☆blossom☆ さん プロフィール

  •  
☆blossom☆さん: 出会いのアプローチ
ハンドル名☆blossom☆ さん
ブログタイトル出会いのアプローチ
ブログURLhttp://ameblo.jp/cherry-blossom-color/
サイト紹介文出会いのきっかけアプローチのノウハウ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/08/17 18:31

☆blossom☆ さんのブログ記事

  • 若さを保つことが大事
  • 自分を変えるということであれば、外見をガラリと変えることが近道の場合があります。メイクやファッションでいかに自分を良く見せていくのかということです。これは一見若さを保つ方法としても有効ですが、出会いから好意を寄せている人に良く見られたい、見て欲しいということからまずはルックスを重要視することが大切なのです。もちろん内面の美しさで勝負したいところですが、第一印象はどうしても見た目に頼らざるを得ないか [続きを読む]
  • 昔は良かったというのは禁句
  • 昔は美男美女だったのに、時が経って劣化していった、というよりは期間限定の付加価値といったものが外れて本来の素材通りの外見になったということが言えるかもしれません。もっとも、「昔はあんなにもてはやされていた」という過去の栄光のイメージが強すぎるばかりに必要以上に現在の凋落感が漂ってしまうのです。過去を知らない人からすれば、現在でも十分に「いけている」として通るのかもしれませんが、過去の栄光があるだけ [続きを読む]
  • 維持していくのは難しい
  • 10代や20代のときなど、比較的若い頃に「美人、ハンサム」ともてはやされていた人が、そのときに記録していた高い偏差値を維持していくのはとても難しいものです。これはテレビなどで「なつかしのアイドルは今」といった形で登場する人を見てもわかるのですが、とても苦労しているのがわかります。特に昔は美人と言うよりは愛くるしいアイドルタイプの顔立ちの人は特に大変なのです。もともと「若い」「元気はつらつ」「あどけない [続きを読む]
  • 美男美女に栄枯盛衰はつきもの
  • どんなに美男美女であっても、 栄枯盛衰はつきものなのです。 それを痛感させられるのは 数年あるいは数十年ぶりに行われる 同窓会のようなシチュエーションにおいて ではないでしょうか。 学生時代には他の追随を許さないような ダントツの美男美女偏差値を誇っていたような人が 久しぶりに会ってみたら、 当時の輝きはどこへ行ったのか、 ごく普通のおじさんや おばさんになっていたということがよくあるのです。 これはいったい [続きを読む]
  • 青春時代
  • 子供の頃に抱いた恋心を、相手に伝えなかったことはどれだけあるでしょうか。クラスで一番駆け足の速い男の子に、憧れた女の子は多いはずです。勉強ができて先生からいつも褒められている可愛い女の子を、友達同士でじゃれ合う傍らこっそり見つめた男の子もいるのではないでしょうか。小さな頃の出会いは甘酸っぱい思い出となり、中学や高校に進学しても似たような経験は続くはずです。周りの友達に彼氏彼女ができる中、焦りと共に [続きを読む]
  • 恋とは頭ではなく心でするもの
  • 思わせぶりな女性達の行動はどれを信じたらよいのか分からないと、恋に悩む多くの男性達は日々頭を抱えています。バイト先の可愛らしい女の子を夜遅くに家まで送ってあげて、親切にしたことに素直な感謝の気持ちを伝えられれば男性としてはもちろん嬉しいはずです。職場で仕事に疲れている女性の同僚や後輩を飲みに誘い、他の人には打ち明けない悩みやストレスを自分に対してだけ隠さず明らかにしてくれれば、頼られている事を誇ら [続きを読む]
  • 年上の好きな人
  • おそらく嫌われてはいないだろうという推測はできるものの、自分の事をなかなか恋愛対象としては扱ってくれない手ごわい相手に恋をしたことはあるでしょうか。人との出会いは同年代の間だけで起こるものでは勿論ありません。年下の人と出会う事もあれば、年上の人と出会う事もあります。そして恋をしてしまった相手が自分よりもだいぶ大人として落ち着いた年齢にある場合、可愛がってもらってはいても恋愛対象としては傍に置いてく [続きを読む]
  • 両片想いの二人
  • 誰の目から見ても仲の良い恋人同士でしかないのに、実際の所はただの友達という関係に留まっている男女は少なからずいるものです。周りからしてみればそれは非常にやきもきする距離感でしょう。友人だと断言するには明らかに親密の度合いが激しく、かといって当人達の口からは決して付き合っているとは返ってこない場合、どうして付き合わないのかという疑問がほぼ間違いなく沸いてきます。古くからの付き合いである友人に、そのよ [続きを読む]
  • 友達以上恋人未満
  • 人との出会いにはいろいろな形がありますが、出会った人との関係の築き方もまた様々な形があります。ビジネスとしての社会人同士の関係を持つ事もあれば、良好な友情を交わして相談をし合える関係もあるでしょう。友人と言ってもどちらかと言えば上辺だけの仲である相手もいれば、お互い腹のうちを見せ合うような深い間柄の場合もあります。こういった深い友情で結ばれた相手が、同性であるか異性であるかによってもまた関係の在り [続きを読む]
  • 浮気の可能性
  • 恋人がいて幸せそうに見えるカップルの中には、常に恋人の浮気を心配している人もたくさんいます。誰だって好きな相手に浮気をされるというのは嫌なものです。特に友達が多く、常に出かけることが好きな相手の場合には不安も大きいのではないでしょうか。実は、恋人が行動派という人は注意が必要です。行動派の人というのは興味を持つとそこに向かってしまうタイプが多いため、浮気の心配がつきまといます。休日を別々に過ごす場合 [続きを読む]
  • 金銭感覚のチェック
  • 休日は家で過ごしたいと考えている人はたくさんいます。休日くらい体も心も休めたいと考え、家でゆっくりとテレビを見たり、掃除や洗濯などをしたりして過ごしたいという方も多いでしょう。しかし、このようなタイプの人も行動派の人と付き合うことで楽しみを増やすことが出来ます。自分が理想とする休日を過ごしたいという気持ちは分かりますが、休日に思い切って出かけることでリフレッシュ出来、意外と疲れが取れるということも [続きを読む]
  • 人生を豊かにしてくれる相手
  • 最近恋人が出来て休日が充実しているという人も多いでしょう。恋人が出来れば次の週末のデートなどを考えて、一週間楽しく過ごすことも出来ます。やはり恋人と呼べる人とのの出会いは人生を潤してくれる素敵なものです。恋人が出来たことで、どんどん行動範囲や視野が広がればもっと生活は楽しくなります。特に行動派の恋人と付き合っている方は、それまで行ったことのない場所へ出かけることが出来たり、やったことのないことを経 [続きを読む]
  • 苦手と決めつけない
  • 好きな人が出来、思いが届いて晴れて恋人同士になれたと喜んでいる方もいるでしょう。そうそう好きになる人との出会いは訪れる訳ではありませんから、この縁を大切にしたいものです。しかし、どんなに好きになった人でも実際付き合ってみてから分かることがたくさんあります。友達としての付き合いが長ければある程度の趣味や好みなどははじめから知っているでしょうが、プライベートでの付き合いがあまりない相手であれば付き合っ [続きを読む]
  • ゆっくり過ごしたいタイプ
  • 好きな人が出来た方の中には、今までのタイプと全く違った人との出会いにより恋愛へ発展した方もいるでしょう。それぞれ、異性の好みがあると思いますが、好みの人だけを好きになるわけではありません。人には様々なタイプがあり、家でゆっくりと過ごすことが好きな人もいれば、時間があれば外に出たいという方もいます。実はこのタイプの違いというのは恋愛をしていく上で、時に大きなネックとなってしまうことがあります。例えば [続きを読む]
  • 強要してはいけません
  • 良い出会いがあり付き合ったものの全く趣味が合わない。付き合う以前に判っていたけれど、一緒に過ごす時間が長くなるたびに感じてしまう相手の趣味の不可解さ。一緒に過ごす時間は趣味に没頭して欲しくない、一緒にできることをやって欲しいと考え、無理に自分の趣味に付き合わせようとしたり、相手の趣味をけなしてはいけません。強要することは相手に苦痛を与えます。自分色に染まってもらおうなどと相手に自分の趣味を押し付け [続きを読む]
  • 歩み寄る努力
  • 素敵な異性と出会いがあり、第一印象からとても惹かれるものもあるのに会話の中で趣味が合わないと感じたことはないでしょうか?共通の趣味があると話も盛り上がり、その後の二人の関係も、早急に親密なものと変化することが多いのですが、そうではない場合、どのようにすればよいのかが判らなくなってしまいますよね。全ての人間が同じ考えや同じ趣味であることはありません。趣味が合わないだけでその人を諦めることはあなたの人 [続きを読む]
  • ツンデレタイプの人
  • 天然系の人やニコニコとして愛嬌のある人は、他人を悪く言うことがなく人を攻撃しない、という信頼感があり、多くの人が魅力を感じるようです。完璧な人でスキがない人でも、どこか抜けている部分があると、そのギャップ効果に何故か憎めなくなることもあるようです。ギャップ効果といえば、ツンデレタイプの人も何故か憎めない存在になるのではないでしょうか。ツンデレタイプは、出会いの時から少しシャイな部分があって、また可 [続きを読む]
  • 他人を悪く言わない
  • 天然系で少しおっとりしている人と出会い交際に発展した人が、いつも誰かの悪口ばかりを言っていると、スキがあって可愛いところが魅力だったのにと惹かれたものの、その人を信用することが出来なくなります。笑顔が素敵で愛嬌がある人は、他人の悪口や、人に攻撃的にならないようです。人の悪口も最初は興味本位で聞いていても、話題がいつも他人を悪く言うばかりでは、話題に乏しく、かつ楽しくありません。他人を悪く言ったり、 [続きを読む]
  • ニコニコ愛嬌がある人
  • いつも完璧で、仕事が出来て、ファッションセンスも素晴らしい人、というのは近づき難く、気軽に話ができないというイメージがあります。憧れの存在であっても自分には釣り合わないと、せっかく出会いがあっても、恋に発展する前にあきらめてしまうケースもあるようです。完璧でスキがない人でも、どこか抜けている部分があって、そのギャップを見つけられると親しみがわくようです。愛嬌があっていつもニコニコしている人は、仕事 [続きを読む]
  • 完璧なのにズボラな人
  • 天然系の人は、計算をしている小悪魔タイプの人でも、計算をしていない人でも、なぜか憎めない存在になります。職場での出会いがあった時に、仕事は完璧で、頭の回転がよく、ファッションセンスも抜群な人は、天然系の人よりもスキがなく近寄り難い存在になってしまいます。ちょっと天然な人のほうが親しみやすく、気軽に話ができるイメージがあるようです。しかし、完璧な印象を与える人が、例えば、家に遊びに行くとズボラな性格 [続きを読む]
  • 計算していない天然系の人
  • 天然系を演出している小悪魔な人か、計算をしていない天然系の人かは、恋人には分からないものです。異性の前では天然系でも、同性の前ではいつも機嫌が悪く態度が悪い人は小悪魔的な人ですが、同性の友達の前だけでしか出さない素顔なので、異性には分からないようです。出会いがあった時には、天然系で可愛い人、という印象をもっているので、計算かどうかがわかりません。小悪魔的な印象を持たれるのは、女性が多いと思うかもし [続きを読む]
  • 子供
  • 子供のころ、男の子と女の子とでは大きな違いがあります。たとえば、女の子に比べて男の子は動き回りますし、それに伴い筋肉の発達の仕方が異なります。男の子は車や電車が好きになり、女の子はぬいぐるみやお絵かきが好きになります。一般的に、興味のあることをすぐ実行したくなるのが男の子で、少し距離をとって安全かどうか見極めるのが女の子の特徴でもあります。このように子供のころには、男の子と女の子で大雑把な違いがみ [続きを読む]
  • 理想
  • 女性が結婚で求める条件と、男性が結婚に求める条件とは、しばしば食い違ってしまうものです。もちろん、個人個人、さまざまな理想があり、同じ理想を持つ人に出会うほうが難しいのですが。しかし一般的には、概して、男性に幸せにしてもらいたいとおもうのが女心、そして女性を幸せにしたいと思うのが男心といえるでしょうか。もちろん男性を幸せにしてあげる、という気概を持つ女性や、女性に幸せにしてもらいたいと考えている男 [続きを読む]
  • 飲み会
  • 飲み会では、男性主導で盛り上げてほしいと思っている女性は多いはずです。万が一、無口な男性を前にして、女性が自ら鉄板ネタをふり、場を盛り上げる姿をみたとしたら、何か切ない気持ちが芽生えてくるでしょう。いただけません。おもしろい女性は人気がありますが、それはあくまで、一緒にいると楽しくなるというレベルでの話。プライベートであるにもかかわらず、女性が芸人のごとく身を削って飲み会を盛り上げるような姿を、で [続きを読む]
  • 縦と横
  • 職場におけるランチの取り方をみてみると、男女でそのあり方に特徴がでます。女性は同僚や友人とのランチタイムをつくるのが上手に見えますし、男性は上司や部下との情報交換をするのが上手にみえます。どちらかといえば、女性は友人や同僚との協調的な、横の関係に重きを置いていますし、男性は上司や部下、先輩や後輩との縦の関係を大切にしているようにみえるのです。もちろん個人ごとにいろいろなあり方がありますから、一概に [続きを読む]