ルイーズケーキ さん プロフィール

  •  
ルイーズケーキさん: ニュージーランド自由帳
ハンドル名ルイーズケーキ さん
ブログタイトルニュージーランド自由帳
ブログURLhttp://louisecake.blog.fc2.com/
サイト紹介文ニュージーランド・ロトルアで、ワーキングホリデーメーカーさんを受け入れながら、役立つ情報を発信中!
自由文ニュージーランドに移住して、初めて知ったNZ人の温かさ、おおらかさ、英語など、日本と違う点も楽しく書いています。すごーく大切な義母とのやりとりやオモシロイ暴露話もテンコ盛り!留学、ワーホリ、観光、アクティビティーにも触れています!現地からホンモノの情報を(できるだけ)毎日発信中。本当のニュージーランドが見えてくるはず!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2012/08/21 08:50

ルイーズケーキ さんのブログ記事

  • ニュージースイーツとケーキの切り方
  • ニュージーランドの食べ物は多種多様。多国籍な文化のため、いろいろあるのだと思う。でも基本的には、イギリスの流れを汲んでいる傾向。昔からの伝統、として。イギリスに旅行や留学した人の話を聞くと、当地の、特にスイーツは美味しいらしい。余談ですが、食事も美味しかったと言う人がいるので、英国食文化は変わってきているんだろうなぁと思うさて、日本とちょっと違うな、と私が感じたNZスイーツは、ココナッツとジンジャー [続きを読む]
  • ボーイフレンド、ガールフレンド
  • わが家にホームステイされるワーホリさんたちとは、いろいろな話をする機会が多い。調査しているわけでないけれど、そんな彼女・彼らの多くには、恋人はいないもよう。なぜなら、ニュージーで良い人を見つけますと談笑することがしばしばあるから。ワーホリでは自由に旅や仕事ができる。そして移動すればするほど、いろいろな人に会う。バッパーのような安宿にいれば、同じ境遇で同年齢の、他国のワーホリさんも多いことに気づくは [続きを読む]
  • ニュージー生活を内側から楽しむ!
  • ニュージーに渡航されるワーホリさんの多くが、この国は初めてで、英語が不安だと思う。1年間の長期滞在で、どうしよう・・・と不安に思う一方で、日本の日常から離れ、新しいNZ生活に夢を抱く。その中で、あれをしたい!ここに行きたい!!と思う人や、のんびりできればいいなぁ〜とか、行ってから考えようかな、など人それぞれ。私としては、できるだけ計画して来た方がいいと思ってます。ある程度決まっていると、他のことがよ [続きを読む]
  • キウイジョブのあとワーホリさんはいづこへ?
  • 今年もキウイフルーツの(箱詰め作業所の)仕事が無事に終了。今回は、主に天候のせいで実の状態が良くなく、いつもの年より収入は少なかったもよう。それでも、私の想像より金額が多かったのは良かった。そしてこの仕事だけで3か月働けたようなので、ワーホリビザの延長申請もできる可能性が大きい!!最近話したワーホリさんたちの多くは、延長したいです!と言っていましたよ。延長したらニュージーの夏を過ごし、日本の春頃に [続きを読む]
  • 地熱地帯と文化の街ロトルア・Rotorua
  • 昨日は、出かけたい気分に駆られ、ロトルア名物間欠泉(ガイザーと呼ぶ)を見に行くことに。最初は晴天だったのに、昼過ぎに雹(ひょう)が降り、こんなんじゃあ良い写真が撮れない・・・、と思いながら到着したら、案の定ダメだったので、以前のものを載せますお写真はこちら〜昨日のモクモクは、これ以上にすごかった。最近雨の日が多かったので、地下水も多く、ず〜っと吹き出しっぱなし。日により30分くらいピークを待つのだけ [続きを読む]
  • ニュージーランドのヒツジの毛刈り
  • ニュージーランドには、人口よりはるかに多い羊がいる。私の住む北島には、牛もたくさんいるけど、その総数は羊には劣る(それでも人口より多いんだけど)。ニュージーランドと言ったら、羊しか思い浮かばない人もいるくらい、人気()だろう。NZ人のオット(夫)の母の家は、小規模な牧場で、ここでも時期には3〜4頭くらいいる。春には子羊が産まれ、走り回っている。しかーし、羊を飼っている理由は、食べるためです。家畜がいる [続きを読む]
  • ロトルアを無料で楽しむ5つの方法!
  • 私が住むロトルアは、ニュージーで10番目ほどの大きさ。人口は約7万人。タウン近くに住む人が多いせいか、この人口だと、混んでる!とか過疎・・・というイメージは無く、ちょうどいいのでは〜と私は思っている。今回はそんなロトルアで、無料で楽しむ5つのアイデア、をお届けします。ロトルアタウン散策タウンには、カフェ、レストランなどが多い。これらを楽しむ(味わう)のはおススメ。でもずっと食べてばかりはいられないし、 [続きを読む]
  • 動物いっぱい!
  • 昨日からここロトルアは天気が悪く、冷えたので、今年初めて暖房をいれました〜。でも、日本で言えば今は1月くらい。これまでヒーターのお世話にならずに過ごしてきた、ってのはすごい(やせ我慢ではなく・笑)。と、そんな冬の真っ只中、昨年〜今年の頭にかけての半年間、ワーホリをしていたMさんより、なんと1000枚ものニュージーランド体験写真を頂きました。Mさんは大学で動物関係を専攻し、卒業した年に、ワーキングホリデー [続きを読む]
  • ニュージーランドで仕事する、ということ
  • ニュージーランドワーキングホリデーでは、仕事ができる。これはあくまで旅や生活費を補うことが目的。そのため、仕事が目的では無いです。でも仕事をしてよいのだから、機会があればするといいと思う。なぜなら、収入以外にいろいろと良い点があるから。突然ですが、こちらは参考HPです。目的を誤解している方もいるようなので、ぜひ読んでね。       ↓日本外務省のワーホリ制度説明文さて話は戻り、その良い点の1つが英 [続きを読む]
  • 冬のニュージーでどう過ごす?
  • もうご存知と思いますが、ニュージーランドはいま冬です!ロトルアは温暖なため、今日のように天気が悪くても、大して寒くないのだけど、ここから南下すると、雪が降っている場所も。そんなときは、スキーやスノーボードがおススメ。しかしこれらをしないワーホリさんもいますね。そんな人たちはどう過ごせばよいのだろう。これがわからない方のために、今ロトルアにいるワーホリさんたちの例を書いてみます!まずTさんは、WWOOFを [続きを読む]
  • 西洋人と日本人の違い
  • ニュージー人を含む西洋人、というより、英語圏の人は、日本人と違う部分がある。見た目とか、英語を話す、と言う意味でなく、根本的な考え方で、大きく違うところがあると思う。私のNZ人のオット(夫)の親戚に、モーターバイクの部品のエキスパートがいる。そんな彼は、日本のチームに雇われ、日本で働いた経験がある。(鈴鹿にも行ったんですって)で、彼曰く、日本人は欠点を話し合わない、と。バイクに問題があれば率直に意見 [続きを読む]
  • アメリカズカップ優勝おめでとう!のウラ話
  • 昨日、NZ時間の早朝、バミューダで行われていた、世界最高峰のヨットレース・アメリカズカップで、なんとニュージーランドが優勝しました!14年ぶりの優勝で、朝からニュージー人は大喜び。あ〜めでたいしかし実は、こんなウラ話が。まず予算が圧倒的に少ない。前回大会でニュージーの予算は40ミリオンドルと公表。しかしアメリカはその5倍と推定(公表していないので詳細は不明)。今回も恐らく同じ感じ。懐がきついニュージーは [続きを読む]
  • 短期ワーホリでも大満足でした!
  • 先日、ワーホリKさんより、そろそろ帰国します!とメールを頂いた。このKさんは、昨年の後半に、他のワーホリさんたちと一緒に、わが家に到着。うちでホームステイした後は、地元のニュージー家庭も経験したい、ということで、私の友人・Vさん宅へ。Vさん宅には、二人の息子さん(小学生)もいる。Kさんは彼らと遊んだり、お喋り好きなVさんと、ガッツリ会話して、生活から英語を学んだり、一緒にお出かけしたり、かなり楽しんでい [続きを読む]
  • ニュージーランド流ゴキの取説
  • ある日、小学生の娘(8歳)を、教室の外で待っていたら、中からきゃ〜!!という女子の悲鳴のすぐ後に、二人の男子がバタバタと駆け出して来た。なんだ、なんだぁと思って見ていたら、ひとりの男子が地面(ここは外)に黒い物体を投げつけ、もうひとりが やい!っと踏んづけた。更にもう何度かバンバンやって、二人はわらわらと戻って行った。そこで、去ったあとをよーく見たら、潰れたゴキが〜以前娘から、ゴキを素手で捕まえる [続きを読む]
  • 語学学校を辞めたいです
  • 今回は、ワーキングホリデーを考えている方に、ぜひ読んで頂きたいブログです。数か月前に、ワーホリ相談をくださったMさんという方がいた。でも結局、オークランドに行きます、と言われたので、やり取りは終了。そのあと音沙汰は無かったが、最近になりMさんより、いま通っているオークランドの語学学校と、街が自分には合わないので辞めたい、と・・・今までこのようなメールは何度も頂いている。ではなぜこんなことが起こるのか [続きを読む]
  • バッパー暮らしの感想です
  • ニュージーランドには、バックパッカーズがたくさんある。日本ならゲストハウスと呼んでいるかも。とにかく、旅行者が気軽に、低料金で滞在できるため、ワーホリさんにも人気だ。そこには個室もあるが、結構なお値段なので、相部屋、シャワー、トイレ、キッチンなど全てシェアがふつう。最近男性ワーホリさんが、ここロトルアに戻ってきた。そしてわが家に遊びに来てくれたので、今までの生活を聞いてみた。彼は半年以上旅行&シー [続きを読む]
  • ハカのギネス記録に挑戦!の裏ばなし
  • 昨日わたしは、ハカの1つカ・マテを皆でやって、世界記録を作ろう!というイベントに参加してきました〜。場所は私の拠点・ロトルア。ここはニュージーランドで10番目くらいの大きさで、温泉観光地。タウン中心部に近い広場で、大人数でハカをして、ギネス記録を更新しよう!というわけ。必要人数は、6200人以上。これだと、ロトルア人口の約10分の1が必要。今は冬だから、ちょっと無理があるかも〜、と思いながら、会場に到着 [続きを読む]
  • ニュージーにいるイギリス人って!
  • 昨日、子どもを迎えに小学校に行った。するとそこに、小さなお子さんを連れたママがいて、ハローと私に声をかけてくれたが、その方の記憶がない。聞けば、彼女のお子さんが、私の末っ子と同じ幼稚園に通っていた、ということがわかった。そのママ・Kさんは、私を何度か見たらしいが、見かけた程度で、話す機会が無かった、と言う。そんなことを話していたら、いきなり、私はイギリス人なの、NZには12年居て、その間子どもが3人も産 [続きを読む]
  • いまWWOOF・ウーフで学んでます
  • 私がワーホリさんにおススメする仕事として、WWOOF(ウーフ)がある。これは、農薬や化学肥料を使わずに、野菜や果物などを育てる、オーガニック農家さんでのエクスチェンジ。労働をすると、部屋と食事が提供される仕組み。ニュージーは地質が良く、害虫が少なく、更に気候が良いせいか、このオーガニック農業が盛んだ。わが家の庭のみかん、フィジョア、レモン、パッションフルーツは、水やりと、少し剪定をするだけで、毎年実を [続きを読む]
  • ニュージーのトップスポーツ!
  • そのむかし、学生の頃に、私はニュージー留学をした。当時通った小さな語学学校では、クリケット体験という課外授業(お楽しみ授業)があり、それに参加してみた。このスポーツは(簡単に言えば)野球に似ている。ピッチャーが投げたボールをバッターが打つ。そしてボールを打ったバットは手に持って走る。外野を守る人は素手で捕球。1試合1週間ほどかかるこのスポーツ、ニュージーにはプロチームがあり、海外遠征するくらい規模が [続きを読む]
  • ワーホリ情報収集って大変・・・
  • ワーキングホリデーは1年の海外滞在。ここでは旅や仕事をしたり、アクティビティーを楽しむなど、いろいろなことができる。そのためには、事前調査と計画が必要、ということですね。そこで、できるだけ多くの情報を得るために、皆さんはどんな方法を使っているのだろうと思い、あるワーホリさんに聞いてみた。すると、この方は私のサポートを受けた他には、特に何も頼らなかったらしい。ただし、ワーホリ経験者のブログを読んでい [続きを読む]
  • ニュージーの学校ってすごい!
  • ニュージーランドでは、夫婦で同じ学校に勤めることは普通にある。それも自宅のすぐ近くの学校に。これは通勤に非常に便利だ。そしてこの場合、隣近所に自分の教え子がいたり、スーパーで彼らに会ったりするけど、だからどうってことはない。更に、自分の子どもも同じ学校に通うパターンは多い。わが子が通う小学校にも、そんな先生親子はかなりいる。昨年私は、娘のクラスの補助を少しした。(先生が転任したため、補助は自然消滅 [続きを読む]
  • リスクを減らしてワーホリを楽しむには?
  • もう皆さんはご存知でしょうが、ワーキングホリデーは、海外で長期間生活や旅、仕事ができる制度。これらを楽しみ、いろいろ体験することで、新しい自分を発見したり、成長するきかっけとなるものなのです。強制が無く、自由に行動できる点でも、皆が憧れる生活環境だよねそんなワーホリをする場合、私が皆さんにお伝えしたいことがある。(英語を頑張れ、などと言う前に)それは、リスクを減らすことを考えてほしいな、です。例え [続きを読む]
  • ワーホリさんのハイキングおもしろ写真!
  • ニュージーには大小様々なハイキング(登山)コースがあり、地元キウイ(NZ人のこと)も楽しんでいる。これをメインにワーホリ渡航する人もいる。私の知るワーホリさんたちは、シューズなどのギアを揃えてやってくる人が多いので、やっぱりこれは人気なんだな、と思う。そんな方たちの中から今回は、Tさんが、NZハイキングについて書いてくれたので、少しご紹介します〜☆NZハイクの良い点は、熊のような危険な動物がいないこと、 [続きを読む]
  • ニュージーで夕食に誘われたら断る?
  • ニュージーランドではよく、持ち寄りパーティーをする。パーティー出席者が、食事やデザートなどを持ち寄るもので、これをポットラックパーティーと呼ぶ。これなら主催者の負担が減るし、いろいろな料理が食べられるので、良いアイデアだと思う。ポットラックでなくても、友人などを自宅に呼ぶことも好き。そして、ゲストにはほぼ必ず、お茶はいかがと尋ねる。ニュージー人は紅茶、ハーブティー、珈琲などいろいろ揃えていて、初め [続きを読む]