大空澄人 さん プロフィール

  •  
大空澄人さん: 続 いのちの波動
ハンドル名大空澄人 さん
ブログタイトル続 いのちの波動
ブログURLhttp://susanoo1948.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分とは何者か、人は何のためにこの世に生まれてくるのか。
自由文自分の体験をもとに楽しみながら真理の探究をしてきました。人生も後半にさしかかりこれから出来ることは限られてくるとは思いますが、自分がこれまでに見つけたものを大切にして生きていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/08/14 17:58

大空澄人 さんのブログ記事

  • 小我を殺す
  • 日頃の自分(小我)を一時的に殺せば霊の声を聞くことが出来る。原理は極めて単純であるが大多数の人にとってそれは大変難しいことである。本当の自分は大我として常に存在しているが人々は気が付かない。自分を知らない。小我としての小さな自分しか意識していない。 [続きを読む]
  • 瞑想は故郷に帰ること
  • 地上生活においてはマイナスの感情に捉われやすく、人々は不安や怖れを抱きがちである。それは自分の生活の場は地上だけと思っているからである。確かに地上は不安定で心休まる生活の場にはなり難い。実際には人間は霊界を故郷とする者であり、一時的に今の肉体に宿って地上にトレーニングに来ているのである。あなたは常に故郷から守られ導かれていることを忘れてはならない。地上の人間が如何に移ろい易くとも霊界からの愛は [続きを読む]
  • 肉体の束縛
  •      あずき島神社大祭自分の大きな本来の意識が肉体という小さな限局された所に閉じ込められているのがこの世の人間の姿であり肉体によって制限を受けているのである。霊的に目覚めてくるとその事を如実に感じるようになるであろう。それは霊的に居眠りしている時にはわからない。 [続きを読む]
  • 大我に導かれて
  • 物事を五感を通して見ると全体を把握する事は出来ない。物事の一部しか見えないから間違いを起こしやすい。これはこの世の人間の致命的な欠陥である。為に人々は自分が作った世界(事実でない)に閉じこもり勝手に悩んだり喜んだりしている。大切な事は小我の声に従うのではなく大我の声に従う事。大我は間違えることはない。小我に従うと迷いの道に入る [続きを読む]
  • 朝鮮半島危機
  • 思念の世界においてはすでに戦争が行われている。それがやがては物質界において具現化する事になる。しかしながら物質界には様々な制約がある為に思念のレベルで起きたことがそのまま起きるとは限らない。一旦物質界にそれが起きてしまうと重大な事になる。 [続きを読む]
  • 朝鮮半島の問題  
  • 地上の問題は地上の人間が解決しなければならない。現在の状況は地上の人間が作ったものである。自分が作った問題は自分の力で解決可能である。霊界側がそれを片付けてあげる訳にはいかないが、それを解決しようと働く人間の背後では霊界の力が働く。 [続きを読む]
  • ある朝の出来事
  • 四月11日朝の瞑想で次のような出来事があった。最初から順番に私の祖母、祖父、そして叔父、母、叔母、それから繋がりは薄いが知り合いであり何年か前に他界した人(普段彼の事は意識した事もなく何故現れたのかわからない)、そして最後に父が現れた。そのビジョンは他界した人たちの人達のオンパレードの様相を呈していた。最初は小さな画像で現れ、次第にその姿が大きくなって行った。一人に要する時間はほんの数秒であった [続きを読む]
  • 霊的無知は悲しい
  • 意識の焦点を少しずらせばそこには霊界がある。そこはこの世の喧騒とは無縁の世界である。それは遠い所にあるのではなくすぐ傍にある。あなたは寝ている時にはそこに行っているのに目が覚めて肉体に戻るとその事はすっかり忘れている。人はこの世の勤めが終わると晴れてその世界に行くことが出来る。この世の重荷から解放されて自由になれるのである。それは神の定めたルールであり、計らいであるのにこの世の人はその事を嘆き悲 [続きを読む]
  • 人は過去に生きることは出来ない 
  • 過去は終わった事、すでに通り過ぎた自分の姿、世界である。そういうものにこだわる事は霊的に意味のないことである。霊的実在、霊界を知った者にとっては今とこれから赴く世界のほうがはるかに重要で意味のあることである。過去は自分の発展途上の姿であり、一時の姿であった。人は過去に生きることは出来ないのである。 [続きを読む]
  • 何故霊界の声を聞かなければならないか
  • それは地上の人間はしばしば判断を間違えるからです。心を鎮めて日頃の自分を離れたら霊界の声を聞けるようになります。自分の判断の中に無意識のうちにそれが現れるようになるのです。ヒーリングをしている人に対してヒーリングの時には自分を信じなさい。そうしないと通路にはなれません。 [続きを読む]
  • 雑事、雑念はこの世限りのもの
  • 誰でもが雑事や雑念を持つがそれはこの世で生活している限り切る事は不可能に近い。しかしその中で次の世に持ち越すものがあるか良く考えてみればよい。殆どが物質的なものから来ているはずである。衣食住、金銭、その他諸々のものは次の世に行けば消える。人間関係もこの世限りのものが殆どであろう。愛に結ばれた者以外の関係はこの世を離れると時間の経過と共に消える。故にそれらのものに悩まされるのは一時的なものであり [続きを読む]
  • 前進と後退
  • 人間は常に前進と後退を繰り返す。わかったと思っていたら再びわからない状態に戻ってしまう。しつこいくらいこれを繰り返す。この状態は人間がこの世では霊と肉体という二重構造になっている事に起因する。霊としての自分はわかっているのに肉体としての自分がすぐに引き摺り下ろそうとする。一日のうちにも行ったり来たりしている。やがては肉体を捨てて霊だけになってしまえばこのややこしい構図から解放されてすっきりする時が [続きを読む]
  • 後になれば全容が見える
  • 今、あなたの体験している出来事は霊的視野から見れば大したことではないのです。昔の事を振り返って見れば一つ一つが思い出のアルバムの中にきちんと納まっていることがわかるはずです。当時はさも大変な事のように感じられた事も今となっては一つの思い出になっているでしょう。後になったら分かるというのは後になって見れば全体を眺められるからであり、その時は全体の一部しか見えないから、さも一大事のように感じてし [続きを読む]
  • 真相の世界
  • 何事も深く観察してみれば必ず表面の出来事の裏には真相があることがわかるでしょう。真相の世界は人間の五感では感知することが出来ません。その真相が見えないから人々は振り回され我を失うのです。この世にいるうちに少しでも真相を感じ取れるようになることが望ましいのです。何故ならあなたが次に赴く世界は真相の世界、すなわち霊界だからです。 [続きを読む]
  • 自分に必要なものだけを
  • 自分に直接係わりのない世界の事に心を奪われないようにしましょう。今の時代、あまりにも情報が多すぎてそれが人々の心を乱れさせ蝕んでいます。自分に必要なものだけを取り入れたら良いのです。本当に必要なものはそう多くはないはずです。 [続きを読む]
  • 自分次第
  • 地上生活をより実り多きものにするかどうかは自分次第です。よく観察すれば全てのものが学びの材料になることがわかるでしょう。自分がそれに対して感情移入しすぎると実像が見えなくなります。離してみるとよく見えるようになります。その目で見ればいずれの出来事も一時的なものであり、永続性が無いことを理解できるはずです。地上は学びの材料に事欠きません。その気になれば一杯学ぶことが出来るのです。 [続きを読む]
  • 霊の世界
  • 意識を少しスライドさせるとそこは霊の世界。それはあなたのすぐ傍にあり、背後霊との接触も可能になる。深い瞑想をする必要はなく、そうしようと努める事がむしろ力みとなる。また仰々しい宗教的作法は意味が無く、逆に妨げとなる。 [続きを読む]
  • 神を知らない人達   
  • この世の人達は神を知らない。神の摂理を知らない。今はその肉体に宿って地上に訓練に来ていること。地上生活は永遠の人生において極めて僅かの間であること。死は次のステージへの進級であること。これらのことを全く知らない。知ろうとしない。極めて霊的無知な状態にある。 [続きを読む]
  • 喜びを胸に 
  • ここまで無事に人生を全うできた事に感謝するべき。何度か危機的なことがあったがそれを乗り越えてきた。それだけでもこの世に生まれて来た意味、価値があることになる。自分を褒めてあげるべき。良くやってきたと。喜びを胸にこれからの人生を歩みなさい。 [続きを読む]
  • 性根の真っ直ぐな人間 
  • 神の通路(霊力の通路)になる人間は素直で性根が真っ直ぐでなければいけない。性根の曲がっている者は如何ともし難い。何事においても自分の我が入ってしまい物事を正しく見ることが出来ないからである。神との交流においては自分の我を捨てられる人間でなければいけない。補足上は遠隔ヒーリングの絵図です。霊医から送られた生命エネルギー(治療エネルギー)がヒーラーを通して患者に送られているところです。スピリットヒー [続きを読む]
  • 心の隙間  
  • 人間は常に何かに打ち込んでいることが大切。それが無いと心に隙間が出来て余計なものが入り込んでくる。それは自分の成長にとって邪魔になる。余計なものを入れないようにする為には何かに打ち込むこと。人間はそういうふうに作られているのである。 [続きを読む]
  • 援助の力
  • あなた方の周囲には強大な力を持った霊の勢力(地球人類救済のための霊団を意味する)が控えています。そこから援助を引き出せるかどうかはあなた方次第です。内部に潜在している霊的資質がある程度まで開けていないと援助の力を受け取ることが出来ないのです。自分で努力してそのレベルまで到達してくれないと、こちらからは手を貸してあげられないのです。例え話霊界側は水の中に入って行けない。地上の人間が水面まで浮上して [続きを読む]
  • 死を恐れるなかれ
  • 地上の人間は霊という自分の本体が強力に肉体と結合されている為に肉体の活動範囲内に思考と行動が拘束されている。嫌なものも見なければならないし、自分の気の進まぬ事もしなければならない。この世の人間は肉体を通じて地上世界に縛り付けられているのである。死と呼ばれているものはその拘束状態から解放されることであり、晴れて自由な世界に飛び立とうとしている姿なのである。それをこの世の人達は嘆き悲しみ恐れるが、それ [続きを読む]
  • 背後霊の導き
  • 背後霊の導きを感じられるようになったら素直にその導きに付いて行けば良く、余計な事を考える必要はない。例え目先に障壁が現れたとしても気にする必要はない。後で振り返ればそれらはきれいに取り除かれていることがわかるであろう。視野の狭い地上の人間には一つの局面しか見えていないから些細な事で狼狽してしまうのである。 [続きを読む]