ルイーズケーキ さん プロフィール

  •  
ルイーズケーキさん: ニュージーランド自由帳
ハンドル名ルイーズケーキ さん
ブログタイトルニュージーランド自由帳
ブログURLhttp://louisecake.blog.fc2.com/
サイト紹介文ニュージーランド・ロトルアで、ワーキングホリデーメーカーさんを受け入れながら、役立つ情報を発信中!
自由文ニュージーランドに移住して、初めて知ったNZ人の温かさ、おおらかさ、英語など、日本と違う点も楽しく書いています。すごーく大切な義母とのやりとりやオモシロイ暴露話もテンコ盛り!留学、ワーホリ、観光、アクティビティーにも触れています!現地からホンモノの情報を(できるだけ)毎日発信中。本当のニュージーランドが見えてくるはず!!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2012/08/21 08:50

ルイーズケーキ さんのブログ記事

  • ニュージー春の気候とロトルアのプール
  • 昨日の24日からサマータイムが始まったニュージーランド。まだ夏には程遠いけど、ここロトルアはだいぶ暖かくなりました。晴れの日は半そででもいいぞ!ですが、天気の悪いときはちと寒い。しかし、冬を乗り越えた私にとっては、大した寒さではないです。昨日タウンで見かけた、中学生くらいの女子たちは、半そでTシャツ&デニムの短パンだった。ヤングガールズだけでなく、大人でもこんな格好をしている人も・・・因みに私には、 [続きを読む]
  • 24日からサマータイム開始です!
  • 明日24日(日)から、ニュージーランドと日本との時差が4時間になります(今は3時間)!なぜならサマータイムが始まるからです。これはデイ・ライト・セービングというのが正式名称で、これから明るい時間が長くなるので、それを有効に使おうぜい!というもの。時計を明日の早朝に、1時間進ませます。すると、午後太陽が出ている時間が延びるので、仕事の後にたくさん遊べる()わけです今日の夕方、ロトルアタウンにあるお店に行 [続きを読む]
  • 仕事を紹介してくれるNZ人に電話してみました!
  • ワーキングホリデーというのは、生活費を補うための仕事(アルバイト)ができるホリデー制度。そしてニュージーランドでは、特にフルーツがたくさん実るため、この仕事をゲットしたいワーホリさんは多い。ただーし、これには求職時期というものがある仕事が始まってからでは、多くの場合遅すぎます。ということで私は、サポートを受ける方たちに、こういった(もっと詳しい)情報ををお伝えしているのだけど、同じ果物でも、地域や [続きを読む]
  • 留学とAUSワーホリそしてニュージーへ
  • さて今回は、ワーホリWさんがNZワーホリを決めた経緯です。まずWさんは、フィリピン留学を3ヵ月した。そこでは基礎勉強のみで、単語を少し繋げて話す程度、という結果に終わったそうです。その後に、オーストラリアへワーホリに行ったそうな。その際は全くの無計画だったので、結局うまく生活できずに、1か月未満で帰国。エージェントさんを通すと、まずは語学学校に行って英語に慣れたらと言われますが、ワーホリの場合これは不要 [続きを読む]
  • ニュージーのお医者さんって優しい
  • 最近ちょっと体調不良で、看護師の義母に相談したら、クリニックに行っておいで、と言われたので、行ってきました〜。結果は想像通り大したことはなく、5日分の抗生剤をもらったのみ。私は産まれつきの健康優良児。40度の高熱が出ているにも関わらず、「ちょっとつらいな」と思った程度で、普通に高校に通っていたくらい。ま、それもだいぶ前の話で、今は子育てや仕事で忙しく、体調を気遣わないときがある。そしてたまーには人並 [続きを読む]
  • ニュージーは世界第2位の平和な国!
  • 近年の世界情勢を見ていると、なんだか物騒だ・・・と思ってしまう海外で旅を楽しみたいなぁと思っても、さてどこなら安心して行けるのだろーか、と悩む人は多いだろう。そんな中、実はこんな記事を見つけました。ニュージーは世界第2位の平和な国← !(英文です)これはグローバル・ピース・インデックスの統計で、23の項目からはじき出された結果とのこと。これは、殺人、近隣諸国との関係、内戦や外交などなどを調べて [続きを読む]
  • ワーホリさんがニュージー人の優しさに触れたはなし
  • 今回はワーホリTさんの体験談です。ワーホリTさんはニュージーの前に、(途上国のような感じの)島で語学学校に通った。そこではなかなかのサバイバル生活だったようだけど、帰国することなく、真っすぐニュージーにいらした。そして、ここロトルアで暫く過ごした後、オーペアの仕事を少しした。その後は、以前から興味があった、牧場のエクスチェンジに挑戦!Tさんは女性で、牧場経験は無かったけど、何とか受け入れ先を見つけた [続きを読む]
  • ニュージー男子のラグビー
  • ニュージーランドで男の子として生まれたら、一度は通る(通らなくてもかする)のが、ラグビーというスポーツ。これはイギリス発祥なのだけど、ニュージーで根付き、国技となりました。街を歩いていると、ラグビー選手と見紛うガ体の男性は多い。ニュージー人は日本人より身体が大きいからかも・笑。とにかく、こんな国で育つ男子の多くは、かなり小さな頃からラグビーに興味を持つ。しかーし例外的に(?)、わが子はそうでもなか [続きを読む]
  • ニュージーワーホリで英語力が上がった!
  • あるときワーホリさんより、先日日本に帰国しました!と連絡が来たので、ニュージーワーホリの感想を聞いてみました。まずこの方は20代前半の女性で、私のワーホリサポート付きホームステイからスタート。語学学校には行っていません。ワーホリを語学学校から始める必要が無いからです。(学校は費用もかかるしね〜・・・)ということで、ある年の、(NZの)春に渡航し、ここロトルアに滞在後、旅をしながら南下。南島でエクスチェ [続きを読む]
  • お隣さん宅に子羊が!
  • 2,3日前から、メェ〜メェ〜と、すぐ近くで子羊の鳴く声が聞こえていた。2,3軒先に、獣医師がいるから、きっとそこからだろう、とニュージー人のオット(夫)。しかーし、超至近距離なので、お隣さんかもと思い始めた昨日、私の娘が偶然、隣の家の庭にいる子羊を見かけた。そんなこんなの今日の夕方。わが家と、羊疑惑(笑)のお隣さんの帰宅が一緒になり、互いの門の所でハロー!と顔をあわせたとき、黒くて小さな子羊が、門の隙 [続きを読む]
  • 雄の子牛の運命
  • 初春の今は牛の出産の時期。乳牛、肉牛用の子牛がたくさん産まれて牧場は大忙し。そんな中、ニュージー人の知り合いより、最近、雄の子牛を2頭もらった!と連絡が来た。それも生後5日だって・・・そんな早くに母牛から離してもよかったっけと聞いてみたら、初乳を十分与えたので、特に問題は無いと。でもまだミルクを飲む時期なので、粉末を買ってきて、日に2回与えているそうな。今後1か月半ほどミルクのみで育ち、その後から牧草 [続きを読む]
  • 脱走ニワトリを発見!
  • 今日(9月1日)から公式に春となったニュージーランド。皆さん如何お過ごしでしょうか。私の方は、今月からワーホリさんたちが続々到着されるため、その準備や、掃除を頑張ろう!ということで、まずはカーテンを洗うことに。最初に、日当たりの良くない窓のカーテンを洗い、カーテンレールに戻していたら、目の前に何かが動いている。よーく見ると、お向かいのお宅の駐車場で、ニワトリ4羽が歩いていた〜!!発見時の写真がこちら [続きを読む]
  • 英語ができないと追い出される?
  • ニュージーにワーホリをしようと思っている人は、自分で情報収集することも多い。その中で、ファーム(牧場の意)ジョブを経験した人の、ブログか何かを読むことがあるみたい。そして私にこう相談される。ブログ主さんが職場の牧場で、英語ができないせいで、出ていけと言われたので、自分の英語が不安です、と・・・。私はこれを数度言われたのだけど、ハッキリ言えば、それが本当の理由なのかです。私がお世話をさせて頂いた(い [続きを読む]
  • 切り三昧の1日
  • ニュージーランドは日本のような四季があるので、紅葉と花の季節は美しい。のはとってもいいのだけど、困ることも・・・。それは、落ち葉や枯れた花を掃除すること全て落ちるまで待って、一度に片づければよいのだろうけど、ニュージーの木は大きいから、落ちるものが大量なんです。放っておくと強風が吹いたときに舞い上がるし、雨で流れ、排水溝が詰まる、なんてもとも十分あり得る。そのため、まめに掃除が必要なのだけど、いつ [続きを読む]
  • 今日のニュージーは水仙&ガン撲滅の日
  • 最近水仙が至る所で咲いてます。これを見ると9年前の8月に、ニュージーランドに移住してきたときのことを思い出す。この時も水仙が咲きだしていて、それに加え、お店や公共の場所で、この花の手作りブローチを売り、癌の撲滅に!とチャリティーが盛り上がっていた。それからというもの、水仙=癌チャリティーが頭から離れない。そして、この花を使うのは良い宣伝だと思う。私のように水仙を見ると、これを思い出す人がたくさんいる [続きを読む]
  • 自由なニュージーの先生
  • 数日前の朝、小1(5歳)の末っ子のクラスに行ってみた。すると担任の若い女性のF先生が、何やら切り抜きをしていた。たくさんあったので、手伝いましょうかと聞いたら、ありがとう!とハサミと、ラミネート加工されたものを渡してくれた。そこには、カゴに入ったリンゴの絵が、A4判の紙にびっしり印刷されていて、これを一つ一つ切り抜く作業。昨年も同じようなことを手伝った経験があったので、お安い御用だ〜っと、作業開始。そ [続きを読む]
  • 日焼け止め対策をしよう!
  • ニュージーランドの紫外線は強い。そのため私は、外出時、いつもツバのある帽子を被っている。冬なら頭部の保温もでき、一石二鳥。更に、日焼け止めクリームもつけている。ちょっと洗濯物を干す、だけでも。シミ・そばかす、シワは避けたいし、それ以上に皮膚がんは嫌だ。そして真冬でも、春かい(ときに夏?)と思うくらいの陽射しが注ぐ。うかつに日向ぼっごすると、焼けちゃうので注意しよう。子どもが通っていた幼稚園には、日 [続きを読む]
  • オークランドで仕事探し、その結果は?
  • 今回は、今年初頭に到着されたワーホリさんの話です。Mさんは、他の数名の女性ワーホリさんと、ニュージーランド・ロトルアのわが家に到着。ホームステイでワーホリのことをいろいろ学んでから、一緒に来たワーホリさんたちと、南島を周った1か月ほど観光を楽しんだ後に、今度はキウイフルーツの箱詰め作業をした。その後はオークランドへ旅立つ。そんなMさんは、フラットも見つかり、新しい仲間もできました〜とたまに近況報告を [続きを読む]
  • 意味がない?語学学校
  • あるワーホリさんが、ニュージーランド以外の英語圏で、こんな経験をしたそうな。語学学校に数か月通った後に、仕事のインタビュー(面接)に行った。面接官はその国の人で、会話は英語。でもそのワーホリさんは、面接官が話す内容が全くわからなかったそうな。そしてこのワーホリさんは、語学学校に長く通ったことを悔やむ。この方は私の知らない人。なのでどんな職場だったのか、とか、その人の英語力はよくわからない。でも、こ [続きを読む]
  • 春間近!これからが渡航シーズンです
  • 天気が悪くても、寒いな〜と思うことがほとんどなくなってきたロトルア。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。さて、こんな気候だと、花がお目見えするので、昨日はロトルアタウンに花ハントに行ってきました行った場所は、ガバメント・ガーデン。タウンのはじにある、ロトルア湖に隣接したガーデンです。車を走らせ、一発目に出会った光景がこちら!黄色い水仙が咲き乱れておりました向こうに見えるのは、現在改装中(計画中?)の [続きを読む]
  • 郵便屋さん、早すぎる〜
  • しばらく前からここロトルアでの郵便配達が、週5日から隔日に変わった。今はEメールの時代なので、手書きの手紙を書く人が少なくなったからだと思う。手紙って味があるので私は好きなのだけど、そう言う自分だって滅多に書かない・・・。そしてここ最近、配達用の乗り物も変わった。今までは手紙関係はほとんどが自転車だった!ニュージーだって坂はあるし、天気が悪いと大変だ・・・。とにかく、郵便物が減ったとは言え、銀行など [続きを読む]
  • 人種のウソ?!
  • 長男小6(10歳)の親友にA君という子がいる。彼は自身をマオリ(NZに移民が来る前からいた人たち)、と言っている。以前私は、彼をちょっと見かけたことがあり、そのときは、特に、マオリの子だな、という印象は無かった。それから数か月経った先日、彼がわが家に遊びに来た。そして思った。顔かたち、肌の色はマオリの子ではなさそうだな、と。でも、私にとって、そんなことはどうでもよく、そう思ったことも忘れていた昨日、いき [続きを読む]
  • 英語の方が言いやすいことも
  • 私はニュージーランドで英語の生活をしている。仕事ではあまり英語は使わないのだけど、NZ人のオット(夫)や義母、日本人ではない友達と話すときは英語。でも3人いる子どもに対しては、頑張って日本語を使うことも。理解してくれるかどうか不明なときもあるけど、無理やり()日本語を使ってみる。大体わかってくれているみたいだけど、日本語を話しているこちらが負担になることも・・・私の日本語力のせいなのかもだけど・汗、 [続きを読む]
  • 春を見つけ、日本食に舌鼓を打った日
  • 今日は天気が良くなったので、ロトルアの土曜マーケットに出かけた。このマーケットには、食べ物の出店が多く、今回はその中の、日本人がされている和食のスタンドを探していた。でも見つからず、がっかりしていたら、最近到着されたワーホリさん二人に会った。彼女たちは同じ歳で、オーストラリアワーホリも経験し、更に同じ時期にNZに渡航した、偶然重なり組。協力し合ってワーキングホリデーを始めているんです。このままうまく [続きを読む]
  • キャンプやる気満々のワーホリさんの訪問
  • 数日前、ワーホリK&Mさん(女性)が、わが家で保管していた荷物を取りに訪問された。そのときに、最近買った車を見てくださーい!と言われたので、カメラ片手に外に出てみた。すると中には・・・うわ〜!ベッド(マットレス)が入ってるぅ〜。そう、彼女たちは車中泊をする予定なのだ。でも実は、今年の夏(日本の冬)に、既に経験済みのこのおふたり。南島から旅をしながら北上するときに、車に泊まってフリーキャンプを楽しんでい [続きを読む]