FMICS さん プロフィール

  •  
FMICSさん: 高等教育問題研究会・FMICS (フミックス)
ハンドル名FMICS さん
ブログタイトル高等教育問題研究会・FMICS (フミックス)
ブログURLhttp://fmics.sblo.jp/
サイト紹介文高等教育問題研究会・FMICS(フミックス)のブログ。月例会案内など。
自由文イベントの開催日時をブログ記事の更新日時としているため、いくつかの記事は未来の日時となるため、ブログ村の記事リストには反映されません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/08/05 14:01

FMICS さんのブログ記事

  • 速報 大学人サミット 北の大地・きたひろカレッジ 2017
  • 2017年11月4日(土)〜5日(日)は、星槎道都大学を会場として「大学人サミット 北の大地・きたひろカレッジ 2017」を開催いたします。第11回目の本年は、語ろう!次代を担う大学人“150年北の大地で”をメインテーマとします。北広島の小さな大学が、いかにして北の大地と向き合っているのか、頑張っている姿を見ていただきたいと願うばかりです。お一人でも多くの大学関係者のご参加をお願いいたします。★これまでのサ [続きを読む]
  • FMICS SD 306
  • ■激動の時代を教育業界の枠にとらわれることなく、多面的・大局的視座からじっくりと展望いたします。新聞・雑誌等から教育&経済トピックスを持ちより、侃々諤々とディスカッションいたします。トピックスは、厳選して1件、A4縦判にコピー(10枚程度)して、簡単なMEMOを付してご持参ください。10分間程度のコメントをしていただきます。【日時】 2017年9月19日(火) 午後6時30分〜8時30分【会場】 四谷 [続きを読む]
  • 会報 『BIG EGG』 2017年10月号 発送作業
  • ●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。【日時】 2017年10月5日(木) 午後6時〜9時+食事会●ワイワイガヤガヤと近況報告を兼ねての楽しい時間は、美味しい中華料理屋(天童)での食事会へと引きつがれ、例会などのアイデアの多くが、この [続きを読む]
  • 面接を重視した医学科入試<前編>
  •  昨2016年の12月10日土曜日の午後、神奈川県内の所定の高校から(1校1名ずつ)推薦され、第1次選考(高校の成績や英語資格の水準等による書類審査)を通過した16名の受験生が、横浜市立大学医学部医学科「特別推薦入試」の第2次選考である面接審査に臨みました。 募集要項には、面接審査はMMI(Multiple Mini Interview)の手法により行われ、受験生は観点別の5つの面接室(1面接室あたり10分程度)を巡り、それぞれ独立 [続きを読む]
  • 定員割れ大学集まれ!!
  •  定員割れを起こしている私学にとって恐ろしいニュースが流れました。「定員割れ私大、補助減額 財務省検討、経営改善促す」という記事です。8月20日の日経新聞には財務省は定員割れの続く私立大学について、国からの補助金の減額・停止を検討する。 (中略) 補助金を受け取る私大のうち40%は5年連続で定員割れに陥っている。財務省は補助金頼みの経営に限界が来ているとみる。 18年度からは補助金を配る要件を厳しくし、定 [続きを読む]
  • FMICS SD 305
  • ■激動の時代を教育業界の枠にとらわれることなく、多面的・大局的視座からじっくりと展望いたします。新聞・雑誌等から教育&経済トピックスを持ちより、侃々諤々とディスカッションいたします。トピックスは、厳選して1件、A4縦判にコピー(10枚程度)して、簡単なMEMOを付してご持参ください。10分間程度のコメントをしていただきます。【日時】 2017年8月22日(火) 午後6時30分〜8時30分【会場】 四谷 [続きを読む]
  • 短大は生き残るか?
  •  前回の保育系学校選びのポイントの中で、四大への進学について説明しました。では、短大はどうなるのかを説明します。その前に少しだけ、昨年10月頃にメディアで取り上げられたニュースでの問題のおさらいをします。当時は、保育士の給与は安く(手取り13万〜14万円)、労働環境が悪いなどと報道されていました。これについては、高校生や保護者と高校の先生がたも信じていたようでしたので、これは全国平均の金額だと、こ [続きを読む]
  • 会報 『BIG EGG』 2017年9月号 発送作業
  • ●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。【日時】 2017年9月5日(火) 午後6時〜9時+食事会●ワイワイガヤガヤと近況報告を兼ねての楽しい時間は、美味しい中華料理屋(天童)での食事会へと引きつがれ、例会などのアイデアの多くが、この瞬 [続きを読む]
  • 【速報】9月のFMICS 小さな大学は…
  •  9月例会は、定番の秋草誠さんプロデュースの月例会です。日時は、早々に決まりました。 テーマは、「小さな大学は必要なのか?」「小さな大学は生き残れるのか?」どちらかにすべきかを悩まれています。 案内文は「今まで、ブランド大学がいいのか、小さな大学がいいのか、という議論など聞いたことがありません。まずは、高校生のニーズの変化や自大学の立ち位置などについて、FMICS流にワイワイガヤガヤとやりませんか? F [続きを読む]
  • FMICS SD 305
  • ■激動の時代を教育業界の枠にとらわれることなく、多面的・大局的視座からじっくりと展望いたします。新聞・雑誌等から教育&経済トピックスを持ちより、侃々諤々とディスカッションいたします。トピックスは、厳選して1件、A4縦判にコピー(10枚程度)して、簡単なMEMOを付してご持参ください。10分間程度のコメントをしていただきます。【日時】 2017年7月25日(火) 午後6時30分〜8時30分【会場】 四谷 [続きを読む]
  • 会報 『BIG EGG』 2017年8月号 発送作業
  • ●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。【日時】 2017年7月26日(水) 午後6時〜9時+食事会●ワイワイガヤガヤと近況報告を兼ねての楽しい時間は、美味しい中華料理屋(天童)での食事会へと引きつがれ、例会などのアイデアの多くが、この [続きを読む]
  • FMICSの総括の日
  • “合議制のカルト集団”…去る3月に高橋真義さんとともに桜美林大学を定年退職となり、今後は教育関係の付き合いから足を洗うと宣言していたものの、今回やはりというか、先日のFMICSシンポジウムに登場していただいた諸星裕先生が、工学院大学で開催してた頃(おそらく2000年か1998年)のFMICSシンポジウムの壇上で述べたのが冒頭の言葉。当時は私学事業団に在職していた高橋さんを中心に、そうそうたるメンバーがワイワイがやが [続きを読む]
  • 保育系学校選びのポイント
  •  保育士を目指しているのですが、四大・短大のどちらに進学したらいいのか迷っています。とか、短大と専門学校の違いって何ですか。という質問を多くの高校生からいただきます。時には、高校の先生からも同様の質問を受けることもあります。こんな時の答えは、出口から説明します。まずは、就職先の幼稚園や保育園での学歴による仕事の違いがあるのかです。これは、どの学歴でも仕事には、影響しません。保育士さんは、おむつ替え [続きを読む]
  • 会報 『BIG EGG』 2017年7月号 発送作業
  • ●FMICSの運営は、会員のボランティア作業によって支えられています。毎月の会報の発送作業も、その大切な活動の1つです。早い人はお昼過ぎから作業を開始し、夕方になると職場から一人また一人とメンバーが駆けつけます。【日時】 2017年7月12日(水) 午後6時〜9時+食事会●ワイワイガヤガヤと近況報告を兼ねての楽しい時間は、美味しい中華料理屋(天童)での食事会へと引きつがれ、例会などのアイデアの多くが、この [続きを読む]
  • FMICS SD 304
  • ■激動の時代を教育業界の枠にとらわれることなく、多面的・大局的視座からじっくりと展望いたします。新聞・雑誌等から教育&経済トピックスを持ちより、侃々諤々とディスカッションいたします。トピックスは、厳選して1件、A4縦判にコピー(10枚程度)して、簡単なMEMOを付してご持参ください。10分間程度のコメントをしていただきます。【日時】 2017年6月21日(水) 午後6時30分〜8時30分【会場】 四谷 [続きを読む]
  • さようなら理科館!お別れ会
  •  去る4月22日(土)、表題のイベントが横浜市立大学の金沢八景キャンパスで開催されました。このイベントは、1970年に竣工した「理科館」(理系の研究室が入っていた建物)が、老朽化に伴い取り壊されるに際して、卒業生や学生・教職員によびかけて開催したものです。 私自身はこの企画の直接の担当では無かったのですが、このイベントのアイデア自体は、私の発案が担当者を通じて実を結んだものでした。本当は先月号の小欄に [続きを読む]
  • 大学のアルアル
  •  5年前から、毎年6月と9月に青森県と秋田県に高校訪問に行っています。まずは、青森県の八戸からスタートします。今年、八戸の駅に到着して気づいたのは、降りるお客の多さです。駅の観光案内の人に「観光客が増えましたか」と質問すると「ハイ、最近増えてきました」という答えでした。同じようにレンタカー会社の人にも聞いてみると、やはり観光客は増えたというのです。レンタカー会社の方に「八戸の魅力が広がってきた結果で [続きを読む]