虎視眈眈(こしたんたん) さん プロフィール

  •  
虎視眈眈(こしたんたん)さん: 今を生きていく
ハンドル名虎視眈眈(こしたんたん) さん
ブログタイトル今を生きていく
ブログURLhttps://ameblo.jp/koshi-tantan-wao/
サイト紹介文AC自覚のち回復に向けて2年前からセッションを受けています。うつ病・子どもの不登校経験あり。
自由文ACの生きづらさを卒業したく専門のスカイプセッションを受けています。まだ発展途上ですがブログを始めた頃と記事の内容が変わってきているので私自身の内面の変化は現れていると思っています。初期の頃のブログ記事を見ると自分の悲惨な過去をなげいていますが、その時期があって今がありますので大切な記録として残してあります。よかったらご覧になってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/08/22 21:38

虎視眈眈(こしたんたん) さんのブログ記事

  • 行動すること
  • やってみないと分からない行ってみないと分からないやりたくないのは、それなりの理由があるが、そのままでいたくないなら、やるしかないで、やってみたら行ってみたら怯えるほどのことでもなかったりする怯えは、過去から来てるだけまた、違う気付きを得たりする今回、自分の都合で縁を切っていた人と法事で数年ぶりに会ったけど以前とは違う見方をしている自分がいた時が経過している分、相手も自分も変化しているのに過去にされ [続きを読む]
  • 過保護のカホコ
  • というドラマを子供と見ていました。お父さんが、奥さんと娘のカホコに怒って家を出ていくシーンがありました。旦那さんが出ていったのに、奥さんは心配する風でもなく、シレッとしています。出ていっても出ていかなくても関係ないって感じどうせかえってくるんだから。お金さえ入れてくれればいいや。そんな風でした。冷たいなあと思って見ていたら子供がお母さんも、お父さんに対してこんな感じだったよねと、ひとこと。一瞬、え [続きを読む]
  • 歪みのない人
  • いぜんの職場の仲間と、晩ごはんを食べにいってきました。その内のひとりは、明るく元気でかといって無理ポジのいい子ちゃんでもなく時折さらっと笑顔で毒舌を吐く、50代のおばちゃんです。久しぶりに会って、家族の話を聞くと自分自身も、同居の家族も、大きな病気をして、今も治療中ということで、大変そうに見えました。私が彼女の立場だったら、泣きたいくらいの気持ちになると思います。ってか、絶対泣いてる(^_^;)何で自分ば [続きを読む]
  • 後日談
  • 上のリブログ記事は、職場のAさんのことを書いています。 A さんは最近、別の仕事仲間に A さんは天然だね と言われ、どこが天然なのかと聞き直したところ それを聞くところが天然だ と言われ、ええ?となったそうです。 A さん、自分はしっかりしてるとずっと思っていたらしく、その仕事仲間に、自分の変なところを指摘され、驚いたとのこと。 きっと変すぎて、誰も突っ込めなかったんだと思う、という自己分析もしていました。 [続きを読む]
  • すかす
  • 自分の癖として すかす言動をとることを指摘されていましたが 「すかす」という意味を 肩透かし、という言葉に似ていることからずらす、ということかなと思っていました。 知人のAさんが失敗を人から責められたときに 自分は、責められても何とも思ってないむしろ、そうしてくる人の方が哀れ、可哀そうにそして、自分は完璧だ という態度を見て もしや、私はこういうイケすかない態度を人に対してしていて それが「すかす」ってこ [続きを読む]
  • 想い出
  • 私が認知していた、想い出という言葉はあなここに入ってから、意味合いが変化してきています。以前は、「過去の覚えている出来事」をその言葉に当てはめていました。でも、想い出というのは無機質なものじゃなくて、暖かい感情が付いているらしいと思い始めています。先日、職場の昼休みに、コンビニのわらび餅を仲間の人と食べました。その仲間が、昔話をし始めました。子供の頃、年の離れた弟が自分のおこずかいで、荷台の車で売 [続きを読む]
  • 離婚
  • 「他の女性とのメール履歴をみた松居が船越の携帯電話を沸騰した鍋に入れて破壊▽「離婚する」と暴れだし船越の頭をハンガーで殴りつけ、顔面血だらけにした−といった恐怖のエピソードを連ねている。」 上の文は、松居一代さんに関するネットニュースからの引用です。 私は、自分が離婚する前元夫の言動に辟易していて、口には出さないものの離婚したいと思っていました。 結局は、夫の方から話を切り出され離婚確定となったの [続きを読む]
  • 見た目
  • だいぶ前の私は、醜態恐怖のようなものがあり、自分の顔が大嫌いでした。振り返って細かく見ていくと、顔全部にそう思ってはおらず、鼻と眉毛と色黒の部分に限定されます。今でもコンプレックスです。さすさすそれらはどれも小さい時に、母親と親戚にバカにされたり、からかわれていた部分です。反対に、誉められた部分もあったのに、そこはなかったことにしていました。でも、どこかで自信があったんです。自分の顔は醜いと思って [続きを読む]
  • ストレートな表現
  • リバース最終回主人公、藤原竜也さん演じるフカセくんが引っ越して遠くに離れてしまった戸田恵梨香さん演じるミホコちゃんに大阪まで会いに行くシーン。「ミホコちゃんに会いたくて、会いに来た」 (多少言葉が違ってるかもしれませんが  このような表現をしていました)なんてストレートな言葉?他にも用事があったから、とか近くまできたから、とか取って付けたような遠回しの言い訳はなく会いたいから来たって、ほんとフカセく [続きを読む]
  • 小バカにすること
  • 私が働いている職場は、簡単なホームページ作成も承っています。電話帳には載せていますが、大々的には宣伝していないので知り合いのツテで依頼があるくらいです。今日、問合せの電話が入りました。電話帳を見てかけましたユーチュバーになるための方法などをそちらでは教えていますか?ハア、何を言ってるんだこの人はと思い、申し訳ございません、やっていませんと言い電話を切り、周りにいる人にこんな変な電話がかかってきた、 [続きを読む]
  • 育てること
  • 先日、職場の同僚の言動に腹が立ちぶん殴って怒鳴りたい衝動にかられました。きっかけは、仕事のミスが発覚したこと。その時の責任感のなさ、言い訳しかしないふてぶてしい態度に、私は激昂してしまいました。話せる人に吐き出し、聞いてもらい一旦は落ち着きましたがどうやら私の怒り方は度を越えている様子。同僚の態度に強く反応しているため、ここに私自身の問題があるようです。多分これからも同じことをしでかす度、過去のこ [続きを読む]
  • 朝ドラ「ひよっこ」追い付きました
  • 「ひよっこ」過去分、見終わりまして今週からはリアルタイムで見ていけます。予告で、工場が倒産となっていましたがみね子たちは、大変でありながらも乗り越えるすべを見つけるような気がしています。たぶん。今までもアクシデントは起きていましたがそれを公にし、みんなで助け合う様子がありました。途方に暮れる出来事が起きたときにその辛さを感じて吐き出し、周りが受け止めて次に進む流れがあったように思います。途方に暮れ [続きを読む]
  • 心配という名の奥にあるもの
  • ある方の闘病ブログを毎日チェックしています。 表面的には、「心配」「見守りたい」という意識をもっていまして、その気持ちに自分でも疑いはありませんでした。 新しい記事がアップされると、すぐに見にいくという監視状態です。そしてホッとする自分。 もし状態が悪くなっていたり亡くなってしまったら、私はきっと泣くでしょう。 知り合いでもないのに、なぜなくほどまでに入れ込むのか。 泣くことで過去を再現し、その状態に [続きを読む]
  • 連続テレビ小説ひよっこを見て
  • 今さらながら、第1回目から2週間分をまとめ見しました。私が中高生の時に居候していた家でテレビの主導権を持っていた家主が、朝ドラ好きで、いつも見ていました。録画も取り、四六時中見ていたというイメージが残っており、私の中では、毎度の音楽やナレーションがしつこくうるさく不快なものとなっています。セッションで朝ドラの話がでると見てみようと思いまーすと言いつつ、見るもんかという自分もいました。でも今回のひよ [続きを読む]
  • 待つ
  • 私は「待つ」ということをしたことがないのでは?と振り返っています。 嫌なことを先延ばしすることはしてきていても自分の意志で、先を見て今は待ち時だと判断し、それまで待つということをしてきていません。 どちらも同じように時間の経過をたどることですがその先は真逆の結果になるように思います。 目先の問題だけにとらわれ、または目の前の不安を払うための行動を選択し未来を見た選択をしてきませんでした。 相手を見ずに [続きを読む]
  • 今を生きていくという意味
  • このブログ名は過去でも未来でもなく今を生きていたいという思いを込めて、決めました。ですが当時は、自分が今を生きていないという実感はありませんでした。最近、少しずつ過去に生きている自分を知りはじめています。今、沸き起こるものは過去からくるものと分かっていながらも受け入れたくなくて、無意識で他のことに目を向けて逃そうとしています。この抵抗から、現実にいられず陶酔した中に生きることを私はしてきました。今 [続きを読む]
  • 早朝、誰かの部屋から携帯のアラーム音が聞こえてきました。鳴りっぱなしなので、気付かずに寝てるなら起こしてあげようとそばで仕事支度をしている娘に誰のがなっているのかねぇと声をかけたら私が止めてないだけと言ったあとに、走って自分の部屋に行きました。それと共にアラーム音が止んだので、私の言葉に、慌てて止めたようです。娘は、テレビの音をかなり小さくして聞いています。携帯も常にマナーモードです。私のスマホか [続きを読む]
  • 他人を悪者にする癖
  • 朝、出社ギリギリの時間にお昼ご飯を買いにコンビニに行きました。前のおばちゃんがレジで、マイペースでトロトロしていて待たされ後ろの私はイライラモードに入ってました。おばちゃんにもイラつくけど、ゆっくり対応してるお店の人にもイラつきます。心の声は早くしろよ、こっちが遅刻しちゃうじゃんか店の人も一緒んなって話してんじゃねーよ遅刻したら、どーしてくれんだよ、全くと悪態ついてます。自分の会計の順番の時も、私 [続きを読む]
  • お知らせ
  • 私が受けているセッションルームあなここから、本が出版されました。アマゾンにて電子ブック販売しています。アダルトチルドレン 心地よく生きるためにAmazon著者は、あなここのカウンセラーきんたろうさんです。4年半ほど前にネットで、きんたろうさんのFC 2ブログを読み始めました。優しい表現なのですが意味が分からず当時の私には、ちんぷんかんぷんでした。あなここに入って、どうにか解明したいという思いもありました。今 [続きを読む]
  • 自分を見ています
  • のんびりしている人を監視して焦らせて失敗させ、その間違いを指摘して揚げ足をとりその人がアタフタする様子をみると私は、してやったりという気持ちになります。勝負してないのに、勝った!ってなりその上で、優しく助けるという意地の悪いことをしています。私は、意地悪をしやすいような自分よりも出来が悪いと(私が勝手に)思う人が周りにいると安心します。見下して、優越感に浸りたいんです。しょーもないやつだと文句を言い [続きを読む]
  • 鬱になった時のこと4
  • 私は、3度の大きな鬱の波がありました。その度に治りきっていなかったんだとがっかりし薬のせいにしたり、薬を処方した先生が悪かったんだと思っていました。今思い起こすと、それぞれ自分の内面の違う理由で波が落ちていました。初めて診断された時はこれで体を休めれるんだとホッとしたので先日の記事に書いた通り計画的に鬱になったことは間違いないです。身内が亡くなったのは悲しいことだけれど休みたい理由を探していた私に [続きを読む]
  • 鬱になった時のこと3
  • 鬱になった時の経緯、私から周りに向けて見えた世界を思いだして書いていきます。私ばかりがいつもこんな苦労を引き受けるのはなんでだろう。なんにも悪いことをしてないのに頑張ってるのに、誰も助けてくれない。でもいいの、どーせそういう星の下の生まれたんだから。30代で死んだお母さんに比べれば私はいい方。お母さんは報われなかったから私はその分長生きしなきゃ。いつかみんなだってきっと分かってくれる。私がやるしかな [続きを読む]
  • 鬱になった時のこと2
  • 鬱になった前後の私の心の状態から起こした行動を思い出してみました。鬱には、なりたくてなったと思ってます。それまでの生活がきつかったんです。辛さを自覚できず、私を困らせる周りが悪いと思っていて毎日、長女に八つ当たりで怒鳴っていました。それで楽になることもなく心屋さんが例えでいう、ブレーカーが落ちた状態になりました。身内が亡くなったことはブレーカーをおろせる正当性のある理由として利用しました。忙しくて [続きを読む]
  • 鬱になった時のこと
  • 6年くらい前、もっと前かも。身内が亡くなり、鬱になりそのあと離婚と癌のショックでメンタルが落ちている状態が続きました。あの頃、毎日泣いていました。理由が分からず、考えようともせず涙を流してばかりいました。まわりのことは目に入っておらず子どもたちがどんな思いをしていたかを知ろうとしていなかったです。ここ数日、あの頃と同じような不安なのか寂しさなのか、自分で判別できないけど自分ばかりが不幸なんじゃない [続きを読む]
  • イネイブラー
  • イネイブラー。世話を焼いてパートナーの自力を奪い依存させることで自分を満たす。自分がしてきたこととして理解していた気でいましたが実際のところ、私は分かっていませんでした。私がいないと何も出来ない状態になるよう何でもかんでも進んで世話をしていたのにそのくせ、何も自分でやらず私にやらさせると被害者になるということを子どもたちにしてきたようです。「ようです」という言い方をしているのはまだしっかりと認めら [続きを読む]