kondolaw さん プロフィール

  •  
kondolawさん: 宮崎の弁護士|都城の近藤和弘法律事務所
ハンドル名kondolaw さん
ブログタイトル宮崎の弁護士|都城の近藤和弘法律事務所
ブログURLhttp://blog.kondolaw.com/
サイト紹介文交通事故,債務整理(任意整理,過払い金,破産,再生),相続,刑事などを扱う弁護士からの情報,雑感。
自由文オリジナルのホームページです。宜しければご覧ください。今後内容を充実させていきたいと思っています。
http://www.kondolaw.com/
http://www.kotujiko.kondolaw.com/
http://www.kabarai.kondolaw.com/
http://www.sozoku.kondolaw.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/08/16 11:45

kondolaw さんのブログ記事

  • 弁護士不在のお知らせ
  • 近藤和弘法律事務所です。既にお知らせしておりますが,弁護士は平成29年4月17日(月)お休みをいただきます。ご用件がおありの方は,18日(火)以降にご連絡お願いします。なお,事務局によるご用件承りは17日(月)も可能です。今後とも,当事務所を宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • 民法改正法案成立の見込み
  • 近藤和弘法律事務所です。民法改正法案が本国会で成立する見込みのようです。https://news.yahoo.co.jp/pickup/6236402取引の種類毎に定められていた短期消滅時効を5年に統一すること,法定利率の引下げ等,実務上重要な改正点が含まれています。現在交通事故等の損害賠償請求事件において,逸失利益は法定利率を5パーセントとするライプニッツ係数を用いて算出するのが一般的ですが,法定利率が3パーセントに引き下げられれば,適 [続きを読む]
  • 弁護士は以下の日程でお休みをいただきます
  • 近藤和弘法律事務所です。弁護士は以下の日程でお休みをいただきます。平成29年4月17日(月),5月1日(月),2日(火),7月20日(木),21日(金)ご相談をご希望の方は,上記日程を避けていただきますようお願いします。また,ご依頼なさっておられる方で,連絡事項がおありの方は,上記日程を避けていただきますようお願いします。今後とも,当事務所を宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • JA自賠責共済の後遺障害等級認定調査:JA共済連から損害保険料率算出機構へ
  • 近藤和弘法律事務所です。自賠責保険では,後遺障害等級認定調査を損害保険料率算出機構が行なっていますが,JA自賠責共済だけは,損害保険料率算出機構を利用せず,JA共済連が独自の調査を行なっていました。当職の経験上,JA自賠責共済の等級認定は,特に頸椎捻挫,腰椎捻挫(むち打ち)の事案については,他の自賠責保険より厳しいように思われますが,その理由としては認定調査を行なう機関が異なることが挙げられます。しかし [続きを読む]
  • ロードカウンター
  • 近藤和弘法律事務所です。当事務所では,交通事故案件で過失割合が問題となっている場合には,実際に現場の状況を確認するようにしています。その際に役立つのがロードカウンターです(事故現場で警察がよく使っている,路面の距離を測る道具です。)。当事務所では新潟精機のものを利用しています。このロードカウンターはかなり正確に路面の距離を測ることができます。警察が作成した実況見分調書の正確性の確認等に役立っていま [続きを読む]
  • 住宅紛争処理委員の研修を受講しました
  • 都城市の弁護士の近藤和弘です。東京で開催された住宅紛争処理委員の研修を受講しました。今後の業務に役立てたいと思います。住宅紛争処理には,あっせん,調停,仲裁の3種類がありますが,裁判所に調停申立て,訴訟提起するのと比較してメリットがある制度です(もちろん,裁判所を利用するのに適した事案もあります。)。評価住宅,保険住宅に関する紛争を抱えている方は,利用を検討されてください。https://www.chord.or.jp/t [続きを読む]
  • 本年の業務は本日で終了しました
  • 近藤和弘法律事務所です。本年の業務は本日で終了しました。本年も多くの皆様よりご依頼をいただき,感謝しております。特に交通事故案件のご依頼を多数いただいた1年でした。来年も,特に注力している交通事故案件を中心として,業務を行なっていきたいと考えております。もちろん,交通事故案件以外でも,可能な限り対応させていただきたいと思いますので,お気軽にご連絡いただければと思います。今後とも,当事務所を宜しくお [続きを読む]
  • 預貯金は遺産分割の対象になるとの最高裁決定
  • 宮崎県都城市の近藤和弘法律事務所の弁護士近藤和弘です。預貯金は遺産分割の対象となる,という最高裁決定が出ました。これまでの判例を変更するものです。http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/354/086354_hanrei.pdf従前は,預貯金については,「当然に」ではなく,「遺産分割の当事者全員の合意があれば」,遺産分割の対象とする,という取扱いがなされていました。通常は,遺産分割の対象とするという合意のもとに, [続きを読む]
  • ご相談,ご依頼について
  • 近藤和弘法律事務所です。現在当事務所においては,処理すべき案件が立て込んでおり,平成29年1月30日までの間については,原則として,「交通事故の人身事故で処理に緊急性を要しない案件」を除き,新規のご相談,ご依頼をお断りさせていただきます。比較的大きな刑事事件が山場を迎えており,その準備に時間を要すること,その他処理すべき案件が立て込んでいるためです。ご理解いただければと思います。なお,ご相談の申込みに [続きを読む]
  • 当事務所の年末年始の予定について
  • お世話になっております。既にブログにてお知らせしておりますが,当事務所は平成28年12月29日(木)から平成29年1月3日(火)まで年末年始休業とさせていただきます。ご了承お願いします。なお,弁護士は平成29年1月4日から6日までの間についても休業させていただきます。ご依頼なさっておられる方で,弁護士との連絡が必要な方は,平成28年12月29日(木)から平成29年1月9日(月)を避けていただければ幸いです(平成29年1月7日 [続きを読む]
  • 自研センター研修が終了しました
  • 弁護士の近藤和弘です。自研センターの研修が終了しました。http://www.jikencenter.co.jp/pdf/2016_04_Part2.pdf普段見ることのできない,衝突の瞬間,修理の現場を見ることができ,今後の業務に大いに役立つ研修だったと思います。当職は元々理系なのですが,事故態様,過失割合が問題となっている事案等,時には学生時代に学んだ物理学の基本法則に立ち返って事案を見ることも大切だと感じました。今後も研鑽を積みたいと思いま [続きを読む]
  • 自研センター研修1日目が終わりました
  • 弁護士の近藤和弘です。自研センターの研修1日目が終わりました。実車を用いた衝突実験,板金修理の実演等も行なわれ,普段の業務では見ることのできない事故の瞬間を目の当たりにすることが出来ました。現在受任している案件にも即用いることが出来そうな説明もありましたので,得るものは大きかったと思います。講師の先生は,工学博士及びアジャスター2級(アジャスターの最高位の資格だということです。)の両方を持っておられ [続きを読む]
  • 本日より2日間,自研センターでの研修に参加します
  • 弁護士の近藤和弘です。本日より2日間,千葉県市川市にある自研センターで行なわれる研修に参加します。自動車の構造,修理技法,損害車両の見積り方法等について,実習を含めて学ぶ研修です。自研センターhttp://www.jikencenter.co.jp/当職事務所は,人身交通事故の被害者からの依頼が多くを占めていますが,物損事故についても研鑽を積むべく,今回の研修に参加します。学んだことを,今後の業務に役立てていきたいと思います。 [続きを読む]
  • Canon一眼レフカメラピント調整
  • 近藤和弘法律事務所です。Canonの一眼レフカメラのピント調整についてです。一眼レフカメラのピントをCanonの基準レンズに合わせ,手持ちのレンズをカメラに合わせて調整するというピント調整作業,以前は保証期間内であれば無料でしてもらえたようなのですが,今年7月からCanonの新サービスが始まったことで,有料になったようです。新サービスhttp://cweb.canon.jp/e-support/valuable-service/index.html当職は手持ちの一眼レフ [続きを読む]
  • 保釈請求却下に対する準抗告が認められました
  • 近藤和弘法律事務所です。当職が国選弁護人として保釈請求を行なった事案で,保釈請求が却下されましたが,準抗告(不服申立て)を行ない,一転,保釈が認められました。裁量保釈の可否については,裁判官,裁判体によって判断が異なることがままあります。今回の件とは逆に,保釈許可の決定がなされたものの,検察官が準抗告を行ない,保釈請求が却下されたことも残念ながらあります。保釈請求が却下された場合,それが不当だと考 [続きを読む]