八海山の仲間たち さん プロフィール

  •  
八海山の仲間たちさん: 八海山倶楽部
ハンドル名八海山の仲間たち さん
ブログタイトル八海山倶楽部
ブログURLhttp://hakkaisan-photo.com/
サイト紹介文八海山の麓、魚沼の里に根を持つ仲間の、写真やイラスト、随想ページ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2012/08/10 09:57

八海山の仲間たち さんのブログ記事

  • 多摩湖自転車道-3(馬の背から境浄水場) - 雄'Page
  • 多摩湖自転車道起点(終点)まで 撮影Map するとGooglemapと連動して表示されます。 前回ここまで 石神井川の谷(仮称)と馬の背 多摩湖自転車道の通る武蔵野面は比較的平坦な台地が広がっていて、ここまで殆ど高低差のない平坦な道が続いてきたが、一ヶ所ここで谷筋の地形となる。私が勝手に「石神井川の谷」と呼んでいるこの場所。 その谷を土盛りによって平坦を維持している [続きを読む]
  • 多摩湖自転車道-1(多摩湖から八坂) - 雄'Page
  • 東京で最長の、直線(水道)道路 多摩湖自転車道と羽村山口軽便鉄道跡 村山貯水池(多摩湖)から境浄水場に続く直線道路 実はこの「多摩湖自転車道」を見つけたのは偶然だったし、つい最近のこと。 石神井川を上流から河口まで通して歩いてみようと思い、3月11日、小金井公園脇の「上流端」から歩き始めたのだが、小金井公園を外れたところで不思議な景色にぶつかった。それが下の写真。 川の土手のようで [続きを読む]
  • 羽村山口軽便鉄道跡-3(狭山丘陵、藪の中) - 雄'Page
  • 5号隧道から先のルートを探る 5号隧道 4号隧道(赤坂トンネル)までは遊歩道(自転車道)として整備されて、快適に辿れて来た「奇跡の一本道」−羽村山口軽便鉄道跡(同時に羽村堰から村山貯水池までの導水管敷)が、5号隧道でその先の立ち入りが不可になる。 トンネルの入口はフェンスで固く閉ざされ、トンネルの中も水浸しで、仮に入れたとしても進入は困難のようだ。 ここさえ通れるように整備して [続きを読む]
  • カタクリ群生地 2017(関東編) - 久'Page
  • ここ関東平野で、春一番の 山野草の花園(群生花)と言えば、「フクジュソウ」「ニリンソウ」「アズマ イチゲ」等、そして【カタクリ】が思い浮かぶ。 約1週間前、自宅から車で1時間(平日・渋滞時間以外)位の距離にある、東北自動車道・佐野SAの 東側の丘陵地【三毳山(みかもやま)】に行って来た。 そう、関東でも良く知られた【カタクリ】の 群生地 なのです。 ただ異常気象のせいか寒い気温の続く今年は [続きを読む]
  • 十二講行事 - 智通'Page
  • 3/12  早朝から新堀新田の「十二講」行事が行なわれました。 毎年、この日に行なわれて区の役員が中心になって続いている。 雪の山を作って真ん中に大きな目玉を入れて、その回りに山仕事の道具を 書いた。 前の日に雪山作りを始める。    神社参道をカンジキを付けて踏み固めていく。  行事当日の早朝です。参道を楽に歩けました。  藤原山方面から朝日が上がって来た。凍み渡りが出来たが大人に [続きを読む]
  • 目黒川(緑道)に春を探して - 雄'Page
  • 故郷から相次いで「凍み渡り」の知らせが届いた。雪に覆われたその下に、春はしっかりその準備をしている。 昔なら今、肥引きの真っ最中、その後は「春山」、つまり山で雑木を伐ってその束を雪の斜面で滑落させて日常の炊事や冬の暖房の燃料に備える。それが終われば田打ち、代掻き………、考えるだけで終わりのない1年が始まる。 マッ、それは兎も角凍み渡りのこの時期、雪国のふるさとももう直ぐ [続きを読む]
  • 雪の錯覚すべり台 - 智通'Page
  • 3/5 午後、旧東地区の八海山麓スキー場で「八海山麓 ホワイト・カーニバル」と「雪の錯覚すべり台」の展示が行なわれていました。 池田美術館で行なわれている「錯覚展」(1/7〜3/27)を以前、見学しました。ボールが坂を上るのを見て驚きました。 鏡を透して立体物を見るとそれは現物とは違う立体になっていた。不思議な景色であった。 その後、北里大学専門学院で作成者の杉原教授が原理の講義を行なったので聞きにい [続きを読む]
  • 凍み渡り - 智通'Page
  • 3/4  8:00 今朝は冷え込んでシミ渡りが出来たので三国川方面に雪上を歩いてみた。 道路を歩かないで家の前から直線で雪上を歩いて川へ向かった。  今は使っていない一本のハサ木ですが綺麗に枝下ろしをしてあった。長い棒や支え棒を押っ掛けている。  雪上はなにも障害物がないので気の向くままに自由に歩いた。気持がよかった。表面はツルツルしてスケートリンクのようだった。  さくり親水公園の駐車場です。まだ雪 [続きを読む]
  • 坂戸山空中散歩 シミワタリ - 昇'Page
  • 昨日2/28、今日3/1と 二日続けてシミワタリで遊んでました。 とっても楽しい時間でした。 ご来光は6時40分 ここは9合目 左奥の木々が大城、小城 右杉の先端が坂戸山山頂 朝8時くらい 途中でコーヒータイム そして 持参したパンを食べる。八海山眺めながら至福の時間。 右奥が坂戸山山頂、緩やかな稜線が続く、これぞまさしく空中散歩です。途中鹿を見る。 眼下に魚の川、二日町の美佐島 [続きを読む]
  • 城内弥三郎ばさ 生誕地まつり - 智通'Page
  • 2/26 城内開発センター駐車場を会場に「城内弥三郎ばさ 生誕地まつり 」が行なわれました。 当日は小雨模様でしたが17時頃から雨も止んで気持ち良い祭りになりました。 歩け歩けを兼ねて歩いて駆け付けた。 到着したら模擬店がオープンしていたので甘酒、カジカ酒、ムジナ汁を頂いた。 大和の国際大学の学生が大勢参加して祭りを盛り上げました。 雪壁の灯篭です。会場周辺に作られてカラフルな風景になりました。 [続きを読む]
  • 第67回南魚沼市雪まつり - 智通'Page
  • 2/11 市雪まつりが六日町大橋下の特設会場で開かれた。 湯沢の帰りに立ち寄って見学した。去年よりは雪の量も多くて冬らしくなった。 「お六と桂姫銅像」、お六は直江兼続が小姓だった時の呼び名です。桂姫は主君である上杉景勝の妹です。二人の恋が「お六甚句」で唄われている。 この銅像は六日町の親しみやすいシンボルですね。 「お六甚句」  https://www.youtube.com/watch?v=j8 [続きを読む]
  • 春の息吹【ザゼンソウ】が・・・ - 久'Page
  • ご無沙汰してました、約4か月振りの投稿です。 昨日(2月7日)、西那須野に住む知人を訪ねた帰路、大田原市の【ザゼンソウ】 群生地を訪ねて見た。 寒さの続く今年の場合「まだ咲いて居ないだろう」と思ったが、春の息吹は確実 に近付いていた。 とは言え木道を一周しても13株しか確認出来ず、他の花芽は落ち葉の下で顔を 出すタイミング見計らっている様で、まだ群生地にしては物足りない。 見頃は [続きを読む]
  • 夕焼けを撮りに坂戸山行ってきました。 - 昇'Page
  • 2017.02.04 夕焼け撮りに坂戸山行ってきました。 最高の天気 3時30分自宅発 カメラぶら下げ。。 途中 坂戸山ラ部のパーティーに合う、今度一緒に登ろうと誘われる。 南魚沼盆地 大分陰ってきました。 巻機山山頂が白く輝いている。 日が沈む迄もう少し。 大城小城の奥に金城山その奥に巻機山。 夕焼け撮れました、此の後街に灯がともるまで待つ。 八海山方面 少しピンクかか [続きを読む]
  • 寒修行 - 進'Page
  • 1年のうちで最も寒いと言われるこの時期1月28日から2月3まで、南魚沼市大崎の八海山尊神社の不動滝で心身を清める寒修行が行われています。 凍てつく寒さの中今年も行ってきました。メンバーの智道さんを誘って撮影に行ってきました、物好きなわたしです。 天気が良く寒く手はかじかむし足はしんしんと冷たいし、鼻水はでるは大変な撮影ですが、不動滝では修行者が滝に打たれた修行される。目を閉じ、手を合わせ祈りを捧げ一心 [続きを読む]
  • 暮坪・上原を歩く - 智通'Page
  • 1/10  12:00  暮坪の八海神社参道脇の竹やぶ 森の中でここだけ日が射して青竹の色が鮮明であった。    八海神社 建立平安中期(913年) (新編 城内郷土誌)   八海山表山元里宮御神木(杉) 周囲6.6m 見上げると枝が四方八方に延びていた。約1千年か。 暮坪の満願寺 高く吊られた大きなしめ縄が飾ってあった。大黒様と歳徳神の御札が各家に配られる。    本家の八海山神社 [続きを読む]
  • 泉新田・泉の冬風景 - 智通'Page
  • 小雪の年末年始であった。去年も少なかった。こんな年が続くと心配です。今日は晴れたので歩け歩けで方向を変えて村しもの泉新田・泉に向かった。 泉新田地内のモクレン?のつぼみかな。柔らかそうなふっくらとしたつぼみが付いていた。  真白い風景の中に赤い屋根の美しい家。   城巻橋から下流の魚野川。   泉ビレッジの入口の大きなヒバの木。緑の苔が一杯付いていた。  泉ビレッジは3/中旬ごろまで営業休止の看板 [続きを読む]
  • 津久野工業団地 - 智通'Page
  • 12/25 歩け歩けを兼ねて田崎から五城大橋を渡って津久野工業団地へ行って写真を撮った。 普段行くことがない会社ですがどんな会社なのか興味が湧いた。(8社) 魚沼新潟物産 (魚沼地域の産物・加工品の製造、販売 )漬物など 興伸精機 (内燃機・減速機部品 ) )))内燃機・減速機部品 雪国まいたけ第4バイオセンター (まいたけ) 山泰製作所 (鋳造部品加工&nb [続きを読む]
  • 新堀新田・田崎工業団地 - 智通'Page
  • 11/30 歩け歩けで三国川沿いを田崎方面に向かって、新堀新田・田崎工業団地 を見ながら歩いた。 地元に居ても各会社に行く機会がないのでどんな会社があるのかを写真に撮って見ました。 三国川の城内東側で11社です。 西側の津久野工業団地にも8社の会社があります。 最近進出した国道291号沿いのコマツ中越  雪国まいたけ (まいたけ生産)    関越イワサキ (電球類及び電 [続きを読む]
  • 谷沢川-5(等々力渓谷) - 雄'Page
  • 谷沢川と等々力渓谷 谷沢川を有名にしているのはなんと言っても東急大井町線等々力駅近くから下流の等々力渓谷だろう。遊歩道が整備されていて都心の住宅街で渓谷の景観を味わうことが出来る。 深く浸食されている崖の面、特に不動の滝の周辺には武蔵野台地の地層が露出していて、地質学的にも貴重な観察場所でもある。 等々力不動尊・不動の滝は修験者の霊場となっているし、周囲には横穴式の古墳も幾つか見つかって [続きを読む]
  • 師走の八海山 - 進'Page
  • 一昨日21日は暮れとは思えない素晴らしい天気になり、暖かく今年最後の晴れだと思い、カメラ持って八海山の撮影に行って来ました。 昨年続き雪の少ない師走になっています。昨日22日は南風が吹きただいま、城内上原は積雪0?です。 雪のない正月が迎えられそうです?・・・あまいかな。 宇田沢川と八海山。 同じ場所から八海山 八海山スキー場に行ってみるとスキー客が楽しんでいる。 [続きを読む]
  • 谷沢川-4(等々力渓谷) - 雄'Page
  • 谷沢川と等々力渓谷 谷沢川を有名にしているのはなんと言っても東急大井町線等々力駅近くから下流の等々力渓谷だろう。遊歩道が整備されていて都心の住宅街で渓谷の景観を味わうことが出来る。 深く浸食されている崖の面、特に不動の滝の周辺には武蔵野台地の地層が露出していて、地質学的にも貴重な観察場所でもある。 等々力不動尊・不動の滝は修験者の霊場となっているし、周囲には横穴式の古墳も幾つか見つかって [続きを読む]