが、そのほとんどを読んだ記憶があるので^^(笑) 当時もそんな検索の仕方をして、出てきた本を片っ端から読んだのでしょう 例えば・・・ 井深大の胎児は天才だ―教育は生まれる前からはじめる Amazon ソニーの創始者のひとり、井深大さんは、胎教を熱心に推奨されていました。この [続きを読む]
  • 胎教の大切さ
  • でも、さらにいろいろ調べてみると、 0歳ではなく、胎教から始めるべきなのではないかと想い至るようになりました。 一番、印象に残った本は、この本です。 胎児はみんな天才だ―最新の胎内教育 “子宮対話”の驚異 (ノン・ブック) Amazon だいぶ古い本で、その当時ですでに始めた読んだ気がしなかったので、どこかで目に触れたことがあったのかもしれません。 この本を読むと、胎教をするとこんな [続きを読む]
  • 生後9か月までに生の英語に触れる
  • いろいろ脱線してなかなか本文が進まないですが、妊娠3カ月で、いろんな文献を読み、そして、なぜ日本人が英語ができないのかということを考え抜いた結果、 日本で一番頭のいい人たちでも、中学から始めたのでは英語ができるようにならないということに気づき、 それじゃいつから始めたらいいの、ということを調べた結果、ひとつの有名な研究に出会ったのでした。 これは、幼児英語に携わっている人なら誰でも知っ [続きを読む]
  • 七田式右脳教育
  • もちろん、七田式右脳教育もいろいろ研究しました。 赤ちゃんは天才!―胎児からはじめる七田式右脳トレーニング (ベストセラーシリーズ・ワニの本) Amazon 先日紹介したジツコさんの本は、胎児にフラッシュカードをする場面も出てくるので、どうやって見るんじゃい、と思いながらも、フラッシュカードもやりました。 スプリングスクール実施中soleilis.com [続きを読む]
  • Happy White Day 2017
  • プリスクールでは、季節の行事もアクティビティに取り入れて、学んでいます。昨日はホワイトデー愛のために殉教したバレンタイン司教の命日の1ヶ月後に改めて愛を誓いあったことに由来するということですが、バレンタインのチョコのお返しに男性が女性にキャンディを送るというのは、日本独自の習慣です。別名マシュマロデーなので、子供達はマシュマロデコレーションを楽しんでもらい、出来上がったマシュマロは綺麗にラッピング [続きを読む]
  • キッズ英語テニス@四谷
  • 昨日のレクサス小石川でのイベントの後、四谷のスポーツブライトインターナショナルアカデミーに移動して、うちの双子がキッズ英語テニスのレッスンを受けさせてもらいました。 すごい楽しんでる〜〜 ベーシックな体の動きのトレーニングもすごく子供の発達にいいなと思ったし、ラケットを一生懸命握って打たせてもらって、少しのレッスンであたるようになって・・・ラケットをちゃんと振ってボールがネットを超える様子 [続きを読む]
  • ネイティブの英語の先生とのレッスンが大事なわけ
  • でも、もちろん、録音された音を聞くよりも、生の音の方が、何倍も効果があります。ネイティブの先生との会話レッスンは、少なくとも週に1、2回は入れるべきです。でも、それだけでも本当はダメで、やっぱり、効果的なやり方というものがあるのですが、このブログは大人の英語学習のためのブログではないので、あまり詳しくは書きませんね。 ともかく、英語は音が大事、ネイティブの先生と実際に会話してみるということをぜ [続きを読む]
  • それじゃ、なんで英語ができないの?
  • その答えは、簡単です。山口さんが言ってる通りです。机上で本から学んでいるだけだからです。 たまに、図書館に行くと、多くの人が、分厚い英語の参考書を勉強しています。 信じられません。耳にイヤホンもつけず、本からだけ勉強して、何になるのでしょう。 単語を覚えるにも、文章を読むにも、音声のないものから勉強してはいけません。英語は、音から覚えなきゃいけないのです。 広尾インターナショナルス [続きを読む]
  • 英語ができないのは頭がわるいせい?!
  • いろんな方とお話していると、自分が英語ができないのは、自分の頭がわるいからだと思って自信をなくしている人がたくさんいるような気がするのですが、そんなことはありません。そして、頭のいい人たちは英語もできると勝手に思っている節があるようなのですが、そんなこともありません。日本人にとって、英語を話せるようになることはとても難しく、しかもそれは、頭とはあまり関係ないのです。 いつも私の周りの人たちの話 [続きを読む]