まさこ さん プロフィール

  •  
まさこさん: まさ子の旅日記  慶應通信独文学
ハンドル名まさこ さん
ブログタイトルまさ子の旅日記 慶應通信独文学
ブログURLhttp://ameblo.jp/ecranapoji707/
サイト紹介文慶應大学通信教育部ドイツ文学在学中。一人暮らし。旅、映画、ネコ、本、そしてせまりくる卒論。
自由文両親亡き後、ひとり暮らし。オペラ、文楽も好き。尊敬する人、カルメン、マクベス夫人、ペンテジレーア、六条御息所。『獣人』のヒロインたち。

 気がむくと列車で旅するが、いまはおとなしく卒論のシュニッツラー作品を読んでいる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/08/03 10:06

まさこ さんのブログ記事

  • 2017夏スク予定
  • 1期 8月7〜12日 午前 国文学史 小川剛生先生  午後 ドイツ語ⅢーA  グラスミュック・マルクス先生 2期 8月14〜19日  午後 ドイツ語Ⅲ-B 境一三先生  3期 8月21〜26日  午後 ドイツ語Ⅵ-B 鈴村直樹先生  去年は、スクーリング、午前午後6教科詰めていたところ、3期にはふらふらして、頭の中に何も入らないような状態でした。台風で1日抜けて、やっと元気になったという具合でした。 30代の頃は [続きを読む]
  • ワトスン作『浴室には誰もいない』
  • 意地悪さ一流、英国の風刺 コリン・ワトスン作『浴室には誰もいない』 かの英国「諜報部員」さまを、かくのごとくおちょくってよいものでしょうか。文庫本の法月綸太郎解説をみますと、作者のワトスンは、英国ミステリ評論も論じており、ジェームス・ボンドの生みの親イアン・フレミング作品をつぶさにリサーチしているとのことです。 舞台は架空の町ですが、わたしは実在するのかと思っておりました。それほど田舎くささが [続きを読む]
  • クラークさん脳の回復本
  • かつての私がこの本の中に  脳の損失を味わったひとに希望をあたえる本です。 この本の作者は交通事故の後遺症との戦いを描いていますが、わたしはうつ病と薬剤の副作用により、頭頂葉の萎縮が発見され、かなりの年月を過ごしたものです。その当時、五行も本が読めず、映画のあらすじもわからず、お金を数えることもできませんでした。スーパーのレジで、サイフのなかみを残らず出して、ひとに数え貰うときの屈辱感…あのと [続きを読む]
  • 1単位につき45時間履修のこと
  • 通教の輝ける星、オワンコ様が、1単位45時間の授業の履修についてお書きです。こちらで、勝手に追記しておきます。 慶應通信〔ラテン文学〕のテキスト1984初版の巻末に、こう学習方法が書いてあります。「大学にあっては、1単位の授業とは、毎週1時間、15週の講義をいうのであるが、この1時間の講義に対しては、必ず2時間の自習時間が要求されているので、1単位の学習時間は45時間となる。従って「ラテン文学」は1単位である [続きを読む]
  • フランス文学史Ⅱはこうとる
  • 慶應通信の文学部3類に入ったら、ぜひフランス文学のテストを受けてほしいと思います。でも先に総合科目の「文学」や、「フランス文学概説」を取得して、全体の流れをつかんだほうがやりやすいと思います。 フランス文学史Ⅱは4単位ですから、とらないのはいかにももったいない。テキストがあついのでびっくりしたかと思いますが、これは以前に18世紀と20世紀に分冊されていたのが、いっしょになったためです。 おススメ理由 [続きを読む]
  • 4月試験無理かも
  • 4月9日慶應通信、春の試験。8日は、わたしは受けていないので、今日の2科目のみ。 放送英語Rは、今回は穴埋めが多かったですね。20分で仕上げて、さっと出ていくのは、ああ、さっそうとしていたのはそこまで。 魔性の「フランス文学史Ⅱ」が、直後にひかえていたのです。これは1月に落としているため、なんとかすがりつきたいところ。 このテキストは、去年出たばかりで、これまでは分冊されていた19世紀と20世紀が一冊に [続きを読む]
  • 国文学古典研究Ⅵ平安和歌レポート
  •  やっと国文学古典研究Ⅵ 平安和歌の初レポートが仕上がりました。テキストは川村晃生先生です。今まで手こずったのは、一単位とはとても思えない出題で、歌枕を調べるための文献調べが大変で一ヶ月かかってしまいました。枚数は10枚に削ることができました。  2016年度は、レポートにことに困っています。いま、105単位なので、あと11単位取得すればよいのですが、このもう少しがむつかしい。喉にお魚の骨がささったよう [続きを読む]
  • 中村高校40年ぶり甲子園
  •  今年2017年3月19日甲子園、高知の中村高校が21世紀枠で出場した。かつて1977年第49回大会、つまり40年前では12人の選手で準優勝して「二十四の瞳」と呼ばれた。そのときのパレードは、中村市民よりも多いひとたちが駆けつけて、おおごとになっていたのだった。まだ田舎町に活気のある頃だった。  中村は、いまは四万十市と呼ばれるが、わたしにとってはナカムラのままだ。当時は四万十川がゆったりと広がり、緑の堤防で馬 [続きを読む]
  • ドイツ語検定3級合格
  • わーい、今朝、学生用のkccをみたら、うれしや考古学のレポート再提出が合格、これで無事単位となりました。昔日の遺跡クラブの会員としてはとれなかったらどうしようと思ったのですが。 再々提出中の科目はあと教育心理学と近世英文学史となりました。 製作中のレポート 再々提出で書きかけのレポートは、国文学の和歌です。 四月試験、ロシア文学のレポートは27日に提出、現在は近代ドイツ演劇の初レポートを書きかけで [続きを読む]
  • ぶっそうげ そこには咲くな そこは基地
  • たまたまあるひとのブログで、この詩の引用をみました。 われは知る、テロリストのかなしき心を――言葉とおこなひとを分ちがたきただひとつの心を、奪はれたる言葉のかはりに...おこなひをもて語らんとする心を……              (石川啄木)  これをみたとき、わたしは名もないひとのある歌を思い出したので、コメント欄にこうつけ加えました。  ぶっそうげ そこには咲くな そこは [続きを読む]
  • ドストエフスキーに抱かれて
  •  まったく文学3類は、慶應通信でもっともとりやすい科目であるが、あっちゃこっちゃ放浪しないととれないという八方美人科目。 テムズ川河畔 去年の暮れから今年のお正月明けも、近代英文学史の再提出二回目のために、エリザベス朝時代の演劇に囲まれていたことは、前回の説明どおり。ベン・ジョンソン、クリストファー・マーロウ、シェイクスピアの騒々しくも輝かしい世界であった。馬小屋と安酒と芝居小屋。あたしの心は [続きを読む]
  • 近世英文学史レポート30枚
  •  近世英文学史のレポートが、ネットで添削中の表示になり、ほっとしました。ひょっとして、事務局で受付拒否になったらどうしようかと心配していたのです。既定枚数をオーバーしていますから。  この科目はテストは持込可でむつかしくないのですが、レポートはそびえたつ城壁のよう。お題は、エリザベス朝の劇作家を複数あげて、時代背景とともに比較せよ。  こんなの10枚におさまるわけないじゃないですか。最初は15 [続きを読む]
  • 慶應通信 文学3類の例
  • おワンコ様といい、69期生のJe suis ingénieur.さんといい、なんというお人柄のよさでしょう。このセンパイたちのつくったグラフによって、法学部、経済学部は、進展が一年生にもわかりやすくなりました。でも、文学部がありません。そもそもあたしたちはグラフとか苦手です。そして二周目法学部乙類予定であり、まだ一週目を完走しておりません。しかしながら、単位はそろいつつあるので、そしてまた文学部も表がナイと、不安 [続きを読む]
  • 慶應通信文学部めざすあなたへ
  •  まず通信で一番よい大学は、法政大学通信教育部をお薦めします。一番安価で、地方スクーリングや、冬のスクーリングがあるので、田舎のひとはとりやすいです。そして庶民的な愛すべき校風です。  さて慶通の文学部ですが、学生像は。 海外旅行頻度が多いたとえばスクーリング西洋美術史のときは学生は200人いたのですが、「イタリアにいかれたひと」と先生が呼びかけると、どっと手があがりました。わたしは身を縮め [続きを読む]
  • 試験失敗2017.1
  •  2017年1月14日1日目、今年、最初の慶應通信の試験です。 とても寒くて、なんて理由にならないけども、フランス文学史Ⅱ、教育心理学(持ち込み可)、ともにやさしい科目のはずですが、あたし、ダメでした。  フランス文学史は、三問の出題中、二問選びます。ひとつは、構造主義だったので書けるハズもなく、のけました。 一問目の「19世紀後半の詩」は、ボート゜レール様の名前を抜かしてしまいました。 二問目の「19世紀 [続きを読む]
  • 慶應通信 法学乙類とは
  • 慶應通信 法学乙類とは 1 選択科目と、選択必修科目は、テキストで取得しなければならない。   乙類 必修科目  政治学(テキスト)  憲法(市販書)  合計10単位 2 選択必修科目  20単位以上、選ぶ。 3 選択科目  上記以外の科目からテキストでもスクーリングでもよい。 ☆ 40単位以上、テキストで取得のこと。 卒業指導登録には 必修外国語 6単位以上 総 [続きを読む]
  • 卒論の製本は
  •  卒論の安い製本キット、センパイのブログをのぞいてみると、製本工房 KS-100-A4 丸善販売 が紹介されていました。50枚までと100枚までがあって、表紙は緑、白、黒、茶色から選べます。1600円前後するみたいで、きれいな様子です。 紙は厚さ120g/m2の上質の紙を使うとといいそうです。印刷は両面で片面でも。  だけど、わたしは文学部を卒業したら、法学部に入るので、もっと安いのがいいです。そもそも法政大学のときに [続きを読む]
  • 来るボッチ正月
  • ボッチクリスマスに続き、ボッチお正月です。 今日は、昼間、アマゾンで届いたおせちのお重をぽつんと眺め、写真を撮ってもよいけれど、よけいにみじめさがつのるので止めておきました。寿の文字の映える紙にくるまれた割り箸が五組もついており、「ひとりで食べるんじゃあ」と叫んで、投げ捨てました。 イブの日は、大阪府立大の演奏会であり、フランクの曲は初めてでしたが、コッペリアもあったし、会場内にボッチ友を [続きを読む]
  • レポ再提出の季節
  •  夜間のテストが終わった今、慶應大学通信教育部では、レポート再提出のラッシュが始まっています。というのも、1月の14日、15日に科目試験が始まりますので、どう考えてもお正月明けからはテスト勉強一本になります。ゆとりをみれば、お正月から試験勉強に燃えたいでしょう。 どの学生も、年内にはできる限り、再提出レポを急ぎ、あわよくば学年度内の合格を念じます。  而してわたくしも、本日、考古学の再提出一回目を [続きを読む]
  • 夜間スク政治思想史テスト
  • 政治思想史、夜間のスクーリングです。12月20日テスト。何とブログの大阪会場アマルティア・マンさん(通称ワンコ様)は三問全問書けたそうです、わぁお。小南をゴロあわせでコナンと覚えたそうで、この最後まであきらめないココロは見習うべきです。そしてブログの東京会場、ムーミンさんは設問1に全力をそそいだそうです。 問題1 は、五つの単語を使った問題で、万国公法の受容について書けというもの。これはお [続きを読む]
  • カジノ法成立のからくり
  • 2016年12月15日に成立したカジノ法ですが、依存症対策は、あくまで付帯条項であり、法的な制約はありません。またカジノ法の成立過程は、マスコミなどにも報じられた通り、政治的な駆け引きによるものです。自民党は憲法改正をするためには、維新の会の協力が必要であり、その見返りとして維新の会に、カジノ法の成立と大阪万博をセットにさせました。  大阪知事である松井一郎氏は実家が住之江競艇の設備管理をして [続きを読む]
  • 次は法学部フランス語へ
  •  これまでの粗筋。 三年前に突然、ドイツ語を始めたマサコは、あちこち寄り道しながら、今年の冬のドイツ語検定三級まではたどりついた。次なる目標はもちろん2級だが、それはドイツ語検定には準2級がないためである。なんといっても、マサコの語学における強みは、オトコも猫も金魚も、家族と名のつくものが一人もいないことである。 友人は言語や汽車、遺跡、特撮映画などの趣味人しかおらず、またファッションにはまったく [続きを読む]
  • ドイツ語検定3級の本は
  • 3級の問題集について3級は、古い対策問題集を使っていたが、ぜんぜんだいじょうぶであった。リスニング問題の形式が異なるだけ。でも、五回も試験を受けたので、自然と過去問をやったことになった。 古い問題集はやすい。繰り返したくさん解ける。その気になれば。でも、実際に使ったのは、毎度、試験直前であった。 単語集は、わたしは苦手でやったけど数ヶ月であきてしまい、また年月をあけると、まったく覚えていないため、 [続きを読む]
  • めざすドイツ語検定2級
  •  突然、目標を2級に、変えないといけなくなったのは、昨日、意外な展開があったから、きっといつものとおり落ちたと思ったわたしは、だって四回も落ちたら、そう思うじゃない。失恋しなれてる人とか、ふられる予感を覚えるでしょ。 そこで、さっさと落ちた宣言を本ブログでしたわけ。  ところが、昨日夜間のドイツ語クラスに顔を出して、先生に会場で貰う試験問題用紙をおみせしたら、「これ、とれてるやん。受かってるで [続きを読む]
  • ドイツ語検定試験3級
  • 1月 試験科目14日 F 群 フランス文学史Ⅱ 4単位     E 群 教育心理学(持ち込み可) 2単位15日   B群  西洋史特殊Ⅰ(持ち込み可) 2単位     A 群 社会学史Ⅱ(持ち込み可) 2単位 ここにきて、Cの科目のレポートを流して、受験をやり直そうかと思っていたけど、Cでもありがたく頂くという方針に変更しました。事情は、急がないと卒業できなくなってしまうから。上記をみんなと [続きを読む]