白蓮の香り さん プロフィール

  •  
白蓮の香りさん: 法華経と共に!白蓮堂のブログ
ハンドル名白蓮の香り さん
ブログタイトル法華経と共に!白蓮堂のブログ
ブログURLhttp://magokoro18.blog.fc2.com/
サイト紹介文法華経をとおして仏様の世界を身近に感じていただきたいと思います。
自由文法華経の教えに結ばれるのは3000年に一度花が咲くという優曇華の華に遭うが如しといわれています。
そういう貴重で有難い法華経を学んでみたい。自分の魂を磨きたい、先祖を救いたいと思っていらっしゃる方法華経に触れてみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/07/31 14:10

白蓮の香り さんのブログ記事

  • 法華経に関わる、こぼれ話 その3
  • 法華経の威力、第二弾。観音さまも法華経を弘めることに必死です!※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十二の第廿八話です。◎肥後(ひご)の国に一人の書記官がいた。 [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その2
  • 法華経は過去から未来永劫、変わりなく私たちに救いの手を差し伸べてくれます。※今昔物語集(こんじゃくものがたりしゅう)は、平安時代末期の十二世紀初頭に成立した説話集である。1059話からなる大部の書物であり、インド、中国、日本の三国に分けて説話が記載されている。そのうちの89話に「法華経」霊験譚(れいげんたん)がおさめられている。今回、紹介するのは巻第十三の第二話です。◎今は昔、葛川(かつらがわ)と [続きを読む]
  • 法華経に関わる、こぼれ話 その1
  • 法華経の中に絶対性を見い出すことができたら、奇跡を起こすことも可能になります。◎法華経霊力の秘密 ........... 法華経にはなぜ、あれほどの霊力が込められているのか。法華経の第一人者と言えば、日蓮聖人です。日蓮聖人にまつわるお話はいろいろありますが、霊力ということに関しましては、真言律宗のお坊さんと霊力比べをした話が有名です。「日蓮、お前は大層な通力の持ち主だそうだが、わしと通力の競争をしよう」 「よし [続きを読む]
  • 観普賢菩薩行法経
  • 普賢菩薩様の懺悔の法で許されたならば..........(何か法華経って凄いなぁ〜)「法華経」に「無量義経」(むりょうぎきょう)と「観普賢菩薩行法経」(かんふげんぼさつぎょうほうきょう)を加えたものを法華三部経という。もともとは別の経典であったが、この三部をセットにする考え方は天台智顗(てんだいちぎ)の伝記に出てくる。そして平安時代には「無量義経」を「法華経」の開経(かいきょう)プロローグ、「観普賢菩薩行法 [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その5
  • 「法華経」は、現実を力強く生きる経典です。普賢菩薩の決心を聴かれた釈迦仏は、それは善いことであると普賢菩薩をおほめになられた。さらに、普賢菩薩が前世から菩提心を発(おこ)してこのお経を守護してくれた努力に対しても、おほめの言葉を述べられた。さらに仏は、普賢菩薩の御名(みな)を受持(じゅじ)する者を守護しようとまで言われた。普賢菩薩の御名(みな)を受持する者とは絶対の真理に生きる者である。そのような [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その4
  • 命終したとき、たくさんの仏に導かれて兜率天上の弥勒菩薩のところに行くことができる法華経の最後の章です。◎陀羅尼呪(だらにじゅ)を唱える三七日(21日間)のあいだ、一心に精進することが終わると、普賢菩薩が六牙(ろくげ)の白象に乗ってたくさんの菩薩に取り囲まれて姿を現し、一切の人々が喜ぶような華麗な姿を目の前に現して、教えを説いて示教利喜(じきょうりき)してくださるというのである。示教利喜ということは [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その3
  • 法華経を学ぶことにより、普見菩薩のお姿を見ることができます。法華経の最後の章です。「法華経」のことを一生懸命に考えている人がいれば、普賢菩薩は白象に乗ってその人の前に姿を現すと説く。これは大切なことです。どんなに「法華経」の教えを考え、実行しようとしていても、時には魔がさすことがある。そんなときに普賢菩薩は白象に乗って姿を現すのである。「法華経」の経文の一句でも一偈(いちげ)でも忘れていたならば、 [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その2
  • 「法華経」の教えを体得できれば、必ず仏に成ることができる。法華経の最後の章です。◎四つの条件仏が普賢菩薩に言うには、如来の滅後に「法華経」を弘めようとするならば、四つのことをしっかり守る必要がある。  一、諸仏に護念(ごねん)されること。  二、諸(もろもろ)の徳本(とくほん)を殖(う)えること。  三、正定聚(しょうじょうじゅ)に入ること。  四、一切衆生を救う心を発(お)こすこと。第一の、諸仏 [続きを読む]
  • 第28章 「普賢菩薩勧発品」その1
  • わざわざ東方からこの娑婆世界にきて「法華経」の教えを弘めたいと誓った普賢菩薩。いよいよ法華経の最終章です。◎普賢菩薩(ふげんぼさつ)とは「法華経」の最後の品(ほん)は「普賢菩薩勧発品」(ふげんぼさつかんぼつほん)といって普賢菩薩のことが説かれる。普賢菩薩は文殊菩薩(もんじゅぼさつ)と相対していることが多い。文殊菩薩は獅子に乗り、普賢菩薩は象に乗っている。仏教では普賢は「理」をあらわし、文殊は「智」 [続きを読む]
  • 第27章 「妙荘厳王本事品」その2
  • 何度生まれ変わっても法華経と出逢えることは至難の業です。◎仏と値(あ)うこと難し二人の王子は父母に言った。「仏に値(あ)うことはむずかしいことだから、どうかこの機会を逃さないで下さい」と。※ 仏さまに値(あ)ってそのもとで修行できるということは容易なことではない。「優曇波羅(うどんばら)の花の如し」、優曇波羅(うどんばら)は三千年に一度だけ花が咲くといわれるが、仏に値(あ)うことができるのは優曇波 [続きを読む]
  • 第27章 「妙荘厳王本事品」その1
  • 家庭の中で仏法を説くことは容易ではない。◎妙荘厳王本事品(みょうしょうごんおうほんじほん)※肉身に教えを弘める............. 妙荘厳王本事品は、これまでの「法華経」の各品とは、その教えが少し異なっている。それは親子とか夫婦の間で教えをどのように弘めるかということが説かれているからである。家庭の信仰というのはたいへんむずかしい。親が厳しい宗教者であるため子どもが親に反発してかえって放蕩(ほうとう)息子 [続きを読む]
  • 第26章 陀羅尼品(だらにほん)その4
  • 仏教に帰依(きえ)した鬼女たちの使命は絶大です。◎鬼子母の呪文(その3)鬼女たちが護るべきものが二種類ある。第一には「法華経」の名を受持(じゅじ)する者を護ること、第二には「法華経」を具足(ぐそく)し、受持(じゅじ)したうえ、供養する者を護ることである。第一の「法華経」の御名(みな)を受持(じゅじ)せん者」というのは、「法華経」の内容を充分によく研究し、その教えの内容がよくわかっていないが、ただ「 [続きを読む]
  • 第26章 陀羅尼品(だらにほん)その3
  • 仏の教えに帰依した鬼子母神。(かつては、人間の子を食らう鬼女)◎鬼子母の呪文(その2)※若(も)し我が呪(じゅ)に順(じゅん)せずして、説法者を悩乱(のうらん)せば、頭破(こうべわ)れて七分(ぶん)と作(な)ること、阿梨樹(ありじゅ)の枝の如(ごと)くならん。父母(ぶも)を殺(しい)する罪の如く、亦(また)油を圧(お)すつみ、斗秤(とうしょう)をもって人を欺(ご)おうし、調達(じょうだつ)が破層罪 [続きを読む]
  • 第26章 陀羅尼品(だらにほん)その2
  • 四天王に護(まも)られた人生は、最強です!!四天王とは........... 法華経を守護する毘沙門天(多聞天)・持国天・増長天・広目天の総称。帝釈(たいしゃく)天に仕え、須弥山(しゅみせん)中腹で四方を守る武神。◎毘沙門天の呪文     アリ、................................................................................................... 。※あまりにも、強い呪文のために控えさせていただきます。毘沙門天は四天 [続きを読む]
  • 第26章 陀羅尼品(だらにほん)その1
  • 法華経を受持(じゅじ)、読誦(どくじゅ)する人を守護する、最強の呪文(陀羅尼)!!(手のひらに置かれている(宝珠)は、あなた自身)◎「陀羅尼品」(だらにほん).............. 陀羅尼(だらに)ということは、どういう意味であろうか。陀羅尼とはダラニという梵語(ぼんご)に漢字をあてはめたもので、「総持」(そうじ)と訳されている。一般的には、すぐれた霊力をもつ呪文のことを陀羅尼というのである。薬王菩薩は質 [続きを読む]
  • 第25章 観世音菩薩普門品(かんぜおんぼさつふもんぼん)その3
  • 森羅万象すべて観世音菩薩の応現。(私たちは、日々観音さまの手のひらの上で試されています)◎一人の菩薩を拝もう一心に無数の菩薩の名前を心の中に刻み込み、飲食(おんじき)、衣服(えぶく)、臥具(がぐ)、医薬(いやく)など、供養すれば大きな功徳がある。多くの菩薩に供養しただけでも功徳があるのに、もし観世音菩薩の御名を思い、たった一瞬の間でも礼拝し、供養するならば、さらに大きな功徳があると説く。大ぜいの菩 [続きを読む]
  • 第25章 観世音菩薩普門品(かんぜおんぼさつふもんぼん)その2
  • 自分自身の内面を変えていくことが信仰である。◎一心称名(いっしんしょうみょう)一心に御名(みな)を称えることは、観世音菩薩と一体となることである。御名を称えることによって観世音菩薩がその相(すがた)を現してくれる。口で声を出して称えることが大切なのである。「南無釈迦牟尼仏」とか「南無観世音菩薩」と称名することによって、観世音菩薩が自分の心の中にあらわれてくる。それによって自分の悩んでいた心が明るく [続きを読む]
  • 第25章 観世音菩薩普門品(かんぜおんぼさつふもんぼん)その1
  • 世の中の人の悩みを観てくださる観世音菩薩。◎観世音菩薩普門品 .................. 観音経として独立したお経となった。観音さまはその容姿がたいへん美しい。聖観音(しょうかんのん)にしても千手観音(せんじゅかんのん)にしても如意輪観音(にゅいりんかんのん)にしてもその端麗な容姿をじっと見ているだけで、心の中まで洗われる気がする。どんな人生の苦難にも耐えうる勇猛心をそなえながら、あらゆる人々を救ってくださ [続きを読む]
  • 第24章 妙音菩薩品(みょうおんぼさつほん)その2
  • 死を自覚するときに、仏の道が目ざめることができるようになる。◎妙音菩薩の訪問釈迦仏に供養する .......... 仏の恩を感じてその恩に報いることである。法華経を聴く ..................... 法華経の教えこそ、真実の教えだからである。仏の教えを手伝う ........... 教えを世の中に弘めようとする立派な菩薩を自分のお手本にしようとしていること。この三つの心がけがなければ、悟りを開くことはできないのである。仏は妙音菩薩 [続きを読む]
  • 第24章 妙音菩薩品(みょうおんぼさつほん)その1
  • 仏の功徳は、あらゆる人に恵む力をもっている。◎妙音菩薩 ............. 三十四身に身を現じて衆生を救う菩薩である。東方におられる。◎観世音菩薩 ........ 三十三身に身を現じて一切の衆生を救う。西方におられる。三十四身や三十三身に姿を変えて現れるのは、さまざまな衆生がいるからである。その衆生の能力もさまざまである。これで三十四身に姿を変えて、それにふさわしい能力の衆生を救うことになる。※法華三昧(ほっけ [続きを読む]
  • 第23章 薬王菩薩本事品(やくおうぼさつほんじほん)その4
  • 「無生法忍」(むしょうほうにん)という最高の悟りを得たならば無数の諸仏が見えるようになる。◎無限の功徳薬王菩薩が自由自在に教化できるのは、難行苦行の結果なのである。「法華経」は一切衆生を救うものであり、一切衆生の苦悩を離れさせてくれる。人間は生きている限り苦しみから離れることはできない。どんな人にも人に言えない悩みがあるはずである。そのような苦悩を「法華経」の教えは離れさせてくれるのである。「法華 [続きを読む]
  • 第23章 薬王菩薩本事品(やくおうぼさつほんじほん)その3
  • 「法華経」を受持(じゅじ)するものは、一切衆生のなかでももっともすぐれた第一の人である。◎両腕を焼く薬王菩薩が自由自在に教化できるのは、難行苦行の結果なのである。腕を燃やして供養するとは、自分の身を苦しめ、難行苦行することを意味する。一切衆生喜見菩薩(いっさいしゅじょうきけんぼさつ)は、仏恩に感謝するかたい決心を大ぜいの人々の前で具体的に示すために腕を焼いたのであった。この一切衆生喜見菩薩の決意の [続きを読む]
  • 第23章 薬王菩薩本事品(やくおうぼさつほんじほん)その2
  • 法(法華経)の供養が最上の供養となる。◎焼身供養の意義薬王菩薩が自由自在に教化できるのは、難行苦行の結果なのである。一切衆生喜見菩薩(いっさいしゅじょうきけんぼさつ、この菩薩がすなわち薬王菩薩である)という菩薩や、声聞衆(しょうもんしゅ)のために「法華経」 をお説きになった。この一切衆生喜見菩薩は「法華経」 の教えを聴いて、よし自分もどんな苦しい修行でも耐え忍んで必ず成仏してみせると決心した。やがて [続きを読む]
  • 第23章 薬王菩薩本事品(やくおうぼさつほんじほん)その1
  • 法華経の教えを理解することはできても、実行することはむずかしい。◎教えを実行すること ......... 実例を示す教え「法華経」は「嘱累品」(ぞくるいほん)第22までで教えが完成し、ここで一段落ついたのであり、「嘱累品」まで読めば「法華経」の教えを理解することと、それを実行することの大要はすべてわかるのである。それならばどういうわけで 「薬王菩薩本事品」(やくおうぼさつほんじほん) 第23章から「普賢菩薩勧 [続きを読む]
  • 第22章 嘱累品(ぞくるいほん)その6
  • 教えを弘める使命感を仏ご自身から授かったことで、身がふるえるぐらい大いなる喜びに包まれた。◎大いなる喜びとはたくさんの菩薩たちは、仏がこのようにお説きになったことを聴いて、みな大いなる喜びに包まれたのであった。命がけで教えを弘めようと言われて、たいへんに喜んだ菩薩たちの体には、その喜びが満ち溢れた。仏に向かって恭(うやうや)しく頭をたれ、合唱して言った。「、世尊の教えの通りお心持ちにそむかないよう [続きを読む]