大空澄人 さん プロフィール

  •  
大空澄人さん: 続 いのちの波動
ハンドル名大空澄人 さん
ブログタイトル続 いのちの波動
ブログURLhttp://susanoo1948.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分とは何者か、人は何のためにこの世に生まれてくるのか。
自由文自分の体験をもとに楽しみながら真理の探究をしてきました。人生も後半にさしかかりこれから出来ることは限られてくるとは思いますが、自分がこれまでに見つけたものを大切にして生きていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/14 17:58

大空澄人 さんのブログ記事

  • 霊の世界
  • 意識を少しスライドさせるとそこは霊の世界。それはあなたのすぐ傍にあり、背後霊との接触も可能になる。深い瞑想をする必要はなく、そうしようと努める事がむしろ力みとなる。また仰々しい宗教的作法は意味が無く、逆に妨げとなる。 [続きを読む]
  • 神を知らない人達   
  • この世の人達は神を知らない。神の摂理を知らない。今はその肉体に宿って地上に訓練に来ていること。地上生活は永遠の人生において極めて僅かの間であること。死は次のステージへの進級であること。これらのことを全く知らない。知ろうとしない。極めて霊的無知な状態にある。 [続きを読む]
  • 喜びを胸に 
  • ここまで無事に人生を全うできた事に感謝するべき。何度か危機的なことがあったがそれを乗り越えてきた。それだけでもこの世に生まれて来た意味、価値があることになる。自分を褒めてあげるべき。良くやってきたと。喜びを胸にこれからの人生を歩みなさい。 [続きを読む]
  • 性根の真っ直ぐな人間 
  • 神の通路(霊力の通路)になる人間は素直で性根が真っ直ぐでなければいけない。性根の曲がっている者は如何ともし難い。何事においても自分の我が入ってしまい物事を正しく見ることが出来ないからである。神との交流においては自分の我を捨てられる人間でなければいけない。補足上は遠隔ヒーリングの絵図です。霊医から送られた生命エネルギー(治療エネルギー)がヒーラーを通して患者に送られているところです。スピリットヒー [続きを読む]
  • 心の隙間  
  • 人間は常に何かに打ち込んでいることが大切。それが無いと心に隙間が出来て余計なものが入り込んでくる。それは自分の成長にとって邪魔になる。余計なものを入れないようにする為には何かに打ち込むこと。人間はそういうふうに作られているのである。 [続きを読む]
  • 援助の力
  • あなた方の周囲には強大な力を持った霊の勢力(地球人類救済のための霊団を意味する)が控えています。そこから援助を引き出せるかどうかはあなた方次第です。内部に潜在している霊的資質がある程度まで開けていないと援助の力を受け取ることが出来ないのです。自分で努力してそのレベルまで到達してくれないと、こちらからは手を貸してあげられないのです。例え話霊界側は水の中に入って行けない。地上の人間が水面まで浮上して [続きを読む]
  • 死を恐れるなかれ
  • 地上の人間は霊という自分の本体が強力に肉体と結合されている為に肉体の活動範囲内に思考と行動が拘束されている。嫌なものも見なければならないし、自分の気の進まぬ事もしなければならない。この世の人間は肉体を通じて地上世界に縛り付けられているのである。死と呼ばれているものはその拘束状態から解放されることであり、晴れて自由な世界に飛び立とうとしている姿なのである。それをこの世の人達は嘆き悲しみ恐れるが、それ [続きを読む]
  • 背後霊の導き
  • 背後霊の導きを感じられるようになったら素直にその導きに付いて行けば良く、余計な事を考える必要はない。例え目先に障壁が現れたとしても気にする必要はない。後で振り返ればそれらはきれいに取り除かれていることがわかるであろう。視野の狭い地上の人間には一つの局面しか見えていないから些細な事で狼狽してしまうのである。 [続きを読む]
  • 母より
  • ヒロシか?(朝の瞑想の時、こちらの呼びかけに答えて)。お前も元気にやっているようだね。体を大切に。今は仕事をしていないのだから安気に暮らせよ。こちらは何の心配もないから。私はとても楽しく暮らしているよ。お前も最近は昔のように癇癪を起すこともなくなったようだね。怒るのは体に悪いよ。私はよく歌を歌ったり琴を弾いたりして楽しんでいるよ。母は終始笑顔で。Sのおじさんとはよく会うよ。相変わらず楽しい人でよ [続きを読む]
  • 猜疑心
  • 人間が猜疑心が湧いてくるのは真実が見通せないからです。目が塞がれているから実態が見えないのです。そこで余計な詮索をしてあれこれと余計な事を考えてしまう事になります。それは大きな労力の損失であり心が曇ってしまいます。神の法則が全てを支配していることを知れば余計な事は考えなくなります。この信仰心を持つことによって猜疑心は消えていきます。法則の範囲外の事は決して起きないからです。 [続きを読む]
  • 心のゴミ
  • 人はこの世で様々なものを体験しますが肉体を通して体験する為にその全容を把握することが出来ません。視野が限られている為に一部しか見えないのです。それらを持ち続けてもそれは間違っている事かもしれません。そういうものにこだわり続ける事は実際には意味がなく、心のゴミを増やす事になるのです。人は心のゴミを洗い流す作業が必要であり、いつまでも持ち続ける事は人生の自分の荷物を増やし歩みを妨げることになるのです [続きを読む]
  • 汚れに染まらないこと
  • 真理の道を目指す者は世の汚れに染まってはなりません。自然にそうなっていくはずです。この世の汚れは霊的交流を阻害し物的波動にしてしまいます。真理普及に携わる者は心を霊的波動にしておかねばなりません。物的波動のなかに入ると不快感を覚えるようになるのが普通です。 [続きを読む]
  • 人間の欠点
  • 完全無欠な人間はどこにもいません。地上界はおろか霊界にもいません。完全無欠な存在は神だけです。一人一人の人間はそれぞれの欠点を抱えてこの世に来ています。人は自分の欠点に気付いて修正するように努力することに意味があります。それは容易ではないから努力を要するのです。人間の欠点は深い所から来ていて、その個霊の個性、あるいはそこから由来する癖というものがあるのです。 [続きを読む]
  • 際限のない向上 
  • 高く憧れていた世界もそれが日常化すると普通のことになってしまいます。感動を覚えなくなるのです。全ての面でそういうことが言えますが、それは人間や宇宙の全てのものは常に進歩していくように作られているからです。人は同じ場所に留まっていることは出来ません。人間の向上には際限のないことがわかるはずです。それは神によってプログラム化されたものなのです。 [続きを読む]
  • この世は仮の場所
  •     (竹馬の友より)この世(地上界)は教訓を学ぶ為の場所であってそこが全てではないのだ。そこは仮の場所なのだ。そっちで生活している時にはわからないけどね。僕もそっちで生活している時にはそこが全てと思っていたよ。でもそこはこっちから見れば仮の世界であって本当の世界はこちらにあるのだ。そっちの人間にはなかなかわからないだろうけどね。(写真はエンジェルロード。彼とはこのあたりでよくヨットに乗って遊ん [続きを読む]
  • 目線を上に
  • 自分の手に負えない仕事は来ない。各自の能力の範囲内のものがあてがわれる。仕事があてがわれた時には全力で取り組めば良い。常に上を見よ。下を見てはいけない。目線を上に。 [続きを読む]
  • 迷い道
  • 地上人生は迷い道、進路は自分で探していかねばならない。常に邪魔者が入り進路を遮られてしまう。そんな環境の中で自分の進むべき道を迷わずに見つけていくことが求められている。その中で人間は鍛えられて成長していく。次の世でそれが役に立つ。 [続きを読む]
  • この世は体験することが大切
  • この世のことは体験してみないとわからない。体験することに意味がある。人間は様々なことを体験する為にこの世に生まれてきたのであるから。人生においては様々な出来事があり、それらを体験する事が全て学びとなる。もしその体験が無いとしたら人は何も学ぶことが出来ない。成長することが出来ない。体験が人生を豊かにするのである。 [続きを読む]
  • 大霊の法則
  •          伊勢神宮外宮宇宙には大霊の定めた宇宙の法則があるだけ。どうあがいても人もその他のものもこの法則の範囲から出ることは出来ない。人の考えたあらゆる宗教も大霊の法則に何の影響も及ぼすことは出来ない。人は大霊の法則に沿って生きることを学ばされている。この世でもあちらの世でも。 [続きを読む]
  • 嫌なことは学びの材料
  •        伊勢内宮五十鈴川      何一つ悩み事や心配事、嫌な事の無い世界を考えたことがあるだろうか?もしそういう状況に置かれるとしたら人間は何も学ぶ材料が無いということになる。考えるという事がなくなるだろう。色々と自分にとって嫌な事は必ず学びの材料となっている。肉体の目で眺めれば嫌な事も霊の目で見れば一つ一つが教訓となっているのである。それらは向上のための材料であり人間はそれを学ぶために [続きを読む]
  • 霊的な自分は不動
  •      伊勢神宮の大杉霊的な自分は地上世界の様々な動きには左右されない不動のものである。静かに地上世界の出来事を観察していれば良い。地上に霊的な自分を脅かすものは何一つない。 [続きを読む]
  • 地上のモヤ
  •       伊勢神宮外宮 古殿地人間は肉体によって地上世界に繋がれている故に清浄な気分になれても一時的なものであり長続きしない。いずれは常にその清浄な気分で生きることが出来るようになる。この世特有のモヤモヤしたものは離れていく。モヤモヤしたものは地上の霧、濁りであり、肉体を離れるとそういうものも離れていく。地上は常にモヤに覆われているがそれは人の心の濁りが生んだものである。 [続きを読む]
  • 大きな目標に向かって
  • (叔父より)小さな出来事に目を奪われることなく自分の大目標に向かって進め。小さなことに心を奪われていると自分の一番大切なものを見失ってしまう。大半の人はそうなっているが小さなことは放っておいても自然に収束していく。 [続きを読む]