torachan1999 さん プロフィール

  •  
torachan1999さん: モンテとレッドウィングスの日々
ハンドル名torachan1999 さん
ブログタイトルモンテとレッドウィングスの日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/torachan1999
サイト紹介文モンテディオ山形、そしてパイオニアレッドウィングスをこよなく愛し続けています。
自由文歩いて応援にいけるのが自慢。最近クルマばかりですが・・・(^_^;)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供208回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2012/08/23 20:57

torachan1999 さんのブログ記事

  • 山口戦の報道等から
  • いやぁ、シーズンに一度あるかないかの、終了間際の逆転劇。こたえられませんね。これで、ホーム無敗も継続。なんでも、昨年から10試合負けなしなんですって?2008年(初昇格の年)以来だそうで。縁起が良いですなぁ。しかし、勝って兜の太田哲郎ではありませんが、その前の、同点にされた場面は頂けませんねぇ。ストーンの位置になぜか永藤がいて、そこのギャップを突かれたように見えましたが、永藤がストーンはまずいでしょうね [続きを読む]
  • 第15節 対山口 3-2 終了間際、瀬沼のヘッドで逆転勝ち〜!!
  • とにかく暑かったですね。選手も、試合中頻繁に水分補給してました。前半の山口は、慎重なのか迫力がなく、そんな中、阪野がCKをヘッドで押し込みました。しかし、後半、山口は違うチームのような勢いが。昨年に近いような攻撃。そんな中、見事に押し込まれて同点。その後も主導権を握られます。しかし、それを打開したのが、カウンターからのユルキ、瀬川とパスが渡り、最後は永藤が正面から逆転ゴール。しかししかし、試合は後半 [続きを読む]
  • 松本戦の報道等から
  • ホーム無敗神話は継続ですね、良かったですね。何にしろ強みを持つことは大切です。14試合で12失点ですから、平均失点0点台。児玉素晴らしい。でも、横浜FCは失点8ですか・・・試合終了後、中央広場に南と中山が歩いておりました。早く、復帰してチームに勢いをつけてほしいですね。この試合も、荒堀とユルキの好調さが目につきました。特に、荒堀。阪野にアシストした場面で、右サイドでボールをもらう時の裁き方は秀逸でしたね。 [続きを読む]
  • 明日は松本戦
  • 明日は、平日開催のホーム松本戦です。地元紙によると、中山、阪野がケガ?で出場が微妙とか。野戦病院状態になってきましたなぁ。そうなると、GK 児玉DF 茂木、菅沼、高木MF 荒堀、本田、風間、ヤマFW 瀬沼、永藤、ユルキこんな感じかなぁ。もしかしたら、永藤の替わりにシャドーに中村ってのもあるかもですね。でも、一度失敗してるからなぁ、どうかなぁ(笑)松本の分析の前に、我が軍の分析が必要?みたいな状態になってき [続きを読む]
  • 第13節 対金沢 1-1 終了間際、中村の同点ゴール!
  • なんとか、ドローをもぎ取った試合でした。中村の同点ゴールは、さすがあそこにいるのが中村ですね。良さが出ました。しかし、問題は失点シーン。菅沼が引っ張り出されて、完全に崩されての失点。確か、今シーズン、他の試合でも同じようなシーンがありました。こんなシーンが続くようでは、なかなか勝ち点は積み上がらないような気がします。攻撃が、なかなか繋がらない今は、失点をしないことが肝要です。こういうところは、早く [続きを読む]
  • 明日は、金沢戦
  • いよいよ、明日は金沢戦ですね。天気は、雨とイマイチです。現地応援される方も大変かと思います。金沢戦の見どころは、ズバリ「名古屋戦の継続」です。あのテンポの良い攻撃を、継続できるのか。もしできれば、もちろん勝ち点3の獲得と共に、これからの反転攻勢にもつながっていくでしょう。しかし、現実はそう簡単ではないでしょう。まず、相手がそれを許さない守備をしてきます。プレスでくるか、ラインを敷いてくるか、いずれ [続きを読む]
  • 名古屋戦の報道等から
  • 押し気味の試合、惜しい試合を引き分けたという論評でしょうか。まぁ、相手は寿人、永井抜きですから、MAXな戦力ではなかったんでしょうが、それにしても、名古屋相手に、主導権を握って試合ができたのは、大きな収穫だと思います。J1時代は、ほぼ完膚無きまでやられてきましたからね・・・あの、2009年雪のホーム開幕戦以外は。瑞穂にも、豊田スタジアムにも応援に行きましたが、手も足も出ない相手だなぁ、と嘆息ばかりだったの [続きを読む]
  • 第12節 対名古屋 0-0 強敵相手に気迫の攻撃もドローに終わる・・・
  • GW最終日。観客、9000人超えました。よかったですね。水戸戦での、サボらない守備は、今日も健在。おかげで、決定機は作られたものの、しっかり守りきりました。加えて、今日は、攻撃にも迫力がありました。オフサイドにはなりましたが、ヤマちゃんの得点シーン。カウンターから、ユルキがドリブルで駆け上がるとともに、2〜3人がゴール前に突入。良い攻撃でした。その他にも、シュートシーンが数多くあり、応援するほうも、ワクワ [続きを読む]
  • 第10節 対愛媛 0-2 新旧愛媛対決は完敗。大局観のないサッカーは辛い。
  • まぁ、愛媛の出来も良かったんでしょうね。統率の取れた、素晴らしいチームだと思いました。一方のモンテですが、何が悪いという前に、そんなに酷いわけでもないということは感じます。失点も、最初はヤマの対応の悪さ、次は、中村の集中力が切れたものでした。前半だけに関して言えば、監督の目論見が見事に外れたというか、ツートップ、トリプルボランチが機能しませんでした。しかし、そいう局面を語るよりは、最近のモンテの大 [続きを読む]
  • 岡山戦の報道等から
  • 押し気味の試合を落とした、という論評でしょうか。まぁ、東京V戦が真逆の展開で勝ってますから、これで相殺ということで(笑)監督のコメントも、そんなに悲観はしてないようで。中山も調子が上がっているということですし。なんとなく、負けたけど、これを次に引きずらないようにという感じですね。ヤマが、左WBしましたが、守備を考えると、しばらくこれで行くのかな。ただ、雄斗のケガが心配です。南、雄斗とレギュラーの長 [続きを読む]
  • 第9節 対岡山 1-2 中山の今季初ゴールも、2失点で敗戦・・・
  • パスはまぁ繋がるんですけどね。まだまだ、攻撃に厚みがありませんなぁ。岡山も決して調子が良いわけじゃなさそうですが、セットプレーで上手くやられました。良かったのは、瀬沼に代わって入った中山。持ち味の泥臭いゴールで、今季初ゴール。らしいゴールで、存在感を示しました。代わりに入った中村は、相変わらずプレーにミスが多すぎます。しかも、こわごわパスを出しているので、相手に読まれまくり。チャンスになりません。 [続きを読む]
  • 東京V戦を振り返って
  • まぁ、連勝ですから、とにもかくにも結果オーライですよね。内容的に、監督は不満があるようですけど。かなり昔のシーズンですが、昇格の可能性もほぼ消えた後半戦の試合で、確か水戸戦だったか、特定の選手の出来が良くなく(と自分には見えた)、試合も攻め手を欠いてえらくショボイ(失礼)内容で、しかし、結果的に勝った試合がありました。その時、「あんな選手を出して、こんな内容で勝つくらいなら、来シーズンのためにも別 [続きを読む]
  • 第8節 対東京V 1-0 ユルキの値千金のゴールで連勝!
  • まぁ、下手すると、1-3で負けてたような内容でしたね。ゴールポストと神様に助けられました。特に、児玉のセンターラインあたりでやらかした場面(笑)今年のヴェルディは好調ですが、なるほど、守備は堅かったですね。余裕を持って守られていました。逆に、攻撃は、ヴェルディらしいパスワークというよりは、とりあえず、FWにボールを持たせて、そこから攻撃を組み立てるという、J2っぽい攻め方。監督は、前半、フットボールをし [続きを読む]
  • 大分戦の報道等から
  • とにかく、勝てて良かった、ほっとした、という感じでしょうか。前半のようなバランスの良い戦い方を、後半もできるようになることが課題でしょうけど、そんなことは、ピッチの選手はよくわかっているわけで、試合終了直後に、阪野が仰向けに倒れ、瀬沼が足を攣ってしまったところをみると、前半は、異常なハイペースだったんだなぁということがわかります。それだけ、勝ちたかったんだろうなぁと、気持が伝わる場面でした。だから [続きを読む]
  • 第6節 対長崎 0-2 今季初黒星。攻める勇気が必要かな。
  • 一進一退の内容でしたが、好機を確実にモノにした長崎の完勝となりました。こちらにもユルキのカウンターからチャンスはあったのですが、相手の身を挺しての守備に、ゴールを割れず。逆に、こちらはゴール前での致命的なミスを確実に決められ、万事休す。今日も、瀬沼はもう一つでしたなぁ。どうしちゃったんでしょうか。失点しないように、ということが第一選択肢になってしまって、無難なパス交換に終始してしまってますね。これ [続きを読む]
  • 過程を楽しむ
  • 福岡戦、いろいろ、評価を見させてもらっていますが、福岡サポ側の評価に共通しているのは、「山形の攻撃は怖くない」。う〜ん、悔しいっちゃ悔しいですけどね。ま、現状では事実なので・・・勝てないことに、痺れを切らしている方が多いですが、今年は、「成長過程を楽しめる」シーズンではないかと勝手に思っています(笑)勝てない状況が続くと、得てして、攻撃に原因を求めがちです。しかし、攻撃型に舵を切ると、今度は守備が [続きを読む]
  • 福岡戦の報道等から
  • 待ちに待ったホーム2連戦で、スコアレスドロー続きですからねぇ、無失点なのでチームが崩壊しているわけではないのですが、厳し目の評価が多かったでしょうか。何度も書いてますが、まず失点しないことに重きが置かれているので、チームの重心が低くなってしまい、攻撃に移ったときに、枚数も、スピードも迫力も欠けている状態です。ただ、これ守備のバランスを崩してしまうと、崩壊に繋がりかねないので、なかなか、打開策が見え [続きを読む]
  • 第5節 対福岡 0-0 未だ負けなしも、2試合連続ノーゴール・・・
  • 今日も、なかなか厳しい試合でした。風のせいもあったかもですが、なかなか攻撃の形が作れない試合でした。後半は、監督からの檄が飛んだのか、かなりアグレッシブに攻めましたが、いかんせん、最後の精度を欠いては得点のにおいも・・・福岡の守備も厳しかったですけどね。ポジションも的確だし、個も強いし。今のウチでは、あれを破るのはなかなか難しいでしょう。今日は瀬沼が途中交替しましたが、イマイチ精彩を欠いてましたね [続きを読む]
  • 福岡戦に向けて
  • いよいよ、日曜日はホーム福岡戦です。J1降格組であり、強敵であることは間違いありません。大分には負けましたが、その後は順調な滑り出しのようで。なんと、奥野さんがコーチなんですね。さて、我が軍ですが、開幕から無敗を評価するのか、3分けを問題視するのか。開幕戦を勝ったことで、かなり評価のハードルが上がってしまいましたが、戦力を考えれば、無敗で来ているのは十分評価できると思います。何より心強いのは、守備を [続きを読む]
  • 讃岐戦を振り返って
  • 開幕4試合で、未だに負け無し、とポジティブにこの現象を捉えてみるわけですが、京都戦の勝利から、結果も内容も尻つぼみになっているのも事実ですねぇ。シュート数が少ないという声もあるようですが、2012とか2013シーズンのように、打てばいいってもんでもないので、そこは全く気にしないわけですが、開幕戦で見えた、ここ2年のどん詰まりの状況が一掃されたような、晴れ晴れしい気持ちが、次第になくなってきているのはなぜで [続きを読む]
  • TG 対JAPANサッカーカレッジ 0-0 昨日に引き続き決定力を欠くの巻
  • いつやっても、サッカーカレッジさんには苦労するわけですが、今日もご多分に漏れず、厳しい試合でした。まるで昨日の試合内容をなぞるような、もちろん、昨日ほど攻められませんでしたけどね。結論を言えば、引いて守る相手には、今の攻撃ですと打開策がない感じです。ボランチが縦パス入れようにも、ワントップにDFが複数付いて狙ってますから、逆にカウンターの危険があります。今日のメンバーは言えませんが、ボランチの展開力 [続きを読む]
  • 第4節 ホーム開幕戦 対讃岐 0-0 やっと無失点も、得点も無し・・・
  • ホーム開幕戦。どれくらい入るかなと思いましたが、9800人でした。惜しかったなぁ、大台にのりたかった。試合は、疲れがあったとは思いませんが、かなり、失点を防ぐ方に力が入ってしまったか、重心が低く、なかなか攻撃の形作れませんでした。これだけ、全員で守ってとなると、攻撃の時にかなり、負担が掛かっているように見えました。これで、得点するには、もっとレベルの高い選手がいないと難しいかな。得点のチャンスはありま [続きを読む]