MUUSAN さん プロフィール

  •  
MUUSANさん: 読後充実度 84ppm のお話
ハンドル名MUUSAN さん
ブログタイトル読後充実度 84ppm のお話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rose_music_etc-old/
サイト紹介文クラシック音楽とバラの話題を中心とした雑記。最新記事は「新・読後充実度 84ppm のお話」で日々更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/08/07 12:00

MUUSAN さんのブログ記事

  • 異教徒は誰だ?♪ベルリオーズ/宗教裁判官
  •   信者になるにあたって……? 先週、金沢出張から戻るときのこと。 特急列車の窓からこんな看板が見えた。 確かにそうだ。 よ〜く注意してから決断した方が良い。 実はひたすら金儲けすることを目的にしているかもしれない。 あるいは性の桃源郷のような団体かもしれない。  どつぼにはまって…… ベルリオーズ(Hector Berlioz 1803-69 フランス)の序曲「宗教裁判官(Les fancsjuges)」Op.3,H.23d(1823)。 もとも [続きを読む]
  • 丼の中を黄色に染めない器用な店主♪DSch/Sym3(by ペトレンコ)
  •   労働者の日の行事に参加するのもたいへんだけど…… ゴールデンウィーク真っただ中の今日、労働者の皆様におかれましてはメーデーにも参加しないで、仕事のやる気の起きなさからボーっとしていることと思われるし、学生諸君については、ラッキーなところでは開校記念日とかで休めているだろうし、そうでないついてない学校に通学中の人々は、いつにもまして勉強する意欲が薄らいでいることと思う。 私はといえば、連休中であ [続きを読む]
  • The 蹲踞♪間宮芳生/子供の領分
  •   いや、無理もないでしょう 「いなかっぺ大将」というマンガがあったことを知っている人は、少なくなくはないだろう。 マンガ自体は知らなくとも、「大ちゃん数え唄」はその後もアレンジされて歌われているのを聴いたことがあるので、そちらの方は知っているという人は数多くいることもないかもしれない。 オリジナルの「大ちゃん数え唄」は天童よしみがまだ吉田よしみという名のときに歌ったものだ。ということは、天童よし [続きを読む]
  • 春に鳥はかわり♪GM/Sym3のⅢのもとになった歌曲
  •   鴨から鶏にかわり あの店の看板というか、感心する印象的な絵が替わった。 調達していたセドリ鴨も青首尾長鴨も、もうお客様たちの胃袋に収まり尽くしてしまったのだろうか? 鳥類だけでなく、鹿さんや猪さんも人々のおなかに収まり、在庫がなくなってしまったのかもしれない。 終わりの見えない歯科通院している私には、ちょっぴりうらやましい。 そして鴨の後継者は、この地での鶏の定番の名物である。 でも、共食いは [続きを読む]
  • 視野に飛び込んできたのはあなたの方です♪御使いうたいて
  •   相談相手もなく撤退? 先日、名古屋市郊外をさまよっていて目にした風景。 4階建てのビルと呼びたくない雰囲気だが、でも一軒家でも倉庫でもないのでしかたなくビルと呼ぶが、そこに“身上相談”の看板が。 一心館という格闘技道場のような名も読める。これが身上相談所の名前なのだろうか? それは4階にあるはずだ。 しかし、どう見てももぬけの殻。 撤退したらしい。 撤退しなければならない状況になったとき、ここの [続きを読む]
  • 首の運動♪レハール/金と銀
  •   はい、若干焦げ臭いです 昨日は約2週間に一度の歯科通院の日だった。 以前大いに腫れた歯肉は、いまではすっかり落ち着いているが(腫れたまま落ち着いているのではなく、治ったという意味である)、予防も兼ねて2週間に一度レーザーを照射するのである。  頑として起きないやつ 歯科といえば、先日名古屋のマチナカを歩いていたら、こんな看板を見かけた。 私は意地悪をしているのではない。 携帯で撮った写真なのだが、 [続きを読む]
  • どツボにはまってさぁたいへん♪シューベルト/涙の雨・止まれ!
  •   驚き桃の木連結器 先日地下鉄に乗ったときのこと。 私は4番ドアから乗車した。 1車両につきドアは3対あるので、前から2両目の前側のドアということになる。 そこは優先席がある場所である。 私は優先席の前に立った。 3人掛けのこのシートの両端には優先席に座る権利を有している人が座っており、真ん中は空いていた。 もちろん私はそこに座ったりしない。 真ん中に入ると魂を抜かれるというではないか! ではなくて、 [続きを読む]
  • 虎のしゃもじを求めて……♪ミントンが歌うGM/大地の歌
  •   非家電商品を買いに家電量販店に 先日、大型家電量販店にしゃもじを買いに行った。 ごはんをよそうときに使う、あのヘラ、漢字で書くと杓文字なる器具である。 これまで使っていた、炊飯器に付属していたものが、年を経て、ご飯がごびりつきまくりになってしまったのだ。 もちろん、その日になって急にひどくこびりつくようになったわけではない。がまんにがまんを重ねてきたのだが、ついに私の方が耐えられなくなってしま [続きを読む]
  • 日々の継続は力なり、ではなくて?♯シュニトケとかリャードフとか
  •   リバイバル? 8月末から9月頭にかけて、私としては信じられない奇妙な現象が起こった。 簡単に言えば逆転現象である。 簡単に言わなければ、あなたはもう世間から忘れられているはずなのに、現役バリバリに働いているやつのプライドを傷つけやがって。でも、なかなか大したものだ。老いてますます盛んとは、あなたのためにあるような言葉で飲んでないのにニンニク卵黄効果、ってことである。 どうしてこうなったのか、まっ [続きを読む]
  • 牛丼でも豚丼でもかしわ丼でもなく……♪WAM/p協1(by ソフロニツキ)
  •   PENTAXを看板にする良いお店 今日になってしまった、つまりセプテンバーになったために、先月の出来事になってしまうのだが、今池という場所に用があって出かけた。 散歩ではない。仕事である。 なお、犬などの重大なるウイルス疾患はジステンバーである。 その今池の交差点のところにPENTAXの大きなネオン看板があった。いや、大きなネオン看板を支えているビルがあった。 私とPENTAXの出会いは、大学生の時に過酷なバイ [続きを読む]
  • 店構えだと?職人は腕で勝負よ!♪ヴィヴァルディ/RV.608
  •   ドクターの家の見た目は仕事と関係ないけど…… 外壁が傷んだ。見た目が古臭くなった。もっとかわいらしい外観にしたい。 家々によって事情はさまざまでしょうが、工務店選びに悩む人も多いかも。 そんなあなたに、こういう店を見つけたのでご紹介。 外装のリフォームもやってくれる、“住まいのドクター”の店です。 えっ、店の外装?…… 何か問題でも? ヴィヴァルディ(Antonio Vivaldi 1678-1741 イタリア)が書い [続きを読む]
  • 出身地は“ひこく”?♪ハイドン/7 Words(pf version)
  •   質屋を見てF.W師を思い出す F.Wというのは Wilhelm Friedemann Bach のことではない。そうならW.Fだもん。 F.W師というのは、私が中学生のときに通っていた学習塾の数学の先生のことだ。 単なる先生ではない。主宰者であった。 大手の塾ではない。単独の独立系超弱小学習塾であった。 F.W師もこれが本業。 詳しくは知らないが、大学時代にここで講師としてバイトをし、そのまま主宰者になってしまったということだろう。 [続きを読む]
  • いつの間に縁組してたんだ?♪L.A.S.B.Sch(?)/Sym5
  •   猫も杓子も“世界遺産”? 久しぶりに音楽専門誌である“レコード芸術”を買った。 何かひかれた記事があったわけではない。買うに至った成り行きについてはここをご覧いただきたい。 この7月号の特集は“新・世界遺産CD 記憶にも、記録にも残る100枚”。 なんというか、苦しい企画だ。 たまにしか買わない私でも「またか」と思うのだから、いつも似たようなこういう特集を繰り返しているんだと思う。 評論家による“新 [続きを読む]
  • ロココかバロックか?いや、ウェスタンだ♪クライスラー小品集
  •   70年以上の歴史と伝統 先日名古屋市は港区に用事があったのだが、仕事が終わった時間が正午近くだったので近くにある食堂に立ち寄った。 その名も“港キリン”。 創業昭和20年という歴史あるこの店は、港の近くということから寿司や天ぷらなどのメニューが充実しており、またボリューミーである。 地元の人たちと思われるお客さんでにぎわっていた。 あとでインターネットで店のホームページを見ると、なんと驚きのお知ら [続きを読む]
  • レンサーパンダ♪WAM/私は涙もろい
  •   おちゃらけパンダが少女の運命を握る 前回ご紹介した、名古屋の某ビルの壁画。 そのときはメタボな赤ずきん系小僧と小象だか大象の部分の写真を載せたが、その隣にはパンダが連なった絵が描かれてある。 6頭のパンダの上にはマスゲームの主役さながらに、こちらもややメタボ症候群っぽい女の子が描かれており、その手は、これまたなぜか象と同じくキラキラに輝く涙を浮かべているキリンの頬をぶっている。 いや、撫でている [続きを読む]