六甲1号 さん プロフィール

  •  
六甲1号さん: 六甲1号の出撃にっき
ハンドル名六甲1号 さん
ブログタイトル六甲1号の出撃にっき
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/rokko1go/
サイト紹介文日本全国の鉄道撮影地ロケや生中継の出撃模様のほか、日々の雑感なんかも綴っています。
自由文101M六甲1号のページの内の旧掲示板を発展させたものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/08/15 01:25

六甲1号 さんのブログ記事

  • 東北からの帰路に東武6050を撮る
  •  東北からの帰路となる最終日(4/7)ですが、昨夜からの雨が降り続く中、東北地域内での撮影は無理なので、天気が早めに回復しそうな関東地方で撮影することとしました。 昨日の新田からの仙台行列車で仙台駅に降りると、何やらこんなものが。 仙台空港鉄道開業10周年ということで、記念ラッピングがされていました。 鉄道むすめはどこでも出るのですね。私以外に撮ってる人は、勤め帰りのOLの人がスマホで撮ってただけで、一 [続きを読む]
  • 気仙沼線BRTに久々に乗る
  •  3日目(4/6)は気仙沼線のバス(BRT)区間に乗って気仙沼まで行こうというもので、前回訪れたのは震災から1年半後の2012年10月に訪れており、その時以来4年半ぶり(気仙沼から盛方面へは3年前の2014年4月に行っています)となります。 この2012年10月に気仙沼線BRTに乗った時は夕暮れが早くて歌津以南は日没で真っ暗だったので、今回は日中の明るい時間帯に全て走破します。 .仙石線で朝連 前日も夕方に仙石線で撮 [続きを読む]
  • 常磐線の復旧区間に乗る
  •  常磐線の原発不通区間より仙台側は、原発による被害回復以外に津波被害を直接受けたことから、仙石線と同様に一部区間に於いて線路を海岸から離して内陸側へ移設する工事が必要で、その距離も長くなることから長い年月を要しました。 この不通区間は昨年4月に岩沼−浜吉田間のみ乗りましたが、途中にバス代行区間を挟んで相馬−原ノ町など一部だけ列車が走っていました。 今回は昨冬に浜吉田−新地間を内陸へ移設する工事が完 [続きを読む]
  • フクシマで ドキドキ体験 バス代行
  •  いよいよ代行バスに乗る  竜田駅前からいよいよ代行バスに乗ります。不通区間全区間を乗れるのは1日2往復だけ。 バスを運行しているいのは地元の浜通り交通が担当します。  大きなバッグをトランクに預けてバスに乗り込みます。 しばらくするとJRバス?みたいな車両が、これも浜通り交通のバスです。 ここで1人の乗客が問題行動を起こします。 1番前の列の左側席は添乗員用の席なのですが、そこにカメラを持った60 [続きを読む]
  • 名古屋〜水戸〜仙台 久々に乗る
  •  4月に入って待望の常磐線不通区間が浪江まで開通しました。そこで去年は415系の撮影を優先したために訪問しなかった、常磐線のバス代行区間に今回は乗って、竜田〜浪江間やその北側の線路付け替え区間を含めて浜通り地方を訪れることにしました。一眼レフは今回もお休み。写真は全てコンデジorスマホによるものです。  かつてED75や455系が現役だった頃、名古屋−仙台間は時々水戸経由で行き来していました。尾張藩・水戸藩と [続きを読む]
  • 九州北部のんびり紀行
  •  毎年3月末にはSL人吉と桜の取り合わせを撮るために九州行きの計画を入れて入るのですが、今年は地球寒冷化の悪寒の動きで大幅に桜の開花が遅れているので、南九州でも3月30日になってようやく開花という状態、全く桜は期待出来ないのでSL人吉の撮影は取り止めとして、別の列車を撮ることにしました。今回も重い一眼レフは持たずに出掛けたので、公開できる走行列車の画像は4Kコンデジ動画からの切り出し映像になります。  [続きを読む]
  • 電車は撮っとらん、でんちゃばい
  •  記事が前後しますが、3/31は結局雨の止まない熊本から、昼過ぎには雨が止みそうな福岡へ移動することとし、3/4に営業運転を始めたばかりの新車819系を乗り&録りすることにしました。 .新車じゃなくて新チャ?(お茶かよ)に乗る  博多発福北ゆたか線経由の快速に乗って、14時ごろに直方に到着しました。 おお、早速白い輝きを放つ車体を発見! すぐに接続の黒崎行き813系に乗客が全て乗って、ホームに誰も居なくなったの [続きを読む]
  • 撮り鉄 やめます
  •  線路際に三脚立てて一眼レフに長玉付けて列車を狙う〜 私が約40年ほど前から続けてきた、鉄道趣味の代表格の一つとも言える線路際での列車写真撮影ですが、最近は国鉄型車両の淘汰も進み、撮る気も失せる味気ないステンレス車両が幅をきかせた今般、そして新しい分野への変化を着実に進めてきたため、 (昔ながらの従来型のいかにもという感じの)撮り鉄はやめます。(ほぼほぼ) まだ若干の国鉄型車両や私鉄の味のある車両が [続きを読む]
  • 青春18きっぷ 発売最終日に買う
  •  ここ10年近くの間、赤い青春18きっぷばかりだったので、売り出し開始日か、半月以内に買うことが多かったのですが、今回はこれまで1枚だけしか買っていなかったのですが、来週も使うことから、発売最終日である今日に2枚目を買うこととしました。 こちらが今日買った2枚目の青い青春18きっぷ、九州北部の駅だと赤い感熱式の切符ですが、熊本駅のみどりの券売機で買ってみたところ、黒い熱転写式の切符で出てきました。 そう [続きを読む]
  • 違うモン?が出てきた
  •  さっき大牟田駅のホーム上にある自販機でコーヒーを買おうと、写真左上にある青いプレボス「限定焙煎」を押したのに、出てきたのが茶色の缶。 プレボス「限定ブレンド」とやらで、似て非なるモノ。街中の自販機ならたまにある事ですが、駅の中の自販機でこういうのは初めてかも。 この辺がまぁいい加減な九州人気質を物語ってるのか、テゲテゲでいいさ、ってなところでしょうか? 折角九州に来てるのですが、残念ながら今日は [続きを読む]
  • 近鉄通勤車の床面にまさかの
  •  最近検査出場した2430系に乗ったところ、床面にデカデカと「優先座席」の表示が印されていました。 大阪線・名古屋線共に目撃情報があるようで、今後全検で出場する通勤車は、皆このようになるのでしょうか? 今回の変化では、最近登場していた座席がシルバーシートと紛らわしいグレーの座席にはならずに、そのままの生地で出てきています。 そうなると通常席がグレー&優先座席がオレンジのパターンへのシート生地張り替えは [続きを読む]
  • ベールを脱いだ瑞風 山陰を走る
  •  サロンカーだいせんを撮影した3/19(日)は、もう一つの目玉列車が山陰本線を下って来る情報が入り、通過時間帯も日中なので、これは押さえておきたいところ。 その列車は先月末に黒いベールを脱いでお披露目を済ませたばかりのトワイライト・エキスプレス「瑞風」で、黒ラッピング時代は残念ながら撮影に行けなかったのですが、本来の姿になって、ようやく撮ることができそうです、しかも非電化区間でフル編成。 (a) 福部−鳥 [続きを読む]
  • サロンカーだいせん&出雲 撮影
  •  日本旅行の企画列車でサロンカーなにわが3月は山陰線へ、4月は紀勢線へ運転されるのですが、この3月の運転日はちょうど週休日に当たって出撃できるので、3週間ぶりに出掛けることにしました。 ちょうど青春18きっぷの期間内なのですが、今回の運転ダイヤからすると列車移動だと上下1回ずつしか撮れない割には、宿泊費やおそらく1日目はタクシー代が掛かるかも知らず、レンタカーで行ってもあまり変わらないことから今回は [続きを読む]
  • 3年ぶりの携帯機種変
  •  2014年3月から使ってきたスマホ Sharp AQUOS SH-01F(写真右)でしたが、今年に入ってから急激に電池の減り方が激しくなり、3月に入ってからはブラウザを見ると10分で100%から50%に、20分で警告が出る程の悪化のしようでした。もう完全にバッテリーが寿命を迎えています。 割と気に入ってた機種だったのですが、バッテリー交換には7,700円かかるため、それなら新機種に取り替えようかということで、今回3年ぶりに機種変す [続きを読む]
  • 紫 & 紫
  • 三ツ矢サイダーのフルーツ系シリーズは毎年のように出る「梅」をはじめ、オレンジやグレープの「澄み切るサイダー」が出ていたのですが、今回発売(と言っても発表上は1月ですが)されたのが、白地に紫や橙色のいわゆる反転色になった商品を見かけたので買ってみることにしました。 その名も「三ツ矢 新絞り」。いっそのこと一番絞りとか名乗れば面白いのにと思ったのは私だけでしょうか? 白いパッケージに遠目に見たら辛うじ [続きを読む]
  • さよなら485系糸魚川快速撮影など
  •  今春のダイヤ改正で運転を終了する485系による新潟−糸魚川間の快速列車(通称:糸魚川快速)ですが、毎日運転しているのに列車番号が臨時列車用の8000番台を付けていることから、いつ亡くなってもおかしくない状況でした。さすがに年度途中での廃止は利用者からの苦情もあるだろうし、恒例のダイヤ改正でなくすことになりました。 もういつ亡くなってもいいように、出来る限りの出撃をして乗り&撮りをしてきましたが、いよい [続きを読む]
  • 久しぶりに買う 青い青春18きっぷ
  •  昨年12月の発売を以て、発売が終了してしまった青春18きっぷの常備券(通称:赤い青春18きっぷ、赤春)ですが、売らなくなった以上、この青いやつを使うしかありません。 これまでは大体の目星を付けて、今期は3枚とか今期は2枚とか云うように先にきっぷありきでしたが、今後は要る分だけを買うようになるので、購入数も減る(余分な出費を節約できる)かも知れません。 晩年は赤券を買うために切符の額より高い旅費を掛けて [続きを読む]
  • 道北ラッセル+カシオペア 再出撃(後編)
  •  さて北海道再出撃も後半戦に入ります。 3日目は引続き道北ラッセルの撮影と、4日目最終日はカシオペア紀行の撮影をしてその日の夜に帰路となります。 .大荒れの天気とトラブルの宗谷本線 2/18 昨日はこの時期まさかの4月並みの気温で雨に見舞われ、内地では一部の地域で春一番が吹いたのですが、それをもたらした寒冷前線が通過したため、今度は北西の強烈な季節風が吹いて北日本は大荒れの天気になります。 日本海側は [続きを読む]
  • 道北ラッセル+カシオペア 再出撃(前編)
  •  1ヶ月に2回も北海道へ出撃 今月の3〜6日にSL湿原号+道北ラッセル+カシオペア紀行撮影のため、北海道で出かけたばかりですが、実は最初から計画して前もって休暇を取っていたのが、この2/15〜19の5日間で、前回の撮影結果や天候如何では出撃しないケースもあるので、休暇だけ先に取っておいて航空券は買ってませんでした。 しかし6日に撮影終えて帰ってきて「あぁやっぱり行きたい」と思い、それから航空券を購入した [続きを読む]
  • 北海道より雪深い?奈良へ
  •  金閣寺が雪景色となった2/11、近畿各地もさぞかし雪景色に見舞われたと思いきや、9時過ぎから晴れてきたため、金閣寺同様に一気に融けてしまい、京都駅まで戻ってきた時は完全に道も乾いていました。まだ先月の空振りだった時は京都駅の中まで(積もらない)雪が吹き込んできて、寒さに震えていましたが、2月ともなると、日差しが出れば路面温度は一気に上がるので、せっかく積もった雪もみるみるうちに融けて消えてしまいまし [続きを読む]
  • 金閣寺の雪景色を撮る
  •   41年ぶりの金閣寺 毎年強い冬型で近畿の中部も雪に見舞われると必ずと言っていいほどニュースに出てくるのが雪景色の金閣寺の模様で、全国ニュースでは流れなくても、関西ローカル枠ではだいたい毎年恒例のように流れます。 今年も1月中旬の寒波の時に確か全国ニュースで流れたと思いますが、今年は1月中は特に撮影予定が無かったので、ちょうど風邪でダウンしてる時にニュースを見て、今年こそ行ってみたいと思い、風邪の [続きを読む]
  • バレンタインデーの準備?
  •  昼間にミナミの地下街を歩いていたら、大勢の若いコックさんたちが、テレビカメラも入って何やらと。 毎年ここで行われているお菓子でできた、その名も「縁結び神社」で、いつもは大概横目で通り過ぎるのですが、「お菓子の神社作りライブイベント」として大勢の人がいたのでちょっと立ち止まってみました。 このコックさんたちは、辻調の生徒さんのようで、後ろの机にパンフレットなどが置いてあったので、学校の宣伝も兼ねて [続きを読む]
  • SL湿原+カシオペア+ラッセル撮影(後編)
  •  2/5 下りカシオペア紀行と宗谷・石北ラッセル撮影 釧路から長万部まで450kmをなるべく無料区間で繋いで行き、長万部に到着したのが日付が変わって1:30に到着。カシオペアの通過は8時台なので、朝まで車の中で寝ます。 今日も天気は晴れだったので、昨年のリベンジを兼ねて、立入禁止のSカーブの所に来ました。もちろん立て札から中には入らずに撮りますよ。ここは線路内に人がいると乗務員からの通報で保線係員が日曜日でも [続きを読む]
  • SL湿原+カシオペア+ラッセル撮影(前編)
  •  一昨年・昨年に続いて今年も2月に北海道に撮影にやって来ました。 一昨年は711系と北斗星を、昨年はカシオペアと道北ラッセルを撮りにきましたが、今年は1日短い3日間でSL冬の湿原号+カシオペア紀行+道北ラッセルを撮ってしまおうという訳です。 幸いこの時期は、一部平日にもSLが走っているので、カシオペアは日曜日固定のため、その前後でSLとラッセルを組み合わせて旅程を立てたのですが、往路があんなことにな [続きを読む]
  • 1年ぶりの北海道出撃
  •  毎年ダイヤ改正が行われる春が近づくと、廃止が噂されている列車などの最後の追い込み撮影に出掛けるのですが、今年のダイヤ改正が3月4日と3月に入ってすぐに行われること、糸魚川快速などの目ぼしい列車は予め撮りためているので、この冬場はあまり焦って出掛ける程の切迫感はありません。 そんな中でやはり撮っておきたいのが、北海道への乗り入れが最後となる〔カシオペア紀行〕と、どうやら廃止は見送られたと噂がある道北 [続きを読む]