安蔵 博 さん プロフィール

  •  
安蔵 博さん: D'une fenêtre à Paris パリの窓から
ハンドル名安蔵 博 さん
ブログタイトルD'une fenêtre à Paris パリの窓から
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hanaajisai/
サイト紹介文パリの花、街、日常を写真とエッセイで綴っています。 パリの窓から日本の皆さんへ。
自由文東京芸術大学卒業、1997年渡仏。パリエコール・ノルマル音楽院卒業。トゥールーズフランス歌曲国際コンクール、パリフランス歌曲国際コンクールセミファイナリスト パリレオポール・ベランコンクール第2位。パリ市シャトレ劇場主催マスタークラスオーディション合格。フランス、日本を中心に演奏活動を展開。2012年よりフラワーアレンジメントに携わり、金本久美、ジョルジュ・フランソワに師事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/08/09 07:29

安蔵 博 さんのブログ記事

  • 野茨と青い傘
  • 僕の実家に毎年咲く野茨(ノイバラ)その昔父が植えたつるバラが、ある年突然原種に戻ったことを以前、記事に書いたことがある。今年も、このノイバラ、そして、3年ほど前に植えた、つるバラの「ヒマラヤンムスク」が、見事に咲きそろった。一番嬉しいはずのこの季節が、今年は、僕にとっては、とても不安で緊張した辛い季節になってしまった。母にこの花たちが咲いたことを知らせたくて生けたこの花。僕にとって、最も好きな花と [続きを読む]
  • 黄色の幸せ
  • すっかり初夏の陽気今日も水戸は快晴、日差しも眩しい午後です。庭の大木の木香薔薇が見事に咲き揃っている。母が昔植えたこの木香薔薇は、毎年見事な黄色の花をあふれんばかりに見せてくれます。今まで、ちょっと惜しいような気がして長い枝を切ることはして来ませんでしたがやはり、今思い立ったことをしておくこと、先延ばしにする事なく、今、したい事をしておくこと。人生は、自分が思うよりもずっと短いんだと、と心からそう [続きを読む]
  • 不朽の花
  • 水戸は今日も爽やかな晴れここ実家の庭には、木香薔薇、ジャーマンアイリス、大手毬、著莪 ツツジが咲き始めている。当たり前のことだけれど、花は蕾をつけ、花開き、散っていく。生けるものすべては、同じ法則に従ってその周期が短いか、長いかは、それぞれだけど、全てに必ずや終わりがやってくる。でも、僕は「終わりのないもの・永遠に存在するもの」というものは、必ずあると信じている。それは、形ではなくて、「思い、思い [続きを読む]
  • 晩春夜
  • 水戸はすっかり新緑の季節を迎えている。今は山吹が風に揺れ、藤や、木香薔薇が蕾を膨らませている。新しい、自然の息吹に満ちて、今、この庭は一年中で最も美しい姿を見せている。この庭の新しいグリーンが広がる頃に毎年、この季節に実家に帰っては庭仕事をするようになって8年。いろんなことがあったけど、あまりにも速く過ぎ去って、今の僕には、あったかくて、美しい、そしてまた、寂しい思い出になりつつある。毎回、母との [続きを読む]
  • 晩春夜
  • 水戸はすっかり新緑の季節を迎えている。今は山吹が風に揺れ、藤や、木香薔薇が蕾を膨らませている。新しい、自然の息吹に満ちて、今、この庭は一年中で最も美しい姿を見せている。この庭の新しいグリーンが広がる頃に毎年、この季節に実家に帰っては庭仕事をするようになって8年。いろんなことがあったけど、あまりにも速く過ぎ去って、今の僕には、あったかくて、美しい、そしてまた、寂しい思い出になりつつある。毎回、母との [続きを読む]
  • 春愁
  • 先日 山形のフローリスト、小西克彦さんが送ってくださったお花で作ったアレンジをご紹介しましたが今回も、小西さんが送ってくださった、姫百合、ブルーレースフラワー、ビバーナムスノーボール コデマリ、雪柳で、パニエアレンジを作ってみました。姫百合のオレンジ、最初は少々戸惑いましたがなんのなんの、なかなかいい感じに仕上がってくれました。パリでよく使っていたビバーナム、久しぶりの再会がなんとも嬉しかった。も [続きを読む]
  • ありがとう
  • 以前から、僕のFacebookや、ブログ記事で僕の書く記事を読んでくださり、沢山の方々から、励ましのお言葉をいただきました。詳しくここでは書くことは出来ないですが、いつかその時が来たら、皆さんにご報告しようと思います。「誰も一人では生きていけない」よく聞く言葉だけれど、それを身にしみて感じるこの頃です。「安蔵さん、この花で作品を作ってください。それが安蔵さんの癒しとなってくれたら嬉しいです」そう言って、た [続きを読む]
  • 椿の装花
  • 実家の庭の 様々な椿を摘みました。最近では白 桃色 白と赤の肥後椿も咲き始めています。いつも、綺麗だと思っても、どうしても和のイメージがあってブーケやアレンジに椿を用いようと思わずにきたけど、椿の神秘性や、その気高さに気づいて梅の花と一緒にいけて以来、たくさんの様々な椿でアレンジを作ってみたくなり、今回、沢山沢山摘みました。こんなに積んだことは、今まで一度もなかった。今目の前の現実を、一時忘れられ [続きを読む]
  • 「あたらしい あした」
  • 水戸は最近まで暖かな春の陽が続いていましたが昨日、今日はどんよりと曇り空、寒くなりました。庭の白梅、紅梅もそろそろ終わりを迎えます。先月末から、精神的に、肉体的にもとても厳しい毎日。全く先も見えない、いつまでこんな日々が続くのだろうと毎日毎日、ひたすら突っ走っているけれど、悲しんでいる人にも、喜んでいる人にも悩んでいる人にも、春が訪れる。それは、最近の僕には無情にさえ思えていたけれど、青い空に映え [続きを読む]
  • 椿
  • 僕の実家には椿の木が沢山ある晩秋から冬にかけては侘助そして今頃になると藪椿が咲き始める。4月になれば 肥後椿や、色さまざまな椿が咲見事に咲くけれど、でも、僕がやっぱり好きなのは、この藪椿。藪椿には、沢山の思い出がある。いつもこの季節には、僕たちにとって一番身近な花である、椿と梅の花この家に暮らしてきた母も父も、姉も僕も、この花が咲くことを、まだ続く寒さの中で心待ちにしていた。あれから長い長い [続きを読む]
  • 昨日の大雪、水戸は12cmの積雪4年ぶりに見た水戸の雪景色咲き始めた梅の花に雪が重なる様はなかなか美しいものでした。今日の水戸は晴れ、パロットフレミングと、ブラックパロットの二種のチューリップに黄房水仙と雪柳、小手毬のアレンジを作りました。このブラックパロットのチューリップはランジス市場でこの季節には何度も仕入れたものでした。故郷水戸でまたこのチューリップに出会えたことがとても不思議な感じがする。で [続きを読む]
  • チューリップとラナンキュラスのアレンジ
  • 今月6日に買ったチューリップ。古い家だけに寒い所為か、なかなか開かなかったけれど、今、やっと見事に開いてくれた。僕は 開いた花が好きです。蕾が美しい花もあるけれど、花びらやしべが見えるように、優雅に開いた花はとても美しいと思う。たとえ、翌日には 花びらが散り始めてしまうかもしれなくても、その儚さも、そしてその花が散る姿も、また美しい。たった一時でも、最高に美しく開いた花たちを飾れること、それ [続きを読む]
  • クリスマスローズの装花
  • 水戸の最高気温は13度ここ2日ほど、昼間は春を思わせるような気温です。今回はクリスマスローズ、小手毬、雪柳、白梅のアレンジ。水戸といえば偕楽園。もうそろそろ偕楽園では梅まつり始まる頃。僕の実家の庭の梅も咲き始めました。どうしても和のイメージが頭から離れられなかった梅の花ふと思いついて、庭の梅の花を採取してクリスマスローズに合わせてみると、なかなかいい雰囲気。梅の花に和のイメージしか持てなかった事を [続きを読む]
  • 春花便り
  • このところの寒波で水戸の最低気温−4℃この家をずっと離れて、都会で暮らしていた僕にとっては想像以上に厳しい寒さに感じられます。パリのアトリエは、常に暖房が効いていて、生活は本当に楽だった。田舎での生活は、パリのでのそれとは全く違う。パリのあの美しい街は僕のもう一つの故郷。あの暮らし、あの環境がどんなに恵まれていたのかを時々思い知ることもある。でも、こうして手が凍るほどの冷たい水で水揚げをして [続きを読む]
  • マーガレット
  • 小さい頃、実家の近くに流れる小さな川によく遊びに行った。その川に向かって降りる坂道上の丘にあの辺りには珍しい洋風の家が建っていた。その下の土手には、春にたくさんのマーガレットが一面に咲いていた。去年の秋、買い物の帰り道、その土手ことを思い出して、少しだけ遠回りしてそこを通ってみると今でも、その洋風の家も丘もその当時のままだった。勿論マーガレットは、花こそ咲いてはいなかったけれど、でも当時のまま健在 [続きを読む]
  • 恭賀新年
  • あけましておめでとうございます旧年中は大変お世話になりました今年もどうぞよろしくお願い致します昨年末 以前イベントをご一緒させていただいた、山形市のフローリスト「フルール花音」のオーナー、小西克彦さんのお友達で、水戸市の「フラワーアトリエ ねむの木」主宰の白田美穂さんをご紹介いただきそのご縁で水戸の花市場をご案内いただきました。久しぶりに訪れる花市場。市場独特の活気、そので働くスタッフの皆さんの温 [続きを読む]
  • 『探春花』 一年の終わりに
  • 一年が終わりを迎える誰もがそうであるように、僕も今はこの一年をふりかえりつつ、新しい年に向けて、僕自身の進むべき方向を考えながら今現在目の前にある現実や困難にどう立ち向かうべきなのかを考えたりしている。自分ではどうにもならないことがあるけれど、この先、僕の中で大きな後悔を残さないために、今は僕の出来ることの限りを尽くしているし、尽くしていこうと思っている。僕も人間だから、様々な変化を嘆いたり、悲し [続きを読む]
  • MERRY CHRISTMAS
  • MERRY CHRISTMAS幸せなひと時を過ごされますように ランキングに参加しています!こちらを↓応援 していただけましたらとても嬉しいです! にほんブログ村 [続きを読む]
  • 星降る夜のリース
  • もうすぐクリスマス親しい人たちが、幸せなクリスマスを迎えて欲しいそんな気持ちを込めて、庭で摘んだ、檜葉、万両の実、紅葉アイビーの蔓でクリスマスリースを作りました。僕も、22年ぶりに実家でクリスマスを迎える。もう何年も一人きりでクリスマスを過ごしてきた母と、今年は、ささやかなお祝いしようと思っている。リースを作るとき、普段アレンジを作る時とはまた違った、暖かな気持ちになるのは僕だけだろうか。僕の大切 [続きを読む]
  • 向寒花
  • 久しぶりの投稿です。ここ一月あまりの間、滞在許可証の取得のためにパリに1週間だけ戻った後、フランス人の親友と一緒に、晩秋の日本を3週間、あちらこちらと旅をしました。ほぼ1ヶ月ぶりに戻った実家の庭は、すっかり冬模様になっていました。今、咲いているのは「山茶花 サザンカ」。この庭には、祖父が植えた山茶花の長い生垣があります。秋から冬に、優しく、どこか寂しげな花を咲かせて、葉の落ちた庭に、密やかに [続きを読む]
  • セイタカアワダチソウの装花
  • 『セイタカアワダチソウ』普段、雑草として誰もが嫌がる花。でも、草むらに、ススキと一緒に群がるこの花が夕日に照らされ風に揺れる様は、たとえ嫌われた花でも、やはり美しい。今回はそのセイタカアワダチソウの装花。そして、沢山の果物や木の実を使ってディスプレイしてみた。リンゴ以外は全て自宅で取れたもの。この家の庭には、秋になると、沢山実がなり、様々な木々が色づく。ゆず、アケビ、郁子、かりん、金橘、かぼす、無 [続きを読む]
  • 帰郷花
  • 最後のレッスンの後、来春に出版される、ある本の表紙のアレンジと写真撮影という最後の花仕事を無事に終え、日本に戻ってきて5日が経ちました。悩まされた時差ボケもやっと正常に踊りつつあります。3日ほど前、母と姉と一緒に、福島の磐梯山 桧原湖畔へ紅葉を見に行ってきました。とても良い天気に恵まれ、赤、黄、オレンジ、鮮やかな色が日の光に照らされて輝く様を見たのは何年ぶりだろうか。山から摘んできた、ノイバラの赤 [続きを読む]
  • パリで最後のレッスン(ガーデンアレンジレッスン)
  • パリの小さな花のアトリエ、『 ATELIER FLEURISME PARIS アトリエ・フルリズム パリ 』は諸事情により、今月から数年間の間、日本へお引越しいたします。拠点は僕の故郷、茨城県水戸市になります。開業して1年6ヶ月。とても短い期間でしたが、その間、大きな飛躍を遂げることができました。日本でのレッスンや、デモンストレーションをさせていただき、そして、インスタグラムやfacebookで、本当に沢山の方々からの「いい [続きを読む]
  • ストリュクチュアルブーケレッスン
  • 今日は、2年ほど前、僕がアトリエを開業する前に、僕が、生まれて初めてフラワーレッスンをさせていただいた、中村由衣さんへのレッスンでした。今月下旬で 僕のアトリエもしばらくの間日本にお引越し。その前の最後の生徒さん。最初に来てくださったのも中村さん、最後に来てくださるのも中村さん。不思議ですね(笑)中村さんのお選びになったテーマは「ストリュクチュアルブーケ」つまり、アウトラインを整えつつ全体を丸く束 [続きを読む]
  • あの日
  • 昨日、一時帰国を終えてパリに戻りました。今回の帰国を振り返って、僕にとってたくさんの意味があるものになりました。特に今回の神戸、東京でのイベントは、僕に、今後僕がどう生きて、どう花と関わっていくのかそれを教えてくれたイベントでした。たくさんの不安や、悩みや、悲しみ、恐怖を抱えながらも、ああして何とか一つのことを終えることができたこと、ここでその詳細を書くことはできませんが、いまを全力で生きていくこ [続きを読む]