ラック さん プロフィール

  •  
ラックさん: 女装小説と自叙伝
ハンドル名ラック さん
ブログタイトル女装小説と自叙伝
ブログURLhttp://ameblo.jp/ojisan-ganbare/
サイト紹介文ISです。女装小説と 私の女装の自叙伝もあります。
自由文ISです。アメリカの学園で、2年間女性として過ごしました。その日々の自叙伝です。また、女装のお話を創作しています。読んでくださるとうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2012/08/24 13:10

ラック さんのブログ記事

  • あとがき(合気和円流・中川靖子9段)
  • あとがき(合気和円流・中川靖子9段)長編を終わりまで読んでくださった方、ありがとうございました。長編の次に、あとがきを必ず書きたくなります。雲竜のモデルは、合気道の故塩田剛三氏であることは、前に書きました。You Tube を見ますと、塩田剛三氏の神業とも言える技がいくつも出てきます。ロバート・ケネディのSP・190cmを、両手をひねって、簡単に倒す場面もあります。また、弟子に襟を両手で握らせて、それを、 [続きを読む]
  • 合気和円流・中川靖子⑦「いよいよ、薙刀、強いのか?」最終回
  • 最後の戦いは、「薙刀」です。「薙刀、最強とは、本当でしょうか。そして靖子は、勝てるのでしょうか。これで、最終回です。長い物語を読んでくださり、ありがとうございました。=============================合気和円流・中川靖子⑦「いよいよ、薙刀、強いのか?」最終回最後、薙刀を残すのみとなった。5分の休憩である。靖子は、雲竜のところへいって、水筒の冷茶をもらった。「薙刀の人には、負 [続きを読む]
  • 合気和円流・中川靖子9段⑥「棒術・強し!」
  • 最後まで、一気に書こうと思いましたが、8ページを超えてしまいましたので、棒術と薙刀を分けました。棒術は、少し短めです。================================合気和円流・中川靖子9段⑥「棒術・強し!」丸いマットが取り払われ、畳も取り払われた。棒術の江波真一が、棒を持って立った。坊主で、白い上着。下は黒の袴。小柄で可愛い顔をしているが、運動神経の塊のように、精悍な雰囲気を漂わ [続きを読む]
  • 合気和円流・中川靖子⑤「剣術、難関レスリング」
  • 長いお話し、お許しくださいませ。あと3話で終わりの予定です。読んでくださるとうれしいです。===========================合気和円流・中川靖子⑤「剣術、難関レスリング」次は、剣道だった。初めて、武器を持った敵と戦う。アナ「武器を持てば、3段強くなると聞きましたが。」高木「棒術と薙刀も、怖いですね。   合気流は、近衛兵として、もともと刀を持った人を抑えるのが、   はじまりで [続きを読む]
  • 合気和円流・中川靖子9段④『極芯空手、勝てっこない!』
  • 物語は、もう少し続きます。お付き合いくださるとうれしいです。==============================合気和円流・中川靖子9段④『極芯空手、勝てっこない!』大川雪之介と中川雲竜の後ろに、3席靖子の家族がいた。母の郁恵は、さっきからブルブル震えていた。「おじいさん。水流鉄火みたいの、もうないんですか。」と前の雲竜に聞いた。「ないな。取って置きの技を使こうてしもうたからな。」「ね、お [続きを読む]
  • 合気和円流・中川靖子③「本当に勝てるの?!」
  • 合気和円流・中川靖子③「本当に勝てるの?!」次はボクサーである。バンタム級、全日本3位。今までの選手の中で、最高のタイトルをもっている。アナ「高木さん。今回だけはだめでしょう。   高木さんなら、どう戦いますか?」高木「ボクサーは、苦しいですよね。   勝つ方法がなくはありません。   まず、相手を、かんかんに怒らせます。」アナ「え?それ余計まずいのじゃありませんか。」高木「まずいですよね。」そう [続きを読む]
  • 合気和円流・中川靖子9段②「来るのは恐い人ばかり」
  • 出て来る技は、架空の技と書きましたが、靖子の決め技は、合気道の神様と言われた、故塩田剛三氏の技を、参考にして、書いています。===============================合気和円流・中川靖子9段②「来るのは恐い人ばかり」「はじめ!」との声で、琴が梅は、手を付いて、右足を踏み出しながら、肩から、相手に向かった。靖子は、立ち上がりながら、琴が梅と対象に、左足を踏み出し、体を傾けた形で、 [続きを読む]
  • 合気和円流・中川靖子9段①「テレビ局からのお誘い」
  • 少しずつ、自分の楽しみで書いたものが、たまりました。せっかく書いた物なので、投稿します。少し長いので、気が引けています。ご覧くださいませ。尚、登場する格技の技は、空想の産物です。格技のランク付をするものでは、ありません。============================合気和円流・中川靖子9段①「テレビ局からのお誘い」「つよプリティ」の松村紀子は、テレビ出演を止め、合気流部の部長として、励も [続きを読む]
  • スーパー洋子・両手打ち②「本の完成」<完結編>
  • スーパー洋子・両手打ち②「本の完成」<完結編>「うれしいです。実は、洋子さんが今おっしゃったところ、 私が一番力を入れて書いたところなんです。 そこを誉めてくださったの、ただ一人、洋子さんです。」「そうですか。卒論の著作権は、大学にあるのですよね。」と洋子。「かまいません。今度の本に盛り込みます。」ルカは笑った。テーブルにルカが座り、その正面に洋子がすわった。洋子は、パソコンを2台構え、ルカの前に [続きを読む]
  • スーパー洋子・タイプ両手打ち①<2話完結>
  • スーパー洋子・両手打ち※政治的、歴史的内容が多少出て来ますが、これは、全くの架空のものです。三栄出版に意外な人が来ていて、対応した百合子は、少なからず驚いた。年齢は29歳くらいの女性だが若く見える。ストレートな髪、前髪を真ん中から、左右に分けている。一口に年の割に可愛い。「あのう、T大の歴史学の助教授でいらっしゃる三崎ルカさんでいらっしゃいますよね。」と百合子は、聞いた。「はい、テレビにあまり出な [続きを読む]
  • 写真集『みんな男性です(証拠付き)』
  • 記事の題名と案内だけのために、来てくださり、申し訳ありません。どうすれば、向うへ直行していただけるか、思案に暮れています。今日は、写真をたくさん貼りました。かなり疲れました。もう一つのブログにあります。見てくださると、うれしいです。ここで、ポチをくださいませ。 [続きを読む]
  • 仰向けになると若返る
  • 仰向けになると若返るちょっとした発見を綴ってみます<発見1>「仰向けになると若返る」室内で女装したとします。畳の上に仰向けになります。そして、手鏡で自分を見てみると、きっと10歳くらい若く見えます。(見えなかったら、ごめんなさい。)私は、アダルトの「熟女物」を見ていたのです。50歳くらいの女性。初めは立っていました。その内、男女が絡み、女性が仰向けになりました。すると、女性が30歳くらいに若返って [続きを読む]
  • 女装環境最悪の中で女装する
  • 女装環境最悪の中で女装するこれは、私が、女装環境最悪のとき、それでも女装しようと頑張った記録です。子供二人あり。妻とのセックスあり。女装用品の隠し場所、ほとんどなし。自分の車無し。手ぶらで行って、女装をしてくれるサロンがあるようですが、この頃は、ありませんでした。あるのは、カラオケだけ。紙袋に、ドレスや、靴を入れて、ふくらんだ紙袋で外に出ようとすると、妻から、「何持って、どこに行くの。」そう言われ [続きを読む]
  • 女装外出 難易度
  • 女装外出 難易度※女装外出の達人のような方がいらっしゃり、 そういう方は、以下の限りではありません。★・家で、女装して、夜に近所を歩いてみる。(家族がいると、できません。)・カラオケで女装し、何か注文してみる。 または、ちょっと出かけると言って、5分くらい外に出てみる。★★・夜の繁華街を歩く。この時は、ウインドウ・ショッピングや、 自分のパス度を確かめるため、キョロキョロしていると、 ナンパされた [続きを読む]
  • この方は、女性でしょうか?
  • この方は、女性でしょうか。よく、女装の写真集に出て来るのですが、到底女装の人には見えません。ところが、こんな写真を見つけました。なんだか、ショーツのあたりが、膨らんでいるような。しかし、写真加工ということも考えられますので、断定は、できません。さて次。後ろに髪の毛をアップしにして、1本に結んでいる。それにしては、少し、不自然ではないでしょうか。坊主にしているとは、考えにくいです。ひょっとしたら、男 [続きを読む]
  • ハリスさん、完全に若返る
  • ノンポイさんの1世代前、世界一のニューハーフといわれた、韓国のハリスさん。ご覧のように、ビックリするほどに、若返りをされました。1997から2016年。19歳もお年をとったのに、今の方が、お若く見えるほどです。これほどの、若返りを見せた方を、今まで見たことがありません。2年ほど前AKB48と一緒に写真を撮られたときは、お年相応に見えたのです。AKBの子達がだんぜん若く見えました。でも、今なら、同じくらい [続きを読む]
  • 人型ロボット
  • 人型ロボット2045年に、人間と寸分たがわない人型ロボットができるそうです。みんな1人に1台、マイ・ロボットを手に入れるでしょう。私なら、可愛い女性のロボットを手に入れます。そして、できるなら、自分の「意識」をそのロボットに移します。「意識」ってなんでしょう。ロボットに「意識」だけは移せない気がします。しかし、自分を少しずつサイボーグ化していけば、意識は、常に自分にある気がします。あるアメリカの映 [続きを読む]
  • 澄江クリニック③「Fさんのカムアウト」最終回
  • ちょっとエッチなこと書こうと思いましたが、Fさんの続きを書きます。多分、最終回にします。=============================澄江クリニック③「Fさんのカムアウト」最終回その日、診察室に来たFさんは、にこにこしていた。「何か、いいことありましたか?」と澄江。「はい。家族にカムアウトしました。」「まあ!」と澄江は、顔をほころばせた。「どうやったか、話してくださいますか。」「はい。 [続きを読む]
  • 澄江クリニック②「MtFのFさん」
  • 澄江クリニック②「MtFのFさん」その患者は、MtFつまり身体的には男性だが女性の心を持っている。45歳。会社員。3回目である。仮にFさんと呼ぶ。その日、澄江の前で、Fさんは、涙を見せていた。「もう耐えられません。私は、人生の半分を男として耐えて来ました。 男ではないのにです。 残り半分は、女として生きたいです。」「お気持ち、お察しします。これまで、よく耐えてらっしゃいましたね。」「はい、何とか救われた [続きを読む]
  • 澄江クリニック①「本木澄江の診察」
  • 澄江クリニック①「本木澄江の診察」本木澄江の精神科クリニックは、ジェンダー・クリニックも兼ねていた。もっとも、女性ホルモンの注射や美容整形などはしない。あくまで、窓口としてのクリニックである。診察室は、広く、大きなソファーがあり、観葉植物が、上手に置かれている。本木澄江とは、本名であったが、ふつう女名前である。彼女は、女装者であり、親が「澄江」という名をよく付けてくれたと感謝している。澄江は、学生 [続きを読む]
  • 合気流「つよプリティ」松村紀子②「靖子の実力」(完結編)
  • 合気流「つよプリティ」松村紀子②「靖子の実力」(完結編)近藤美咲も、松村の今の言動に失望している一人だった。美咲は、いやいや開始線に出た。近藤の身長は173cm、肩が張った筋肉質だ。一方、靖子は、164cm。細身だ。向いあえば、2周り体格が違う近藤は、靖子に対峙した。靖子を見た。そのとき、身も凍るような恐怖にかられた。これは、対峙して見ないとわからない。『この人は強い。とてつもなく強い。』止めよう [続きを読む]
  • 短編 合気流「つよプリティ」松村紀子
  • 短編 合気流「つよプリティ」松村紀子※前回から時が経ちましたので、人物紹介をします。中川靖子(元靖男)和円流の免許皆伝。中川雲竜(靖子の祖父、和円流、合気流の神様。大川雪之助(高木啓子の祖父)高木啓子 (元啓太・合気流10段。雪之介の孫。高木ユキ (合気流10段。啓子の母。)高木ミミ (啓子の妹。小6のとき、合気流10段。)夕食時、テレビでは、珍しく合気流の番組をやっていた。「おお、珍しいな。」と [続きを読む]
  • 物語のあとがき(ドッキリ隊)「半分実話です」
  • 物語のあとがき(ドッキリ隊)ドッキリのような中途半端な長さの物語に、あとがきを書くのは、気が引けていますが、少し書きます。まず、お詫びですが、タイトルが「ドッキリ」になったり「ビックリ」になったり、してしまいました。私自身は「ドッキリ」のつもりでした。読み返しをちゃんとやらなかった罪です。すみませんでした。私は、作中でも書きましたように、作家先生に化けたお笑いの人が、若い作家の玉子の女性を呼び出し [続きを読む]