gogota さん プロフィール

  •  
gogotaさん: 懐かしい思い出いろいろブログ「時穴散歩」
ハンドル名gogota さん
ブログタイトル懐かしい思い出いろいろブログ「時穴散歩」
ブログURLhttp://komawaridaichan.blog.fc2.com/
サイト紹介文70年代〜80年代のアイドル・歌謡曲・テレビ・映画・漫画など、懐かしい思い出をあれこれ書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/12 15:24

gogota さんのブログ記事

  • サウスポー / ピンク・レディー
  •   今年も春の選抜で 「サウスポー」 が演奏されているのを聴きました。高校野球には全く関心の無い私ですが、40年近く前のピンク・レディーの曲が今でもこうして息づいているのを聴くのは、ファンとして本当にうれしいことです。そんなピンク・レディーの7枚目のシングル 「サウスポー」 が発売になったのが、1978(S53)年3月25日で、今から39年前の今日です。私は11才で、小学校五年生から六年生に進級した春ですね。 [続きを読む]
  • 駈けてきた処女(おとめ) / 三田寛子
  •   先日、庭で採れたふきのとうを天ぷらにして食べました。とても美味しくて、春の気分も味わったような思いだったのですが、今日はまたとても寒くて朝から冷たい雨が降り注ぎ、午後には一時雪になってしまいました。ちょっとフェイントかけられたような感じですけど、それでもやっぱり少しずつ春になってきているなと、そんなわけで好きな春歌の話題をまたひとつ。三田寛子さんが 「駈けてきた処女(おとめ)」 でデビューしたの [続きを読む]
  • 無邪気な関係  その二
  •   そんなわけで、私が高校二年生で17才の時にずっぽりハマっていたドラマ 「無邪気な関係」 について、もう少し書いてみようと思います。前回の記事で紹介した主だった登場人物の他に、このドラマには、後に大スターになる3人が脇役で出演しているんですよね。3人とも私はこのドラマでその存在を知りました。 [続きを読む]
  • 無邪気な関係  その一
  •   「無邪気な関係」 は、1984(S59)年1月6日〜3月30日まで放送されたTVドラマです。TBS金曜夜10時の 「金曜ドラマ」 枠での放送でした。33年前の今頃の時期で、私は高校二年生で17才だった時ですが、このドラマにズッポリとハマっていましたね。本当に大っ好きなドラマで、毎週楽しみにして見ていました。 [続きを読む]
  • ミスター不思議 / 川島恵
  •   川島恵さんのデビュー曲 「ミスター不思議」 は、1982(S57)年2月21日発売で、35年前の今頃の時期に歌われていた曲です。私は中学三年生で卒業の直前くらいだった頃です。一般的にはあまり知られていない曲ですが、本当に良い曲で良い声で大好きな曲なので、ちょっと紹介しておこうと思います。 [続きを読む]
  • カサブランカ・ダンディ / 沢田研二
  •   沢田研二さんの 「カサブランカ・ダンディ」 は、1979(S54)年2月1日で発売で、38年前の今頃の時期に大ヒットしていた曲であります。私は小学校六年生で12才でした。スーパースター沢田研二さんを通して、阿久悠さんによる 『男の気障』 を極めるような歌詞も絶好調という感じの、ホントに大好きな一曲です。 [続きを読む]
  • 自由であれば / 益己 健
  •   益己健さんのセカンドシングル 「自由であれば」 が発売になったのが、1983(S58)年2月21日です。これは全くヒットしなかった曲ですし、知っている人は本当に少ないと思うんですけど、私は当時たまたまラジオでこの曲を耳にして、すごく好きだった曲なのです。私が高校一年生で16才だった、34年前の今頃の時期によく聴いていました。 [続きを読む]
  • あなたのすべて / 桜田淳子
  •   まだまだ寒い日が続きますが、それでも少〜しずつ春の気配が感じられる今日この頃。大好きな春の歌について書いてみようかと。桜田淳子さんの18枚目のシングル 「あなたのすべて」 が発売になったのが1977(S52)年の2月25日ということで、今日でちょうど発売40周年ということになります。私は小学校四年生の終わり頃で10才の時ですね。明るくていかにも春らしい暖かさが感じられるこの曲が大好きでした。 [続きを読む]
  • 君に薔薇薔薇…という感じ / 田原俊彦
  •   トシちゃんこと田原俊彦さんの8枚目のシングル 「君に薔薇薔薇…という感じ」 は、1982(S57)年1月27日発売で、前回の 「赤いスイートピー」、前々回の 「情熱☆熱風?せれなーで」 と同じく、35年前の今頃の時期に大ヒットしていた曲であります。曲も大好きでしたし、久々にバックにジャPAニーズが戻って来たことが、すごくうれしかったですね。 [続きを読む]
  • 東京娘 / 桜たまこ
  •   桜たまこさんの 「東京娘」 は、1976(S51)年の12月1日発売で、ちょうど40年前の今頃の時期にヒットしていた曲であります。私は小学校四年生で10才でした。まだ子供だった私ですがこの曲が大好きで、歌詞の意味もよくわからないまま 「♪ お・じ・さん!」 と、無邪気によく口ずさんでいたものでした。 [続きを読む]
  • 熱い気分のさめないうちに / フィーバー
  •   寒いですね〜。私の住む辺りの本日の最高気温は3度。昨日は-1度、一昨日は0度でした。最低気温じゃないんですよ、最高気温が-1度とか、何の罰ゲームかと。ホント嫌になります。そんな寒い冬が少しでも楽しくなるような冬の歌をと思いまして、これ!フィーバーの 「熱い気分の冷めないうちに」。もう、めっちゃめちゃ大好きな曲なのであります。1979(S54)年12月20日発売ということで、今から37年前の今頃の時期に歌われていた [続きを読む]
  • モア・モア / MIE
  •   MIEさんのセカンド・シングル 「モア・モア」 が発売になったのが、1982(S57)年1月21日で、今からちょうど35年前の今日になります。私は中学三年生で、高校受験をひかえていた頃です。ピンク・レディーの解散から1年近くが経とうとしていた頃ですが、私は相変わらずピンク・レディーが大好きで、二人のソロ活動が始まってからは特にMIEさんが大好きで応援していました。 [続きを読む]
  • 流れ星 / 香坂みゆき
  •   香坂みゆきさんの 「流れ星」 は、1980(S55)年12月5日発売で、今から36年前の今頃の時期に歌われていた曲です。私が中学二年生で14才だった時の曲ですけど、もう本当に大好きな曲ですね〜。イントロからエンディングまで一部の隙も無く名曲!って感じで。もしも私が、『売れなかったのが不思議な曲ベストテン』 というランキングを決めるとしたら、間違いなく上位に来るでしょう。 [続きを読む]
  • 赤い衝撃 / 山口百恵
  •   山口百恵さんの 「赤い衝撃」 は、言わずと知れた同名タイトルの主演ドラマの主題歌として1976(S51)年11月21日発売になりました。私が小学校四年生の時で、ピンク・レディーの 「S.O.S」 や 「ペッパー警部」 と同時期、40年前の今頃の時期に大ヒットしていた曲であります。山口百恵さんの曲の中で一番好きな曲を挙げろと言われたら、私はこの 「赤い衝撃」 か 「夢前案内人」 を挙げますね。どちらに決めるか・・・迷うとこ [続きを読む]
  • ミネソタの卵売り / 暁テル子
  •   昨夜は予想外の大雪で松本では22cmの積雪となってしまい、今日は朝早くから雪かきでした。あー疲れた。でも、いい運動になったかなと。さて、今年は酉年ということで、鶏関連の歌はと考えてみたところ、やっぱり思い浮かんだのはこの曲です。すごく楽しい曲で、大好きな一曲なのであります。暁テル子さんの 「ミネソタの卵売り」は、1951(S26)年の2月に発売になりました。いまからなんと66年前!私が生まれる15年前になりま [続きを読む]
  • S.O.S / ピンク・レディー  その三
  •   もう少し 「S.O.S」 について書いてみようと思います。まずは衣装について常々思っていたことがありまして・・・ホントにどうでもいいようなことなんですけどね・・・あらためて考えてみますと、「S.O.S」 という曲は、ピンク・レディーの数あるシングル曲の中で唯一 『これが 「S.O.S」 の衣装』 と言える専用衣装が無い曲ではないかと思います。 [続きを読む]
  • S.O.S / ピンク・レディー  その二
  •   新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。早いもので、年が明けてもう一週間も経ってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、新年一発目は、大好きなピンク・レディーの話題でスタートしたいと思います。昨年の8月25日にデビュー40周年を迎えたピンク・レディーですが、私がピンク・レディーに関心を持つようになっていったのが、「S.O.S」 を歌っていた1977年の年明け頃だったと思 [続きを読む]
  • 俺たちの朝 / 松崎しげる
  •   「俺たちの朝」 といえば、主題歌についても書いておかなければなりません。松崎しげるさんの歌うドラマと同名タイトルの 「俺たちの朝」 は、ドラマスタート直後の、1976(S51)年10月25日に発売になっています。この曲もドラマ同様大好きで、今でもイントロ聴いたとたんに、オッス・チュー・カーコの三人の顔が思い浮かんでくるのと同時に、小学生の頃の日曜夜8時のわが家のお茶の間の様子が甦って来て、胸が締めつけられる [続きを読む]