猫科とらねこ さん プロフィール

  •  
猫科とらねこさん: 本の猫虫
ハンドル名猫科とらねこ さん
ブログタイトル本の猫虫
ブログURLhttp://toraneko315.blog.fc2.com/
サイト紹介文読んだ本の記録 読書日記
自由文猫と書物に埋もれて生活しています(*´ェ`*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/08/13 13:04

猫科とらねこ さんのブログ記事

  • 『崇徳院を追いかけて 』 鯨統一郎
  • 崇徳院を追いかけて (創元推理文庫) [ 鯨統一郎 ]価格:820円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)星城大学の研究者早乙女静香はバー“スリーバレー”でライターの宮田六郎と知り合った。歴史談義で角突き合わせるだけの関係だったが、どうしたわけか共に京都を旅する成り行きに。ところが、観光と洒落込む間もなく彼らの知人が次々と奇禍に遭い、被害者との接点に注目した警察は二人を追及しはじめる。事件を解明すべく奔走する宮 [続きを読む]
  • 『フォークロアの鍵』 川瀬七緒
  • フォークロアの鍵【電子書籍】[ 川瀬七緒 ]価格:1296円 (2017/7/20時点)羽野千夏は、民俗学の「口頭伝承」を研究する大学生。"消えない記憶"に興味を持ち、認知症グループホーム「風の里」を訪れた。出迎えたのは、ひと癖もふた癖もある老人たち。なかでも「くノ一」と呼ばれる老女・ルリ子は、夕方になるとホームから脱走を図る強者。ほとんど会話が成り立たないはずの彼女が発した「おろんくち」という言葉に、千夏は妙な引っ掛かりを覚 [続きを読む]
  • 『芥川症』 久坂部 羊
  • 芥川症 (新潮文庫) [ 久坂部 羊 ]価格:594円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)【内容情報】(「BOOK」データベースより) 父の死因とは一体何だったのか?食い違う医師・看護師の証言。真相を求め、息子はさまよう(「病院の中」)。多額の募金を得て渡米、心臓移植を受けた怠け者の男と支援者たちが巻き起こす悲喜劇(「他生門」)。芸術を深く愛するクリニック院長と偏屈なアーティストが出会ったとき(「極楽変」)。芥川龍 [続きを読む]
  • 『天狗風 霊験お初捕物控』 宮部 みゆき
  • 天狗風新装版 霊験お初捕物控 (講談社文庫) [ 宮部みゆき ]価格:961円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)真っ赤な朝焼けの中、娘が一陣の風とともに忽然と消えた。居合わせた父親が自身番に捕らえられるが、自ら命を絶ってしまう。不自然な失踪に「神隠し」を疑うお初と右京之介。探索を始めた二人は、娘の嫁ぎ先に不審な点があることを突き止める。だがその時、第二の事件が起こった。霊験お初シリーズ第二弾。★★★★☆猫の [続きを読む]
  • 『ヒーローズ(株)!!! 』 北川恵海
  • ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫) [ 北川恵海 ]価格:615円(税込、送料無料) (2017/7/12時点)「なーんの面白味もない人生やったなあ」-病床にある祖父の言葉が頭から離れないコンビニ店員の修司・26歳は、ある日、借りのある同僚から『ヒーローはキミだ!』という胡散臭い求人広告のアルバイトを持ちかけられた。その会社にいたのは、ちょっと癖のある人たち。いきなり任された仕事は、今をときめく人気漫画家 [続きを読む]
  • 『イノセント・デイズ 』 早見 和真
  • イノセント・デイズ (新潮文庫) [ 早見 和真 ]価格:766円(税込、送料無料) (2017/7/5時点)田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は…筆 [続きを読む]
  • 『露西亜の時間旅行者』 三木笙子
  • 露西亜の時間旅行者 [ 三木笙子 ]価格:702円(税込、送料無料) (2017/7/2時点)弟を喪った晴彦はパリに戻り、曲芸一座の名番頭・孝介の下で再び働き始めた。頭脳明晰だが無愛想な孝介を得意の料理で支えながら、贔屓筋から持ち込まれた難問題ー皇帝が愛したルビーの呪い、時間を旅する予言者の謎、百合の冠と宝の地図ーの解決に乗り出す。次第に心を開いていく孝介だったが、ある事件を契機に晴彦を遠ざけるようになり。★★★☆☆ [続きを読む]
  • 『人間が知らない生き方 』  麻生羽呂
  • LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方 [ 麻生羽呂 ]価格:1544円(税込、送料無料) (2017/7/2時点)本書は、「生存戦略」がテーマのビジネス書。一味違うのは、動物たちの知られざる生態から、より人間らしい生き方を学ぼうということです。週刊少年サンデーで連載の奇才漫画家・麻生羽呂氏、そして、生物学の天才・篠原かをり氏解説による、異色の「漫画」×「生物学」×「ビジネス書」です。「イルカがジャンプをする3つの理由」 [続きを読む]
  • 『震える岩』 宮部みゆき
  • 震える岩新装版 霊験お初捕物控 (講談社文庫) [ 宮部みゆき ]価格:842円(税込、送料無料) (2017/6/27時点)死んだはずの人間が生き返る「死人憑き」が本所深川で起きた。甦った人物が以前より若返っていると感じた「姉妹屋」のお初は、老奉行の御前さまから紹介された与力見習の右京之介と探索を始めた。だがその時、油樽から女の子の遺体が発見される。人は過去にも家族にも縛られる。霊験お初シリーズ第一弾。【目次】(「BOO [続きを読む]
  • 『無痛』 久坂部羊
  • 無痛 (幻冬舎文庫) [ 久坂部羊 ]価格:905円(税込、送料無料) (2017/6/23時点)神戸の住宅地での一家四人殺害事件。惨たらしい現場から犯人の人格障害の疑いは濃厚だった。凶器のハンマー、Sサイズの帽子、LLの靴跡他、遺留品は多かったが、警察は犯人像を絞れない。八カ月後、精神障害児童施設の十四歳の少女が自分が犯人だと告白した、が…。外見だけで症状が完璧にわかる驚異の医師・為頼が連続殺人鬼を追いつめる。★★★ [続きを読む]
  • 『微笑む人』 貫井徳郎
  • 微笑む人 [ 貫井徳郎 ]価格:669円(税込、送料無料) (2017/6/16時点)エリート銀行員の仁藤俊実が、「本が増えて家が手狭になった」という理由で妻子を殺害。小説家の「私」は事件をノンフィクションにまとめるべく取材を始めた。「いい人」と評される仁藤だが、過去に遡るとその周辺で、不審死を遂げた人物が他にもいることが判明し…。戦慄のラストに驚愕必至!ミステリーの常識を超えた衝撃作、待望の文庫化。★★★★☆殺人の [続きを読む]
  • 『虚ろな十字架』 東野圭吾
  • 虚ろな十字架 [ 東野圭吾 ]価格:691円(税込、送料無料) (2017/6/13時点)中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が犯罪被害者遺族の立場から死刑廃止反対を訴えていたと知る。一方、町村の娘婿である仁科史也は、離婚して町村たちと縁を切るよう母親から迫られていた [続きを読む]
  • 『伊藤計劃トリビュート』
  • 伊藤計劃トリビュート (ハヤカワ文庫) [ 早川書房 ]価格:1231円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)伊藤計劃が2009年にこの世を去ってから早くも6年。彼が『虐殺器官』『ハーモニー』などで残した鮮烈なヴィジョンは、いまや数多くの作家によって継承・凌駕されようとしている。伊藤計劃と同世代の長谷敏司、藤井太洋から、まさにその影響を受けた20代の新鋭たる柴田勝家、吉上亮まで、8作家による超巨大書き下ろしアンソ [続きを読む]
  • 『乱反射』 貫井徳郎
  • 乱反射 (朝日文庫) [ 貫井徳郎 ]価格:885円(税込、送料無料) (2017/6/2時点)幼い命を死に追いやった、裁けぬ殺人とは?街路樹伐採の反対運動を起こす主婦、職務怠慢なアルバイト医、救急外来の常習者、飼犬の糞を放置する定年退職者……小市民たちのエゴイズムが交錯した果てに、悲劇は起こる。残された新聞記者の父親が辿り着いた真相は、法では裁けない「罪」の連鎖だった!モラルなき現代を暴き出す、日本推理作家協会賞受 [続きを読む]
  • 『失われた過去と未来の犯罪』小林泰三
  • 失われた過去と未来の犯罪 [ 小林泰三 ]価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/1時点)◆女子高生の結城梨乃は、自分の記憶が10分ともたないことに気が付いた。いち早く状況を理解した梨乃は急いでSNSに書き込むーー「全ての人間が記憶障害に陥っています。あなたが、人類が生き残るために、以下のことを行ってください」。それから幾年。人類は失った長期記憶を補うため、身体に挿し込む「外部記憶装置」(メモリ)に頼り、生活す [続きを読む]
  • 『いなくなった私へ』 辻堂ゆめ
  • いなくなった私へ [ 辻堂ゆめ ]価格:777円(税込、送料無料) (2017/5/29時点)2015年・第13回『このミステリーがすごい! 』大賞・優秀賞受賞作、文庫化です! 人気シンガーソングライターの上条梨乃は、ある朝、渋谷のゴミ捨て場で目を覚ました。誰も彼女の正体に気づく様子はなく、さらに街頭に流れる梨乃の自殺を報じたニュースに、梨乃は呆然とした。自分は本当に死んだのか? それなら、ここにいる自分は何者なのか? そんな [続きを読む]
  • 『ミステリークレイフィッシュ』 飯田譲治・梓河人
  • ミステリークレイフィッシュ【電子書籍】[ 飯田譲治 ]価格:540円 (2017/5/26時点)大海原を航海中のメガヨットでくつろぐ6人の男女。カードゲームに興じる者、カクテルを傾ける者、ヨットでの航海を優雅に過ごす彼らに共通することは2つ。一つは大人気漫画の愛好者であるということ。そして、もう一つは、今夜、“一線の超えた”ことーー。"成功を掴んだ"はずの6人に巻き起こる、血みどろのサスペンス劇!★★☆☆☆よくないアナ [続きを読む]
  • 『緑のゆびさき』 ごとうしのぶ
  • 緑のゆびさき [ ごとうしのぶ ]価格:561円(税込、送料無料) (2017/5/26時点)「愛してるからな、託生」-。全寮制男子校・祠堂学院高等学校の3年に進級して、クラスも寮の部屋も別々になった託生とギイ。ギイに抱きしめられ甘く囁かれるだけで、何もかもどうでもいいくらい、託生にはとても幸せな時間に感じられる。一緒にいたい。切なくなるほど、ギイへの想いが募る託生…。表題作のほか「after jealousy」など6 [続きを読む]
  • 『チヨ子』 宮部 みゆき
  • チヨ子 [ 宮部みゆき ]価格:514円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)五年前に使われたきりであちこち古びてしまったピンクのウサギの着ぐるみ。大学生の「わたし」がアルバイトでそれをかぶって中から外を覗くと、周囲の人はぬいぐるみやロボットに変わりー(「チヨ子」)。表題作を含め、超常現象を題材にした珠玉のホラー&ファンタジー五編を収録。個人短編集に未収録の傑作ばかりを選りすぐり、いきなり文庫化した贅沢な一冊 [続きを読む]
  • 『つれづれ、北野坂探偵舎(トロンプルイユの指先)』 河野裕
  • つれづれ、北野坂探偵舎(トロンプルイユの指先) [ 河野裕 ]価格:648円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)ここは、どこだー目が覚めると、小暮井ユキは知らない神戸の街にいた。そして、そこで彼女は、亡くなった親友・星川唯斗と再会を果たす。夢と現実が交錯する奇妙な世界に迷い込んでしまったユキの意識。一方、佐々波と雨坂は、現実世界で倒れ目を覚まさないユキに、“紫色の指先”と呼ばれる、得体のしれない幽霊の意志を [続きを読む]
  • 『成功者K』 羽田 圭介
  • 成功者K [ 羽田 圭介 ]価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/17時点)芥川賞を受賞したKは、いきなりTVに出まくり、寄ってくるファンや友人女性と次々性交する。突如人生が変わってしまったKの運命は?芥川賞作家の超話題作。★★★★☆身を削ってるな!なかなかおもしろかった。どこまで本当なんだろう?まさか全部本当じゃないよね?とはいえ多少本当なのかな?と勘繰りながら読んでておもしろかった。全部ウソだったとして [続きを読む]
  • 『おれたちに偏差値はない 堂南高校ゲッキョク部』 福澤 徹三
  • おれたちに偏差値はない 堂南高校ゲッキョク部 [ 福澤 徹三 ]価格:896円(税込、送料無料) (2017/5/17時点)高校入学を控えた草食系男子の悠太は、アクシデントに見舞われ1979年にタイムスリップ。父の剛志郎として高校に入学するハメに。しかしそこはヤンキーどもが跋扈する、超底辺校だったー!コワくて愉快な仲間との出会い。ヤンキー女子の恋。70年代テイスト満載、あの時代を知る人も知らない人も爆笑感涙の青春小説。 [続きを読む]
  • 『イモータル』 萩耿介
  • イモータル [ 萩耿介 ]価格:885円(税込、送料無料) (2017/5/7時点)インドで消息を絶った兄が残した「智慧の書」。不思議な力を放つその書に導かれ、隆は自らもインドへと旅立った…。ウパニシャッドからショーペンハウアー、そして現代へ。ムガル帝国の皇子や革命期フランスの学者が時空を超えて結実させた哲学の神髄に迫る、壮大な物語。『不滅の書』を改題。★★★☆☆帯が煽りすぎ(`A´) 帯の宣伝文が凄くて、これは好みなん [続きを読む]
  • 『我らが隣人の犯罪』宮部 みゆき
  • 我らが隣人の犯罪 [ 宮部みゆき ]価格:529円(税込、送料無料) (2017/4/30時点)僕は三田村誠。中学1年。父と母そして妹の智子の4人家族だ。僕たちは念願のタウンハウスに引越したのだが、隣家の女性が室内で飼っているスピッツ・ミリーの鳴き声に終日悩まされることになった。僕と智子は、家によく遊びに来る毅彦おじさんと組み、ミリーを“誘拐”したのだが…。表題作以下5篇収録。【目次】(「BOOK」データベースより) 我ら [続きを読む]