ジャムジャムジャンケン さん プロフィール

  •  
ジャムジャムジャンケンさん: 負けても嬉し 勝てばなお嬉し
ハンドル名ジャムジャムジャンケン さん
ブログタイトル負けても嬉し 勝てばなお嬉し
ブログURLhttp://ameblo.jp/jamjamjanken/
サイト紹介文千葉ロッテ応援ブログ。鉄道、バスやその他の観戦したスポーツも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/08/01 05:45

ジャムジャムジャンケン さんのブログ記事

  • 稀に見る大勝
  • 19安打で17点。得点できなかったのは2回と5回だけ、という、華々しい得点劇でした。これでも途中で打ち込まれてしまう石川には、いったいどうなっているんだ、と言いたくなります。本人のいう通りボール自体はよかったのでしょうが、それでも打ち込まれてしまうところが残念です。こんな日に完投しなければいつ完投するんだ、と思います。もちろん勝つに越したことはないですから、これを続けてほしいです。 [続きを読む]
  • 二木が完投勝利
  • 二木が楽天を4安打に抑えて完投勝ちしました。先日の唐川といいこの日の二木といい、最後まで投げるという意欲を買いたいと思います。今シーズンはどう足掻いてもCSは無理でしょうから、残り試合は個人個人が自分の成長のために使ってほしいと思います。もちろんその成長への努力は、将来チームの勝利に貢献するため、でなければ困りますが。 [続きを読む]
  • 1勝2敗なら日曜日に勝つ
  • 1勝2敗なら日曜日に勝つ、これがまだしもストレスを防ぎます。土曜日に打てずに完敗しましたからなおさらです。サントスに初ホームランも出ました。元のホームで2安打した井口がヒーインでもよかったように思いますが、そちらは新聞紙上で探すとしましょう。 [続きを読む]
  • 幸先良く先制したけれど
  • せめて1回裏をゼロに抑えておけば、なんて、タラレバの最たるものですね。涌井は良く投げたと思いますよ。勝ちが付かないのはカードの頭で相手エースと投げ合う限りは仕方ありません。もちろんそのエース対決に勝つチームが強いチームということになるわけです。二木と武田という2戦目こそ競り合ってものにして欲しいです。 [続きを読む]
  • 後半戦初戦はサヨナラ勝ち
  • 内が9回に失点してリードされ、平野が出てきた訳ですが、何の根拠もないものの、何とかなるのでは?という気がしていました。そしてその通りにサヨナラ勝ちです。もちろん、今シーズン同じような場面で勝ったことがある、というのがお互いの頭にあった筈で、仙台で勝てなかった時代のロッテと同じです。これをきっかけに、前半戦とは違うところを見せて欲しいです。 [続きを読む]
  • 大地だ 二木だ デスパもね
  • ZOZOマリンで行われたオールスターの第2戦、田村と鈴木がスタメンに名を連ねました。全パのスタメンの中でこの二人の小粒感は否めませんでしたが、鈴木は三塁打で勝ち越しのホームインと本塁打という大活躍でした。最後に We are もできていうことなしでしょう。二木も最近の不調が嘘のように2イニングを抑えました。田村も各チームの投手を良くリードしたと思います。則本が筒香から見逃し三振を取ったのは半分は田村の功績でし [続きを読む]
  • あかんわ
  • 先日、そろそろ潮目が変わるか、などと書きましたが、さらに奈落の底に突き落とされました。まあ、ここから3試合見に行けば、きっと勝つでしょう。 [続きを読む]
  • また負けたのか
  • 生放送が見られるような時刻に帰宅してはいませんが、ニュースで記事を追うのもしなくなって来ました。こうなってくると、まだはもうなり、であるいは潮目が変わるかも。 [続きを読む]
  • 捕手出身の監督は投手の四球にうるさい
  • 伊東監督が佐々木に怒り心頭らしいです。捕手からしてみると、リード通りのボールが投げられない投手ほど歯がゆい存在はありません。しかしそれでも、6回を3失点なのですから結果としてはギリギリオーケーでしょう。予定外の投手起用を強いられたわけではありませんし。もっと言いようがあるように思います。 [続きを読む]
  • そもそも試合するなよ
  • 台風が接近しているのだからそもそも試合するなよ、とは思いますが、確かにゲーム開始の時刻の天候なら普段なら雨天決行するはずで、どちらにしても半分の人は文句を言う、という状況だったと思います。問題は、そんな中で先行逃げ切りができなかったことですが、これはもう、そんなことを考える余裕もない、と片付けてしまいましょう。伊東監督が審判団にやつあたりしたことだけが残念です。電車が止まるかもしれませんし、お客さ [続きを読む]
  • 二木が球宴に選出
  • ファン投票、選手間投票とどちらも選出がなかった千葉ロッテの選手ですが、さすがに開催球場ということで、二木、田村、鈴木が選ばれました。鈴木は野手から選ぶなら彼以外考えられず、田村も捕手枠で選ぶなら他に選択の余地はないと思いますが、二木が選ばれたのは嬉しい誤算でした。ブルペン陣から内を選ぶくらいかな、と思っていましたので。或いは伊東監督に打診した結果、こうなったのかもしれませんが。おそらくオールスター [続きを読む]
  • 唐川さまさま
  • ロッテは5回まで4安打、日本ハムは3安打でしたが、犠飛t2ランで3点を取ったロッテに対して、イニング1安打ずつと散発の0点だった日ハムの差がその後に出たように思います。 考えようによっては6回裏に4点取った直後の7回表に3点取られた唐川は残念、ということになりますが、そこはあら探しというものでしょう。2安打4打点の加藤に対して8回にもう1本、というのも、期待はしても結果に対しては、まあそんなもんだ [続きを読む]
  • 何度も見たような話
  • チャンスを迎えても得点できず、そのうちに投手が音を上げて失点してしまう、何度も見たようなパターンです。 涌井だって、それこそ何度かは耐えられたとしても、全て耐えきるわけにはいきません。 しかし、優勝争いをしているチームなら、それでも「耐えろ」と言われるわけですし、選手の方でもそれだけのモチベーションがあるかもしれません。 その逆になってしまった現実。これこそ悪循環です。まずは何かカンフル剤があればい [続きを読む]
  • 相手のミスに乗じて勝つ
  • 一塁メヒアのエラーから決勝点を取りました。メヒアのミスと言うより、打席が終わったメヒアを代えなかった監督のミスでしょう。この、起こるべくして起こったミスに対して、角中がつないで三木がヒットを打ちました。 三木は当面はショートのポジションを取ったと言えそうですね。バッティングが好調です。 雨で流れたゲームも含めて連勝と言ってよく、気分転換にもなった沖縄戦でした。 よろしければ左のバナーを してい [続きを読む]
  • 噛み合わない日々は続く
  • 石川は好投したのですが打線が西から得点できず、その間に石川が捕まるという、まあいつものパターンです。石川が調子を取り戻したのと同様に、西だってこのまま終わる投手じゃないぞ、というところでしょう。終わってみれば1勝2敗となりましたが、少しずつ復活のきざしはあるように思います。 [続きを読む]
  • 負けはしたけれど好ゲーム
  • 唐川が粘って投げ、1対1で終盤に入りました。そこで大谷が一発を浴びて負けました。負けたのは残念ですが、それなりのゲームだったと思います。こういうゲームを勝てるようになると上位に行けるでしょうけれど、それはまだまだ難しいということですね。 [続きを読む]
  • 盆と正月が一緒にやってきた
  • 1回から角中とペーニャのヒットで先制し、涌井は追いつかれましたが粘って投げ、そして打線が7回に猛攻で勝ち越すという、終わってみれば、楽しい展開でした。 打線では三木が4安打2打点、4番に入ったバラデスが2安打1打点、6番のペーニャは復帰初安打を含む2打点と、ようやく結果を見せてくれました。ペーニャの代わりに落ちたのがダフィーでパラデスが残ったわけですが、まずはその選択が当たりました。 ペーニャも6番 [続きを読む]
  • 優勝の文字は久しぶり
  • 私の住む習志野市には、社会人のアメリカンフットボールチームであるオービックシーガルズの練習拠点があります。私もファンクラブに加入しています。 6月19日に春の大会であるパールボウルの決勝戦が東京ドームでありました。相手は八千代市に練習拠点があるIBMビッグブルー。昨年のパールボウルの優勝チームです。 ゲームは第1Qに、オービックがK/P#49星野のFGで先制。続くIBMの攻撃をパスインタセプとしてQB#12ウーズ [続きを読む]
  • あぎゃ〜
  • セーブシチュエーションで大嶺というのは無理があったのでしょうか。他に投手がいなくなったのだから仕方ありませんが。過去にも、延長12回に川越とか、延長12回に小宮山とか、こんなシチュエーションはありました。祐太 お前もか。 [続きを読む]