源造 さん プロフィール

  •  
源造さん: 休日のDIY
ハンドル名源造 さん
ブログタイトル休日のDIY
ブログURLhttp://genzo.sblo.jp/
サイト紹介文月浦の小さな傾斜地の林に通い、笹刈から伐採までの開拓と小さな家づくり。引越し後も休日にDIYを継続中!
自由文せっかくの家づくりなので、木材にこだわってみました。集成材と合板は好きではないので一切使わず、道産無垢材と国産無垢材での木造在来工法による家づくりです。
開拓に入った頃や外壁工事などをしていた頃は、かなりの無茶ができましたが、最近はそのパワーとスタミナが急速に枯れてきました。定年後にでもと思っていたMyプロジェクトでしたが、三十路の末から始めて正解でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/08/04 09:22

源造 さんのブログ記事

  • 東側の掃出窓にロールスクリーンを取付ける
  • 2017.03.05 東側の掃出窓は、中島方向を向いていて、落葉シーズンには中島が見えます。夏場には家に近いミズナラの青葉がとてもきれいで気に入ってます。 もちろん方角が東なだけに、朝日もばっちり射し込んで、気持ちよく目覚めることができます。そんなわけでカーテンも、ロールスクリーンも取り付けないで来ましたが、カミさん的には落ち着かなかったようです。 この日はネット販売で注文して届いていたロールスクリーンを取 [続きを読む]
  • 暇つぶしに時計台を見学する
  • 2017.03.05 最近、生活に追われてちっともDIYできていません。土曜日は晩に職場の宴会で帰宅が遅くなったのですが、開宴前に時間があったので、会場近くの建物に入って時間つぶしをしました。 札幌に四半世紀も住んで一度も行ったことの無い時計台です。しょっちゅう通っていて目にしているのですが、地元の観光名所ってあまり足が向かないものかもしれませんね。 アメリカから入って来た工法で造られた時計台の構造が現在の [続きを読む]
  • UTの収納棚
  • 2017.01.22 小さな家ということで、UTは1坪です。そこに洗面台、洗濯機、灯油ボイラがあります。さらにここは、トイレと浴室への通路、そして脱衣所でもあります。 ここが洗剤類、洗濯物、その他の小道具類であふれることは、どこのお宅でも例外ではないと思います。源造宅では作りつけの収納もないので、なおさらです。 HCなどに行くと金属製の場に似つかわしい組み立て式の棚が売られているのですが、パーツの1つ1つに [続きを読む]
  • ミニショベルのエンジンが…
  • 2016.12.23 家の裏側にミニショベルを置いていました。今年はバッテリーが上がりやすいので気になっていました。 時間がないままエンジンを掛けないでいました。案の定バッテリーがパワー不足になっていました。 この前の18日の日曜日に時間があったので、ブースターケーブルをつないで充電しました。 でも、困ったことにカチッと機械部分は動くのですが、セルモーターは回ってくれません。 家の裏でミニショベルが自走不能に [続きを読む]
  • 8本の柱すべてに筋違を取り付ける
  • 2016.11.03 Ⅲ 夜業です。作った部材はとりあえず取り付けてしまうことにしました。ウッドデッキはコーススレッドどめとはいえ、もといそうであるがゆえに面と面の接合が大事になって来ます。 面と面がわずかでも浮くことの無いように、“シャコマン”でガッチリ締め付けてからインパクト・ドライバーを使います。木材の宿命で、ねじれや反りの影響で面と面に隙間ができることはしばしばです。 ビスどめは何本が適正かは分かり [続きを読む]
  • 四カ所に筋違を入れる
  • 2016.11.03 Ⅱ 屋起こしのあとは、仮筋違を入れる工程をさぼって、柱等に使っている角材を自分で半割りにした木材を使って筋違を入れました。 特にマスターとなる1本目の筋違は現場合わせで、もう一方を息子にチェックさせて墨付けしました。家側から手をつけました。 南北(左右)でGLのレベルが違うので、三角形の形が異なります。特に北側(右側)は敢えて直角三角形とは表記しません。 今着工中のところは1間半のサイ [続きを読む]
  • 屋起こしして現場合わせで柱を切る
  • 2016.11.03 Ⅰ 東西方向の屋起こしと筋違入れが終わったので、この日は南北方向の作業です。どうやら束石に不具合があるようです。 束石のわずかな平面ですが、すべて南北方向に同一の傾きがあるようなのです。据えた時には水平器を置いてチェックしたのですが、何かがまずかったのでしょう。 束石を入れてから、柱を据えるまでの間、長期間にわたって放置したせいかどうかは分かりません。 そもそも平地じゃないところに、大 [続きを読む]
  • 西壁を塗り上げる
  • 2016.10.30 これは先週の自宅の遠景です。この日曜日、早朝にはうっすらと雪が積もりました。紅葉もあと少しで終わりになります。 これまで暇を見ては、少しずつキシラデコールを塗って来た西壁ですが、冬に紫外線を受けるなどして変色することが心配です。 そこで、この日曜日は塗り残していた南側の下の部分の壁面を塗装してしまいました。これで均一に色あせしてくれることでしょう。 [続きを読む]
  • 西壁の南側上方を塗装する
  • 2016.10.16 Ⅱ 息子とWDに使う半割材を塗ろうと、缶から塗料を注いだら、息子に塗料が多過ぎると突っ込まれました。 案の定、塗料が多過ぎて大量に余りました。最近はWDに使った塗料の余りは西壁に塗って使い切っています。 この日はたくさんあったので、脚立に登って西壁の南側の幅1間分を塗りました。低いところは未塗装です。 日没後なので、あとでアラが見つかりそうで怖いです。塗装は明るいうちにやりたいところで [続きを読む]
  • 半割材の塗装
  • 2016.10.16 勤め人というものは甘いものではなく、秋の絶好の行楽日和となった日曜日、何と源造は日曜出勤でした。帰宅したのは夕方です。 何も作業しないのも何なので、小学生の息子と先日挽割った半割材の塗装をしました。塗り終えた半割材をパレットの上と、ウッドデッキの1列目と2列目の間に渡して乾燥させます。 南北方向の筋違にする予定です。 [続きを読む]
  • 東西方向に筋違を入れる
  • 2016.10.10 昨日は、角材6本を丸鋸盤で半割材にする作業だけで終わりました。この日はそれを使って筋違を入れました。 一列目は両筋違にしました。1カ所、筋違を入れていないところからは人が出入りすることを想定しています。 筋違は現場合わせでおこないます。“シャコマン”と息子が活躍してくれました。 塗装は基本的に息子任せです。後で塗られなくなる箇所、塗りにくくなる箇所は取付け前に塗りましたが、それ以外は取 [続きを読む]
  • 加工して塗装した大引7本をはめ込む
  • 2016.10.02 Ⅲ 1列目と2列目の柱は4本ずつ緊結しましたが、夕方の時点で列間の横架材がまだ架かっていません。 このまま放置するのは心もとないので、大引を取り付ける作業までやることに決めました。 最低2本あれば良いのですが、最終的に同じ部材は7本使います。そこで、この際7本まとめて渡顎(わたりあご)の加工をしました。 加工が終わった時点で夕食です。食後は夜業に入りました。半地階から屋外に運び出した大 [続きを読む]
  • 束石に柱を立てる
  • 2016.10.02 Ⅱ 羽子板付きの束石に、“シャコマン”と息子を動員して柱を立てて行きます。3列目の柱材の加工は、まだ手を付けていません。 取りあえず2列分の柱が全部立ちました。束石の面よりやや高いところに横架材を取り付けてあるので、何とか自立しています。 午後の休憩後は、上の横架材を取り付けます。家から離れるにしたがってやや低くなるように水勾配をとりました。 さらに、適当に角材を上げてみて水平器を乗せ [続きを読む]
  • 角材を塗装する
  • 2016.10.02 Ⅰ 日曜日です。前日に支度した材料に朝から塗装します。塗り場には腐葉土の箱を使い、そのままそこで乾燥させます。 後で塗装した分は、乾燥に時間を要するので、パレットの巣の子部分を使って断面が菱型になるようにして乾かしました。 角材の反りをとるために自動カンナを通しているので、キシラデコールの浸透がよくありません。手が疲れるのですが、とにかく刷毛で薄く遠く伸ばして塗装しました。 [続きを読む]
  • 家裏のWDの木材加工に着手する
  • 2016.10.01 Ⅱ 家裏のウッドデッキは束石を埋めただけで、そのまま月日が過ぎていました。この日は、木材加工に着手しました。 何と材料の角材の山の上に、ボール紙に書いた板図が乗っています。角材は芯持材なので、かなり割れが入っています。そこで、横架材をどう加工するか、柱材のどの高さ取り付けるかをちゃんと書いてあったんですね。 柱材は大したことはないのですが、横架材を半割材にすると、割れのせいで半分は使い [続きを読む]
  • 塗料待ち
  • 2016.10.01 キシラデコールのウォールナットを塗り始めています。 はじめはウッドデッキだけのつもりだったので、3.4L缶を買いました。 しかし、到底足りるはずもなく、2缶を使い切りました。 塗料は量が多いほどに単位量当たりの価格が安いので、ネットで1斗缶を注文しました。 昨日の夕方に「追跡」のページから検索すると、本日配送中とのことで、16〜18時と表示されていました。 しかしながら、ここは月浦ですよ。 [続きを読む]
  • 西側妻壁に塗装する
  • 2016.09.25 Ⅱ 玄関前のWDに上ったついでに家の妻壁の塗装もやってしまうことにしました。これをやっておけば、次回以降パーゴラに上る必要はありません。 このパーゴラのおかげで妻壁のメンテナンスはとてもやりやすいです。それを狙っていたので、ここにはわずかな水勾配しか付けていません。  パーゴラの上でトドが日向ぼっこをしているのではなく、パーゴラとほぼ同じ高さの部分の妻壁を塗っているところです。 九月下 [続きを読む]
  • パーゴラの柱や横架材などに塗装する
  • 2019.09.25 Ⅰ この日は、晴れ上がったので、ウッドデッキにキシラデコールを塗る作業の続きをしました。 どことなくこぎれいな感じになりました。柱や横架材を塗った後は、はしごで上に上ってポリカーボネートを押さえているヒノキに塗装しました。 さすがにメタボ・オヤジが上にあがると、普通の作業は問題ありませんが、体の一部を規則的に動かす作業をすると共振が起こってパーゴラが揺れます。 ところで、柱の塗装が済ん [続きを読む]
  • ウッドデッキの壁面に塗装する
  • 2016.09.22 源造にとっては貴重な二連休です。その二日目に玄関前のウッドデッキの壁板に塗装をしました。 古めかしい味わいを出していたのが、ちょっとおしゃれな感じのウッドデッキになりました。 後で気づきたのですが、破風板に塗装するのをうっかり忘れていました。次回にがんばることにしました。 秋の晴れた天気は紫外線がきついのが辛いです。 [続きを読む]
  • WDのパーゴラの中骨をツインにする
  • 2019.09.19 雨が降ったり、雪が降ったりすると、ポリカの板がたわみます。ポリカがたわむと排水が徹底せず、水たまりができて、あとは蒸発に任せるほかなくなります。 さらにまずいのは、積雪が融けてで大きくたわんだ年に、どうやらコーキングが切れたようで、雨の日には雨漏りがします。 そういう次第で、この日は手抜きの落とし前として、横に1列しか入れていなかった「背骨」を二重にする作業をしました。後付けなので随分 [続きを読む]
  • 外壁に着色してしまう…。
  • 2016.09.19 暑さと湿度で北壁は乾く暇もなかったのか、水切りの上の杉のサイディングがうっすらと緑色になっていた。それでこの日、思わず一番下の板を塗装してしまった。 この外壁は貼る前に随分高価な撥水効果を謳った水性塗料を塗ってから貼りつけた。大失敗だった。赤みを帯びた杉板は、わずかの期間で松材のような黄色に変色してしまった。 赤みを帯びた杉板が灰色に変色したり、黒ずんだりするのは、色合いが馴染んで味わ [続きを読む]
  • 玄関前ウッドデッキのフロアと柱を塗る
  • 2016.08.16 台風が来て大雨になりそうです。乗り掛かった舟で、玄関前ウッドデッキの手すりだけではなく、床も塗ってしまいます。自分の立ち位置と同じ高さを塗るのはけっこう大変な作業です。 床を支えている横架材も塗ってしまいます。これだけで遠めに見た時に全く見栄えが違います。 さらには、南側の大事な柱も塗ります。塗っている最中にも、ハチが飛んできて木材の表面を削りに来ていました。さすがに塗装したら臭いせい [続きを読む]
  • 玄関前WDの手すりを塗装する
  • 2016.08.14 玄関前のウッドデッキにはパーゴラまでつけて、取りあえず完成ということにしていました。無塗装の安物のヒノキを使っていたのですが、この天然素材が曲者でした。 以前にも書いたと思いますが、ハチの巣の絶好の原料になっています。季節になるとハチが表面を咬んで削り取っていくので、表面が毛羽立って来ます。 このまま年々木がやせ細っていっても困るので、保護のために塗装することにしました。前日の夜に手す [続きを読む]
  • トイレの手洗いボウルにタオル掛け
  • 2016.04.02 設備というほど大げさなものではありませんが、トイレ内に取り付けた手洗いボウルのそばにタオル掛けを取り付けていませんでした。 タオル掛けがなければ、よほど何かがないと、そこのボウルはだれも使うことがありません。混合水洗まで取り付けたのに宝の持ち腐れです。 洗面台のタオル掛けは最初から取り付けていたのですが、その時にカットしたステンレスパイプの残りといわゆるゲンコは買っておいたのですが、何 [続きを読む]
  • 猿も木から…(伐木等の特別教育)
  • 2016.01.13 昨年10月に刈払い機の安全衛生教育を受講しましたが、源造は猿年の今年も早速やってます(何とかの冷水)。猿年は伐木等の業務の特別教育の受講に取り組みました。 伐木は大径木と小径木があります。胸高直径70cm以上と未満とで分かれます。その他の細かな話は割愛します。これって小から大へと段階を踏むもんだと思いこんでいました。 たまたま10月に刈払い機を受講した時にロビーに居合わせた教習所の方に尋ねてみ [続きを読む]