鬼まま さん プロフィール

  •  
鬼ままさん: 思春期の娘との奮闘記
ハンドル名鬼まま さん
ブログタイトル思春期の娘との奮闘記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/konnahazudeha/
サイト紹介文なぜか娘とうまくいかない。できれば、仲の良い母娘として過ごしたい。理想の母娘をめざす日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/08/14 21:22

鬼まま さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 回想
  • 保育者への道をあっさりあきらめ、学校をやめると言った時「これからどうするの?なにがしたいの?」の問いに、「一人暮らしがしたい」と答えました。家族から離れて自分で生活をしてみたい。甘えてきたから、厳しい環境に身を置いて、一人でがんばりたい。大阪には家族も友達もいるから大阪をでたい。誰にも頼りたくないから、東京へ行く。 ― 「何で東京なん?」大阪以外では東京ぐらいしかない。東京は給料がいい。ここの会社 [続きを読む]
  • 他人ごとではない引きこもりの高齢化
  • 少し前に「引きこもりの高齢化」が社会問題となっているというニュースをみました。引きこもりが長期化し、本人も家族も高齢となっている、それまで面倒を見ていた親が定年を迎え年金で生活することになっている等々・・・・まったく他人ごとではありません。もしも娘がこのまま働かなかったら・・・・前回の記事から、娘は一度だけ採用面接に行っていました。結果はダメだったようです。それきり、職を探す様子もなく相変わらず夕 [続きを読む]
  • 抜け出せるのか
  • 現在、娘は無職です。完全に昼夜が逆転してしまっています。このサイクルから抜け出せるのでしょうか。起きれない事には、何もはじまらない。本人も頭ではわかっているのです。でも、できない。ハローワークには一度足を運んだようです。ようやく準備して、閉館の30分前ぐらいについたそうです。その時は、3~4社の情報を持って帰ってきました。「毎日通って色々調べてみる」と意気込んでいましたが翌日からは、また引きこもりの生 [続きを読む]
  • ありがとう
  • こんな私のブログに、いつもあたたかいコメントを下さる方がいます。出会いは・・・一方的に私が彼女のブログを愛読していたことでしょうか。それとも、あるブログに対して同じような違和感を持っている者同士が知らず知らずのうちに引合わされたと、非科学的な見方をしてもおもしろいかもしれません。とにかく、私の心が一番ささくれだっているころに、彼女の期間限定ブログに出会えました。そして、今も静かに支えてくれていると [続きを読む]
  • 振り返ってみて
  • 始まりは中学2年生の頃、それから高校生になってもずっと娘の理解できない行動が続き、何が悪かったのか、どうしたらいいのかわからなくて悩んだり落ち込んだり、怒ったり泣いたり、あきらめたり娘がいてもいなくても、それはストレスになりました。家にいたら、生活態度などが目についてイライラし、いなくてもどこで何をしているのか不安で心配でした。学校へ行っているはずが行っていなかったり、帰宅が深夜だったり心配の種は [続きを読む]
  • 期待どおりにはいかない
  • 短大入学後、間もなく学校へ行けなくなり後期からあらためてスタートすることを目標にして学校の専任の先生と面談を繰り返してきました。ようやく長い休みもゴールが見えて来た8月の終わりにまたトラブルが発生しました。休んでいる間は、本当に自由気まま、昼夜逆転、帰宅は2時3時もざらで酒にタバコ(喫煙することは隠してるようですが)髪の色も茶からはじまり金髪、ピンク、ムラサキ、などなど短期間に10回は変えていました。 [続きを読む]
  • 授業料の請求がきました
  • 学校から本人宛に来た封書でしたが、あけてみました。後期の授業料の請求書でした。支払期限は8月末で、納金がないと9月からの後期の授業は受けられないと書いてあります。決して安い金額ではないので、やはりため息が出てしまうのが正直なところです。振込まないと、学校へ行けない。振込んだのに学校へ行けない。5月ごろから不登校になり、学校に相談に乗ってもらった末1年の前期は休学することにしました。後期の授業からの [続きを読む]
  • ひとりごと
  • つまらない独り言です。毒吐きます。不愉快に感じながらも読み続けているブログがあります。全く共感などできませんが、更新されれば目を通します。そして、相変わらずな内容であることを確認します。子供はバカだけど、それは私のせいではないのよ、だって私はこんなにも良くできた女なんだから、それに私は自分の身を削って、こんなに子供のために尽くしてあげてるのよ、すごいでしょ。私がうける印象はこんな感じでしょうか。学 [続きを読む]
  • 何とかしてあげたい
  • 今日のネットニュースでこんな記事を見つけました。大学卒業時の成績は1年終了時の成績とほぼ一致し、入学試験の結果とは相関関係がみられないことが、東京理科大学(東京都新宿区)が同大の学生を対象に実施した調査で明らかになった。担当した山本誠副学長は「特に1年の6月第1週の出欠状況が、その後の学生生活を左右する」と話している。 〜略〜 入試、1年終了時、卒業時の成績を比較したところ、年度、学科を問わず、入 [続きを読む]
  • 何とかしてあげたい
  • 今日のネットニュースでこんな記事をみつけました。大学卒業時の成績は1年終了時の成績とほぼ一致し、入学試験の結果とは相関関係がみられないことが、東京理科大学(東京都新宿区)が同大の学生を対象に実施した調査で明らかになった。担当した山本誠副学長は「特に1年の6月第1週の出欠状況が、その後の学生生活を左右する」と話している。 〜略〜 入試、1年終了時、卒業時の成績を比較したところ、年度、学科を問わず、入 [続きを読む]
  • 闇は続く
  • ゴールデンウィーク明けからは、欠席する頻度が増え今では週に2〜3日しか学校へ行かなくなりました。私の中に「退学」の文字が浮かびはじめました。本人も自分なりに考えて見たそうです。辞めてしまおうか、何で学校へ行けないのか、どうしたいのか。結論は、「頑張る」というものでした。ならば、協力するよ、と言った翌日も学校へ行けませんでした。「明日から・・・」その後も行ったり行かなかったりです。先日二十歳の誕生日を迎 [続きを読む]
  • 不安は増すばかり
  • タンポポさん、ありがとうございます。今日は、学校へ行ったでしょうか。前回の記事に引き続き、その翌日も行きませんでした。その日は、初めての「実習」のある日で、それにむけて準備をしている様子は楽しみにしているように思えたのです。実習のある日に寝坊したからいけなかったのか?それとも実習に参加できない事象が生じていたのか?必死に起こそうとしても、高校生の時と変わらない態度でただただ、無視を続けて理由すらわ [続きを読む]
  • 早くも
  • 新しい生活が始まって、何とか頑張っているようですが早くも1日授業をサボりまました。これが悪い癖の引き金にならないことを祈るばかりです。どうか、入学の時に思い描いた姿で卒業し社会に出て下さい。あきらめないで下さい。仕事から帰ったときに見るあなたがパジャマのまま布団に潜る姿は本当に辛いんですよ。「今日は学校へ行かない」と決めるときどんな気持ちなのでしょうね。 [続きを読む]
  • 卒業式
  • コメントをくださったみなさま、本当にありがとうございます。返事をしたいと思いながらも、うまく言葉をつなげず書けないでいますが全部読んでいます。感謝しています。ありがとう・・・・前回、卒業を前にしてうだうだと書き綴りましたが実際、卒業式を迎えた時には、別の感情が出てきたことに自分でも驚いています。なにを憂いていたのか…卒業できたことは、本当によかったです。入場してくる姿をみて、こみ上げてくるものがあ [続きを読む]
  • 理想とは掛け離れた関係
  • 色々ありましたが、ようやく卒業できることになりました。私が期待していたその日は、これまでの苦い日々を思い出しながらようやく迎えた晴れの日を喜んでいる自分がいて、そして思春期の様々な出来事は過去のこととなり新しい道に期待を膨らませて生き生きした娘が目の前にいる・・・あぁ、もう大丈夫だね、心配することは何もないね、と思える成長した娘がいる・・・そんな日です。現実はまったく違うものになりそうです。高校生 [続きを読む]
  • またやってしまった
  • その日、娘はまた朝起きれませんでした。本来なら家を出る時間に、やっと起きて来ました。制服に着替えて家を飛び出すならまだいい。彼女はそんなことはしません。お湯を沸かし、カップラーメンを作りはじめます。それでも慌てて食べるなら、まだいい。一本ずつズルズルすする音を延々と聞いていると私のイライラは限界に達します。「学校早く行きなさい、いつ行くの?」「たぺたら」「何時間めに着く?」「2時間目ぐらいかな」前々日 [続きを読む]
  • あともう少し
  • あともう少し・・・と今まで色々期待してきました。きっと今だけ。もう少しすれば自分でわかるようになる。年齢的にも、学年からみても、いくらなんでも、もうみんなと同じようにできるだろう。結局、何一つ変わらないまま、できないまま、現在にいたります。2学期の成績は酷いものでした。またしても、保護者同伴で指導をうけました。そして、学校へ行っていない日数も予想以上でした。毎日お弁当をつくって、朝は必死に起こして [続きを読む]
  • 頑張れ
  • 久しぶりに学校から電話がかかってきました。まったく思い当たる節がなく、先生が何をおっしゃるのか予測できませんでした。伝えられた事実は学校へ行っていないという内容でした。今月に入って数日欠席になっているそうなのです。ショックです。そんなそぶりを見せすに、平然としていたこと、そして、それにまったく気づかなかった自分…今思えば、前回記事のあたりからおかしかったのでしょう。毎朝必死に起こして、朝食をとる時 [続きを読む]
  • つのるイライラ
  • 単に私が怒りっぽいのかうまくやり過ごせないのか怒りを表面に出さない努力はしていますが心の中では常にムカついている気がします。昨日から今日にかけて イライラしたこと〜<娘>・洗うと言っていた体育館シューズが風呂場に放ったらかし。(我慢ならず私が洗う羽目に)・仕事から帰ると、制服のまま布団にもぐって寝ている。・用意した夕食を「いらん」と言われる。(2日連続)・夜中にカップラーメンを食べたり、その他の飲 [続きを読む]
  • ハロウィン
  • 娘は、楽しいイベントが大好きです。この時期は、ハロウィンです。仮装グッズをネットで色々注文し、ぞくぞくと届きます。仮装してUSJへ連日遊びに出掛けます。学校のある平日もです。そして、帰りはいつも日が変わる頃です。私のよく知っている幼なじみの子と行った日だけは10時頃帰ってきました。それ以外の日は、ネットで知り合ったというUSJ好きの子たちと行っているらしく、交友関係も把握できていません。お金の使い方も想像 [続きを読む]
  • 受験前
  • 大学受験の願書提出は最後までドタバタでした。金曜日の郵便局の営業時間内に書留で送らないと間に合わないのに木曜日の時点で、学校からもらう成績証明書等が用意できていなかったのです。その頃は、毎日声をかけていたので準備はできていると信じ、木曜日の学校の帰りには提出が済んでいるだろうと思っていたので確認の意味で職場から連絡してみたのです。「郵便局で出してきた?」と。ところが、その返事が「学校からの書類は、 [続きを読む]
  • 入試
  • 今日から入学願書受付開始で今週中には書留で郵送しないといけないのに昨日の時点で、学校に成績証明書などの発行を依頼もしていなければ証明写真も撮ってきてないし願書の記入もしていない。今日、入学試験の検定料を納めて返信用封筒の切手を買ってきてあげましたが放置したままです。間に合うように準備できるのかしら。書留は郵便局に行かないと送れないよと教えてあげましたが、こういう細かいことができないのは性格の問題だ [続きを読む]
  • 母親
  • 私は、母親に疎まれて育ったので甘えた記憶はない。3歳頃の記憶から意地悪された記憶だけは数しれず残っている。弟ばかり可愛がる母親の態度に悲しくなり小学校3〜4年の頃だったと思うが大泣きしてしまったことが一度だけある。父もその場にいたので、母は仕方なく膝にのせてくれたが抱きしめてもらったことはそれが初めてだったのと大きくなって母親の膝にのっていることが恥ずかしいのとわざとらしい母親の態度にうんざりする [続きを読む]
  • 繰り返す夏
  • 高校に入ってから、ろくな夏休みは過ごしていません。私から見てひどい状況であって、本人にとっては楽しい季節なのでしょうが。夏には気分が開放的になります。その気持ちはわかります。でも、「やりたいことだけやる生活」でいいはずはないでしょう。4回目の高校の夏休みだというのに相変わらずな過ごし方に、激しく落胆しています。今年も宣言しました。「7月中に宿題を終わらせる」4回目ですが、今年も達成ならず。過去3年 [続きを読む]
  • 過去の記事 …