某歯科医師 さん プロフィール

  •  
某歯科医師 さん: 某歯科医師の言いたい放題
ハンドル名某歯科医師 さん
ブログタイトル某歯科医師の言いたい放題
ブログURLhttp://penken.seesaa.net/
サイト紹介文歯科全般と時事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/08/09 22:13

某歯科医師 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 訪問歯科診療で一番困る事は
  • 訪問歯科診療で一番困る事は、咬合力の少ない、つまり噛む力が少なく、不安定な患者様の有床義歯の咬合採得。こういうケースは、可能な限り現在ご使用の義歯の咬合の再現しかなく、何が本来のかみ合わせかを模索して、それを再現して理想の義歯を作成しようかなどと試みることは、患者様を苦しめ、自分も迷路に入り込み、作成期間を大幅に長期化させ、結果としてどこかで妥協した中途半端な義歯が出来上がり、患者様にご利用いただ [続きを読む]
  • 老老介護
  •  以前は、65歳で老人と医療保険上で認めてもらえていた時代がありましたが、今は75歳以上を高齢者というようです。 高齢者に前期高齢者も後期高齢者の隔たりもなく、要するに医療費負担能力があるか、ないかで負担割合が変わるということだそうで、現役並の収入がある人は、現役並の医療費を負担せよという事ですが、若い人とある程度の人とでは、生活習慣病の発症率も違いその辺の配慮も欲しいところです。 しかしながら、 [続きを読む]
  • 訪問歯科は、人と人とのふれあいです
  •  現在管理者として訪問歯科診療に携わらせていただいています。訪問歯科診療を支えるのは、まず患者様のご家族様で、このあたりの認識が大きく外来歯科と大きく変わります。そして次に患者様が何らかの御病気を抱えておられることです。このあたり、病院や医院、診療所の医師、看護師さんとの連携が重要ですし、病院や施設での治療となれば、リハビリ等の時間調整も最重要となり、患者様毎に行わせていただくケアや治療の内容も異 [続きを読む]
  • 現在充電中
  • 現在、9月14日からの新しい勤務に向け充電中。とにかく、1年3ヶ月も自宅を空けて北海道の勤務に出向いていたものだから、自宅の庭の草も激しく生い茂っていたし、引越の後かたづけや自宅の改修も大変帰宅して約1週間、やっと人間の住む家らしくなってきて、あと1週間で急速充電して新しい勤務態勢に向けて準備を整える。新しい勤務態勢をどの様に発展させ、将来につなげるかが、最大のポイント。幸い新しい法人の代表も同僚 [続きを読む]
  • もうすぐ自宅に戻ります
  • もうすぐ放浪の旅も終わり、自宅に戻ります。北海道の平取に赴任して、旭川に転勤とあわただしい1年3ヶ月でしたが、北海道の自然と人情との経験は、忘れがたいものになるでしょう。とにかく、北海道は、都市間移動距離が長い。車で30分など隣町。1時間走ってやっと小都市。3時間から4時間で、都会といったところ。若い世代の方々は、朝の4時頃から車を飛ばして、やっと9時頃に札幌到着。そして夜の8時頃まで用事と遊びを [続きを読む]
  • 医院の前に終日院長の高級外車1台
  •  医院の前に終日院長の高級外車1台。これほど哀れを誘うものは少ない。歯科医院にとって自費の多少は大切らしいが、やはり医療の一端を担う歯科医療にとって基本は、保険診療である。保険診療のルールをないがしろにす る院長に明日はないだろう。 たしかに奥の手として、みずからは保険医を取り消されても、医療機関指定を取り消されても、勤務医を雇用するなり、他法人の傘下に名前だけ入るなり、方法はあるだろうが、凡人歯 [続きを読む]
  • あこがれの宗谷本線は、どこまでも単線の超ローカル線だった。
  •  列車が稚内に着くとそこには最果ての駅らしからぬすばらしく近代的な駅舎が観光客を迎えてくれた。ロシア人のグループが歌と音楽で歓迎しあてくれる。樺太は、すぐそこだった。何故、我が国は樺太の返還を声高く主張しないのだろうか。樺太の返還を主張しないのならば全千島の返還を主張すべきだ。沖縄が返還されて久しい中、く千島列島の全島の返還が急がれる。  宗谷本線の旅客は、一日3往復の特急に限られ、幌別・稚内間の [続きを読む]
  • ピザを食する為、往復7時間の旅というお話
  •  とにかく北海道は広い。車で30分と要ってもその移動距離は、住民にとってはちょっと隣町へという位の距離でしかない。その隣町へ出かけて行っても、そこはただ同じ程度の近隣の町にすぎない。ちょっと久しぶりに都会気分を味わいたいとなると車や列車で2時間程度は、ごく当たり前となる。特に何かおいしいものを都会気分で食したいとなるとお住まいの場所によるが、往復7時間の旅となる。人間の食に関する執念は恐ろしいもの [続きを読む]
  • ピザを食する為、往復7時間の旅というお話
  •  とにかく北海道は広い。車で30分と要ってもその移動距離は、住民にとってはちょっと隣町へという位の距離でしかない。その隣町へ出かけて行っても、そこはただ同じ程度の近隣の町にすぎない。ちょっと久しぶりに都会気分を味わいたいとなると車や列車で2時間程度は、ごく当たり前となる。特に何かおいしいものを都会気分で食したいとなるとお住まいの場所によるが、往復7時間の旅となる。人間の食に関する執念は恐ろしいもの [続きを読む]
  • 最近聞いた名言
  • 最近聞いた究極の名言。とある少しは有名な先生から聞いたお話です歯科医療は、患者様が、機嫌良く来ていただいて、機嫌良く帰ってもらって初めて成り王立つものや。まさに究極の名言。この言葉にかなりの抵抗感をお持ちの先生もおられようが、大学で臨床以外の研究部門に携わっておられる方々や厚生労働技官の先生方々を除外すれば、いくら抵抗感があろうとも、例外は許されないのだろう。基礎医学に携わる先生とて、教室での年功 [続きを読む]
  • 過去の記事 …