撮り鐡ぴょんちゃん さん プロフィール

  •  
撮り鐡ぴょんちゃんさん: 線路っ端の宝探し☆
ハンドル名撮り鐡ぴょんちゃん さん
ブログタイトル線路っ端の宝探し☆
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/pyonchi_kn2155sp
サイト紹介文鉄道風景写真が好きで、日帰りで行けるローカル線や、近所の鉄道風景の写真を掲載しています。
自由文鉄道風景を撮り始めて5年くらいになります。鉄道会社のカレンダーフォトコンテストや雑誌CAPA等のコンテスト中心に応募してます。特に冬は富士山と鉄道中心の撮影となります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2012/08/12 09:15

撮り鐡ぴょんちゃん さんのブログ記事

  • 恩田の田んぼで静かな日没
  • 中山ではまかいじを撮ったあと、まだちょっと日没まで10分ほどあるので、帰り道の途中にある、こどもの国線の恩田の田んぼに寄りました。いつものポジションは水が入っていて、時折風が吹いては波がたつので、ダメだった時のアングルも考えつつ待ってると、踏切がなると同時に風が止みました。水鏡としてはクッキリではなかったですが、夕景としては、このくらいでも充分じゃないかと思ってしまいますが、負け惜しみではありません [続きを読む]
  • 満開の荒川線沿線のバラ
  • 今年も荒川線にバラを撮りに来ました。その時の行くタイミングもあるんですが、ここ何年かのうちで、一番いいんじゃないかと思うくらい咲いてました。スゴいのは、荒川一中前から歩道沿いに三ノ輪橋までずっとキレイにバラが咲いてるとこ足回りが変わったと言っても、この顔が来るとホッとします。黄色い車体に、黄色いバラが写り込みます。29年5月18日 都電荒川線 三ノ輪駅 [続きを読む]
  • 白髪白山神社で京急カラーが!
  • 元加治と言えば、入間川の新旧鉄橋になるんでしょうが?もう一つくらいなにか無いかなぁ?と地図を見たら、神社がありそうなので、行ってみるとなんと踏切を渡ったところに鳥居があるじゃないですか!?これはいいやとお詣りをして、踏切が鳴ったからまずは普通に待ってると、なんと運用情報では見つけられなかった、京急カラーの電車が来ました。これは神社の御利益だろう?29年5月12日 西武池袋線 元加治・飯能間 [続きを読む]
  • 青空の入間川を渡る黄色い電車
  • 先日天気がよかったので、家内の買い物の合間に少し抜け出して、行ってみたいと思っていた、元加治の入間川橋梁に行きました。川岸で座って電車を待ってる間、風が出たりして水鏡が崩れたりしたんですが、黄色い電車が来るときにはなんとなくゆらゆらな感じで止まってくれました。29年5月12日 西武池袋線 仏子・元加治間 [続きを読む]
  • 緑づくしの電車見橋俯瞰
  • ここんとこ、遠征してないので、撮るのは引退間近な東京メトロ6000系と、東急8500系なんですが、今日は6000系が午前中に唐木田を出るやつが一本あるので、かなり久しぶりに地元を通る風景を収めておこうと、永山の電車見橋に行きました。このトンネルとトンネルの間の区間は再来週あたり、オオキンケイギクが黄色のじゅうたんのようになるのですが、そこまで間に合えばいいなぁと思います。この時間は、永山発が京王と同時発車とな [続きを読む]
  • 夕日にギラリの多摩モノレール
  • 多摩モノレールが続きますが、この日はすこぶるいい天気だったので、夕方昼寝から起きて近くの夕日がよく当たる場所に行ってみました。ここは緑が多くて、季節ごとにいろんなアングルで撮れるお気に入りな場所でもあります。大塚帝京大学から見晴らしのいい場所、夕日を受けてキラリと光るモノレールがかっこよかったです。29年5月8日 多摩都市モノレール 松が谷・大塚帝京大学間 [続きを読む]
  • 新桂川橋梁下のこいのぼり
  • 四季島を撮るためにここに来たのですが、こいのぼりが風になびくかどうかは運次第なので、この風の具合だとビミョーな感じなので、四季島はあきらめてあずさでこいのぼりを撮ることにしました。本数的には、けっこうあったので、風になびいてるところを撮ることができました。JR中央本線 鳥沢・猿橋間 [続きを読む]
  • 青空を優雅に泳ぐTRAIN SUITE四季島
  • 今日はちょうど仕事が休みの日に近場を四季島が走るので、晴れたという事で、鳥沢の新桂川橋梁まで行ってきました。ここは広くて手軽に行ける、たとえ混んだとして広いから大丈夫だし、天気が曇ってきたら、編成主体でも撮れるので、お気に入りの場所でもあります。カメラ三台スタンバってました。静粛かつ優雅に走る姿に初めて見た私は魅了されてしまいました。ななつ星もよかったけど、こういう列車は夢があっていいですねぇ!さ [続きを読む]
  • 会津長野近くで見つけた桜
  • 会津鉄道沿線で、もし桜が散ってしまって場所を変更する羽目になった時のの抑えとして、決めておいたのが、来るときに気になってた会津長野駅近くの桜です。というか、これは保険ではなくて、もう、予定に組んでしまおうと、リバティの乗る一本前の列車で来て、途中下車しました。確か歩いてすぐだったので、えっ〜降りてみると5分くらいで歩けそうなb小夜に見えてました。桜並木はちょうど夕日を浴びて逆光に花弁が浮かび上がっ [続きを読む]
  • 芦ノ牧温泉駅の枝垂桜
  • 湯野上温泉駅もだいぶ長い時間いたので、他の場所に行けなくなってしまうため、列車で移動しました。途中芦ノ牧温泉南駅や、大川ダム公園の各駅の立派な桜並木はすでに葉桜となってしまい、芦ノ牧温泉駅で折り返そうかと思ったら、駅構内のソメイヨシノは葉桜でしたが、下りホームの枝垂桜が満開でしたので、少し救われたような気がしました。ソメイヨシノの桜並木はかなり立派な並木ですが、今回は残念な結果でした。結局湯野上温 [続きを読む]
  • 湯野上温泉駅は遠山の金さんもビックリの桜吹雪でした。
  • 会津マウントエキスプレスにギリギリ間に合い、湯野上温泉駅に着きました。毎日ライブカメラで確認してたとは言え、あまりにもホームに散る花弁の量が多かったので心配してましたが、だいぶ散ってはいましたが、肝心な部分はまだ残ってくれてました。そして時折強い風が吹くと、花弁が簡単に飛び散ってしまい、そこらじゅうものすごい花吹雪となってました。これがまた意外と列車が来るときになると、風が止まってしまうもんなんで [続きを読む]
  • 会津にようやく春を運んできた特急リバティ会津
  • 今日は桜咲く湯野上温泉へ向け、早朝から電車で出かけました。快速があった頃は、都心へ出て、浅草から快速に乗って行きましたが、今回は特急リバティ会津がデビューしたので、ちょっと特急料金を渋ったのと、やはり6050系にも乗っておきたいので、武蔵野線から東武線に入って、南栗橋で6050系の急行に乗り、下今市からリバティという行程で、リバティももう終点だという頃、いい桜並木があったので、とりあえず予定変更で、レンタ [続きを読む]
  • 多摩モノレールと桜
  • 今年もやはり地元多摩モノレールと桜は撮りましたが、前半は天気が悪くて、夜にごまかすかのようなのをそして今週日曜日、天気がよかったので、いつもの多摩川の行きつけの公衆便所脇の八重桜。トイレの横だけに咲き具合が素晴らしい。1枚目 多摩都市モノレール 多摩センター駅付近2枚目 多摩都市モノレール 甲州街道・柴崎体育館間 [続きを読む]
  • 枝垂れ桜バックのカーブを行く、ホリデー快速富士山
  • ここんとこ明け番が週末に来るのが連続してるので、何となく昼寝から覚めると、近場で中央線が撮れる場所に来ています。というか、昨日桜ネタがないので、一旦やめると言ったものの、ちょっとだけあるので、あとちょっと出しておきます。ちょっと今日いろいろあって、明日小海線の桜でも撮りに行く予定にしてたんですが、中止にして、来週GW中に予定が変わらなければ、その時に小海線ではなく、また違う桜を撮りに行く予定にして [続きを読む]
  • 何か謂れのありそうな桜と小湊鉄道
  • 桜鉄続いてますが、来週は桜を一旦お休みして違う感じのをアップしますとして、小湊鉄道からの帰り道、ちょっと気になった桜があったので寄ってみました。行ってみると、何か石碑があって、何か書いてあるのですが、近くまで行きにくいので、なんだかわかりませんでした。そんな葉桜になりそうな桜でしたが、なんだかいい桜だったので、一枚ゲットして帰りました。29年4月14日 小湊鉄道 上総牛久・馬立間 [続きを読む]
  • 寿駅の桜並木を通過する富士山ビュー特急
  • 寿駅は夜桜も楽しめて、ホームとまたホームの反対側に若い桜並木があって、富士山と絡めても楽しめる駅なんですが、ここでは富士山はカットして、花吹雪狙いで待ってました。電車を待ってる時は花吹雪があるんですが、どうも電車が来ると花吹雪は止まってしまうようで、ただの桜並木を通過する電車の写真になってしまいました。29年4月20日 富士急行 大月線 寿駅 [続きを読む]
  • 新倉浅間神社からの桜、富士と富士急俯瞰
  • 朝からいい天気で富士山がきれいだったので、優等列車とか来ないうちに、新倉浅間神社に行っておこうと、ちょっと寄りました。スゴイ人で、毎年毎年人が増えてくるようでした。定番のカットを撮って、どこか去年とは違う場所で俯瞰撮影しようと探したらあったので、その場所にしましたが、、私は電車と絡める都合もあるのですが、一般のうまそうなカメラマンさんにもよさそうな場所だったのか?私が撮ってたら、あっという間にこの [続きを読む]