野梵 さん プロフィール

  •  
野梵さん: 野良爺風伝録
ハンドル名野梵 さん
ブログタイトル野良爺風伝録
ブログURLhttp://zinenfarm.blog.fc2.com/
サイト紹介文鈴鹿山脈の東麓で休耕地を耕し、薬草やハーブを栽培。薬草園を荒らす獣害対策に始めた罠猟に嵌っています。
自由文アシュワガンダやトウキなど色々な薬草を栽培しています。薬草の効能や栽培方法は本編のhp、鈴鹿山麓 自然生村(http://zinen.web.fc2.com/)にありますが、こちらでは栽培の相談などもお気軽に受け付けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/07 08:24

野梵 さんのブログ記事

  • 次期の準備
  •  ヤフオクで落札したクレーンスケールが届きました。軽いチェーンブロックは無いかとヤフオクを見ていたら、これがあったので「獲った鹿や猪の目方を量れるジャン」と5000円までなら出せられると入札したまま忘れていたら3100円で落札できました。送料を含めると4000円程です。 新品だとその10倍はしますが、もう日本では製造中止の在庫限りでみんなデジタルになっていて値段も20万円前後する。160キロまで量 [続きを読む]
  • 雨中の血戦 再び?
  •  昨日、罠の見回りをしていると、先週猪が掛かっていた場所から30m程離して掛け替えた罠に猪が掛かっていた。 有害獣駆除だから殺して埋めれば8000円は出るのだが(猟友会が1割取るので手取りは7200円)猟師としては獲物の命を貰う以上は食べられてこそ供養だと思っている。  と言っても我が家の女房殿は家に持ち込むのを嫌い、肉は別にしてある冷凍庫に詰まっているのだが、偶に自分で酒の肴に肉を焼くぐらいなの [続きを読む]
  • 槍と剣鉈を研ぐ
  •  今日はお盆だからと言う訳ではありませんが、何となく気が乗らなかったので、臨時休業(^_^)山にも畑に行かず、外出はヤフオクで落札した支払いのため近くの特定郵便局へ行っただけです。 本を読んだりネットを見たりでゴロゴロしていましたが、夕方になって前回猪を仕留め、布で拭っただけの槍と剣鉈を研ぐ事にした。a href="http://zinenfarm.blog.fc2.com/img/P8144404.jpg/" target="_blank"> 1枚目の写真がこれで一番上が [続きを読む]
  • 今日も獲物無し
  •  山も立秋をすぎたせいか木立を吹き抜ける風にもどこかに涼しさを感じます。 シワシワと騒々しく泣いていた蝉も、気が付くとカナカナと哀調を帯びたヒグラシの声が山を包み、樹林を抜けて道に出ると陽は既に傾いて、山の端を影で際立たせている。 獲物を得ないまま家に帰る猟師は虚しい(^_^)  うーん、獲れません。お盆休みの世間に背き、今日も罠を見回りますが、月も半ばと言うのに未だ猪が1匹だけ、8月は少ないだろうと [続きを読む]
  • 鉄路を守れ
  •  鉄路を守れ!山野に潜み鉄道襲撃を繰り返す敵を駆逐殲滅せよ! 南満州鉄道を襲う匪賊討伐に向かう関東軍の話ではありません。JR西日本から猟友会に鹿の駆除の依頼があったようです。 幸い未だ人身事故は起こっていませんが、増えすぎた鹿や猪が線路内に侵入し列車と衝突して列車を破損させたり、事故による遅延など様々な問題が発生しているので線路近くで活動する鹿や猪を退治してしまおうとの話の様です。 詳しくは9月初 [続きを読む]
  • 地獄谷悲話
  • 先日猪を捕まえた罠も修理を終へ、車に積んでは新たな戦場(^_^)を求めウロウロしておりました。 田んぼの畔で草刈りをしてみえた方に「罠を掛けとるんやけど、猪の出とるとこはないかな?」と聞くと「あそこに猪が入って荒らされた、あれではもう今年は取れんやろ」と案内されたのが最初の写真で、稲がかなり実っている為に、電柵を潜って田圃の入った猪は稲を歯でしごいて壊滅状態にしています。 「今度はうちの田圃が狙われるの [続きを読む]
  • 雨中の血戦
  •   やはり降ってきたか朝から降ったり止んだりの空模様だったが、雨が止んでいる間に仕留めようと棚田の跡に桧が植えられた所を登っていると辺りが暗くなり、大粒の雨が落ちてきた。  昨日、罠に小型の猪が掛かっているのを見つけたのだが、仕留めの得物は山芋堀と剣鉈しかなかった。20センチ程の木が疎らにあるだけでワイヤーが絡みつく物が無く、猪は直径7〜8mの範囲を自由に走り回っており、小型とは言え1m50の山芋 [続きを読む]
  • 有害駆除の報奨金
  •  夜来の雨は上がったものの、雨で柔らかな畑に出る気も起らなかったので小説を読んでいると「ピンポン」と玄関のチィムが鳴った。 誰も出ないので仕方なく玄関を開けると猟友会の福会長の顔があり、予告無しではあるが「待ち人来たれり」だ。 「駆除のお金を持ってきたので署名と印鑑をくれ」との事で、銀行の封筒を貰い、109800円の金額と名前が書いてある欄に署名して印鑑を押す。  4月から6月までの有害鳥獣駆除の [続きを読む]
  • 猿を成敗
  •  今日は月末とあり、有害駆除も月末締めなので罠の見回りです。 先ずは掛かっている可能性の高い山裾へ行きましたが2つとも変化無しなので1つの罠を集落に近づけて掛け替へ。稲が実のって来たのでそれを食べにくる猪や鹿を狙います。  最後に実家の近くで猪の通り道だから罠を掛けろと言われていた所へ行こうとすると、道脇の落ち葉が掘り起こされた様になっている。「猪が来たな、掛かっているかもしれない」と獣道を辿ると [続きを読む]
  • 猪一撃
  •  鈴鹿の山はおかしな天気が続きます。暑い日が続いたので梅雨が明けたと思ったら、また時々雨が降ります。 そんな中で小さいながら猪が罠に掛かりました。  得物は罠を仕掛ける穴を掘る為の鉄製の山芋堀と剣鉈です。チラリと家に戻って仕留めの槍を持って来ようかと頭を過りましたが、小型の猪なのでみかづちと名付けている山芋堀で仕留める事にした。  ワイヤーの半分程は木に絡んでいるから遊びは1.5m程で、体もあるか [続きを読む]
  • 逃げられたー
  •  罠の見回りに行く。最初の罠は里の知人に言われて掛けたものだが、変化も無く近くに足跡も無い。2っ目は田圃の脇の山に掛けていたが、2週間変化がないので掛け変える事にした。掛けてある獣道を辿って奥へ入り、獣道がクロスしている所に掛けなおした。掛かる確率は2倍になるかな(^_^) 最後の山裾の罠に行こうと軽トラを止めていると、山奥の川から引いている水路を管理する集落の人が来たの立ち話をした。どこで良く鹿を見 [続きを読む]
  • 山の神の後利益
  •  そろそろ梅雨も明けるのか、暑い日が続きます。 畑に行く前に一仕事をと、罠の見回りで軽トラを走らせていたら、故郷の知人に出会い「**んとこに鹿がおるので罠を掛けよ」との話である。 現地の目撃情報は確かなので罠を掛けたいのだが、何せ罠は3基しか掛けられない。そこで先ずは掛けてから何の変化も無い罠を見回り、やはり今日も変化無しなのでそれを外して言われた所まで戻って掛けなおした。 罠を掛けていると小高い [続きを読む]
  • 蕎麦の花
  •  空梅雨模様で暑い日が続きます相も変わらず畑と狩猟、そしてその合間に歴史小説なんぞを読んでおます。    狩猟の方は暑くなってからは逆に熱が冷めており、今月は7日現在(それから罠の見回りをしていない)鹿が1頭だけ。 畑の方は雑草と格闘していますが、梅雨の始めに植える予定のトゥルーシーが未だ植えておらず、ちょいと焦っています。 写真は花が咲き始めた蕎麦。蕎麦って種を播いて放置しておくだけで育つのです [続きを読む]
  • 鹿しか獲れない
  •  猟はやはり冬こそ似つかわしいようで、汗だくの中で狩猟をする気が起こりません。どうしてもサボリ癖がついて、掛からない罠を放置していましたが、一つ別の場所に掛けなおしたらそれに小さいながら雌鹿が掛かりました。罠に変化が無いのは獲物が通り道を変えたのであり、やはり掛からない罠はたえず別の場所に掛け変えなければいけないようです。  出かける時に刃物を持っていないのに気付き、靴を脱いでしまってある剣鉈を持 [続きを読む]
  • 雨は降るけど
  •  梅雨に入り、鈴鹿の山にも雨はよく降るのですが、鹿も猪も死にません。先月前半までは鹿が良く獲れて、6月の有害獣駆除は鹿が5匹でしたが、それも16日を最後に獲れなくなりました。 恐らく、気温が高くなって植物の成長に伴い獲物たちの求餌行動も変わって、行動域の変更から従来の獣道に掛けてある罠には掛からなくなったのでしょう? 亀山市猟友会では銃猟優先で犬が罠に掛かるのを嫌って括り罠は3基しか使えません。で [続きを読む]
  • 熊野行
  •  今日は随分と久ぶりに熊野へ行ってきました。写真は七里御浜と獅子岩です。  と言っても観光でなく、薬草苗の配達です。まあ遠くまで配達する程の量ではありませんが、ちょいとばかり南へ行きたかったので悩んでいたところ、若い方が薬膳に取り組みたいので薬草栽培をしているとの事で、熊野行。自宅から客先まで2時間半と、高速道路が出来て随分と行きやすくなりましたね。 畑を拝見させて貰うと、幾種類かの薬草が一緒くた [続きを読む]
  • 空梅雨模様
  •  暑い日が続きますね、このまま空梅雨が続くと私も農家も困ります。 写真は海の無い亀山市では市内で一番釣人が多いと思われる?ニゴリ池で、ご覧の様に今日も鯉を狙って釣人が5名見えますが、かなり水位が下がっています。 ちなみにこの近辺から富士山が見えるとの事ですが昔の畑が今は山林になっているので樹木が邪魔をして撮影ポイントを得られないでしょう。 畑では蕎麦の芽が出揃いました。間引こうかと思いましたが、種 [続きを読む]
  • ラ・マンチャの爺さん
  •  今日は雑用を済ませたあと午前中に図書館へ。「水滸伝 7〜10巻」を借りてきました。改めて図書館を見渡すが、ここから移転する理由が判らない。 カウンターには隣の歴史博物館で展示している「関萬古」の資料がおいてありましたが、図書館が移転したら歴史博物館は死にますね。今でも閑古鳥が鳴いていますがその上に図書館が移転したら利用者は激減する事でしょう。  そして昼からは罠を回って畑に行こうと車を走らせてい [続きを読む]
  • 雨のち鹿
  •  梅雨入りして2日雨が続き、今日は晴れ。畑にも山にも出られなかった2日間は注文を受けたままになっていた何人かのお客様へ苗を出荷して滞貨一掃(^_^)逆に外仕事が溜まりましたが、先ず山へ行くと雨上がりはお約束の「雨が降る日は鹿が死ぬ」でメス鹿が掛かっていました。 そろそろ犬の餌用で鹿肉の注文がある頃ですが、忙しくて皮剥きや解体をしている暇が無いので補助金の出る有害獣駆除では原則の埋設処理。  それを終え [続きを読む]
  • 梅雨が来る前に
  •  明日から梅雨入りの天気予報を受けて、今日は朝から必死の農作業。何とかツボクサの植え付けを2畝、蕎麦の種まきを3畝済ませる事が出来ました。 2枚目の写真は6月3日の写真で御覧の様に荒れ地でしたが、その前に右半分の草刈りをしていたので延べ5日で何とか作業を済ませて雨を待つばかり。後は雨の合間にモミガラを敷こうと思います。  ツボクサは越冬に失敗して壊滅状態でしたが、何とか残った物から93ポットの苗を [続きを読む]
  • 図書館移転
  •  今日の朝日新聞に、亀山市図書館を駅前に移転する計画ついて、それを進める市長と市議会の対立について書かれていた。図書館を利用する人なら誰でも判る事だが、駅前に移転する必要は全く無い。公園の中にあり、小学校や中学校にも近く文化、福祉、教育施設が集められていて集積効果もある。  例えば、図書館を移転したら歴史博物館なんて利用者が激減するだろう。私はそれなりに図書館を利用するが、そのついでにたまーにでは [続きを読む]
  • 最後も鹿
  •  今日は有害鳥獣駆除の5月分活動報告書を猟友会の班長さんへ提出。 今月の報告は昨日の31日に鹿を一頭加える事が出来て猪1頭、鹿4頭で合わせて5頭だ。本当は猪をもう1頭捕まえているけれど、捕獲は17日でも掛かった日は16日で愛鳥週間に罠を掛けたままにしたと猟友会の会長が至極ご立腹との事で報奨金の数に加えるのは自粛した(^_^;  班長さんの言う所では来年は有害駆除のメンバーから外すとまで言っているそうだ [続きを読む]
  • 鹿を追う
  •  暑い日が続きますね。年寄りは体が既に干からびているので、無理はせずにサボリモードの日々を過ごしております。 そんな無聊の慰めに図書館で北方謙三の「水滸伝」を借りてきました。全19巻、幸い前史である「楊家将」は前に読んでいますが、「楊令伝」「岳飛伝」を加えると果たして生きて読み終へられるのか?  読むきっかけでもある、彼が朝日新聞に連載していた「人生の贈りもの」の中で「武王の門」と「破軍の星」を書 [続きを読む]
  • ハンシレン刈り取り
  •  昨日は頑張り過ぎたのか、それとも単なる寝不足なのか、今日はやたら眠くて体の調子がイマイチなので自宅でブラブラして過ごす。しかし、ミネルヴァの梟と私は迫り来る黄昏に飛び立つ(^_^; とは言うものの山へ行くには遅すぎるし、関の畑も遠いので、自宅近くで借りている畑でハンシレンの刈り取りをする事にした。  ジャーン、今日も昨日に続いて秘密兵器の登場だ。この冬にヤフオクで落札した一人用背負式茶刈機である。ご覧 [続きを読む]
  • 芍薬の花と牡丹鍋の材料
  •  またまた通信速度が超遅くなってご無沙汰気味です。  変わらぬ日常を送っており、芍薬も蕾や開花すぐに摘み取っているものの満開の頃となりました。どうせ切り取る花なので地主さんや前のオバサンに好きなだけ切って欲しいとお願いして喜んで頂いております。咲いている花で梵天種以外を調べましたが、やはり薬用で栽培されていた物だけに種類は多くありませんでした。  上の段は未だ判りませんが、下の段は左が「紅小町」、 [続きを読む]