Miketoy さん プロフィール

  •  
Miketoyさん: アドラーなスマートシニア活動記
ハンドル名Miketoy さん
ブログタイトルアドラーなスマートシニア活動記
ブログURLhttp://miketoy.hatenablog.com/
サイト紹介文嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/08/16 18:22

Miketoy さんのブログ記事

  • 最も恐れる障害の1つ
  • 肢体不自由とは、上肢、下肢、体幹に永続的な運動機能障害があり、日常生活に不自由をきたしている状態をいう。中枢神経の障害が多くの原因となる。身体障害者手帳を所持する肢体不自由者は 170.9万人と、身体障害者全体の半数近くを占めていると言う(実態はその2倍はいるということだろう)。内訳は、脊髄損傷、進行性疾患で筋ジストロフィー、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)がある。脳性麻痺、切断もそれに分類される [続きを読む]
  • 内部障害と住まい
  • 身体障害者手帳を所持している内部障害者は93万人という。その内訳は、心臓機能障害で59万人、呼吸器機能7万人、腎臓機能19.5万人、膀胱・直腸、小腸機能10.7万人、肝臓機能0.5万人にヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能などの障害0.3万人を含めて内部障害と言う(合計が合わないが、重複してた障害を持っている人がいるのだろう)。私も心臓機能、妻も腎臓機能の内部障害予備軍だが、そのような内臓の障害を持っている人は少なくな [続きを読む]
  • 人の話が聴こえ難くなる
  • 昨日述べた視覚障害以外に、身体障害者手帳を所持する聴覚障害者は 242,000人いると言う。聴覚障害は伝音難聴と感音難聴がある。聞こえる音が蝸牛を経由して脳に伝わる仕組みも勉強した、というか小中学校の時に、保健か理科で学んだような覚えもある。私も軽度な聴覚障害となり、これまたその数値の範囲外であるが、実態はかなり多いのではなかろうか。義理母は、かなり難聴だ。テレビやラジオの音がよく聞こえんと大きなボリュー [続きを読む]
  • 大多数が視覚障害では?
  • 福祉住環境コーディネーターの勉強をしているのだがいろいろと勉強になる。身体障害者手帳を所持する視覚障害者は国内に 316,000人いると言う。視覚障害は大きく視力障害と視野障害、その他の視覚障害に分けられる。視野が欠ける視野欠損には、狭窄、暗点、半盲などがある。その他は、順応、色覚、羞明、コントラストなどについて問題となることが多いと言う。あまり面白い勉強ではないが、このような各種障害の全体像が見え、身近 [続きを読む]
  • バイクは軽く見られる
  • 車を辞め、バイクに2ヶ月前に乗り換えたばかりの私としては、まだまだこの道の初心者であるが、このところ慣れて土地勘もついてきたので、遠くの狭い道でもピタリと狙っていけるようになってきた。車がなくとも今後の就職活動をする際にも役に立つはずで、行動範囲が大きく広がった感がある。コトを終えて、疲労困憊なところを自転車を漕いで帰るのは辛いが、バイクだと風を切りながら疲れることなく帰路につけるのはとても気分が [続きを読む]
  • 気温30度、エアコンを入れた
  • 昨日の当地の外気温は30度、ニュースでも多くの地点で今年一番の暑い一日と言っていた。私はこの程度では、絶対と言って良いくらいエアコンを入れたりしないが昨日は入れた。外気温はともかく、室内は27度くらい、湿度は30%位で不快ではないため通常は使うことはない。今回は、新しいエアコンを設置後の試運転のため、30分程度はそのままにしてくれという指示があったためである。個人差があるので一概には言えないものの [続きを読む]
  • 親の介護で自らをシミュレーション
  • 義理の母、92歳が、要支援から要介護の状態になった。骨が弱い。骨粗鬆症である。尻もちをついて、お尻を骨折し、ほぼ全く動けないようだ。紙おむつモードになり、独力で食事もできないらしい。だから、介助者なしには生きていくことはできなくなった。一気に老化が進行する予感がある。そんな時に(必ずしも介護側の立場でなくて)どうするか、すなわち老人ホーム、特養、介護保険施設、介護老人施設などどんな選択肢があるを情報 [続きを読む]
  • 自分と似た人のブログ
  • 他者のブログを読者として読む時のパターンは、私の場合を振り返ると3つありそうだ。自分の現在の状況が似ている人のブログは気になる。近辺の地域に住んでいるとか、引越ししたばかりとか、マンションリフォームをしたとか、リタイアしたばかりといった同じようなライフステージにいる人たちという感じが第1のパターンだ。記事タイトルがヒットすれば読みに行く。そこで、そうだったなと自分の気づかなかったことを確認したいの [続きを読む]
  • 香川県民は歩かんけん
  • 香川県民は、「じゃけん・・・」という言葉を実に良く耳にする。そう言うのは男だけかと思ったが、そんなことはない。若い女の人も良く使う。関連して、香川県民は歩かんけんというらしい。洒落た表現だ。日本一小さい県で、公共交通機関もさほど悪くないと思うが、それでも車社会であり、かつ自転車社会である。朝の通勤通学時間帯は、止め処なく自転車が来るので、車視点では左折にとても時間がかかるし、それに伴い渋滞にもなる [続きを読む]
  • 高齢者と住まい
  • 「福祉住環境コーディネーター」資格を勉強し出す前のそのイメージは、障害者のための環境の勉強をするのだろうか、元気が出ない資格だなとすら思っていた。でも勉強を始めて、これはとても有益だと思った。年齢を重ねたシニアは、今までできていた各種のことができなくなり得るという意味で、何らかの障害を持つようになるわけで、広義には同じという捉え方だ。シニアの自分自身の行く末と結びつけ予防のためには・・と考えること [続きを読む]
  • 「モノ」を大切にしない人は、「ヒト」をも大切にしないという仮説
  • 私が前から思っている仮説の1つに、「モノ」を大切にしない人は、「ヒト」をも大切にしないというものがある。ヒトは自分自身でなく他者を意味するが、ここでは人間一般としておこう。モノとヒトの2つの要素での組み合わせは4つだ。 モノを大切にして、ヒトも大切にする人、そうありたいものだ。モノを大切にするが、ヒトはそれほどでもない人、マニアックな人、研究者に多いかもしれない。モノはそれほどでもないが、ヒトは大 [続きを読む]
  • スイッチ押しさえ不要な世界
  • 人感センサーのライトをドレッシングルーム他にいくつか導入した。何もしないで、そのうちに人の気配がなくなれば消えるので消し忘れ防止には便利だ。夜に両手に荷物を抱えての帰宅などでは暗くなりがちな玄関ライトでも重宝するだろう。これに慣れると、ことが終わってもスィッチを押さなくなり、自然に消えるのを待つようにさえなる。電気のスイッチをオフせずに、どうせ消えるからと放置することも増えてきた。最初は良いかなと [続きを読む]
  • 何を信じて良いのやら・・・
  • クールビズ推進で夏の28度のエアコン設定の推奨温度に科学的根拠があるのか、あるいはなんとなく目安で決まったか議論がある。各自のセンサー感度が異なるから、集団となると、一律に適正温度を決めるのは難しいだろう。でも標準を決めることは、各自が自らの相対位置を認識する意味でも重要と思う(そこに意義を感じない人にとっては無意味であろう)。科学的にとなると、客観的な数値が重要になる。その頼りが温度計や湿度計だ。 [続きを読む]
  • マンションの騒音トラブル
  • 当地でマンション生活を始めて3ヶ月だ。快適であるものの、唯一問題と言えるところがあった。騒音トラブルである。救急車の騒がしいのは、防音の二重窓で対策をとったが、その外側だけですまない。今度は、内側だ。夜中の3時台に振動、またしばしば同時刻帯でテレビDVDの音ではないかと思われる音で、寝ていても起きてしまうくらい。その異音や振動音は30分程度で、4時過ぎにはぴったり止まるのだ。私が音に神経質すぎるのか [続きを読む]
  • May I use the bathroom?
  • 英語で、他者の家に招かれた時に、トイレを使わせてもらう時に、 May I use the bathroom?と聞くと習った。その時に風呂に入ったりする人も中にはいるかも知れないが(笑)、なぜトイレを使いたい時にバスルームを・・・などと言うのだろうとずっと違和感を持ち続けていた。今の我家では、上の写真(注: 他所の家)のようにそれが共通だから、その英語は適用できる。でも、新築マンションのレイアウトでもトイレだけ別個室になっている [続きを読む]
  • 助けて!と容易に言えない
  • 先日だが、トラブルに遭遇した。バイク用の駐輪場が見あたらなかったので、街中の地下にある自転車置き場に置こうとした。そこに入るのは下り坂で、エンジンを止め、バイクを右側に侍らせ、駐車した。周りを見ても自転車だけ、こんなズルをするのは私だけかなと一瞬頭を掠めたが、10分程度の時間だから、多少は大きいが自転車ではなくても問題はなかろうとタカを括っていた。用事を済ませて、外に出ようとした時に、とんでもないこ [続きを読む]
  • 趣味はうどん屋巡り
  • 以前にも記したのだが、高松市に転居して以来、うどん屋巡りが楽しい。市内中心部を中心に多くの道を覚え、方向感覚も身についてきた。うどん屋は、1人でも気楽に立ち寄れるからということもあるものの、行けるのは時間の余裕がある時だけ。そして、やはり食べるとなると昼だ・・、となると自ずと行ける日は限られてくる。そんな私のようなタイプでは、頻度的には週に一度が良いところだろう。ということで、この連休中の2件を含 [続きを読む]
  • 信用されない
  • クレジットカードの信用調査ではねられた。初めてのことだ。心当たりのあるのは、退職して、無職になったことであった。ことは、行きつけの電器店。内窓の工事の精算支払い時に36万円余りの支払いをできるだけ伸ばし、カード支払いは冬のボーナス一括払いが可能で、既に済んでいた。そこまで先延ばしできるのならばと、今回買おうとしていたエアコンも、冬のボーナス一括でとお願いしたのだ。そうしたら、この顛末だ。システムで [続きを読む]
  • 鬱になりそうな月曜
  • 今日から連休明け、仕事再開の人も多いだろう。月曜から週末まで、ずっと詰めていると、当然ながらゴールデンウィークのような長期の休みは嬉しい。直前の現役で勤めていた時は、休みも多い職種だったので、祭日休みなどは、さしてありがたくも思わなかった。今は平日は連日行くべきところがあるので、休みのありがたさが身に染み、十数年ぶりに連休の存在を嬉しく思った。何かをしている充実感はあるとしても行かねばならない・・ [続きを読む]
  • 車なし生活に慣れてきた
  • 最近はバイクに乗って出かけるにはとても快適な季節である。引越しのタイミングで、愛車を手放し、バイクに乗り換えるという生活は私にとって大いなる「リストラ」であった。妻と一緒に出かける時に2人乗りはバイクで可能ではあるのだが、最近の買い物では(少し侘しいが)現地集合で現地解散だ。連休中に行ったランチビュッフェの食事(当地に来て以来のうどん以外の初外食ランチ!)でも同様だった。妻は自転車で出向くから、そんな [続きを読む]
  • 福祉住環境コーディネーターに挑戦
  • 資格を取るための勉強を始めた。福祉住環境コーディネーターである。上記の公式テキストと過去問問題集の2冊を購入したばかり。世間のその資格の評価はわからないが、内容は知っておいて悪くないので、自分自身のために勉強する機会としたい。4月中旬より3級テキストでその勉強していたが、3級受験はスキップし、いきなり2級に挑戦することにした。私は住まいのリフォームに関心があるし、自分自身がシニアであるので、その年 [続きを読む]
  • WiFiはWiMax2で満足
  • 2ヶ月半前に引越ししてから、ネットの環境が変わった。今までのケーブルテレビ会社のサービス展開地外なので、新たなところと契約が必要だった。NTT西日本のフレッツ光にするか迷ったが、最終的に固定回線は契約せず、WiMax2という無線サービスにした。良かったと思っている。最初についていた2カ月の無料サポートの自動継続停止のキャンセル通知日時を2日遅れてしまったが、お願いして何とか例外処理をしてもらい(こういうちょ [続きを読む]
  • パソコンを使う必然性がない
  • 引越してから、2ヶ月半で3回程度しかパソコンを使っていない。シニアな生活だから、もっぱらカジュアルなライフスタイルのタブレット生活で間に合っている。メールやウェブのネットの接続は不可欠だが、日々の利用で重要な位置を占めるブログも「はてなブログアプリ」で、ちょっとしたメモもiPadの「メモ」で、月末家計簿も 「Numbers」でこと足りる。スケジュールは「カレンダーアプリ」、そして「カメラアプリ」を使い、「クラ [続きを読む]
  • 突然、眼鏡のフレームが壊れたら・・
  • 先週だったのだが、出先で話を聞く必要があった。そんな時に突然、眼鏡のフレームの部分が突然に壊れてしまった。そのままでは視力不足で、講師がホワイトボードに書く字も、またそのままでは帰りのバイクの運転もできないから困る。片目運転は極めて危険だし、歩いて帰るのも実際的ではない。何とか応急措置をということで、休憩時に事務局に行って木工ボンドを借りて接着を試みた。しかし、かなり引っ張り力が入るので接着でき [続きを読む]
  • 5月からは地元系新聞を
  • 世界レベルの緊張は身の危険も感じるため関心を持たざるを得ないが、国内の政治のことや、東京付近のことは関心が全くなくなった。豊洲問題に関してテレビのニュースを見ても、小池都知事よ、そっちはそっちで上手くやって、てな感じだ。活動範囲が高松市内だから、ローカルな街のレベルだけが関心である。チラシで、どこのスーパーが安いとか、ミニコミ誌で近くでこういうイベントをやっているとかに限られてきた。そういう要求に [続きを読む]