くま☆ さん プロフィール

  •  
くま☆さん: 薬局のオモテとウラ
ハンドル名くま☆ さん
ブログタイトル薬局のオモテとウラ
ブログURLhttp://blog.kumagaip.jp/
サイト紹介文薬局や薬剤師、医薬品業界に関する話題。
自由文医薬品情報や医療制度、また日々の業務の話題など、薬局や薬剤師を取り巻くホットな話題を扱います。
立場や肩書きを超えた「本音の情報交換の場」としてご利用ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/08/15 21:39

くま☆ さんのブログ記事

  • [薬局新聞]現在も実感する零売の認知度低さ
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第50回です。 引き続き、池袋セルフメディケーション(東京都)の長澤育弘先生にお話をお伺いいたします。 零売専門の薬局を開局するにあたって、いわゆる保険薬局の開局よりも困難があったのではないでしょうか。「零売薬局は普通の薬局より安価に開局できるものの、収入は確実に普通の薬局より低いです。以前から主張しているのですが、零売専門薬局よりも調剤と併設したほうが効 [続きを読む]
  • [日経DI]「服薬指導後の薬剤の配送は合法」の未来は?
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 経済産業省が調剤の手順(薬局での事業フロー)について回答したことが話題になっています。DI Onlineでもニュースになっていましたね。薬局を監督・管轄する省庁はご存知のように厚生労働省です。しかし今回、回答を示したのは経産省。これがまた何ともまた面白い(?)ですね。とはいえ、関係省庁が検討を行ったとあり、今回は厚労大臣が規制所管大臣であると明記され [続きを読む]
  • [日経DI]『黒革の手帳』の世界に学びたかった?
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 来月、開催が予定されている日本薬剤師会学術大会。第50回の記念大会ということで、東京にて盛大に開催されるようですね。ウェブサイトはもちろん開設されているのですが、この数日、その中のある企画が話題になっています。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:『黒革の手帳』の世界に学びたかった?http://medical.nikkeibp.co. [続きを読む]
  • [薬局新聞]時間のロスなど利便性考え始めた“零売”
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第49回です。 引き続き、池袋セルフメディケーション(東京都)の長澤育弘先生にお話をお伺いいたします。 独立は考えていたけれど、最初から零売を行う薬局を開局するつもりではなかったと伺いました。「2016年1月に池袋セルフメディケーションの母体となる株式会社長澤薬品を開業しました。この頃は、薬局をやるつもりはなくローションの原料となるグリセリンを輸入する会社とし [続きを読む]
  • [日経DI]コンビニに学ぶ、薬局が多様な機能を持つ時代に
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 薬局としばしば比較されるコンビニ。私の個人的なお気に入りはセブンイレブンで、よく利用するのですが、最近のコンビニは「コンビニエンス(便利)ストア」の名前にたがわず、本当にいろいろなモノやサービスを扱っていますね。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:コンビニに学ぶ、薬局が多様な機能を持つ時代にhttp://medical. [続きを読む]
  • [薬局新聞]注目集める“零売薬局”経営者登場
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第48回です。 今回から、池袋セルフメディケーション(東京都)の長澤育弘先生にお話をお伺いいたします。長澤先生は、「零売」という特殊な医薬品販売方法を行う薬局を池袋で営業していらっしゃいます。 ユニークな経歴をお持ちだとお伺いしました。「高校卒業後、友人の製材所に就職予定でしたが、母親の強い勧めでリハビリに関して学びました。しかしすぐに向いていないと感じ、 [続きを読む]
  • [日経DI]疑義照会で誤りを素直に認めた医師
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 普段、当薬局を利用していただいている70代男性の患者さん。先日持参された処方箋で確認の必要があったので、医師に疑義照会をしたときの話を今回取り上げます。時刻は13時過ぎ、お昼休みを取る医療機関が多いので、患者さんにも「もしかしたら電話に出てもらえないかもしれません」と伝えてから電話をしました。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師 [続きを読む]
  • [薬局新聞]医薬品使用期限の妥当性
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第47回です。 抗癌剤など、高額な注射剤に関する保険請求の方法が話題、問題になっています。例えば、複数の患者に1バイアルを使用した場合、その請求をバイアル単位にするのか、使用量にするのかについて、取り扱いが明確にされていないと言います。 医療費の高騰が言われて久しいですが、そうした中、意図するか否かは別にしても、過剰請求には厳しい目が向けられ是正されるでし [続きを読む]
  • [日経DI]敷地内薬局というビジネスモデルへの不安
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 全国各地に広がりそうな様相を見せている敷地内薬局ですが、敷地内というその形態に厳しい目が向けられていると感じているのは、私だけではないと思います。そんな中、鳥取県薬剤師会の会長自らが敷地内薬局に名乗りを上げ、優先交渉権を取得したことが話題になっています。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:敷地内薬局という [続きを読む]
  • [review]薬剤師・管理栄養士のための今日からはじめる薬局栄養指導
  • まだまだこれからの感がある「健康サポート薬局」ですが、そうした大きな流れの中で、薬局の薬剤師に求められる役割がますます多岐にわたることは間違いありません。薬剤師の栄養指導もそうしたものの一つに挙げられます。既に薬局に管理栄養士が在籍し、栄養指導を行っているところもありますが、今後より多くの薬局において、薬剤師が管理栄養士と協働したり、また薬剤師自身が栄養指導をする機会も多くなることでしょう。私もそ [続きを読む]
  • [日経DI]自称・医療関係者を名乗る方が来局されて
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 このコラムの読者は薬局薬剤師の方が多いと思いますが、自分の職場以外の薬局に行く機会はあるでしょうか。小分けの医薬品を受け取りに行ったときなどに、他の薬局の様子は少し分かりますが、どのような患者対応をしているのかというのは、なかなか知る機会がありませんよね。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:自称・医療関係 [続きを読む]
  • [日経DI]緊急避妊薬のOTC化見送りで試される薬剤師
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 7月26日に開かれた医療用医薬品のスイッチOTC化を検討するための「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で、緊急避妊薬レボノルゲストレル(商品名ノルレボ)が「時期尚早」として見送られたことが取り上げられ、話題になっています。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:緊急避妊薬のOTC化見送りで試される薬 [続きを読む]
  • [薬局新聞]オール薬剤師として“かかりつけ”目指す
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第46回です。 引き続き、はらだ薬局(鹿児島県)の笹川大介先生にお話をお伺いいたします。 笹川先生がライフワークとして取り組んでいることがおありだと伺いました。「はい、副作用の発見に関しての質問力・五感を身につけるということです。かかりつけ薬剤師を目指すということは大切なことです。ただ、個人としてだけではなく、オール薬剤師としてその能力を身につけられないか [続きを読む]
  • [日経DI]「見て盗む」、その根底にあるものとは
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 今年の第I期の実務実習が終わりましたね。といっても、私のところで実習生を受け入れているわけではないので、SNSなどでそのことを知ったのですが。指導薬剤師の先生方の苦悩や喜びの声もチラホラ聞かれます。後進を育てるということ、それはとても大変なことだと思います。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:「見て盗む」、そ [続きを読む]
  • [薬局新聞]副作用・相互作用の早期発見
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第45回です。 引き続き、はらだ薬局(鹿児島県)の笹川大介先生にお話をお伺いいたします。 ケアネットが運営するプロファーマCHで「描いてつかむ!副作用の薬理学」という番組を配信していらっしゃいますね。「副作用のメカニズムについて、6回に渡って映像授業を作製しました。めまい・浮腫・下痢に関して副作用が起こるしくみを解説しています。一貫して伝えたいことは、“薬剤 [続きを読む]
  • [日経DI]薬局の副作用報告は医療機関と連名ですべき?
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 厚生労働省の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会の第2回会合で、「医療関係者の副作用報告ガイダンス骨子」について議論されました。骨子はウェブサイト上でも閲覧ができ(同部会資料の参考資料7が骨子です)、副作用報告を促進するための医療機関と薬局の対応などについて書かれています。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 [続きを読む]
  • [薬局新聞]患者の疑問を解決することが役割
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第44回です。 引き続き、はらだ薬局(鹿児島県)の笹川大介先生にお話をお伺いいたします。 勉強方法について質問を受けることが多いと思いますが、なにかコツはあるのでしょうか。「私自身は、小遣いをほぼ薬学書・医学書・看護書に投資してしまう、本マニアです。ただ、残念ながらこの1冊を読めば、薬剤師として活躍できるというものには巡り会っていません。勉強法としては、患 [続きを読む]
  • [日経DI]7月にカイロを購入できるのはどこ?
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 九州方面での大雨が被害をもたらしました。線状降水帯という言葉を初めて聞きましたし、「これまでに経験したことのない大雨」という表現にも、大きな不安と驚きを覚えました。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:7月にカイロを購入できるのはどこ?http://medical.nikkeibp.co.jp/le [続きを読む]
  • [日経DI]豊田議員問題で思い出した、あの「事件」
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 「このハゲーッ!」この衝撃的なフレーズを1週間で何回聞いたでしょうか。そのたびに「私はハゲではなく、自ら坊主にしているのである」と心の中で唱えているのですが、結局のところ、強がり以外の何者でもないということに最近、気が付きました。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:豊田議員問題で思い出した、あの「事件」http [続きを読む]
  • [薬局新聞]知識を積み重ね、使い方を体験する勉強会
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第43回です。 今回から、はらだ薬局(鹿児島県)の笹川大介先生にお話をお伺いいたします。 笹川先生は調剤業務の傍ら、自分自身のスキルアップを目的として勉強会を開催しているとのこと。「不定期ではありますが、薬剤師勉強会(通称:笹川塾)を行っています。継続は力なりという言葉がありますが、そんな個人的な勉強会を4年間ほどつづけているうちに、日経DIクイズを執筆する [続きを読む]
  • [日経DI]アセトアミノフェンの原薬問題で考えたこと
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 私たち薬剤師は、製薬メーカーの名前は普段聞き慣れていますが、原薬メーカーの名前を聞いてもなかなかピンと来ないと思います。和歌山市にある山本化学工業という原薬メーカーが、届出内容と異なる原料を用いてアセトアミノフェンを製造していたことが報道されていますね。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:アセトアミノフェ [続きを読む]
  • [日経DI]一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 既に1カ月ほど前の話なのですが、厚生労働省保険局医療課が2016年度診療報酬改定の疑義解釈資料(その11)を発表しました。同省のウェブサイトでも公開されています。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:一般名処方での先発品名の併記は避けてほしいhttp://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201706/5.. [続きを読む]
  • [薬局新聞]経済学者の薬剤師業務に対する批判
  • 薬局新聞連載の「かかりつけ薬剤師パーソナル」第42回です。 アゴラなどを主宰する経済学者の池田信夫氏が、加計学園の獣医師問題に続き、薬剤師免許への批判を行っています。Twitterより、いくつかご紹介いたします(一部順序を入れ替えるなど、編集を加えてあります)。「薬剤師なんかいらない。医師の出した処方箋でコンビニやネットで買えばいい。日本以外の国はそうなっている」「薬剤師がまだゴチャゴチャいってくるが、こ [続きを読む]
  • [日経DI]薬剤師免許は必要なのかと聞かれたら
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 皆さんは経済学者の池田信夫氏をご存知でしょうか。最近、彼のツイッター上で薬局や薬剤師免許に話が及んで、“にぎやか”になったようです(いわゆる炎上状態)。薬局、薬剤師免許に関連した池田氏の主張を少し紹介します。続きは以下のリンクからご覧ください。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」:薬剤師免許は必要なのかと聞かれたらhttp://medical.nikkeibp.co.jp [続きを読む]